「ほっ」と。キャンペーン
2013年 02月 19日
氷見の寒ブリを喰らう会「寿司乃貴」さん  (滋賀県甲賀市)
仕事柄、この季節は忙しく遊びに出かけることが少なくなる。
蓄積したストレスは通販サイトのポチッ!でごまかしている。
案外、高額な魚なんぞも平気でポチッてしまう。
d0108737_15294367.jpg

こやつは、2月上旬にきた、10.2キロ、2万円の寒ブリ。
高そうに思うでしょうが、10キロ物としては案外安い部類に入る。
毎年買っていて、さらに釣りもすると少しずつだが、鰤について、魚にについての知識が高まってくるというものだ。
d0108737_15295061.jpg

見た目、鮮度、脂ののり、どれをとっても申し分ない!(こヤツは旧友と半分ずつの購入)
だが結論から言うと、たいして美味しくなかったのだ。
ここからは想像だが、鳥取の境港に水揚げされた巻き網漁で獲れたものだからだと思う。
それを実感したのは「氷見の寒ブリを喰らう会」なるものに参加させていただいたからだ。
d0108737_15295724.jpg

*************************************************
時は2月某日、場所は水口町の貴生川駅前にある「寿志乃貴」さん。

暖簾をくぐると「寒ブリ喰いて~~」と言い出したホスト役のFさんが迎えてくださって、見知らぬ同士の和を取り持ってくださった。
d0108737_1530779.jpg

こ・こ・この青い箱は、紛れも無く氷見ブリの証やん!
手が出ないんやな~~~高くって!
寒ブリ愛好家の憧れの箱、できるなら私が入れるくらいの物を手に入れてベット代わりにしたいほどだ。
d0108737_15301789.jpg

カウンターも座敷も満杯。
総勢19人、貸切で10キロものを一匹食べ尽くすのだ!
d0108737_15302656.jpg

まずは刺身。

左から真鯛、ヨコワ、そしてブリ。
ぅぅぅ旨~~~~~~~~~~~い!
重さや脂ののりは先日買ったヤツと同じようなものだが、身の中にある旨味が全く違う!
d0108737_15304265.jpg

誰も気付かなかっただろうが、証明書には定置網の図柄が入ってある。

定置網のブリは活きのいいうちに船の氷でいっきに〆る。
それに対し、巻き網のブリは海水の中に沈む網の中で悶絶しながら死ぬのである。
死に様による味の違いが歴然としていることに驚いた。
この証明書は、その違いを氷見漁協が強く主張したいゆえのデザインなんだろう。
過去、伊根の定置網物を買ったがそれも確かに旨かった。
d0108737_16183620.jpg

まあ、そんなウンチクはどうでもええわ~~
これは、ブリしゃぶのハラミ。
d0108737_15305679.jpg

奥さんが夜なべでブリの骨から取って下さった出汁。
それでのしゃぶしゃぶは旨いに、きまとるわ~~~
d0108737_1531616.jpg

寒ブリにワイン!粋やないかいな~~
Fさんの特別な持込品、ENOTECAから仕入れたワインで、皆のホホも赤らみ盛り上がってきた。
何とも楽しい会合になってきたぞ~~
d0108737_15325089.jpg

オオトロ!

うううううまひィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
意識が遠のいていく~~~~~~~~幽体離脱や~~~~
d0108737_1531137.jpg

〆は当然握り。
食べて、食べて、食べまくれ~~~~~~~~~
もう食べれへん、と言うまで握ってくださる!
d0108737_15312677.jpg


ブリばかりではと鯛、サーモンもあり。


d0108737_15313556.jpg


d0108737_15314537.jpg



d0108737_1531511.jpg



「これで、どうじゃ~~~!」と出してくださった、カマ焼き!
なんの、完食じゃ~~~~~~~~~~~どやっ!

ハハハ~~勝ったな、私の勝ちや一人勝ち、一番ようさん食べたで!
(というような会合では、なかったはずだが・・・・)
まあ、もうこれで一年はブリいらんわ~~というほど喰ったったわ。

Fさん、みなを楽しませる見事なホストぶり、脱帽やったで、楽しかったわ、ありがとう。
d0108737_1533661.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-02-19 15:33 | 寿司


<< 驚きの昼飯「広盛園」さん  (...      近江八幡ぶらりの続き 「アトリ... >>