「ほっ」と。キャンペーン
2007年 03月 29日
粋な蕎麦屋!そば吉  滋賀県犬上郡多賀町

滋賀県は完全に麺後進国である、それはうどん、ラーメン、そして蕎麦、全てにおいて他県から後れをとっている。食文化的な問題だと思われるが、県民の大半は本物に出会う機会が極めて少ない。わたしも、社会人になって初めて本物の蕎麦を食べた、それまではスーパーに売っているビニールに入ったものが本物と思っていたのでショッキングであった。

「そば吉」は比較的新しくできたのだが、本物を安く提供してくれる滋賀にとっては貴重な店である。
d0108737_224475.jpg


前の会社で営業をしているときはここで昼をよく食べた。これが私の定番で細打ち(普通の太さ)。いつもは、これの大と稲荷を頼み、最後に蕎麦湯でしめる。
d0108737_2245631.jpg


こちらが太打ち、私の好みでは細打ちだが飽きたときにこちらを食べる。
d0108737_2265178.jpg


これが、日替わりの四色もり、今日はゆず、茶、細、太であった。
d0108737_227179.jpg


最近はうわさも広がり今日も行列が出来ていた、このもりで600円は安いよね!
四色もりなんか、量がすごいよ!けど、うまいからベロといけてします。
d0108737_2274196.jpg


何よりつゆが口に合う、長野や関東で有名店に行っても美味しいと感じたことが無い、つゆが関西の味と違うのである。もちろん本場は関東なので大きな声では言えないが、うどんを含めその味覚だけは変えられないのである。

七味はこの店で配合している、香りがいい。このあたりがさりげなく、にくいね~~。
d0108737_228586.jpg


「蕎麦は高価なもの」と皆の意識も変わってきたが、本来は大衆のものであったのではと考える。そう言ういみでは、変な講釈もたれないで、三角巾をした普通のおばちゃんが普通に持ってくる極上の蕎麦は「粋(いき)」と言えるのではないかな。
d0108737_2282771.jpg


d0108737_2284154.jpg
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-03-29 03:42 | 和食 | Comments(4)
Commented by 小春の母 at 2007-03-29 10:36 x
初めてコメントを書きます。 あの不細工犬の飼い主の これまた不細工な小春の母と申します。 
くま先生は素敵なところにお住まいなんですね~  器でも有名ですし 食べるものもなんかおいしそうなものが何時も・・・
御蕎麦 私も打つんですが 東京はうんちく語る物凄い方たちが沢山います。(蕎麦は特に) 勉強にいくと先生もタジタジ・・
こちらの御蕎麦おいしそうですね~  七味 もすごくおいしそうです!
そうそう 今夜は我が家は 寒晒しを打って夕飯です。

このお店 京都の蕎麦打ち友達にも教えてあげたいと思います!!
また遊びに来ますのでよろしくお願いいたします。
Commented by くま先生 at 2007-03-29 22:41 x
小春の母さま
いらっしゃいませ。
東京では蕎麦は歴史がありますものね、技術の積み重ねや競争が違いますよね!材料が単純なだけ奥が深いのでしょう。

小春の母さまはレパートリーが広いのですね、蕎麦までやられるのですね!びっくりです。

私も蕎麦打ち始めようと考えています、そして燻製もやりたいですね!土地もゆったりしているので最適です。滋賀は山に囲まれてて寒いですが、いいところですよ!
Commented by 下北N at 2007-03-29 23:41 x
東京には蕎麦の有名処がありますが、なにせ混んでまして最近はごぶさたです。しかし手打ちで600円は安い!蕎麦は庶民のものですよ。
Commented by くま先生 at 2007-03-30 01:39 x
下北Nさま
びっくりされるかも知れませんが、私の感覚では滋賀県内で20~30件位(大手チーン別)しか手打ち蕎麦を出してるお店はありません(見つけたら必ず入るようにはしております)。あまり蕎麦に執着がないので安くないと商売にならないのですね!


<< ソウルフード サラダパン (有...      ロールケーキ? 三中井のオリン... >>