2009年 07月 02日
たなか家 京都にある香川県  (京都市綴喜郡井手町)
やっと来られた、うどんの「たたなか家」さん
「10:30分の開店には50人は並んでいるで~~はよう準備していくぞ~~!!」と化粧をしている嫁を急かして京都まで遠征してみたが、あれ~誰もいない・・・・・・・・
バリケードで中に入れないし、休みかと恐怖感がよぎる!

ぽつぽつと来るお客さんを見て一安心。
こういうときの一番バッターは気が重いものなんだな~(ああ~~小市民)
d0108737_2123680.jpg

ここ、たなか家さんは昨年に宇治田原のお店を撤退されてファンをやきもきさせた有名店!
その理由は、お客さんが多すぎて路上駐車問題が勃発、勇気ある撤退となったという。
地方在住の本場讃岐うどん経験者は、あの美味さが忘れられず、そして懐かしく、それを再現したお店があるとなると行かずにはおれないのだ!
d0108737_21231956.jpg

豪邸の一部分での営業だが、プレハブ小屋の質素な空間でもてなし、これ基本!
d0108737_21232922.jpg

結論から書くと、雰囲気、味、接客どれも気持ちよく一瞬四国は香川にトリップしたように感じたが、この値段だけは悲しいかな現実的。
d0108737_21234714.jpg

30才くらいの大将は元気よく活気がある!
茹でて、あらう!それを眺めながら天ぷらは何をするかを考え前に進む。
期待感がMAX、嬉しい時間なのである。

私は釜玉の中420円+海老天160円+茄子天80円+カボチャ天80円 = 720円
嫁はぶっかけ冷中530円+舞茸天80円 = 610円
d0108737_21235722.jpg

これといって目玉商品は無いがカリッカリに揚げられた天ぷら、それでいい!
d0108737_212481.jpg

おお~~うどん屋とは思えないテラス!
d0108737_21241919.jpg

ぶっかけ、いけてますよ~~
d0108737_21242756.jpg

てんぷら大盛りの釜玉!

この手のお店はうどんが旨いというだけでは面白くない。
セルフでなおかつ質素な建物、そして開放感などあの讃岐うどんのお店の独特の雰囲気の再現が嬉しいのだ。
このお店の良さは本場讃岐うどんを体験した方が理解しやすいし、満足感が高くなるというものだと思うのだ。
d0108737_21243739.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-07-02 21:55 | その他


<< AO TAKE (京都府木津川市)      うれしくありがたい、頂き物! >>