2009年 03月 19日
信楽散策 かたぎ古香園の朝宮茶、なか工房窯 (滋賀県甲賀市)
今日は暖かかった~~暑いの一歩手前!
さあ、信楽散策の季節やね!(4月3日(金)~4月6日(月)は素晴らしいイベントあり!)
その、帰りには是非寄っていただきたい朝宮茶のお店「かたぎ古香園」さん。
滋賀は茶園が多いんですよ!その中でもここ信楽の朝宮は1200年の歴史を持つお茶の産地。
旨いお茶は収穫されるが、知名度が無いため京都の大手業者が大半を買い取って宇治茶として販売されているのが実情。
d0108737_20472992.jpg

ここは絲結(しゆう)さんに教えていただいて知ったお店。

この日、たまたまご主人がおられ「無農薬なんですよね~」とお聞きしたのが始まり。
ご主人の目がキラリ!と光った!(本当!!)
d0108737_20474976.jpg

主人が26才の時に朝宮茶として、栽培したお茶を直販し始めたそうだ。「美味しかった~~」というお客さんからの直接の声が聞けることは素晴らしく、励みになったらしい。でも、逆にこれでいいのかと大きな不安、いや罪悪感が頭をよぎったそうな。それは、その時で15回~20回/年も農薬をかけ、しかも、お茶の製造工程の関係で洗浄することも出来ない・・・・・・・・・・それで本当によいのだろうかと自問。

よし、無農薬でお茶を作ろう!と決意したのが今から30年前の話。しかし甘くなかった、初年度なんか悲惨で新芽が次々に虫に喰われ、病気で枯れる木を泣きながら切ったという。先代の父親、家族からも「もうやめて!」と言われて辛かったわぁ~~~~~(ご主人さん、遠い目で・・・・・)
害虫にとっては無農薬のこの茶園は過酷な砂漠の中のオアシス、パラダイスに見え、他の茶畑からこちらに大集結してくる構図となる。他の業者さんも「成功するはず無いわ~~」「こちらにも発生した虫が来る!」と完全な四面楚歌状態に陥っていく。
d0108737_20485793.jpg

「茶園で作業しながら、何度も無農薬なんてやめてしまおう!と思った、辛かった」言われてた。でも、周りの山の木々は農薬もなく元気に育っているのを見て「お茶の木も同じ、農薬が無くても元気でいられる筈だ!」と自分に言い聞かせて、全く収入の無い中、孤軍奮闘頑張ったとのこと!(別で聞いた話では、土方のバイトに行っていたとか・・・・・・・・)

3年目、やっと少しの収穫があったという。
茶園では鳥、カマキリ、蜘蛛などの捕食動物が元気に働き、自然循環がやっと成立したとのことでした。

今でこそ、無農薬のお茶が出回っているが、それは古香園さんのある意味無謀といえる挑戦があったからこそだと言えるかもしれない。3年先に成功する保障や技術的裏づけは何も無かったのに良くぞ頑張られたものだ。
d0108737_2049161.jpg

力のこもった熱いご主人のお話を聞きき、完全に古香園さんの、にわか熱烈ファン(夫婦とも)!

最近のお茶、不自然な色、そして味の素(実際、味の素ではないが・・・・)の味がしたりとがっかりすることも多い。
「アミノ酸、発色剤配合のお茶になれてはる人には、薄いお茶と言われたりです、笑」とご主人。
大丈夫、それを不自然と思っておられる方は少なくないと思いますよ~

ちょと奥まった場所にあるが、是非足を運んで30年前の苦労話を聞いてください(運がよければね!)。
それと、お茶って普通、年に4~5回は刈り込んで出荷できるそうだが、無農薬だと木を健康に維持する必要があり年に2回しか刈り込み出来ないのです。「葉っぱ、生えるたびに切ってたら、普通の木なら元気なくなるわな~~~」最もな話だ。だから、少しは高め(ほんの少しだよ!)は納得。
そうそう、「良い食品づくりの会」にも入っておられる。

最後に、本当に旨い本物のお茶だ!多分・・・・・・・・・・(言い切ってしまうほど、お茶のこと分かっていないので・・・・・)
d0108737_20493783.jpg

**********************************************
信楽の陶器市はもう飽きた!

そう思っているあなた、いやいや信楽はまだまだ奥深いよ~~~
町から離れた道をあてもなくブラブラ~~と車で走って下さいな!
地元民も知らない、新しくいいギャラリーに、出合ったりします。
d0108737_2051336.jpg

殆どが、作家さん直営なので器の誕生密話なんかが聞けます。

ギャラリーBunsei
信楽町長野1368
phone. 0748-82-1424
10:00~19:00 期間中無休
d0108737_20511961.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-03-19 22:19 | こだわり | Comments(24)
Commented by 滋賀の食爺さん at 2009-03-19 23:20 x
こんばんわ、信楽に行かれてたようですね、
朝宮茶は、美味しいですね、
くま先生・・いいところを見せていただきました。
さっそく・・尋ねて見たい工房ができましたありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by aqua_blueY at 2009-03-20 00:14
くま先生、おはようございます~!

