「ほっ」と。キャンペーン
2011年 08月 01日
「もりぐちさんちの無農薬ブルーベリー」   (滋賀県甲賀市)
久しぶりの滋賀ネタである。

今がまさに旬のブルベリーを求めてもりぐちさんへ!
場所は隣町の水口町。
偶然行けるような場所には無く、入り組んだ住宅地の自宅庭で栽培されておられる。
d0108737_11464025.jpg

硬貨ほどの巨大なものや、小粒のものなどさまざまな種類を栽培。

嫁と次男でお邪魔したのだが、挨拶はそこそこに「まず食べてみて!お好きなだけ」
ちゅうことで、何故か食べ放題に流れ込んでしまった、笑。
d0108737_11471857.jpg

「まず大きくって、黒くって、少し柔らかく、ポロっともげる奴を食べること」
なのだが、これが案外難しい・・・・・・・・・
大きければ旨いのかと言うとそうでもなかったりするから厄介だ。
好みにもよるが、この小さめのチェリーみたいな丸い品種もなかなか旨いのだ!
へたうって、酸っぱい顔になることも多々あったが、食い進んでいるうちにコツと好みの木が分かってくるから面白い。
d0108737_11473058.jpg

このピンクの実が、2週間ほどしたら食べごろになるのだ。

ご主人は20年前からこのブルベリーの栽培を趣味として始められた。
日本では、まだブルベリーが認知されていないころにである。
「数百万なかけたな~」とさらり言われる。
私も数百万、株に賭けて損したが何も残っちゃいない・・・・・・・・
実のなるものとならんもの、選球眼が私とご主人とは比較にならんのかもしれない。
d0108737_11475050.jpg

「去年は水道代だけで月2万円かかった」
ということで雨水も有効利用。
d0108737_11481289.jpg

ブルーベリーの天敵はこの方。
見つけて捕まえようとしたら逃げ足の速いこと!
あの想像しているコガネムシとは人格が違うみたいや!
悪さをしている自覚があるのやな~~子供と一緒だ、笑
d0108737_11484949.jpg

無農薬ゆえ、苦労は絶えない。
アトピーのお嬢さんたちの為に頑張って無農薬栽培にこだわられたらしいのだが、今は巣立たれ元気に楽しくされておられるようだ。
「これが娘で、これが孫・・・・」とヨーグルト&ブルーベリーを頂きながら写真を見せていただいた。
なるほど、苦労して育てているこの庭の木々には、子供さん達の想い出がたっぷり宿っているんだな~
d0108737_11491744.jpg

一服のあとお土産用の摘み取り。
吟味しているとなかなか籠の中身が増えない。

最盛期は8月のお盆あたりから9月上旬。
その時期になると、選ぶ必要も無く全てが食べごろとなるらしい。
d0108737_11493483.jpg

趣味で初められたのだが、一般の方も歓迎とのこと。
といっても明確に値段は決まっていない。
この日は3人で食べ放題とお土産、そしてお茶デザート付きで1000円。
これは少し安すぎ・・・・・・・・・最盛期なら一人500円以上だと思う。

そうだ、長袖、長ズボン、帽子や首タオルが条件。
蚊の対策は万全に、出来れば腰にぶら下げる蚊取り線香もあると便利。
整備された農場とかではなく、庭でのこじんまりした場所ですが、安全で美味。
電話で予約して行ってくださいな~

住所:水口町東林口3-13
電話:0748-63-2130

d0108737_11494583.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-08-01 11:50 | こだわり


<< 福井県、越前での釣り  そして...      「相木魚問屋」そして「浜のママ... >>