2011年 06月 07日
創作うどんが旨い「九庵」さん   (三重県伊賀市)
三重県伊賀市の新天地商店街。
映画のロケにも使われたりの味わい深いアーケードがある商店街。
昔はにぎやいていたんだろうな~
d0108737_14494288.jpg

その中に、ひときわ活気のある「九庵」さん
三重では結構メジャーなお店。
d0108737_14495710.jpg

とにかくメニュの種類が多いのがこちらの特徴。
「メニュの多いお店に、美味しい店なし」という私の勝手な思い込みが、現在まで行かなかった理由。
d0108737_1450956.jpg

「いやいや美味しいで、九庵さん」という信用ある筋からの情報を得たのだ。
それでも「ほんまか・・・・」と半分疑いながら来てみたのが本音の話。
d0108737_14501729.jpg

内部はいたって普通のうどん屋。
12時前には満員となるほど人気で、静まり返った新天地商店街の活気の大部分を担っているように思える。
d0108737_14502728.jpg

黒胡麻は好きなだけいただける。
とりあえず、適量をゴリゴリやってみる。
胡麻の香りが食欲中枢を刺激して、胃の受け入れ体制が整う。
d0108737_14503732.jpg

まずカレーうどん。
まさに和風だしのきいた、うどん屋の定番カレーうどんである。
d0108737_1450478.jpg

麺は手打ち細めん、柔らかタイプ。
やけにカレーうどんと相性がいい。
d0108737_14505782.jpg

和風ポン酢うどん?と胡麻風味のうどんのセット!(ゴメン、完全に名前忘れた・・・)
まず和風の方だが、ポン酢の酸っぱさ加減とかよく考えていて、上手にさっぱりまとめられた一品。
特筆すべきは胡麻風味のうどん。
坦々麺のラー油がかかってなくって、麺がうどんに替わったものと思っていただきた。(それでは、分からんよな・・・・笑)
これがまた、めっちゃ旨いし、ほかでは味わえない独創的なうどんだ。
よく研究しているし、メニュが多いながらそれぞれちゃんとまとめきっている。

うどんはシンプルに小麦の味わいを楽しむものと四国本場の讃岐うどんを食べてからそう思い込んでいたのだが、これを食べてい「やいやいろんなうどんがあっていいのだ」と思い直した。
d0108737_1451624.jpg

****************************************************

話題変わって演奏会の話。
6月6日の日曜日、甲西高校第24回定期演奏会を聴いてきた。
守山市民ホールは満員で立ち見もいたほどの大盛況(毎年らしい・・・・・)。

まずもって、その内容にビックリ!
高校生のレベルでないでこりゃ・・・・・・・・・
といっても演奏会たるものなんか、数回しか行ったことの無い私がゆうのも変だが、それでも凄いと思えたから凄いんだろう(なんのこっちゃ・・・・・)

なるほど、これの練習していて塾での授業中「ウトウト」と居眠ってしまうんやな~~と理解できた。
完全体育系(昔のこと・・・)だった私は、「吹奏楽とか楽やんけ~~」と上から目線やったのだが、この演奏会を聴いて目からウロコが落ちまくりやった。その落ちるさまは、まるでごろごろと音がなるほどであったのだ。

年齢を重ねるほど、思い込みを是正することって難しくなる。
危険やな~それって。
いくつになっても体験してみないと!と反省しきった一日であった。


d0108737_14514488.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-06-07 14:52 | こだわり


<< 鮮魚を求めて三重県へ      2011農と食のコーディネータ... >>