2012年 05月 16日
永源寺のイチゴ、そして「石釜パンcafeつむぎ」さん
BSフジで、なつかしい「東京ラブストーリー」をやっている。
駄作だと思うし、くさい台詞の羅列・・・・・・そうは思うが、やっぱり引き付けられる。
リカ役の鈴木保奈美の魅力なのだろうか・・・・・
他のテレビドラマで好きだったのがNHKの朝ドラの「ちゅらさん」。
どうやら私は、純粋でまっすぐなヒロインに惹かれる行動特性なのだと思う。
じゃあ、私自信の性格はというと、曲がっています、思いっきり、ハハハ。
まっすぐ、正直に、純粋に生きたいと潜在意識の中で、要求していることの現われなのだろな、多分。
まあ、理屈抜きに東京ラブストーリーは私自信は抜群に面白いと思う。
今では、こんなありふれたラブストーリーをドラマ化することは、ありえないだろうな~

まくらが長くなったが、今回はイチゴと石釜パン。
ここは東近江市307号線のノエビア工場がある「御園」の421号線との交差点を永源寺方面に走っているとあるイチゴ摘みの受付所。
d0108737_1116364.jpg

そこで「甘い、例のイチゴありますか?」と聞けば大体通じる極甘イチゴ。
それを今年も買いに来たのだ。
「いや~~無いわ、一時間待ってもろたら摘んでくるわ~~」とのこと。
その品はというと、何てこと無い完熟しすぎて不細工になった売れ残りイチゴのこと。
d0108737_11164585.jpg

「イチゴの食べ放題では、不細工は売れ残るのよ~~甘いのにもったいない」とのことで、その売れ残りを分けていただくというわけ。
市販されているあの、逆三角形のイチゴをそのまま数日畑で放置するとこのようにナスのようになり完熟で極めて甘いイチゴとなるのだ。
だが、悲しいかな皆が想像している美味いイチゴとは、かけ離れた容姿ゆえ、食べ放題でも無視されるのだ。
それを出荷すればいいのだが、完熟やわやわなのでそれもできない。
これだけ1600円、ほんの少し安いだけだが、これ食べたら市販の白い状態で摘まれたイチゴは食べられない。
d0108737_11165381.jpg


**************************************************
なすイチゴの準備ができるまで永源寺方面へ足を伸ばす。
翠さんのブログで拝見した、新しくできた「石釜ぱんcafeつむぎ」さんへ
d0108737_111747.jpg

この窓が一等席かな、新緑がまたまばゆい。
d0108737_11172316.jpg

4月中旬オープンされたとのことで、まだあまり知られていないようだ。
本当、隠れ家的もいいところ、極めて奥まった場所に存在するお店で、まさに私好みやわ。

サンドイッチのセットを2種注文。
d0108737_11173530.jpg

何故か必ず石釜は写真を撮る。

あんなことしたいな!って思うことはあったも実現・実行される人はごくわずか。
ここは、そんな“ごくわずか”な方が、椅子とか、一つ一つ選んでゆっくり夢を実現されたお店。
店内からは、そう感じさせてくれる。
d0108737_11174315.jpg

店頭販売もある。
石釜天然酵母パンにしては、案外こなれた価格。
d0108737_11175910.jpg

これは“さつまあげサンド”美味い。
最近では珍しく、酸味の残る天然酵母らしさを主張するパンだ。
新緑を楽しみつつ、訪れてみてはいかが。
d0108737_1118966.jpg


石釜パンcafe  つむぎ

東近江市蓼畑町425-1
0505-802-9481
11:30~18:00  定休日 火・水・木曜日
[PR]

by guwaguwa58 | 2012-05-16 11:18 | パン


<< 「富士家パン」さん  (蒲生郡...      富士の麓で遊ぶ② 「田貫湖キャ... >>