「ほっ」と。キャンペーン
2007年 11月 05日
BIWAKOビエンナーレ2007②  (滋賀県近江八幡市)
この蔦が絡まっている蔵が「西勝酒造搾り蔵」。
倉庫に使っていた内部の大きな空間を使って表現されていました。
芸術がとんちな私には????
d0108737_0173119.jpg

カネ吉別邸
元材木商、築100年の立派な居宅建築。
間取りがとにかく面白い、建物必見ですよ!
d0108737_0174179.jpg

この空間から隠されたオブジェを探してくださいとのこと、私は全く違うところを探していた。
d0108737_0175870.jpg

真っ暗な蔵の中に小窓が一つ。
どれもそうですが、私の下手な写真では絶対表現できません。
直接見てくださいな!
d0108737_018687.jpg

お土産もありまっせ~~~
d0108737_0181842.jpg

この部屋はおそらく使用人部屋。
d0108737_0182837.jpg

カネ吉別邸を後にして、高級近江牛の西川さん
d0108737_0184136.jpg

うぅ~~~~~~高い!
d0108737_0185081.jpg

と言う事で70円のコロッケになりました。
d0108737_0185946.jpg

前を見たら煙突が立っている古民家カフェ???
d0108737_0191123.jpg

少し歩くと「ヴォーリズ設計」の郵便局、大正10年の建築。
とにかく近江八幡と町は古い町並みに混じって大正時代の洋館(ヴォーリズ設計)があったりで面白い町やな~~
d0108737_0192025.jpg

内部は骨董品屋さん

ヴォーリズ自身、建築は全くの素人。
何故、建築設計の世界に入ってきたのかな~~
思い通りの教会が建てたかったのではないのかな!
d0108737_0193265.jpg



d0108737_0194169.jpg
安っぽく見えるのだが、縁起物の紫水晶のドアノブ。
持つとヒヤリと冷たく、重みがあります。
さ~~て、どこにあるかな~~


局長室につながるこの空間は、タイムスリップしたように感じる!
磨り減った床がたまらんな~~
d0108737_0195212.jpg

八幡酒蔵工房さん
d0108737_020425.jpg

中ではなにやら教室を開催されておられました。
d0108737_020111.jpg

最後に八幡山と旧西川邸。
まあ、芸術もいいのですが時を越えてきた木造建築物だけの方がほっこりするかも・・・・・・

最後にここを見る事をお勧めいたします。
(ここはビエンナーレの券では入れませんのでご注意を!)
d0108737_0201984.jpg


「ビエンナーレ2007」は11月18日(日)、まで開催されておられます。
芸術の秋を一日堪能でします、大人の遠足ですよ!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-05 00:15 | その他 | Comments(8)
Commented by yume at 2007-11-06 16:04 x
「芸術もいいのですが時を越えてきた木造建築物だけの方がほっこりするかも」
近代建築の中で個展や、絵画展をしておられる時、私、実は建物そのものを見ています。
京都国立博物館だって、奈良国立博物館だって、展示物の隙間から天井や窓を見ています。
写真撮影不可と言われても、「私建物を撮りたいんですけど~」と言いたくなる(笑)
京都国立博物館の「どんな展示企画を望まれますか」というアンケートに「展示物のない日の 博物館をじっくり見せて頂きたい」と書きました。

くま先生の写真を見ながら、「建物そのもの見たいなぁ~」って思ってました(笑)
Commented by 小春の母 at 2007-11-07 05:19 x
どこも素敵すぎて~
行ってみたいし 住んでみたい!!
ここでカエフェを いいな~

Commented by うさこ at 2007-11-07 12:10 x
あ〜そうでしたね!今まさに開催中でしたか〜(^^)
これぞ芸術の秋ですよね〜。
今週末に近江八幡散策をしようかなぁ〜と思っていたのでタイムリー記事でしたよ☆
でも見て回るのに料金がかかるみたいだし、外から眺めるだけにして〜と(笑)
当初の目的どーりコストがかからないヴォーリズ建築巡りと町並ブラッチングになりそう?!(笑)
Commented by くま先生 at 2007-11-07 18:54 x
yumeさん
私の本音がその言葉に集約されていました。
芸術的センスが無いので「理解できない」が正解かもしれません。
と言いながら、短期的なイベントなのでそれなりに楽しめました。
中には「すごい!」と言うのもありましたが、写真不可が多いのです(涙)

洋館好きなyumeさんにとっては歴史のある博物館はものすごい魅力的
なんでしょうね!そのアンケートを見られた方はビックリされたのではな
いでしょうか!
Commented by taketon25 at 2007-11-07 20:42
近江八幡の旧市街は、本当に味わい深いところですね。
最近、早朝に自転車でウロウロしたのですが、「う~んすごい」と
唸らせる様な建物がたくさんありました。
また普通に住民の方が生活されているので、観光地特有の”生活感の無さ”がなく、日常生活が歴史と共存されている雰囲気がまたよろしい感じでしたね。
ところでお肉、いいお値段ですね。
びっくりしました。
1グラム50円ですか・・・
吉野家の牛丼並の値段なら約8グラムですか・・
お肉が見えない・・・

Commented by くま先生 at 2007-11-07 21:18 x
小春の母さま
なんとも言えない良い感じの町ですね!
ただ、旧の町には使われていない古い建物が多くあるようです。
滋賀の城下町はみんな若い跡継ぎが出て行ってひっそり寂しい町も覆いのです。それを活性化させたいイベントです。
Commented by くま先生 at 2007-11-07 21:23 x
うさこさん
今週行かれるのですか~~
>ヴォーリズ建築巡りと町並ブラッチング
それが一番いいかもしれませんよ!
見なければ大損するほどではないですから心配ないです。
それより、隠れたヴォーリズ建築を探して歩くのが楽しいかもしれませんね!
Commented by くま先生 at 2007-11-07 21:30 x
taketonさん
私が言いたいことをそのまま言葉で表現いただきありがとうございます(笑)
滋賀だけあってさほど観光客もいないところもいいですよね!
ここを回るのは自転車が一番いいかもしれませんよね!駅前にレンタサイクルがあるので利用するのも一手かな!

お肉、ちょっと高すぎますよね~~
おそらく5000円は見せ玉で、この金額を見せて3000円位の物を売ろうと考えてるのではないかな~~
観光客の方が結構高いの買っておられましたよ~~


<< ダイニングカフェ 「タクミヤ」...      BIWAKOビエンナーレ200... >>