2014年 11月 27日
ふんだりけったりの一日 小浜へジギング  朽木で鯖寿司「花ひさ」さん
魚釣り、ちゅうのは予定が立ったときから始まっているのである。
あの仕掛けで、こうしてああしてとか。
仕事をしていても、頭の中で戦略を繰り広げまくっているのである。
人は、それを妄想とよぶのだが。
(小浜へ向かって琵琶湖大橋を通過中)
d0108737_13584651.jpg

今回は、小浜市へ。
前職の先輩より、10年ぶりにお誘いがあり、マイボートを持っておられる方の船にもぐりこませていただいたのである。
天気予報では、絶好の釣り日和だったのだが・・・・・・・・・・
d0108737_13585825.jpg

次の写真が魚屋(小浜水産食品センター)さんということは、お察しの通りである。
というより、外海に出た瞬間から予想外の風が吹き、引き返してきて、釣りにもならなかったのだ。
たいがい、釣りとゆうものは妄想と道具への無駄な投資で終わることが、決まりごなのだ。

学びたいものだが、時が過ぎれば忘れてしまうのもの。
d0108737_1359736.jpg

7500円のアンコウか・・・・・・・
d0108737_13591710.jpg

若狭小浜お魚センターなのだが、売り切ってしまわれたからか寂しい。
d0108737_13592657.jpg

干し物は多いのだが、刺身になるヤツが欲しいのだが・・・・・・
d0108737_13593589.jpg

カニか・・・・・・んんん違うな・・・・・・
d0108737_1359566.jpg

物が悪いわけではないんだが、釣れたとしてもさして嬉しくもない小物ばかりなので、食指が動かない。
d0108737_140435.jpg

鮮魚は諦めて、鯖寿司でもと「若廣」さんへ来てみたが中で大行列。
待ってられんわ。
d0108737_1401257.jpg

そうや!
奥の手で、スーパー!
漁港近くのスーパーは、その港に揚がった魚を仕入れて、エエもん売ってたりするんやわ!
d0108737_1402546.jpg

小浜産はツバスのみ。
確かに、この時期は美味しいねんけど・・・・・・・パスやな。
d0108737_1404618.jpg

ダメ押しの地元のママーストアさん。

撃沈!

あかん、今日は何やってもあかんような気がしてきた。
d0108737_1405631.jpg

ここなら間違いないやろ!
「栃生梅竹」さんの鯖寿司!

だが、「いや~~~30~40分待ってね~~」

おおおおおおおおまい、が~~~~~~~~。
心に余裕がないから、待てません。
d0108737_141428.jpg

ということで、次にある「花ひさ」さん。
ここは初めてである。
d0108737_1411368.jpg

一本2800円の。
少し酢がきつめで普通でした。
「やっぱり栃生梅竹さんの方がええわ~~」と嫁がかる~~~く言いよったわ。
「ここここの一本の鯖寿司には、わしの一日がつまっとるのや~~~」と言いたかったが、次釣りに行けへんようになったらかなんので、その言葉は飲み込んどいた。

そやけど、たしかに栃生梅竹さんの方が好みなのは間違いない事実やな・・・・
d0108737_1412121.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-11-27 14:35 | 釣り


<< 通販生活 「のんきな魚屋さん」...      「聲の形」、そしてモクモクで「... >>