2007年 11月 04日
BIWAKOビエンナーレ2007 (滋賀県近江八幡市)
今日は近江八幡市で開催されている「BIWAKOビエンナーレ2007」へ行ってきました。
概要はHPからコピーしました(手抜きです・・・・・・)

「BIWAKOビエンナーレは、時代の流れとともに 失われてしまった土地固有の「風土」を世界各国アーティストの視点を通して表現し、その回復を試みます。空家となり今は使われていない商家や民 家、酒蔵など、この町の時の流れを静かに見守ってきた歴史ある建物を会場として、美術展をはじめ、パフォーマンス、コンサート、シポジウム、ワークショップなど多角的にアートを体験できる場を創造します。 」
d0108737_20394981.jpg

最初に訪れたのは本部的役割の「喜多利邸」です。
ここは八幡堀に面して入り口があり、なんとも趣があること!
d0108737_20401493.jpg

2階の和室にあるオブジェ?
d0108737_20404646.jpg



これは遊び心があります。
種明かしをしてしまったかな、ゴメンなさい!
d0108737_2041139.jpg

d0108737_20411023.jpg

d0108737_20411733.jpg


こんな茶道具があっていいかも!
d0108737_20413298.jpg

立派な庭の灯篭にはこんな人が・・・・・・
d0108737_20414147.jpg

堀の横の石畳を歩いて地図を見ながら次の会場を探します。
この地図を見ながら、きょろきょろして移動するのがものすごい楽しい!
まるでオリエンテーションのようだ!
d0108737_20415119.jpg

旧吉田邸
動物が外も中もいっぱいいますよ~~
建物は普通の町屋建築、庶民的で前の喜多利邸とは対照的。
d0108737_2045649.jpg

この凸凹の土間、これがなんとも懐かしい!
仏壇の前に置いてあるあの「チン!」とならす鐘、ものすごい数置いていた、そして仮眠室?も有(笑)。
d0108737_20451648.jpg

少し歩くと近江八幡から生まれた「たねや日牟禮ヴィレッジ」、、疲れたならここで休憩も有。
バームクーヘンに後ろ髪を引かれながら次へ
d0108737_20452447.jpg

また堀に出くわす。ここでも初老の方が風景画を描いておられます。
それをじっと眺める少女、「私も描きたい!!」とお父さんにしきりに訴えかけていたのが印象的でなんとも和める風景でした。
d0108737_20453443.jpg

近江兄弟社の本社。
滋賀県人ならメンソレータムではなくメンタームを使おうね!
d0108737_204545100.jpg

こんなお店発見!
染物屋さん?の「アトリエasa」さんです。
d0108737_2045557.jpg

阿波藍の絞り染めした生地から、最終作品まで手がけておられます。
カバンから服、などいろいろあります。
d0108737_2046377.jpg

古い歴史のある町にはやはり骨董屋さんが似合いますよね!
d0108737_20463757.jpg


あまり内容が無くてごめんなさい・・・・・・・
続きはまた明日書きますね!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-04 22:02 | その他 | Comments(6)
Commented by kimiko-611 at 2007-11-05 09:16
おはようございます。
いいですね~、行きたい病になりました(笑)
なかなかそちらの方面まで行けないけれど、くま先生のブログを見させてもらってメモっています。
地図もなにもわかりませ~ん(笑)が行きます。
電車でのんびり行くのもいいですね。
欲張ってすぐに車でいろんなところへ行こうとする私です(笑)
Commented by yume at 2007-11-05 21:22 x
びわ湖放送のニュースで流れていました。
こういった催しもまた面白いですね。

期間が短いのかと思えば、まだ18日までやっているそうで、今週末 近江八幡に行った時 見かけられるかもしれません。
楽しみです。
Commented by くま先生 at 2007-11-05 22:49 x
kimikoさん
こんばんは!
滋賀はちょっと遠いですが、古い町並みも残っていて見ごたえありますよ!
このイベント、作品は???????ですが日ごろ見られない町屋建築が見られることと、会場が点在しているので地図を片手に探索しながら目的物を探すことに面白みがありました。道中の八幡掘りの風景がたまらなくいいですよ~~
その他、不思議なお店なども出会えたりするかもしれませんよ~~~
Commented by くま先生 at 2007-11-05 22:54 x
yumeさん
私は銀行の雑誌で数日前初めて知りました。
結構前からやっているイベントだったのですね~~
あまり告知していないのか全く気づきませんでした。

数キロ歩いただけなのに夫婦とも筋肉痛になってしまいました。
歩かない私たちにとってはいいイベントでした。
yumeさんなら楽勝で全て歩いて見られるかもしれませんね!
Commented by 小春の母 at 2007-11-06 00:04 x
しばらくぶりで 遊びにこれました~
ここ最近 お友達ブログに顔を出せないでいたので・・・

つまらない だなんてとんでもないです!!
素敵な 景色
こちらでは見ることの出来ない景色です。
建物 水  木々・・・・・・・・
わが村の しょぼい電車でも アートのイベントをしているらしいのですが とても趣味が悪くがっかりしています。
色とりどりのセロファンを 駅のガラスや 照明に貼り付けて・・
くま先生が見たらびっくりするだろうな~
Commented by くま先生 at 2007-11-06 21:50 x
小春の母さま
お堀が生活水路になっていてそこから物資を荷揚げしていた江戸時代の時代劇風景そのものですよ!
なんとも言えないのんびりした風景ですし、観光客も少ないのが滋賀県らしいところです。これが京都ならものすごい人だと思います。

その電車のアート、何だか幼稚園のお楽しみ会みたいなイメージがするのですが・・・・・・
一度見てみたいな~~


<< BIWAKOビエンナーレ200...      またしても鯖寿司「栃生梅竹」 ... >>