2013年 04月 03日
びわ湖アートフェスティバル2013 「肉食堂 最後にカツ」 (滋賀県大津市)
3月3日(土)は、ちょいっと早起きして嫁のお手伝い。

これで開催3回目のびわ湖アートフェス
準備途中のびわ湖ホールは、出演を前にした演奏者の緊張感が充満し、それが不思議と私にとっては新鮮で気持ちいい。
d0108737_15481422.jpg

演奏だけでなく、作家の作品を会場(びわ湖ホール)のあちこちで販売するのだ(アートフリーマーケット)。
そう、先週に行ってきた京都アートフリーマーケットみたいに。

bobbobは、出店準備準備に大忙し。(私は荷運びやったし、もうええねん・・・・たぶん)
d0108737_15482825.jpg

前日に多肉草をこねこねいじっているとおもったら、こうなっていた。
d0108737_15483572.jpg

他のブースを邪魔しに、れっつらご~~~

「もうもう、クジラが好きすぎてどうしようもないんですよ~~~」
とは、石川素材研究所の所長さん。(所長って、勝手に書いていますが、オッサンではなく、可愛い女性)
d0108737_15484896.jpg

大学生も出店、ういういしい。
d0108737_1549255.jpg

「弁当が大好きなんですよ~~~毎日作ってます~~~」
と滋賀県立大学の学生さん。
さっきも聞いたぞ、よく似たフレーズ。

こういったところへ出店される方は、何かとこだわりが強い。
d0108737_15491424.jpg

うろうろ邪魔して回っていると、一世を風靡した嘉田知事登場!
お約束のグリーンのジャケットだった。
d0108737_15492868.jpg

びっくりした~~~~~~

人形かと思ったら、動いたがな。
メガネのお父さんも、ビックリ!
d0108737_15494434.jpg

前へ回れば、こんな感じ。

描かれた作品を売る、というよりパフォーマンスを楽しんでおられるのではないかな。
これもアリやわ!
d0108737_15495533.jpg

*********************************************************

遊び疲れ、近所のちょっと気になっていたお店へ昼飯に。

なぬ~~順番待ち!
d0108737_16441156.jpg

居酒屋のつぼ八は、8坪の店から始まった。
こちらのお店は、食堂スペース4坪。
つぼ四・・・・・・・ゴロも数字的縁起も悪いので、そのネーミングは没だろうが、この狭さはある意味伝説だな。
この壁向いて食べる雰囲気、30年前の京都の天天有本店を想い出す。
d0108737_15503221.jpg

何と、メニュにも伝説と!

伝説のトンテキはやめて、デミグラスのトンテキ(実際は定食)300g(880円)
d0108737_15504396.jpg

コストパフォーマンスは、確かに伝説級!

一気に焼き上げるのではなく、低温でじゅわ~~~と熱を通しているから、柔らかくジューシー。
ただし、豚の品質はそれほどでもないからか、旨味を深く感じるまではいかない。
もう少し美味しい豚肉なら、伝説に近づくのに・・・・・・・
いやいや、そこまで求めてはいけない、値段を考えると。
三重の四日市で行列になっているトンテキ屋と比較すると十分安く旨いと私は思う。
d0108737_15511173.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-04-03 15:51 | イベント


<< 熟成肉の「さかえや」さん  (...      京都ぶらり 「ピッツェリア・ア... >>