2017年 06月 18日 ( 1 )

2017年 06月 18日
「こまめ」さん (三重県名張市)
自宅から一時間、パンを求めて名張市へ。
d0108737_20193042.jpg
昔なら、商いをするにはまず選ぶことのない里山。
そこに、3か月前にオープンしたばかりとか。
d0108737_20193841.jpg
朝の8時から営業されている。
遠目には和菓子屋に見える。

d0108737_20222672.jpg

「大阪で修業して、実家の一部を改装して、営業させていただいています」
と奥さんかな?に、選んだパンを袋に詰めていただく。

d0108737_20194272.jpg

名前の付け方が面白い。
商品の特徴は、チーズと合わせているものが少ないこと。
それは、私にとっては大切なこと。
確かに、間違いなくチーズを使かえば美味しくなるのだが、そればかりでは飽きる。
d0108737_20194652.jpg

焼き色がいい!
見ただけで、美味しさが伝わってくる。
香りもいい!
d0108737_20195081.jpg
帰りの車は、誘惑のパンの香りが充満。
「とりあえず、一個食べてみるか!」という別の自分のと戦いであった。
d0108737_20215048.jpg


名前は忘れたが、このパンのゴマの風味が素晴らしいのなんのって!
あああ~たまらん。

山食パンはふっかふか。
香りも小麦の甘みもしっかり。
d0108737_20195975.jpg


ハード系パンは、外カリカリで中はふかふか!
あああ~~旨い!
いったい、どこで修業をされていたんだろう。
d0108737_20200387.jpg

名張市か~~~、ちょっと買いにいくか~というには、少し遠いし。
悩ましい場所にできたものである。
人気化していくのも時間の問題なのかもしれないな。

d0108737_20232588.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-06-18 20:29 | パン