2007年 04月 15日
元禄年間創業(え~300年前) 菊水飴 滋賀県伊香郡余呉町

10年位前に、スキーの帰りにたまたま見つけた、えげつない老舗(創業300年)の水あめ屋さんです。まずもって、お店かどうか分からないところが面白い!とりあえず好奇心で入っていったことを思い出す。
d0108737_23291441.jpg


昔は、竹の器に入れて竹皮に包んで売っていたらしい、今もその面影を残しているようだ!
d0108737_23294322.jpg


きれいな輝きを放つ、つやつや黄金色の水あめである、味はいたってシンプルそのもの。
紙芝居を見ながら水あめを食べた経験は無いが、それはこんな感じのものだったのかもしれない。

「伝統の飴は現在でも昔ながらの風味を持ち、米と麦芽だけで手づくりされる。米を蒸し、そこに麦芽糖と湯が加えられ、よって甘みが増すのだ。それを搾り、煮沸させて、冷却、そして包装される。この作り方は昔からなんら変わることはない」とHPに書かれている。
d0108737_23295513.jpg



d0108737_2330138.jpg
元禄年間といえば、あの悪名高き徳川綱吉の時代である。生類哀れみの令しか思い出せないいな~
この暖簾がその歴史を物語っているようだ。
たしか、現当主で17代目とかいってたような気がする(記憶があいまいですハイ)


d0108737_23304470.jpg
入り口もこんなのである、まあ誰もみつけだせないやろね!
しかし、これで300年の歴史ってすごくないかい。売れてるってことやからね不思議や!!

とにかく素朴な味で、美味しいですハイ
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-04-15 00:06 | 老舗 | Comments(2)
Commented by yume at 2007-06-06 20:59 x
水飴を食べると母乳の出がよくなるとかって。。 妹が生まれたとき母がカメに入った水飴を食べていました。 勿論私も食べていましたが 食べるの難しかったなぁ。

湖北の特産として紹介されることの多いこの菊水飴がとっても気になっていたのですが、ある日、 お煎茶の先生がお土産に配ってくださいました。
しかも、この「菊水飴さん」 お煎茶の先輩のご実家なんだと言うお話も添えられていて。。 驚きました。

素朴な味が嬉しかったです。

こういうお店だったのですね。。 さすが。。という感じです。
なんとも。。 心動かされる店構え。。

いつか、私もここで 菊水飴を買わせて頂きたいと思います。
Commented by くま先生 at 2007-06-07 02:55 x
yumeさん
ここにたどり着くのは大変ですよ!
本当に辺ぴな場所です、そして普通の家にしか見えませんから見つけにくいこと。

やはり、お煎茶の先生は歴史のあるもの、よくご存知なのですね!
そして、yumeさんもいろいろものしりですね、驚きです。

しかし、普通に子供の好む美味しいお菓子が氾濫している中で、歴史のある素朴なこの水飴が生き残っていけるのか、不安です。



<< 居酒屋で食べる美味いラーメン ...      がんこ一徹!かぐや餅 今時、薪... >>