2011年 11月 15日
蕎麦の「たけよし」さん  (滋賀県甲賀市信楽町)
(残念ながら、店じまいされたようです)


信楽から宇治方面に抜ける307号線沿いで、このような建物、じゃないな~客車見覚えないですか?
個性的な蕎麦屋さんなんですわぁ~~
d0108737_22364670.jpg

元はうどん屋。
それを3年前に蕎麦屋に改装。
いやいや、内装がどうのこうののお店やないで、ここは。
ご主人の長谷川さんのもてなし精神がすばらし、いやそれを超越してるお店。
d0108737_22372069.jpg

まず、蕎麦の作り置きは無し!
「打ちたてが一番!打って時間がたったものをお客に出すのって申し訳ないでしょ~」
といいながら私の10割蕎麦を無駄な動き無く、工作機械のように正確にそして早くこねていかれるのだ。

蕎麦に魅了されて20年、背中には「天下無双」の文字が刻まれたような、そんな蕎麦打ち師の長谷川さん。
d0108737_22373513.jpg

どこかお勧め、というかお好きな蕎麦屋さんってあります?の問いかけに「無いんですよ~~満足できたお店が~~腹たって喧嘩になったりもするんですわぁ~~ハハハ」
友人と独学で学び、畑で蕎麦も育てているというツワモノ。
その友人に、蕎麦屋に食べに行くと喧嘩になったりするから、行くなと言われているとか。
d0108737_22375461.jpg

客は私一人、あいにく蕎麦好きとはいえ、実は鼻が利かないし、そんな蕎麦のことよく分からない私は少し不安に・・・・・・・・・・というか緊張。
「まず、これをどうぞ、蕎麦の生生地です」
前菜のように、自信たっぷりに差し出されたコレ、味わい深いんだろう、フムフム。

もぐもぐ・・・・・・・うううううう、美味くない、どうしよう。
土のような味わい・・・蕎麦の生ってこんな味なんだ・・・・・どう答えたらええねやろ・・・・・・ほんまはおいしいのかも・・・・・汗汗(あくまで、至らない私の感想)。

“大地の味ですね~~これは”なんてのが解答やったのかもしれないが、別の話にすり替えてとりあえず逃げ切ったのだ、ふう~。
これは、難易度が高いぞ~~!
d0108737_223837.jpg

打つのも早い!
それでも、多くのお客が来たら待ち時間はかなりなものと思うが、主人に妥協は無い。
この手間なのに10割が800円 1:9が700円と安い。
d0108737_22381394.jpg

だいこんもですかいな!
それもすりたて!
徹底している。

驚くのは、つゆにカツオや昆布は使わないとのこと。
「蕎麦の味わい香りを楽しむには、カツオや昆布は邪魔!今はそこに行き着いてるんです!」
つまり、大根のおろした汁と醤油だけがつゆ。
ぶっ掛けか、つけ汁にするかは自由。
d0108737_22382473.jpg

ゆっくり写真撮ってる空気では無い!
唯一のこの一枚を撮って、急いで食べる・・・・・・・・・・
ううぅうぅ美味~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!
本当、だいこん汁と醤油だけのつゆで本当に美味いのだ!
目からウロコがその辺落ちまくり!
ほかにこんな食べ方のお店、何処かあるんですか?
「多分、ここだけです。江戸ではこのような食べ方があったらしいことは分かっているんですが、現代はまずカツオに昆布ですね~~」
d0108737_22383597.jpg

〆のだいこんスープ。
何のことは無い、だいこん汁+醤油+蕎麦湯、これが美味い!
「蕎麦湯の熱でだいこん汁に甘みが出るんですよ~」とのこと。

ご主人は、少し離れて鎮座して、まなざしはこちら、ちょいっと緊張おば。
d0108737_23195835.jpg

これは本当に参った!
一期一会に、あくなき探求、お見事!

なまじっかな蕎麦ツウ気取りで対すると怪我します。(天下無双ゆえ)
とにかく行くべし!絶対のお勧め。
不定休なので必ず電話で確認して出かけてくださいな!

ちなみにご主人の本職はマッサージ師、これも凄いらしい。
d0108737_22384764.jpg

この日は貸切状態。
この内容で、何故お客さんが少ないのか不思議やなと思う反面、増えて欲しくない気持ちも大いにある。
ちょっとうるさがたの本物志向の人を連れて行ける、貴重で面白いお店だと思ったから。

店名:たけよし
住所:滋賀県甲賀市信楽町柞原170 (株)山上陶器内
携帯:090-2578-8885(長谷川 正郎さん)
[PR]

by guwaguwa58 | 2011-11-15 22:39 | 蕎麦


<< またもや蕎麦「手打ちそば玄鹿」...      んまい、とうふ!「橘とうふ し... >>