「ほっ」と。キャンペーン
2010年 06月 15日
ええかんじ、でてるで~~~~「伊賀食堂」 (三重県伊賀市)
サッカー、カメルーン戦を見ながらの書き込み!
のおおおおお~~~1点入った!!

さて、これは4~5日前に行った、ディープ度4の伊賀食堂。(5点満点)
場所は名阪下柘植インター降りてすぐ!あの、つぶれた龍が目印の健康ランドの近く。
運動会ができそうな駐車場の一角に存在する。
d0108737_23344590.jpg

怪しげなお店にはBOBBOBのメンツを、だまくらかして連れてくる。
ええとこにランチに行くから正装しておくようにと言いっていたのに・・・・・・・普段着かよ~~ばればれか~~ハハハァ~~~
d0108737_23345771.jpg

内部は、吉本新喜劇の舞台的雰囲気をかもしだしている!
花が飾られていたりで案外奇麗なのが、私的には少し悲しい。だがお二人は少し安堵。
d0108737_23361445.jpg

この分厚く年季の入った鉄板がアドレナリンを噴出させてくれる!
d0108737_23363992.jpg

さてさて、注文の品なのだがちょいっと悩む。
実は前日に私一人で来てホルモン定食500円を食ったのだ。その値段でちゃんと上の鉄板で焼いて食べれて、ご飯大盛りと味噌汁が付いてくるから驚いた!
今日は私の独断で豚320円、牛バラ350円それと、他のが安すぎて超高級に見えてしまう牛赤身650円を頼んだ。後は各自めし小と、うどん2玉。
d0108737_23372871.jpg

さて、肉がくるまで周囲を観察。
そう、この「いらわない」はネットでもよくいじられている。
d0108737_23374273.jpg

ほしい方は店の者に・・・・・・自販機の意味がないようなきもするが、面白い。
この日は若い方がおられたが、前日には腰の曲がった、おそらくオーナーでもあるお婆さん一人で切り盛りされていた。お店の設えは、まさのそのお婆さんの、そのものである。
d0108737_23375518.jpg

そらきた~~~~~~~で、じゅわじゅわ~~~~~~~~~~~~~
と、水蒸気に包まれる!
あの亀八に似ているが、迫力はそれをはるか凌駕する。
d0108737_23381225.jpg

肉を注文した時点で玉ねぎがもれなく付いてくる。
玉ねぎ苦手なんや!という方は来てもまず意味のないお店かもしれない。野菜はそれのみだから、多分。
うわ~~~焦げるど~~と、皆でまぜまぜするのがこれまた、楽しい。
いやこんなので楽しめるアホさ加減に笑える。
d0108737_23383076.jpg

焼けてくると玉ねぎから、甘くええ塩梅の水分が出てきてそれが旨さの極意なのだ、多分!
「最初は混ぜてはいけない」「うどんの投入は・・・・」など諸説あるが、お店のニイさんに聞いたところ「お好きにどうぞ」とのこと、ハハハァ~~~好きにしたらいいんや!
ということで、混ぜまくって7分火が入ったらうどん投入!!
d0108737_23411695.jpg

ここまでコシの無い麺がまだこの世にあったのか!と思うほどの希少なうどんだが、それが肉と玉ねぎの旨味をちゅるちゅる~~と吸って旨いのである。
とにかく、この鉄板でぐつぐつ言わして焼いている時点で唾液が20CCは出てしまっている、その素晴らしい前戯があるから満足度が高まるのだと思う。案外奇麗で、BOBBOBの二人も満足であったのだ。
何より、すき家もビックリするCPである、安すぎ!!


ただ、ただ、ご飯が腰の曲がったお婆さんの好みなのだろう、ふにゃふにゃ柔らかすぎなのが、唯一悲しいことであった。
そこだけはお婆さんカラーを出してほしくないところやで~~~
d0108737_23412510.jpg


やった~~~~日本、勝ったぞ~~~~~!!!
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-06-15 00:14 | B級グルメ


<< 農と食のコーディネーター養成講...      極上の昼飯 「お食事こむすび」... >>