2011年 12月 20日
天然酵母石窯パン「もんぺおばさん」  (滋賀県栗東市)
「もんぺおばさん」のパンを買いに来るのはこれで2度目
ほんの少し、早起きせなあかんので頻繁にはこれない。
いやいや、自分に勝てないだけですが・・・・・・・・・

ここは栗東市東坂の田んぼのど真ん中!
素っ裸になった桜の木、寒々とした田、乾いた音の響く焚き火、ええもんだ。

ジャストam8:00より、写真のテントで販売が始まる。
それを目当てに、おなじみさんが三々五々集合する。
d0108737_113925.jpg

陳列するや、直ぐ皆の手が伸びる。
大丈夫、ゆっくりでも確保できますから。
d0108737_11391229.jpg

私は、なんか分からんけどとりあえず大きいの3つと菓子パン2つほど。
d0108737_11392627.jpg

パン確保の後はというと、買った菓子パンの袋を、おもむろにむき、焚き火にあたりながら食するのだ。
「くま先生みてますよ~~あのお店、ええ~~と住所わ?」とか、嬉しいお言葉をかけていただいた。
見ず知らずの方と、話しこむのも楽しみの一つ。
d0108737_11393790.jpg

もんぺおばさんは、農と食のコーディネーターの大先輩。
料理全般なんでも凄いのだが、蕎麦打ち、ピザ、そしてパンなど粉物が大得意。
お会いする前は「絶対、いつももんぺはいてはるぞ~~」と期待していたが、それは無かった・・・・・・・

さてパンだが、最初はシュトレーン。
なんや、この真っ白なのわ~~でっかいフナ寿司か?と、家族皆騒然。(どこまで田舎者やね)
我が家には、洒落た文化が一切無いから、初登場のこれに注目があつまるちゅうことだ。
当然、嫁も初めてだし私も裕福系のマダムブログで拝見はするが初体験。
うううめ~~~子供達がもっと切れとうるさい。
d0108737_11395442.jpg

これが代表作のフルーツ入りのヤツ・・・・・・・・名前あったのかな?
手造りされた石窯で焼き、香ばしさのベールに包まれた天然酵母のパン。
スライスしてバター塗って食うのが好きだ。
d0108737_1140194.jpg

何より、意表を突かれたのがこの食パン。
口に入れるとふわ~と溶けるという感じ。
厚切りで食べると旨さが際立つ。
何がどう違うのか表現が難しいのだが、極めて旨く、市販のものとの差は歴然。
長男はこのパンの虜になってしまった。

さて、肝心のどこでこのパンが買えるかだが、下記を参照に・・・・・・と言っても、これは難易度高いかも。

場所:栗東市東坂あたり。田んぼの真ん中でテント建ってる場所。多分わかる。
日時:毎週土曜日のam8:00~すぐ終わる。 (8:00ジャストに行くように)
注意:休みもあるので「もんぺおばさん」のブログで確認して行って下さい。
d0108737_114089.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-12-20 11:40 | パン


<< 甲賀バウムクーヘン誕生!!! ...      せこ蟹 >>