2007年 03月 08日
口の中でとける、本わらび餅 「まっちん」 (三重県上野市)

(2009年1月6日 追記  理由は分かりませんが、レシピが変わり、わらび餅の味わいは、この時とは変わっております)


うわさでで聞いていた、わらび餅を買いに行く。
お店の名前は「和菓子工房 まっちん」、4年前にオープンされたらしい。
とにかく、場所が住宅街の中で分かりにくい、何度か迷ってやっと到着した。
d0108737_17581997.jpg


お店の面構えがグッドである。
本物が手に入る予感がする。
d0108737_17583059.jpg


今日、作ったお菓子が黒板に書かれている、その日によって変わるようだ。
d0108737_17584249.jpg


これが、物である。かなり、厳重に包装されている、わらび餅が入っているとは思えない。
d0108737_17585634.jpg


ふたをあけるとこんな感じ。
すご~~~い上質な、きな粉の香りが立ち込める、すごい!
d0108737_1759873.jpg


うま~~~い!これはスゴイ!!!
「常温で解けますから」の意味が分かった、口内の体温でとろけるのである、すごい。
久しぶりの感動やな、今までのわらび餅て、何やったんや!
ただし、大人の食べ物である。おそらく本わらび自身には味は少なく、砂糖、きな粉などの原料にこだわり、純粋な素材が持つ植物本来の味を引き出し、口どけ感とのあわせ技である。(講釈が長い!)
d0108737_17592315.jpg


こちらが、わらびまんじゅう。
うまい、うますぎや~~~~。
こんなん、子供に食べさせたらあかん、残り2個、隠しておいて夜たべよ!
d0108737_17593556.jpg


菓子工房まっちんのしおりに「見た目の華やかさより素材のおいしさを引き出す事に精一杯取りくんでいます」と書いていた、うそ偽りのない物に仕上がっていると私は思う。

職人(店主でもある)さんの名前が町野仁英と書いてある、皆に「まっちん」てよばれていて、そのままお店の名前になったんだろね(得意の想像ですので!)
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-08 19:02 | こだわり | Comments(4)
Commented by n-sakanaya at 2007-03-08 20:38
初めてコメントをさせて頂きます。
魚屋三代目日記の「さかなや」と申します!

わらび餅!私も大好きです!

わらび餅以外にも、「葛餅」、「信玄餅」.........堪りません!
きな粉が最高ですよね。
3時のオヤツに緑茶と一緒に頂きたい一品です。

くま先生さん、リンクをして頂き有難うございました!
私もリンクをさせて頂きました。

今後とも、宜しくお願い致します!


「鯛」の皮引き、必ず記事にしますね!!!




Commented by くま先生 at 2007-03-08 21:20 x
魚屋三代目さん
コメント、そしてリンクありがとうございます。

毎日、魚屋三代目さんのブログを見させていただき、勉強しています。

今日は、料理(パスタ)の写真を撮ろうとチャレンジしましたが、これは想像以上にたいへんですね、手は汚れてカメラいじれないし、料理冷めるて怒られるし、アルデンテをのがしてしまうしと悲惨でした。
次回は嫁に手伝ってもらいます。
Commented by tenmorimori at 2007-03-10 20:37
てんもりです、こんばんは。
この写真を見て、黄粉好きのボクはたまらず発注の電話をしました。
結果は・・・・・沖縄には送れないとの非情な宣告、以前、富山のますのすしと寒ぶりのすしを注文したときにも言われた言葉です。
今の時代、少々運賃が高くなってもどうにかならんもんかと思いました。
それにしても罪な写真です(泣笑)
Commented by くま先生 at 2007-03-10 23:53 x
てんもりさん

私が買った日、雪がちらついていたのに「家まで何分ですか」「車の中には入れないで下さい溶けますから」「今日食べてください」とか、ものすごい神経質でした。しかし、これだけ流通が発達しているのですから、送れそうなものですがね!
電話ではおそらく、愛想もなかったと思います、職人そのものの人でしたから、許してあげて下さい。


<< イカまるごとのスパゲティ 大失敗の巻      信楽焼き 藤本秀さんの穴窯見学... >>