「ほっ」と。キャンペーン
2014年 01月 01日
2014年 おめでとうございます 年越しそば
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年の御節は草津のライオンさんの!
昨年の我が家での「ロイヤルオーク御節、大半が冷凍物やんけこれ!(疑惑)」により変更となったのだが、大正解!

ネタは、まだどこも出かけていないので、昨日の大晦日のこと。
d0108737_11572070.jpg

12月31日、13:00に恒例のもんぺおばさん工房〈栗東)に到着。
メンバーは長男、次男と私の3人。
予約も必要なく、どなたでも好きな時間に蕎麦が打てるのだが、混んでいないタイミングで突撃しないといけない。
d0108737_1157359.jpg

13:00という時間が絶妙でやはり数名しかおられない。
幸運なことに即、打つことができた。
d0108737_11574225.jpg

たしかこうだったな???と作業を思い出しながら進める。
これで3回目なのあまり先生たちの指導に甘えるわけにはいかない。
d0108737_11575118.jpg

コップの水を3度の分けて入れながら粉に馴染ませていく。
最初はバラバラだったものが自然と固まりになっていくのだ。
d0108737_1157599.jpg

菊揉みから弾丸みたいな形にするのは、まだまだ難しい。
でも、過去の経験から自分なりの打ち方でも十分美味いから3人ともどんどん次の作業に移っていく。
d0108737_11581285.jpg

ほんの10分ほどでここまでできる。
ここから角を出す作業なのだが、それがなかなか難しく理論が分かりにくい。
d0108737_11582142.jpg

長男の高校の冬の課題で「和食をレポートするべし!」というのがあるらしい。
世界遺産になったからだそうだ。
この蕎麦打ちをそのまま利用すればいいのだが、どうしてまとめよるのかが問題だ。

んんん~~~~~~そのレポート、めっちゃ私が書きたい・・・・・・・・・・・・
d0108737_11582963.jpg

*****************************************************

無事、蕎麦を打ち上げ、中井さんに年末の挨拶をして自宅へ。

ことしの年越し蕎麦の課題は鴨汁そば!
主役の鴨は小山食品さんからの取り寄せ。
たんなる合鴨にこの金額はどうかと思うのだが、田舎では仕方なしだな。
d0108737_11591417.jpg

筋を掃除したりが必要。

そういえば、紅白のNMB48のカモネギックスの鴨のパフォーマンス、なかなかよかった!
実は大きな声で言えないのだが、隠れAKBファンなのである。
アイドル好きとかでなく、会社組織の過酷さを年端もいかない女の子が体験している、それってどんな心理状態になるんだろう、という好奇心からのファンである。
大島さんの卒業も興味津々!
それをカバーできる人材が出てくるのだろうか?
d0108737_11592272.jpg

そして、ネギも重要!
地元の「忍葱」これが甘くって美味いのだわ~~~~~
d0108737_123515.jpg

ううううううわ~~~~~~~~~~
ううう美味い!
鴨の脂を別で残しておいて、最後に椀に入れるという面倒な作業をやってみたのだが、それが成功!
何とも鴨の奥深い味わいが、見事に椀の中に搾り出されてある!
当然、自分たちで打った蕎麦も見事に美味しかった。

一年の締めにふさわしい一品で、2013年を締めくくった!
d0108737_11595834.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-01-01 13:00 | 蕎麦


<< 新世界を歩く、そしてアベノハル...      京都市場内の「石田食堂」のほっ... >>