「ほっ」と。キャンペーン
2013年 04月 24日
薪火石窯パン工房「アウビング」さん 小さな弁当やさん「BENTO」さん (東近江市)
先日、「池谷 裕二」先生の脳科学の公演を聞いた。
仕事の一環ではあったのだが、面白すぎだったな。
「人間の行動の80%は無意識である」という話。

例えば受験したい高校・大学など、受験する人は、無意識で決めてしまっているということなのだ。
いや「そこの学校は進学に強いから」等々、もっともらしい理由を言ってるよ、うちの息子!
いやいやいや、それは事実も含まれるが、大半は後付で都合よく考え作られた理由なのだ(意識せず)。
その後付で話を作ることを「作話」といって「ウソ」とは全くの別物とのこと。
なるほど、なんとなくそんな気はしてたんだな・・・・・

子ども達は「何も考えていない」ように見えてしまうが、そうではない。
かなり早くから無意識の中で少しづつ、人生の大きな決定となるモノを作り上げていたりするのだ。
早くに、進学にしても就職にしても、上質な情報を入れていってあげることが重要なのだな。

我が家の場合、食べ物の情報のインプットについては、誰にも負けんだろうな!ハハハ~~~
d0108737_13403648.jpg

おおおお~~~~~い、置いていくなよな!
枕カバーが変色して臭いとか、トイレ流さんとか・・・・・等々で、無意識に離れようとしとるのかもしれんな、嫁!

紹介が遅れたが、ここは東近江市にこの4月にオープンした「アウビング」さんの実店舗。
d0108737_13404498.jpg

2013年4月4日にオープン

石窯パンを始めるきっかけは、日野町にある松茸山の整備を始めたこと。
山から出る廃木を、有効活用されているということ。
d0108737_13405094.jpg

棚板も松茸山の木だそうだ。
手作りっぽいところが、何とも、そそりますな~~~
d0108737_134114100.jpg

パンは、燻製の、薪の香りが特徴
酸味は抑え気味で食べやすく、私の好きな味だ。

(自家製天然酵母のパンは、個性が強く、初めて食べる方には直ぐには馴染めないかもしれない。
何度も食べているうち、好みが出てきて、「あそこのも食べてみたいな!」となるのだ。)
d0108737_13412720.jpg

松茸山の写真。
d0108737_13415365.jpg

松の陰の農場で作られた金ごま。

よく調べると、単に「美味い石窯パンを焼く」、ではなくそこに至るまでの物語に興味がいく。
さらに、今後どう活動されるのだろうかと、その物語の先が気になる。
d0108737_1342113.jpg

〒527-0034 滋賀県東近江市沖野2-13-5
Tel:0748-20-0900  Fax:0748-20-0900
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日、火曜日、水曜日、第二土曜日、第二日曜日

****************************************************

ついでに、同じ東近江市にある個性的な弁当屋さんの「BENTO」さんを紹介。

多分、店名を必死で考えて、考えて、出てきてはボツ、また考えて、最後に考え疲れ「BENTO」でええやん!ってなったんだわ(←あくまで、あくまで妄想ですので)
d0108737_1342966.jpg

なんてことは無い、家で待っている息子達の昼飯を買いに来たのだ。

なんともカフェみたいな、そしてサッカーやっていた人なら必ずヘッティングしたくなる照明。
d0108737_1343153.jpg

栄養士の女性2名で、2年ほど前に始められたとか。

市販弁当で連想する言葉は、ギトギト、胸焼け、等。
美味しいのは美味しいんですがね。

それの対極にある弁当と考えたらいい、ここのは。
d0108737_13432912.jpg

おかずは入れられていて、後でご飯を入れる仕組み。
d0108737_13433878.jpg

胸焼けするから最近弁当を買っていないから曖昧だが、金額は、コンビニやホッカホカ弁当と遜色ないような気がする。
d0108737_1344335.jpg

冷めていても問題ない。
うぅぅぅ美味い!
メインの鮭もいいが、実はそれ以外のオカズに力を入れて調理されている。
近くに欲しいな、こんな弁当屋さん。
d0108737_13441017.jpg

527-0042 滋賀県東近江市外町1357
電話0748-26-2954
10:30~18:30
日曜休
[PR]

by guwaguwa58 | 2013-04-24 13:49 | パン


<< 京都ぶらぶら① ゴッホ展 そし...      京朱雀市場 食彩市  (京都市) >>