「ほっ」と。キャンペーン
2009年 07月 10日
夏の信楽その1 げなげな市  (滋賀県甲賀市信楽町)
7月5日(日)、地元の信楽でも手作り市があると聞きつけやってきた。

げなげな市、名前が個性的でいいではないですか~~
毎月、第一日曜日に開催!(初回から参加の食爺さん)

場所は信楽駅から町中へ歩いて、どんつきにある新宮神社の境内。
裏側に駐車場もあり車でもok!
d0108737_11461181.jpg

家からも近く、ふら~~と来てみたのだが、うおおおおおお~~~~いいではないか!
心が弾むんや~~~何で????(もうご存知ですよね!嬉しくなると関西弁!)

そう、この市は調理okで祭りの夜店のあの臨場感があるのだ!

先週の日曜日は上賀茂のメジャー手作り市に出没してたが、どういったらいいのだろう・・・・・・何かが足りないというか・・・余裕が無い?・・・・・・店数も商品も洗練されているのだが・・・・・・私達が飽きてしまったのだうか??
d0108737_11474726.jpg

げなげな市ではとにかく、カメラを向けたときの店主さんの対応がオーバーアクションで面白い!
「思いっきりカメラ目線でニコニコ笑顔」の地球の裏側から来られているカリブの方々。
「写さんといて~な~」と逃げまとう地元のおばあちゃん、ニコニコ。
d0108737_11475680.jpg

最初に食べた、カリビアンサンドイッチ(コーヒーとセットで500円)
これがもうあなた、旨いのよ!気分はカリビア~~~ん。
d0108737_1148876.jpg

裏方さんが春巻きみたいなものに具を詰め丸め、それを目の前で揚げる!

不思議やな~その場で調理する行程を見ながら待つのって、楽しいし期待感が高まるっちゅうもんや!
簡単なことや、これが露天販売の命なんやな!
d0108737_11483553.jpg

先週の日曜日は上賀茂のメジャー手作り市に出没してたが、どう言ったらいいのだろう・・・・・・何かが足りないというかお客さんが多すぎて機械的?・・・・・・店数はやたらと多いのだが・・・・・・私達が飽きてしまったのというのが本当のところかな??
規模は圧倒的な違いはあるが、まだ3回目のこのげじげじ市、違うげなげな市、私の目にはやたらと新鮮に映る。
d0108737_11484792.jpg

草餅買って
d0108737_11491525.jpg

プリン250円と書かれた看板と発泡スチロールの箱だけ置かれたお店。
「ケーキ屋さん、やろうおもてますんですわぁ~~」とのこと。
味は子供達に食べられてしまって感想無しだが、こちら早くに完売御礼だったとか・・・・・・・

d0108737_1149321.jpg

タルト200円って、安~~~~
そして旨かったで~~~~
d0108737_11494219.jpg

何だか見覚えのある品々・・・・・・・・・・・秀山先生!、ブログでお世話になっております~

何とも涼しげな雰囲気ですやん!
実はこれ奥さんの作で、ご主人に穴あきの鉢を注文しておられるような感じかな~~
鉢といっても、秀山先生のですからこれは何とも贅沢なものになってしまっているのだ!
d0108737_11495723.jpg

苔物に目がいってしまう、私です。

温まってはいけないものいっぱいで、愛想も無く帰ってしまったのだ・・・・・・・・
申し訳ないしだいです。
d0108737_1150616.jpg

結局、私のことだから食べ物主体になっちゃいましたが、食べ物以外にも素晴らしい作品が多くあったことを書き留めたいし、何より本音で楽しめた市だと言える。

メジャーな手作り市では出会えない大切なものがここにあったと思う(お世辞とちがうで~)。
それは信楽という町の地域色であったり、売り手の楽しもうとするゆとり、その場で調理する臨場感、そして季節感・・・・・・・・
まだ3回目のこの市、効率化してしまうんじゃなく、この良さを残したま続いっていってもらえたらな~~
d0108737_11502045.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-07-10 11:50 | イベント


<< 猫の手もかりたい状態      AO TAKE (京都府木津川市) >>