2007年 06月 20日
比叡山 坂本を歩く 休歩処 拾穂庵(しゅうほあん)で休憩 滋賀県大津市
d0108737_2411983.jpg
今日は、近江路走行記さんと京都一人歩きyumeさんのブログに誘発されて、大津市の坂本をぶらりしてきました。

しょっぱな、このニャンコに迎えられました。

(日吉そばの近くにいるかも)



仕事の合間で時間がないので駆け足です、が一寸一服。

ここは、休歩処 拾穂庵
歩いて疲れたひとが休む喫茶店や!(まだ歩いてないやんか!)

d0108737_2421825.jpg




d0108737_2422686.jpg
江戸後期の建築らしいのです。

聚楽壁(じゅらくかべ)も塗り替えしていない、味わい深い!

元は日吉大社の社家だったそうです。

数十年間空き家だったらしいのですが、庭だけは昔かかわりのあった近くの庭師さんが無償で世話をしておられたそうです。

誰に見せるわけでもなく、自分の楽しみのためこちらの庭を手入れしておられたらしいのです。

今は、こちらのご主人が庭の世話をしておられます。



d0108737_2424285.jpg

入った時、ご主人は庭の手入れをされていました。

「とにかく、広いのでこれからの季節は大変です」とぽつり。
d0108737_2425152.jpg


ここはすごい、食べ物があるとか、センスがいいとかではありません。

手入れの行き届いた庭と時代が刻み込まれた建物、そして素朴なご主人が主役です。
この坂本を散策して疲れたときに休むには、この上なくいい場所かもしれませんね!
d0108737_243324.jpg

坂本の街道の町並み。

比叡山の門前町として、たいそう栄えていたそうだ、そして京へ運ぶ物資の中継地点でもあった。
d0108737_2432544.jpg
d0108737_2434660.jpg
d0108737_2441813.jpg


鶴喜そば、280年の歴史があるらしい。

有名ですが私は食べたことありません、外から見るだけということで・・・・・・
d0108737_2443758.jpg

日吉そばさん、こちらも外から見るだけということで・・・・・・・・
d0108737_2444735.jpg



d0108737_2463370.jpg
お城の石積み、興味をもったことありませんでしたか?

大きさの全く違うものを組み合わせて高く積み上げ、しかもその上にお城まで建ててしまう。

信じられないような匠の技ですね!その技を持った職人は穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれこの坂本近辺に住んでいたらしいのです。

大阪城から以降大きな城の石垣はその穴太衆の手によるものとされています。

当然、坂本は穴太衆の築いたすばらしい石垣がいたるところで見られます。


d0108737_2464319.jpg
この町はどこも水が豊富だね!

比叡山の伏流水が湧き出て、町のあちらこちらで勢いよく流れている。


水琴窟(すいきんくつ)、聞けなっかった、次回にチャレンジ。
d0108737_2471037.jpg

雰囲気のあるお店やな~~~(入らなかったので何屋か不明)
d0108737_2471953.jpg

ここからは「里坊」(比叡山で修行を終えた僧の隠居寺を里坊といいます)。

このあたりの景色は私の写真技術では上手く伝えられません。

石垣と緑におおわれ、後ろには比叡山。
すばらしい景色です、ぜひライブで見て頂きたい!!
d0108737_2474476.jpg
d0108737_2475697.jpg
d0108737_2481135.jpg
d0108737_2482187.jpg
d0108737_2483662.jpg
d0108737_2484553.jpg
d0108737_2485617.jpg
d0108737_249749.jpg

坂本ケーブル
比叡山延暦寺が終着駅
d0108737_249307.jpg

駅は国の有形文化財
照明が何ともいえないな~~
d0108737_2493820.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-20 03:08 | 町並み | Comments(14)
Commented by 小春の母 at 2007-06-20 07:10 x
いいところですね~
それに懐かしい~ 
私が小さいころはまだこんな感じの木造のお家が田舎に行くとたくさんありました。
あの古~い匂いがなんともいえません
蕎麦屋も魅力的~

京都や鎌倉と違い 
そのまま・・・ の雰囲気が強くていいところなんですね。
Commented by etamama3 at 2007-06-20 08:54
おはようございます。
いいなぁ~・・・くま先生のお近くには心穏やかになる所がいっぱいで・・・
私の身近には心乱れる、騒ぐ場所ばっかりです・・・
だから、私も騒がしいのかしらん??(^^;;
↑駅舎・・・なんともおもむきがありますねぇ~。
Commented by くま先生 at 2007-06-20 15:21 x
小春の母さま

