2009年 10月 18日
至高の鯖寿司が食べたくって、敦賀へ! (増井弘海堂さん)
とにかくここ数日、頭の中は鯖寿司のことでいっぱいだった。
ちょっと前にmeshiさんので見て刺激され、そしてdionさんのでとどめを刺されたのだ。
近くに売っているものも買って食べてはみるが、満足できない。
酢〆の弱~~~い、旨いのがとにかく食べたい!
どうせなら本物の材料求めて自作だと、日本海は福井の敦賀へ突撃!

嫁や子供は忙しく暇な私だけの単独行軍。
d0108737_2281790.jpg

まずは昼飯、なのだが魚処定吉さん臨時休業、おおーまい、が~。
d0108737_2282696.jpg

なら、敦賀ラーメンの雄、らーめん金太郎、も休みか・・・・・・・・・・・・・・・・
d0108737_2283777.jpg

*********************************************

えええ~~~い、時間がない昼飯をあきらめ、鯖寿司に欠かせない白板昆布を手に入れに行くぞ!

白板昆布とは、鯖寿司の上に半透明のぺらっとのったシートみたいなもの!
おぼろ昆布を削って残った昆布の芯がそれである。
いらんもののようで、実は、あれがいい仕事するんですな~
〆サバに昆布の旨みをしみこませているんだわ(多分・・・・・・・・・・)
d0108737_2284764.jpg

敦賀は江戸時代より京や大阪へ北海道の海産物を運ぶ北前船の寄港地、その名残でいまでも昆布の一級品は敦賀に集まるということなのだ。
こちら松井弘海堂さん、もうかなり少なくなってきた手かきでおぼろ昆布を作っておられるお店。
d0108737_22141674.jpg

白板昆布をお願いすると、奥の小窓から大女将が「こんなくらいかな~」と木の板を出して見せてくれる。
もうちょう大きいほうがいい、というとまた一回り大きな木の板が出てくる。

どうやらその板に合わせて、今すぐ切ってくれるようなのだ!
オーダーメイドっちゅうわけですな~~
d0108737_2292196.jpg

量って詰めておられるのは手かきの高級おぼろ。

なんだかほのぼのするお店、いやお二人だったな~
d0108737_2293567.jpg

いい白板昆布は手に入った!
問題はこの日曜日に上物の地もの鯖が手に入るかちゅうことですわぁ~~
増井弘海堂さんのお話では今日は日曜日なので敦賀駅前の魚屋さんか、日本海さかな街しかないとのこと。

敗北の予感・・・・・・・
d0108737_2295243.jpg

***********************************************

時間がないぞ~~地ものの大鯖探しや!
まず、敦賀駅前の矢部魚問屋さん。
だが、撃沈・・・・・・・・・・・・・・・・
d0108737_23211395.jpg

***********************************************

ハイ、次々~と来たのが魚辻さん
こちらのほうが、鮮魚の品揃はいいのだが観光客向けのお店やな・・・・・
d0108737_23212932.jpg

鯖街道の付け根である小浜、昔は海に鯖が湧いていたとも伝え聞くが、今はほとんど水揚げがないと聞く。
その隣の、この敦賀や越前も大鯖は貴重とのことだから、もし見つけられたら奇跡に近い。
いい鯖は高級なお店にいってるに違いない・・・・・・・・・
d0108737_23215375.jpg

のおおおおおおお~~~~
めっけたぞ~~地もの鯖、けっこうでかい!しかも安い。

むむっ、でもお肌に張りがない・・・・・・・・
これ、鯖寿司できますか??の問いかけに店員さんは、もじもじ・・・・・・・・・・・
煮物、焼きもの用だった・・・・・・・・

ふりだしに戻ってしまった。
d0108737_23221120.jpg

隣を見ると、タルイカがめっちゃ安い、これは買いやな!
小さいやつを、ちょいっと負けてもらってお持ち帰り。

このあとも探しに走るのだが、続きは4日後ね~~~
d0108737_23222597.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-18 23:45 | こだわり


<< 至高の鯖寿司が食べたくって、敦...      大津市のとあるご飯処 >>