2007年 03月 04日
信楽焼き 藤本秀さんの穴窯見学 最終 甲賀市信楽町
これが穴窯(あながま)です。お銚子をねかせてケツに穴をあけたような形です。大きさ的にはキャンプ用大型テント2個分位かな。藤本さんの手作りらしいです、何度も改はされているようです。
d0108737_204037100.jpg


これが、内部です。壁の厚みがあるため想像以上に狭い、作品は大小あわせて300個しか入りません。重要なのは置く位置らしいのです、手前は温度も高く灰も多く積もる、奥はその逆となります。全ては過去の経験に基づいて完成のイメージを描きながら配置していくのである。
d0108737_2041746.jpg


藤本秀さんです。野焼きから始められ、独学で信楽焼きの伝統技法である穴窯の焼き締めにこだわり、追い求めておられます。

一度に使うマキは写真の束の200個分です。5日間燃やし続け、5日間冷ます、完成出来る作品も少量とくる、効率の悪さは天下一品である。
d0108737_20413842.jpg


炎の神にお祈りをする。最後の担い手は神の炎。
d0108737_20421036.jpg


作品のひとつ。
d0108737_20424459.jpg


このグリーン色のガラス質のものがビードロとよばれている。マキで焼付け、粘土内から溶け出したガラス質と降り積もった灰が反応して出来上がる。還元(酸欠)状態にすることにより、見事なエメラルドグリーンに変貌する。
d0108737_2043257.jpg


この作品は、奥の方でできあがったのではないかな、料理人の創作意欲を刺激するだろうな。
(あくまで、私の推測です)
d0108737_20432986.jpg


これは、入り口に近いところで大半を灰の下に埋まっていた、俗に言う「灰かぶり」とよびます。
d0108737_20434831.jpg


3月末には次の展示会用のために、窯に火が入る。そのための準備で今は忙しい状況です、それにもかかわらず見学させていただきありがとうございます。
d0108737_20441849.jpg


最後にマキの写真、やはりきれいだ!次は火が入っている窯を見てみたいな。
d0108737_20444498.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-04 21:56 | 職人 | Comments(0)


<< 口の中でとける、本わらび餅 「...      信楽焼き、藤本秀さんの穴窯見学... >>