2014年 04月 24日
カフェ「Yeti Fazenda」さん キャンドル「naoha candle」さん  (滋賀県彦根市、東近江市)
彦根市内は、ババ混みなので退避してカフェ「Yeti Fazenda」さんへ。
まあ、ここは皆さんよくご存知だと思うので説明は不要かと。
d0108737_13385816.jpg

先客、常連さんらしき方お一人。
古いタイプのマスターがおられる喫茶店の空気が漂う。
d0108737_1339118.jpg

手作り感の高い内装。
小物も含め、かなりこだわりを感じる設えだな。
d0108737_13391891.jpg

ローッストビーフサンド。
パンが、えええ~~~と、東京の・・・・・・
なんだったか忘れたが、旨いのだ。
d0108737_13392627.jpg

黒いソースはチョコではなくバルサミコ酢。
これが、めっちゃええ仕事して旨い!
トーストしたパンにカスタードクリームとイチゴ、その上に上記のもの。
是非、家で真似をしたい一品だな!
d0108737_13393386.jpg

****************************************************
ここで数珠繋ぎ戦に突入!
Yeti Fazendaさんの入り口に、個性的なお店の案内書がいっぱい。
その中から、不思議な作品展の案内を発見!

希旺・・・・き・き・き・・・・・きおう??
まずもって、名前が読めへんやん。
「そこにある あたたかくて まあるいものたち」
って、何だ、何んなんだ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。
期間が、5月のおわりくらいまで・・・・・って、曖昧すぎやろ~~~~~

こんなん、行って見てみな、気になって夜寝れへんやろが~~
d0108737_14131150.jpg

ナビに住所をぶち込み、案内の通りに突き進むと、田んぼの中の在所の中の2mほどの細い道をさらに奥へ進めと案内される。
ナビが壊れた???それともイタズラかこれ????

なんてことはない、着いた先はルワムさん(前に行ったことあり)。
で、その横のNAOHA Candleさんの中のようなのだが・・・・・・・
嫁がへっぴり腰で、おそるおそる入ってみる。
(実に興味深い、犬も不安な時は尾を丸め、この嫁のような格好になるのだが、人間も然りなのだな、ハハハハ~~)
d0108737_13394241.jpg

すごい、キャンドルがいっぱい!
この田舎の中のお店で、こういったもの出会う驚きは、極めて美味!
製作もされておられ、芯の選び方もノウハウがあるようで、奥深さを感ずる。
d0108737_14343866.jpg

さて、問題の案内チラシの「希旺」さんの作品はこれ
建築現場で出る端材や、針金やいろんな素材と再誕生させた温かい作品。
出会えて良かった!
d0108737_14392644.jpg

おもちゃ箱のようなこのお店で、特に気になったのがこれ!
何か分かります????
結晶の具合で天気が分かるとか。
一人暮らしのころのコップのお茶、一ヶ月ほど置いといたらこんなんによくなっとたんだが、あれみたいなものか???
d0108737_13395742.jpg

調べたらストームグラスと言うそうな。
d0108737_134042.jpg

**************************************************

最後に、河辺のイチゴ。
さて、この時期は旨いのかを試しにやってきた。
d0108737_13401257.jpg

デッカイ箱に山盛りで1000円。
ずいぶん安くなっていたのだが、味わいはあの時のイチゴとは全く別物で、いたって普通。
売ってはったお爺さん曰く「3月までやわ、イチゴは・・・・」とのこと。

これは言い切ります、イチゴは1月に食うべし!
d0108737_13401942.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-04-24 14:41 | カフェ


<< 「ヴォーリズ(旧水口図書館)春...      「gatto」さん 「&Ann... >>