2016年 05月 29日
「骨付鶏かもん」さん 「新味覚」さん  (三重県四日市)
今回は、三重県は四日市特集。
一鶴というお店を知っておられます?
香川県の丸亀市で、完全に市民権を得た、焼いた骨付鶏を出してくれるお店。
それを再現した品を出しておると、噂を聞いてやってきた骨付鶏かもんさん
d0108737_1536549.jpg

何と、お一人で調理や給仕をしておられる。
なるほど、写真のオーブンで焼いて出すだけやから、十分一人でできるわ。
「おやどり、orわかどり、どちらにしますか?」の機内食的な2者択一。
注文もシンプル。
それぞれ一つひとつを注文。
d0108737_15361592.jpg

左側が親鳥で、最初からはさみで切り込みをいれてくれてある。
うううわ~~~歯ごたえがすごい!
表面はパリパリ、そしえスパイシーで、味はかなり濃い。
トリの油が香りを引き出してくれて、ええ仕事してくれている。
どちらも食べたが、私はおやどりに軍配。
なるほど、癖になる味わいやな。
d0108737_15362230.jpg

かなり個性的で、子供のころより食べていたなら、癖になってしまってしまうだろう。
亀山市民に愛されることが理解できる。

一度試してみたいが、香川県までは遠いしな~~という方、どうぞ。
d0108737_1536288.jpg

***************************************************
ここも、たいがい個性的。
四日市市民に愛され半世紀の老舗餃子店である。
骨付鶏だけでは、ちょっと物足らんので、はしごだ。
d0108737_15374256.jpg

主役は餃子のみ!
後はビールと・・・・・そう牛乳を飲みながら餃子を食べることがスタンダードとのこと・・・
なんと、カウンターに並んだお客さんの前には大内山牛乳の瓶が本当に、ずら~~と置かれてある。
d0108737_15395514.jpg

座った時点で、餃子は勝手に出される。
餃子は8個で400円で、王将餃子に慣れている私には少し高く感じる。

しかし何だな、昼時にご飯も食べず餃子を牛乳で流し込む、という習慣がよくわからない。
d0108737_1540838.jpg

味が凄いのかと思ったが、薄味でニンニクも少なめで癖のないおとなしい味わい。
確かに美味しいのだが、これだけで、こう多くの支持を集めるのは厳しいように思う。
d0108737_15402768.jpg

中毒になるアイテムが、実はこれなのかもしれない。
周囲の方を横目で観察すると、この怪しげなオレンジの汁と白いツブツブの物体を山ほど皿に入れて、これでもかとこすりつけ食べてはる。
真似ようかと思ったが、何となく初心者がやってはいけない行為のような気がして、オレンジの汁を数適、餃子のタレに落として利用。
ううわ~~~香る香る、ニンニクが!
数滴でこの強烈さ!
これで、好みのニンニク加減に調整できることが重要なのかもしれん。
これが癖になる味わいなんや~~
d0108737_15404447.jpg

営業時間も、ここの不思議である。
夜は売り切れで終了ということで、夕方には店じまいとなるらしい。
飲んだ後の〆的存在が、餃子のイメージやのに、そんな早くに終わって商いが成り立つのかと思うのだが、勝手なお世話である。

で、牛乳だが、これがまた合うんですな~~
不思議なことに相性120%!
是非是非行ってみて牛乳片手に餃子を食べてみて下さいな。
d0108737_1541137.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-05-29 16:42 | こだわり


<< 「喜多川」さん  (三重県四日市市)      「喫茶 古良慕」さん  (滋賀... >>