ご主人の無農薬苦労話、本当に感動しました。
人間どうしたって楽な方に転びがちですが、それをあえて
無農薬にこだわった。それも30年も前に!!
素晴らしい~。
彼が有機栽培の火付け役と言っても過言じゃありませんね。

私が子供の頃は周りの田んぼも農薬をまいていました。
学校の帰りに臭いって思いながら横を通った物です。
ああいうお米も消費者の口に入ってたんですよね。

家の父も今家で無農薬の野菜を作っていますが
彼の場合家族や友人のために作っているので
生活がかかってるご主人の苦労とはまた別です。(でも野菜
ビックリするほど美味しいです!)

優しい味のするお茶なんでしょうね~。
Commented by 紫香楽 秀山 at 2009-03-20 05:02 x
くま先生、おはようございます。

私もここのお茶に現在はまっています。
地元と言うおかげで朝宮茶は各お店の物を飲まさせて頂いているのですが、ここ最近では「かたぎ古香園」さんのが私自身一番気に入っています。

きっかけは浜大津のこだわり朝市に毎回出店されておられ、そこで求めたのが始まりです。
とにかくここのお茶本当に美味しいと感じます。

まだまだ信楽がお茶の産地でもあると言う事があまり知られていないので、ぜひ信楽に来て多くの方に美味しいお茶を飲んで頂きたいものです。
Commented by my_studio at 2009-03-20 19:53
こんばんは リズム*です♪
4月のイベント楽しそうですね~~~!
ETC割引で、たくさんの人でしょうね。
うちは、いまだにETCがついたないんですよ(汗)
今になって、申請4時間待ちの列に早く付けておけば。。。(涙)

↑aquaさんといっしょで、小さいときを岡山の
田んぼの近くで過ごしました。
当たり前のように、白い農薬がまいていて
お米もお茶も農薬の問題よりも
虫対策だけのときでした。

信楽のほうを通ると美しい茶畑がみえますね。
そうなんですか、宇治茶と..
信楽に行きたくなりましたよ~~~!^^
Commented by くま先生 at 2009-03-20 22:03 x
食爺さん
こんばんは~~
朝宮茶は信楽の気候条件もいいので、宇治茶でも高級茶として販売され
ていると聞きます。出来たら、朝宮茶としてのブランドを確立して欲しいも
のだと思っています。
分かりにくいお店ですが、行って下さいな~~
信楽のイベント告知をこちらで追記しておきましたよ~
盛況になってほしいものですね!
Commented by くま先生 at 2009-03-20 22:16 x
aquaさん
こんばんは~~
そう、おそらく先駆者だと思います。最近は近辺の茶園も無農薬栽培に
取り掛かられているそうです。
私の小さいころはヘリコブターで農薬をまいていました。
そんな中、平気で学校にいったりしてました。
今なら、大問題になるような事をやってましたね~
なるほど、岡山も同じようなことだったわけんあだ~

お父さんも無農薬野菜をこさえておられるんですね~
美味しくって評判だったりしてね!

なかなか人と違う事をすることは勇気がいることですが、aquaさんも、彼以上に凄いとおもっておりますよ!
Commented by くま先生 at 2009-03-20 22:29 x
秀山さん
こんばんは~~
朝宮のお茶、あまり多くは飲んでいないので古香園さんのが、どんなも
のなのか自信は無かったのです。
自然な味わいで2番茶でも十分な美味しさがありますね!
しかも、安全ときたら嬉しいものですよ~

浜大津の朝市に出店されておられるんですね!
収穫したものは全て朝宮古香園ブランドで販売されているので売り切る
のが大変だと思います。

そうですね!信楽のお茶を陶器とセットで告知するのも一つだと思ったり
します。飲み食べの魅力が信楽に人を呼び寄せるには重要なきがしたり
します。素人的発想ですがね~
Commented by くま先生 at 2009-03-20 22:46 x
リズムさん
こんばんは~~
ETCの売れ行きは大変なようですね~申請に4時間待ちでしたか!
台数も大幅に増えたようですのであとは機器の生産が追いつくかどうかだけですね~

昔の農薬は派手にヘリなんかで撒き散らしてましたよね!
あの臭いは今もわすれられませんよ~
最近はかなり少なくなったようです。
しかし、お茶の農薬は半端ではないと聞きます。子供のことを考えると、
やはり安全なお茶を探す必要があったんですよ!(特に嫁がね!)
やっと、たどりついいたのかもしれません。

