「ほっ」と。キャンペーン
2010年 01月 23日
薪火石窯パン ボン・リジェール (滋賀県大津市)
尾鷲の最終回が残っていますが、こちらを載せます!

初めて天然酵母パンを食べたのは、確か20年ほど前の乗鞍高原のル・コパンだったと思う。
当時はまだ小さなお店で、天然酵母という魅力的でありかつ聞きなれない名前に誘われて買った覚えがある。
でも、味わいは・・・・・硬いし、酸っぱいし、重たいし、なんじゃこりゃ~~

それが今はどうだろう、どんな遠くても個性の凝縮したカリッカリの天然酵母パンを求めて出向くのである!
d0108737_059726.jpg

久しぶりに滋賀ネタ!
ここは大津市下坂本、昨年7月に新規オープンされた「薪火石窯パン ボン・リジェール」さん
まったくと言っていいほど人通りの無い場所にある。
d0108737_0591869.jpg

ドアを開けたら、香ばしい薪の燃える香りが凄い!
ちょっと先が煙るほど~~笑
薪火石窯で焼いてまっせ~~~と、猛アピール!
d0108737_0593091.jpg

ご主人はフレンチの料理人から独学でパンを学んだらしい!
「石窯のふく射熱の虜になったんですよ~~」とのことでした。

愛そうのいいご主人で、相変わらず厚かましい私の「窯みしてくださいな~~」の要求に笑って応じてくださった。
d0108737_0594323.jpg

店頭には少し、なのに窯の前には商品がいっぱい・・・・・・・・
そう、先週の土曜日にTV出演したそうで、注文がいっぱい舞い込んでいるとのこと!
「愛そうしてられなくって、申し訳ないですね~」とおっしゃいますが、なんのそんな中、ここまで招いていただけただけで感動して泣けてきそう!
d0108737_0595475.jpg

今、窯から出てきたこれ、かっかっ買います!!!!
「いやいや、売れているんですよ~~今から発送です~」
めっちゃ連れ去りたかった~~この得体のしれないパン!ゆずの香りがする~~~~
d0108737_10458.jpg

現在は柚子とリンゴの自家製酵母を利用。
そして、恐ろしいことに休みもなく毎日焼いているらしい!
天然酵母って、なかなかいうことを聞いてくれない気分やで、やんちゃな子供みたいなもの!それを毎日扱うって寝る時間あるの?
d0108737_101531.jpg

お店は手造り!自宅を改装されました。
TV出るまでは、なかなか売れずどないしょうと思ってたとのこと。
大丈夫、本物追求していたら必ず報われますよ~
d0108737_10309.jpg

お土産はミックスフルーツパン600円、カンパーニュ350円、バケット?円(忘れた)
帰りの車の中に入れているだけで、香りが凄いんや~~
薪の香りがたまらないほどいい!
d0108737_104669.jpg

ミックスフルーツバスケット、嫌みのないすっきりした酸味が残ったまさに天然酵母らしい味わい!
外はカリッカリで焼き立て、小麦の旨味がいい感じで、旨め~~~~~~~~!
何より特筆すべきは、燻されたあの燻製独特の香りが強い!
これは窯に秘密があるのか3つとものパンに共通。

お店が大ヒットして、手に入りにくくなるのは嫌やな~~
でも、ちゃんとパンが売れて独立したことの喜びをかみしめて欲しい!

複雑な心境やな~~
d0108737_1531445.jpg

店名:薪火石窯パン ボン・リジェール
住所:大津市下阪本6丁目15‐4
電話: 077‐532‐1341
休日:不明(この時点では無休とのことでした・・・・・・・)
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-01-23 01:02 | パン


<< 三重南部の日帰り旅 最終回 「...      三重南部の日帰り旅③ 格安トロ... >>