2009年 10月 30日
生菓子の河瀬屋さん (滋賀県野洲市)
こういうお店を表現し伝えることが一番難しい。

先週の日曜日、この河瀬屋さんの近くまで来たので、お店が開いているか確認の電話を入れると「もう、ろくなものが残っていないわぁ~~」との返事が返って来た。
ろくなものが無いって、どんなものがあるのか?わざわざ、来ることはないよという優しさなのか?
変な電話と受け止められたのか?実直、正直なお店なのか?などなど頭の中は錯綜してしまったが、ますますこのお店対する興味が深まった!

そして今日、無理やり近くに仕事を作り嫁と訪ねてみたのだが、いい店だ!
これね!写真ではこの雰囲気が表現できないんですよ~~
決して重みのある建物、看板でもない。でも、不要な飾りを一切せず、掃き清められたという表現が似合うほど掃除されてある店先から、和菓子職人の実直さがひしひしと伝わってくる。

はっきり言って、なかなかこういうお店は出会えないものなんだな~
d0108737_016334.jpg

そもそも、ここを知ったのはえつこさんの記事pioさんのコメントからであった。
「くま先生なら、お好きだろうな~~」が、見事に当たっている!いや、見透かされている・・・・笑

「もう、50年になるかな~~いつ終わってもおかしくないお店ですよ~~写真撮ってもらっても値打ちあるかな~~」とお母さん。お箸で丁寧に一個づついてれくださった。
ショーケースの扉を開けるとニッキの香りがふわ~~と漂う。
d0108737_0164615.jpg

そのニッキ餅、家まで我慢できず、車内で嫁と喰らうのだが、おいすいい~~~~~~~~~~~~!
丁寧に雑味をとって作られた上品な漉し餡は、滋賀ではなく京都の餡に近いと思う。
d0108737_017510.jpg

とにかく手前から2つめのニッキ餅、そして一番奥の白餡のものが我が家では大人気だった。

大切なことだが、たぶん一個80円だった!
これは安すぎやって~~家の近くにあってほしいな、河瀬屋さん。
d0108737_0171987.jpg

最後に登場の黒糖ういろう!個性的~
普通のういろうと思って持った瞬間、ええええ~~~っと、なるほど、ぷるんぷるん!
今も、食べながらこの文章をかいているのだが「とろける、生ういろう」と表現しよう!

プリンに生プリンがあるのといっしょで、これは生ういろうや!旨いで~
d0108737_017303.jpg


店名:生菓子 河瀬屋
住所 : 滋賀県野洲市西河原 702ー1
TEL: 077-589-2206
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-30 01:01 | 和菓子


<< 京都へ① 10月リニュアルオー...      カフェ五三九 (尾賀商店内) ... >>