私もここはあまり知らなかったのです!
車ではよくこのあたりまで来ていたのですが
降りて歩くことはありませんでした。

子供のころ、父に連れられてこのケーブルで比叡山の頂上にある遊園地へ行った記憶があります。そこのお化け屋敷は天下一品に怖かった!
かなり前につぶれてしまいましたが・・・・・・
Commented by yume at 2007-06-20 15:28 x
坂本の町は、空の上まで緑で覆われているんじゃない?って言うくらいに、緑に囲まれていて、まるで山の中に居るようなのですが、そうじゃなく、ちゃんと「町」を歩いているんですよね。
町全体空気まで緑。 町歩きが好きな私ですが、そんな風に感じる町はここだけです。
もっと有名になりそうな魅力をいっぱい持っている町なんですが、「隠れ町並」みたいな静かさをいつまでも持っていてくれるのが嬉しいです。

拾穂庵さんは知らないなぁって思ったら、去年の夏に始められたのですね。
京阪電車に揺られてまた坂本に行ってみようかなぁ? そろそろ滋賀院門跡の石仏さんの紫陽花が見頃でしょう。。。
Commented by くま先生 at 2007-06-20 15:49 x
たまねこさん

滋賀はのんびりしていますよ~~

特に私の住んでいるところでは高校受験の勉強なんか少ししかしません。中学校の先生が「まだ勉強しなくていいぞ~~夏休み終わってからだ~~クラブ頑張れ~~」てな感じです。

あまり勉強しなくても普通にほぼ全員公立高校に進学できるのです。
そして、地元でのんびり働く人は多いのです。

収入は多くなくても心豊かならそれもいいかな、と最近思ってきました。

(だけど、ネズミの国に自転車で行けたなら、はまっていたかもしれません、ハイ)
Commented by くま先生 at 2007-06-20 16:03 x
yumeさん
坂本がこんなにいい場所とは知りませんでした。
後ろに比叡山、緑に覆われていて、水のせせらぎ、苔の生えた石垣、坂
の下にはびわ湖が広がる、こんないい場所があるのに45年間知らなか
ったとは恥ずかしい限りです。

おっしゃるとおりで町が緑色ですね!
そして、観光客が少ないことが大切な要素なのでしょう、このまま隠れて
いてもらいたい町並みですね!京都の観光名所のように人がいっぱいだ
と感じ方がかわたと思います。

滋賀院門跡は行けなかったのです、残念!

拾穂庵さん、ん~~センスは????ですが散策の一服場所には最適
です(庭と建物はいいです)。
Commented by みかん at 2007-06-20 22:15 x
坂本は行ったこと無いんですよ
比叡山も堅田の方からドライブウェイを走りました

緑が濃い今の季節が良さそうですね
ホントくま先生の追っかけですが是非訪ねてみます♪
坂本は夫の好きな明智光秀のお城があったところですね

Commented by くま先生 at 2007-06-21 00:15 x
みかんさん

滋賀らしくない風景かもしれません。
京都の東山を界隈を歩いているようです(規模は京都にはかないませんが)。滋賀の良い場所再発見でした。

明智光秀が信長の命にいりここから延暦寺を監視していたのですよね、たしか。車をおいてご主人とゆっくり散策してください。

時計草ですか、なるほど確かに時計の針のようですね!
納得の名前でビックリです。
Commented by みなみ at 2007-06-21 02:05 x
こんばんわ~。
今日、大津に行っていたのですが・・・浜大津あたり?
でも、滋賀県民なのに、大津は全然知りません。
坂本ケーブルがあるなんて!!
ゆっくり、大津巡りしてみたいと思いました(*^_^*)
Commented by くま先生 at 2007-06-21 11:41 x
みなみさん
大津は京都の入り口で歴史もあり面白い町ですね!
私も最近いろいろ再発見の最中です。
坂本ケーブルも皆忘れ去られているかもしれません
40歳以上のおじさん、おばさんは一度は乗って比叡山山頂遊園の
お化け屋敷で肝を冷やした経験があるはずなのですよ!
もう、今はその遊園地つぶれてありませんが・・・・・・・
Commented at 2007-06-21 22:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みかん at 2007-06-22 22:42 x
たびたびお邪魔いたします
ブログをお引越しいたしました
お手数おかけいたしますがリンク戴いているURLの変更をよろしくお願いいたします
相変わらずのみかんですがこれからもどうぞよろしくおねがいいたします
Commented by くま先生 at 2007-06-23 01:55 x
あいあい、お引越しですね
了解です!

しかし、早いもので6月もわずか
最近やっと梅雨らしいうっとうしい天気ですが
これは、これで大切なものなのでしょうね!
Commented by かばお at 2007-11-23 21:46 x
拾穂庵は、しゅうほあんって読むんですよー!!


<< 小ネタ 梅雨の合間の潮干狩り ...      甘味処 八女茶カフェ?伽藍堂(... >>