2014年 06月 20日
「cafeネンリン」さん  (滋賀県湖南市)
ほおおおぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
d0108737_13235975.jpg

はあああああぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~
d0108737_13241132.jpg

何とも美しいですやん!!!!!!!!!!
d0108737_1438216.jpg

ここは、今年の5月、そう先月に開店されたばかりの、湖南市は菩提寺の団地の中にあるcafeネンリンさん
「Bon Appetitさん」さんのブログで発見して早く行きたかったお店ではあるが、さすがにオッサン一人では無理で、保護者(嫁)に同行願ってやっと先日入れたということ。
d0108737_13305851.jpg

内部も素晴らしい!

席についてから、このショーケース横で注文・清算をする。

何故だ!懐かしいというか何というか、全部食べたい衝動にかられる魔法のショーケース!
d0108737_1325748.jpg

内部の写真は限定的にしておこう。
訪問される方に楽しみを残しておかな。
d0108737_13251622.jpg

荒壁がむき出しに。

前職は、大手住宅会社に勤務していて、多くの家造りの手伝いをしていた。
新卒で入社し20年近く働き思ったことは、本当に提供したい家と、求めておられるものとの大きなギャップ。
断熱性のデータ、耐震耐久性を上手に表現したパンフレット・・・・・ちがうんやけどな~てな感じで思うのだが、商売は商売やしとせっせと売り込むぜ~~てな感じの20年。
「竣工したときが、一番素晴らしい家」、それが普通の家なのだが、「竣工しても、まだ未完成」というものを提供したかったんやな。
その会社の商品も、ある程度それに対応できたさかい、やんわり提案するが、通じず撃沈。
といいつつ、楽しい20年でしたぜ!今があるのもそこでの経験があったからこそ。

自然素材の木や土に、家族の成長を傷や染みとして記していく、自然に風化して景色に馴染む、時を刻むほどに完成に近づいていく、それが最良の建築物かと、その仕事の終わりの方では考えていたな(遠い目で)。
住宅と併設のここがまさにそうだ。
d0108737_13252834.jpg

旨そうなピザがやってきて、われに返る。

フレッシュ野菜山盛りピザ。
ほおおおお~~~~ううう旨い!
d0108737_13253926.jpg

紅茶やないで、ほっとコーヒー。
豆を煎るところからやってはるのか???
深入りでコクがあって、これは好みの味わい!
d0108737_13254839.jpg

金柑のケーキ!
言うことなし。

なるほどね!
こだわりたいんですね!!!!
一つ一つのことに!
そやからメニュもまだ少ないんやな。
納得した上でしか提供しない、いやできないオーナーさんなんやね!(あくまで推測であり妄想やから)
d0108737_1325565.jpg

目立たない小さなものも観察すると、面白い。

すこし座りの悪い粉引きの器、これも作らはったんやろか~~
なんか味わいあるな~~と嫁とにんまり。
d0108737_1326396.jpg

最後は、食べ終わったお膳をカウンターへ返却しよう。
d0108737_13261710.jpg

開店は水・木・金曜の週に3日のみ。

これ、お客さんでいっぱいになってしまうんちゃうかな・・・・・・・
女性お二人で対応されているので、ゆったりした気持ちで過ごしてくださいな~~
d0108737_1417079.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-06-20 14:25 | カフェ


<< 京都市卸売市場内の「石田食堂」...      「中華菜 秀」さん 「スプーン... >>