2008年 12月 25日
前編、男は黙って蛸壺を抱く!  蛸壺仕掛けの旅 (三重県伊勢市、鳥羽市)
めり~~~クリスマス!

我が家は寒いのに蛸壺を沈めに伊勢方面に出かけました!
春からと思ってたのに、息子たちがうるさく出かけることになったのだ。

後編があるのでコメ欄は閉じておきますね~~

d0108737_124554.jpg

仕事の前は腹ごしらえ!
この場所は、伊勢河崎商人町。
運河から伊勢の膨大な物資を運び出した町。
この町に目的のお店があるのだ!

d0108737_1253769.jpg

前から行きたかった「つたや」さん、ここに行きたくて伊勢方面にしたようなもの!
昔ながらの伊勢うどんを薪窯を使って作っているとのこと。
d0108737_2101658.jpg


私は掟破りの焼豚伊勢うどん
d0108737_2103858.jpg


嫁は寒いので出汁の入ったもの
出汁はカツオではなく、アゴなどくせの強いものだ。
d0108737_2105064.jpg


味は、んんん・・・・・・・・伊勢うどんやな~(←どないや、ちゅうねん!)
やはり、関西のうどんに馴れ親しんでいる私には厳しいかな~~
d0108737_1275512.jpg

次は土産!
いつ沈めにいくんや~~と車の中ではブーイングだが、負けへんで~~~
このお店には、クラブハリエと肩を並べるかそれ以上と噂されるバームクーヘンがあるらしい。
d0108737_1281841.jpg

焼印が重みを増している!
d0108737_1282669.jpg

確かに、これは旨いぞ~~~~~~~~~~~
いたってシンプルな味!
少しかっちりと焼かれている、ユーハイム系で私好みだ!
これはいけますぞ~
周りに何もかかっていないのが嬉しい!
d0108737_1283948.jpg

はいはい、蛸壺ですね~~
まず一個目は鳥羽方面に走って小さな小さな船着場の横の岩場!
投げ入れたのだが、壷が重くって、そんな遠くには無理!
そして、壷が海面に着水したとき、パリリッ!っと異音がしたではないか・・・・・・・・・・
d0108737_1285435.jpg

誰も寒くって「引き上げて見てみよう」との発言は無く、次の壷を沈める場所を急いで探しに行く。
何となく、こんな寒いのに蛸が入るはずは無いと、皆が気付き始めたようだが、誰もそれを口にはしない、笑。

後編につづく


d0108737_2111167.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-12-25 01:29 | こだわり


<< 後編 蛸壺2個目 竹本水産の燻...      信楽 「器のしごと」村上直子さ... >>