信楽の茶園、覚えておられたんですね~~信楽は本当に美味しいお茶
ですよ!そして、宇治茶の名が付くと強烈な値段になりますから信楽で購入をね!
Commented by g0316 at 2009-03-20 23:19
こちらも今日はバカァが付くほどの暖かさでしたぞい!
というわけで熊ティーチャーこんばんは♪
本当にとっても綺麗な茶葉の色!
ご主人の話、すごいですね!後に続くことは誰にでも
出来ても自分の生活を費やしてそれに賭けれる、信じれる
方は(しかも3年も)なかなかいないですよね!
そのかわり返ってきた喜びは普通の方の何百何千倍だろうなぁ!
自分を信じ、自然を信じることが出来たのですね!
大体、無農薬でないお茶に↑のような製造過程があることにも
気づかないというか想像もしてませんでした。
売られてるものは安全という意識で。
本当に信じられる方ですね!機会があったら本当に是非飲ませて
いただきたいです!
Commented by meshi at 2009-03-21 01:14 x
スゴイ!!! 努力の方なんですね〜。
そんな苦労を・・・泣けてきます。。。
お茶はそのままなので、出来るだけ無農薬が嬉しい。
最近は有機も多いけど、お客さんへの愛だったんですね♪

朝宮茶といえば、私も黒田園で見かけました!
飲んでないんですが。えへへ
毎週茶蕎麦の日があるらしいので、
きっと朝宮茶を練り込んだものだったのかな?
食べてみたかったなぁ〜。
Commented by Mika at 2009-03-21 06:45 x
中村先生、HP作っていたのか!・・でも、更新は殆どできていない^^ ?!私は、コーヒーポットセットとフォンヂュ鍋を愛用中ですよ。コーヒーポットはめちゃ便利で可愛いです~。
でもって、朝宮茶。私もお茶屋さんから話を聞くの、大好きです!もんのすごいことですよね、お茶を栽培するって!ただでさえ、大変そうなのに、無農薬とは。でも、確かに、お茶っ葉、無農薬ってかなり嬉しいことかも~~。
おいし~い朝宮茶、、ほんと、知名度が低いのが残念というのか。
Commented by ゴンりんママ at 2009-03-21 10:16 x
朝宮茶~☆  1200年の歴史があるンですね。。
無農薬で、自然なあじ。 一度、飲んでみたいデス♪
今年も忍者フエスタ行くなら、寄ってみよう~かな? (笑)
ホント~の味は、少なくなってますものね☆
Commented by taketon25 at 2009-03-21 12:10
昔、京田辺のお茶の農家さんに玉露を飲ませていただいたことがあり
確か小さい急須のようなものに少しだけ茶葉をいれて、お湯を注ぎ
お猪口サイズの湯のみでいただきました。
(一度お湯を通した茶葉は土間にポイと捨てられてました)
強い香りとハッキリとわかる甘み、まさに今まで飲んでいたお茶は
なんだったんだ?と思わせる時間でした。
ご紹介の朝宮茶もぜひ飲んでみたいです・・

Commented by biwakonosora at 2009-03-21 17:55
私もはまりそうなお茶。。。と思いつつ場所を検索してメモメモ。
が、きょう生協に買い物に行ったら、店頭販売に来られていました。
何とタイムリーな☆
毎日ほうじ茶飲んでるのでこれからはここのをと思いました。
「どこに行けば買えますか?」と聞けば
「生協さんに出ているんですよ」と
いつも見ていたカタログに載っていたとは知らなかったです。
作り手の話を聞かせていただくと味わいもなおいっそうおいしくなりますね。
Commented by belgium44 at 2009-03-21 21:34
くま先生、こんばんは~♪
滋賀県で茶園が多いとは・・・・気がつきませんでした。
あんなにドライブしてるのに~。
滋賀のお茶なのに、知名度で宇治茶なんて~・・・
それぞれ独立してほしいと思うんですけど、そうもいかないのでしょうね。
私もお茶のことは全然詳しくはないんですけど、旨いお茶は旨いですものね~。
飲んでみたいものですね~。
そしてお話も伺いたいです!
Commented by くま先生 at 2009-03-22 01:26 x
がる~~さん
こんばんは~~
本当に春らしくなってきましたね~~~
先駆者、まさにそのものですね!
どうなるか予想も出来ないことに挑戦することに対して人一倍敬意を払う
私です。憧れるんですよ~~
田舎のことですから、他人の噂話に翻弄されもしたことでしょう!
よくやり遂げられたものだと思います。
是非、茶園を見せていただきたかったのですが少し離れていて叶いませ
んでした。
おそらく、綺麗な茶園なんでしょうね~~
これから当分はこちらのお茶を頂くとしますわぁ~~
Commented by くま先生 at 2009-03-22 01:43 x
meshiさん
こんばんは~~
滋賀のこのあたりは、とにかく茶園畑ばかりです。
気候が適しているのだと思いますが、農薬散布の多いこと・・・・
基準以内で問題は無いのだと思いますが、少し気になります。
そう、愛情が無農薬栽培にさせたのだと思います。

