2009年 02月 03日 ( 1 )

2009年 02月 03日
お勧めしたいような、そうでないような、うなぎ「いとう」さん  (三重県津市)
2週連続で津市のうなぎである!
つばや菓子舗さんのこんな記事読んだら、もう我慢が出来ない!

私のブログには、こんなディープな店屋さんがやはり似合うよね~
d0108737_0105084.jpg

お店に入ったとたん、ご主人が「あと2匹、あと2匹やね~~」って何のこと?????
どうやら鰻が2匹しかいない、あなた達でラストだ!ラッキーということだった!

注文はそれぞれ決めてきた、私が極(スペシャル)丼1,900円、嫁が上丼1000円。
d0108737_0123374.jpg



d0108737_0202865.jpgd0108737_0203665.jpg
この極丼というのが凄い、まず、自分で食べたい生きた鰻を選ぶのである!
といっても2匹なので「今日は選択の余地がないな~~」と、大将が鰻を握り締めた。

場合により、お客さんがさばいてもいいらしい。
本気で、やる気満々だった私~~なのに、悲しいかな10秒で大将にさばかれてしまった~~~無念!



森三中の一番大きな大島ちゃんに似たこの女性がまた大変な方なのだ・・・・・・・・
大将が突っ込んで、この大島ちゃんがボケるとう感じで下ネタ漫才炸裂!そして度が過ぎて手に負えない状態に発展していくのだ!
d0108737_0211961.jpg

大将(63歳)は元サラリーマン、小指を立てて「これで首になったんや~~」とのこと!

大将、そんなとこ扇いでも鰻ないで~~笑
(話がしたくって鰻から離れるのである)
d0108737_022169.jpg



このあたりから、大将も真剣勝負である!
焼いて、扇いで、タレに漬けて~~
d0108737_0223487.jpg
d0108737_0224597.jpg
d0108737_0225574.jpg


また焼いて、ジューーーーーーー!
おお~~わんだほォ~~~~

奥の鉢に入っているのが鰻のタレである。
d0108737_0245382.jpg

このお店は、全てお客さんが来てから活け鰻をさばくのである。
当然、肝の鮮度は言う事無し!

しかし、うな肝ってエイリアンに似てるよね~~絶対似ている!
d0108737_025865.jpg

嫁の上、1000円。(平日お昼は、ななななんと850円)
普通半匹らしいが、多いな~~私の鰻がこっちに入ってんのと違うか!(ちっちゃい男や!by嫁)

「よく焼いて」とリクエスト通りに仕上げていただけた!
完全な関西風の焼きでパンチ力がある、旨~~~~~~~~い!
子供の頃、近所の川魚屋さんで焼いていた鰻の味である!
もっちり、という感じかな~~
タレも、ちょうどいい感じ。先日ガイアの夜明けに出ていた東海醸造さんの無添加タレを使っているらしい!
d0108737_02519100.jpg

そして、私の極丼1900円!
ご飯の中にもう一枚、鰻が入っている!

焼き終わってから大将と大島ちゃんはまたもやヒートアップ!
2人の掛け合いも最初はネタかと思ったが、全て本当の話のような気がしてきた。
当然、内容は書けない、そしてこちら顔は笑って、心は引き気味・・・・・・・・
d0108737_0253533.jpg

素材も腕も間違いないし旨い・・・・・・・けど

吟じます!

お店の方の話が面白いと大うけして大笑いして~~~~~~ええ~~え~

うけたことに気をよくして~~話がどんどんエスカレートしててしまい~~~いい~~~いい~

嫌になって席立ちたいけど、うけた自分が後ろめたく席立てない~~~~~いい!

あると思います!

d0108737_0255057.jpg

このお値段で、この内容はやはり凄い!
津の鰻はやはり恐るべしやな~~~~

店名:いとう
住所:三重県津市丸之内1-3
時間:11:00~18:30
休日:元旦以外年中無休
電話:059-229-1790




うなぎのいとう (うなぎ / 津新町)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-03 01:59 | 和食 | Comments(35)