2013年 02月 26日
驚きの昼飯「広盛園」さん  (滋賀県栗東市)
少しずつの変化は、それに気付きにくいものである。
中国系の方々が切り盛りされておられるお店が、大衆中華料理店の主流となりつつある。

油で黒ずんだ店内、お店の片隅のブラウン管テレビから高校野球中継が映し出され、仕事を終えた大将は新聞を見ながら客のテーブルでタバコをふかす。
日本で独自の進化を遂げた和風中華料理店、そういったお店が、置き換わってきている。

少し寂しい。

本題だが私知る限り、メールで教えていただいた広盛園さんがその系統の最強のお店ではと思う。
d0108737_12251753.jpg

こちら、かなり前からここで営業されておられ、そこそこ高級なのかと思っていたら、ランチ600円。
昔の雰囲気とは違ってしまっているような・・・・・・・・
d0108737_12252440.jpg

中国系中華のお店の特徴は
①台湾ラーメンがある。
②普通盛りのラーメンと一品がセットとなっている。
③ライスがお代わり自由、もしくは超大盛り!
④外の張り紙、看板の日本語、少しおかしい。
そして⑤安い!
となるのだが、これで600円って、いったりどうなっとるのや~~
d0108737_12253311.jpg

写真では分かりにくいでしょうが、えげつないボリューム。
そして、そこそこ美味しい。(ホテルの中華と比較するは愚なり)
これで600円とは恐るべし。

あの懐かしの和風中華料理店、太刀打ちでけへんかも・・・・・

さあ帰るか、と立ち上がったら「オキャクサン、マダ、コーヒーアルヨ」とのこと。
うっそ~~さらにコーヒーが付いとるんけ~~~~
d0108737_12254016.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-02-26 12:48 | 中華


<< 「GooD FooD」さん 「...      氷見の寒ブリを喰らう会「寿司乃... >>