黒田園には間違いなく朝宮茶が置いていたとおもいますよ!
へえ~~~~実は黒田園にはいまだ行ったこと無しです~
茶蕎麦があるんだ!それは間違いなく朝宮の無農薬栽培茶が使われて
いたと思いますよ~
黒田園さんもいかなあかんな~~
Commented by くま先生 at 2009-03-22 01:50 x
こんばんは~~
実は、中村先生の所に行く前に、偶然知らずに伺ったのが福田さんとこ
でした。mikaさんのこといろいろ聞かせていただいてましたよ~~ニコニ
コ。中村先生のコーヒーポットセットもいいですね!それ以上に気に入っ
たのが穴窯作品でした。

信楽に来られるお客さんの不満は食事やカフェなどの本物志向のお店
が少ない事でしょうね~~。朝宮茶を飲ませてくれる洒落た喫茶などが
あればいいのにな~~なんと思ったりしております。
Commented by くま先生 at 2009-03-22 01:57 x
ゴンリンママさん
こんばんは~~
1200年の歴史、私もそこまで古いとは知りませんでしたよ~
平安京の時代ですからね!凄いわぁ~~~
忍者フェスタと言えば上野城ですね!
昨年はゴンリンちゃん、忍者スタイルでしたな~
今年も来られるなら是非信楽回りも選択枝に入れといて下さいな~
本物の味わいがしますよ~~多分・・・・・・・・・
日本茶ってコーヒーより味が分からなく、難しいね~
Commented by くま先生 at 2009-03-22 02:03 x
taketonさん
こんばんは~~
京田辺あたりも茶園が多いですよね!
そのあたりも宇治茶のエリアですわ~
いいお茶を飲ませていただいたんだ~
それと、入れ方でずいぶん味が違うようですからね!
温度を下げて上手に入れられたんだと思います。
日本人なのにコーヒーにばかり目が行ってたような気がします。
もう少し、お茶に対して注目したいなと思ったしだいでした。
このあたりも自転車で通られたりするのではないかな~~
Commented by くま先生 at 2009-03-22 02:11 x
biwakonosoraさん
こんばんは~~
なんと、タイムリーなことですか!
自ら販路を広げないといけない状態ですからあちこちに出向いておられるんだ~~。大手に出荷していては、無農薬の意味も無いですからね!
生協に置いているんですね~
と言っても、近所には生協無いし・・・・・・やはり、こちらは30分かけて本店に買いに行きます。
当分、我が家はこちらのお茶になることですからね~~
そうそう、不思議なものですね~~話をお聞きしただけで美味しく感じた
り、その逆だったり、面白いものです。
Commented by くま先生 at 2009-03-22 02:19 x
さおりさん
こんばんは~~
あれ~~滋賀に茶園が多いの御存知で無かったのですか~
信楽と土山に集中していますよ~
滋賀のお茶はかなり、グレードの高いお茶に仕上がると聞きますよ!滋賀で買うと、間違いなく宇治茶になるより安いからお得!
無農薬のお茶を作っただけでは完結しないから大変!販路を開き直販しないと生産量が落ちた分を金額的にもカバーできないんです。
地道な努力で何とか頑張って欲しいものですね~~
お茶って、ある意味コーヒーより難しいのかもしれないですね~~

Commented by えつこ at 2009-03-22 16:09 x
くま先生こんにちは!
かたぎさんのお茶、私もココのお茶はおいしいよ!と頂いたのがきっかけで知ってます~!
ほうじ茶、とっても香ばしく味も濃いので好みです~!
かたぎさんのお茶を紹介して下さった方から聞いた話では、
雅子様のご実家はかたぎさんのお茶をお取り寄せされてるとの事。
こちらのご主人の話と無農薬のリンゴを作られた方の話とよく似てますよね!
凄い事なんですね~。苦労されて作られたものを頂ける事に感謝ですね~。
Commented by くま先生 at 2009-03-23 00:12 x
えつこさん
こんばんは~~
やはり、有名なんですね~~
ほうじ茶も買ってきてますので早く飲んでみますね!
うそ~~~そうなんだ、雅子さんもお飲みなんだ~~
こちらのお茶に出会ってから、お茶を飲むのが楽しくなってきました。
温度も少し低めで入れるように心がけています。

いつしか、農薬まみれの食物ばかりになっていますが、半世紀前にはそ
んなもの無しに野菜や果物が収穫できていたわけですから、そこに戻っ
たらいいことなんでしょうね~。


<< 四日市名物、来来憲の「とんてき...      春を感じる魚屋さん そして佐知... >>