2010年 07月 04日
農と食のコーディネーター養成講座その②
うっとうしい天気が続く中、行ってきました農と食のコーディネーター養成講座②(6月27日)

まずは水源の里 甲津原交流センター
d0108737_18102382.jpg



到着して即、餅突き!笑
実は初体験だったんです、こんな田舎に住んでいながらね~~
d0108737_18105621.jpg
d0108737_1811766.jpg
d0108737_18111854.jpg


あんこが面白い!
大豆のあんこなんや~~何でも、満足の仕上がりまで1年かかった逸品、これが予想に反して旨ひ~~~~~~~~なんです。
d0108737_18122861.jpg

よっしきた~~~弁当!農産物を中心のやさしい味わい。
d0108737_18123738.jpg

水源の里、限界集落という単語はあまりによろしくないと、この言葉を使うようになったのですが、不便極まりない場所に存在し若い世代が少なく存続を脅かされていることは変わりがない。
滋賀の中にもこんなに心休まる村があるものだと思うのだが、それは一時の滞在であるから言える無責任な思いなのだろうな~~奥伊吹スキー場の隣の村と言えば結構多くの方が位置を理解できると思う。
d0108737_18124992.jpg


**********************************************
2つ目の学習場所。
大規模農家「有限会社もりかわ農場」さん
80ha以上の広大な土地に耕作されておられる。80haって800町?8000反?いったいどれくらいの大きさなのか計算できない・・・・・・・・・・
d0108737_1813749.jpg


**********************************************
最後はこの日の講座をコーディネートしていただいた松本茂夫さんの本拠地「農業法人 大戸洞舎(おおふらしゃ)」さんへ。自分たちの手で建てられたこの建物、ええ味出しているんですよ~~~
カフェにしてほしい空間!!
d0108737_2291059.jpg


雑穀と豆のぜんざい!アイスをのっけて冷たくいただく。
黒米なども入ってちゃんと赤黒くなっているのだが、小豆はほんの少し。

プチプッチとする食感が気持ちよく、本当に美味しくオリジナリティーあふれる品や!
d0108737_18141250.jpg

話に夢中になっていて、これ何だったのか覚えていない・・・・・・・・・・
d0108737_18143680.jpg

予約制で蕎麦のコースもされている。もちろん、自家栽培のそば粉を使用。
d0108737_18145270.jpg

私的に、一番引き付けられた場所であり松本さんであった。
実際には時間が少なく、詳細がつかめないまま後にした大戸洞舎さんであったが、とっぽ村なる若い方を育てる取り組みもあったりする。
間違いなく機会を作って、来なければいけないそんな場所である。
d0108737_1815377.jpg

課外での講座、個人では決して体験できないことに出会えることが何物にも代えがたいものである。
口にしない日などまずないほど身近で大切な農作物のこと、実は何も知っちゃあいないことに気がついた。
書きたいこと山盛りなんですが、きりがないし問題もありそうなのでやめときます、笑

まあ、りっぱなコーディネーターになれるよう精進していきますが、食べ専門の「くぅ~でぃね~た~」ではいかんかな~~~~~~ハハハァ ^^!)
d0108737_18151398.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-07-04 19:03


<< 最近はまっている丸亀製麺さん ...      おまけ投稿、大中のスイカ! (... >>