「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:その他( 98 )

2017年 02月 17日
彦根総合地方卸売市場内の「市場の食堂」 (滋賀県彦根市)
受験が佳境に入ってきて、なかなか忙しい。
毎年のことだが、この時期はネタの在庫処分セールだ!
ということで、ごそごそ過去写真をほじくり返して、9月訪問の彦根にある「市場の食堂」さんのネタ。
d0108737_13593398.jpg

今も、人気があるんだか、それは不明だが昨年の時点では常に行列であった。
この日は、たまたま2時前の訪問でスムーズに入ることができた。
d0108737_13594185.jpg

おしながきが、近所の水口にある市場食堂さんと似ている。
閉店間際でいろいろ品薄状態で、二人ともまぐろ丼(790円)で。
d0108737_13594995.jpg

雰囲気は、まさに食堂そのもの。

せっかく市場に来たんやから、鮮魚とかも販売したらええのにと思ったりするが、それはなさそうだ。
d0108737_140089.jpg

さて、味わいはというと、この値段としてかなり旨いと思う!
キハダマグロかな?
結構脂がのっていてるんやわ~~キハダって、こんなに脂がのるのか????
ホンマグロも混ざっているのかな???まさかこの値段でな・・・・・
マグロの種別は分からずであった。
わざわざ車を走らせて、ここを目的にというのは考え物だが、そこそこいけまっせ~~
d0108737_1402144.jpg

何が凄いって、このアラの潮汁。
えげつなく凝縮した、魚のうま味と・・・・・・臭み・・・・・ハハハ
市場で大量に出るアラをふんだんに使った贅沢な品だが、ぬめりなどの臭みを取る手間までは、この金額で期待する方がおかしい。
癖になる味というか、好みは分かれると思うが、この潮汁は試してほしい一品やな。
(味噌汁の日もあるみたいで、出るとは限らない)

d0108737_1402979.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-02-17 14:23 | その他
2017年 01月 05日
あけましておめでとうございます!
今年の、初投稿であるにもかかわらず、どうでもええ内容なこと、お詫びいたします。
(にゃんちゃん、可愛くないな~~というか、少し気持ち悪い・・・・・・)
d0108737_12232639.jpg

私の休日は、仕事柄あまり長くない(と思うねけど、普通かな?)。
12月31日から1月3日の4日間。
その貴重な休日の、12月31日は、朝早くに甲賀市水口町にある山村さん(お肉屋さん)に並ぶことが恒例行事。
9時開店で、今年は8:30分位かな?それでこの列。
d0108737_12233780.jpg

もっと、ゆったりした休日にならんかと考えながら、寒さに震え待つこと1時間で注文できるポジションへ。

この日は、頼まれものも含めて4.5キロを購入予定。
d0108737_1224297.jpg

これは書くべきなのか悩むところだが、よそにない品があるからこそ、並ぶのである。
それが、この1100円のヒレ肉。
厳密に言えば、ヒレ肉の真ん中(シャトーブリアン)を切り取った端っこではあるのだが、味わいは抜群!
見た目が悪いからか、不思議にだれも注文しなく、今年も無事にありつけた!
出されてあるこれ全部(1.5キロだった)を購入で、おそらく本日のヒレ肉(焼肉用)の販売終了!?

あかんで、あかんで、絶対あかんで、私より先に並んでこれ買い占めたら!
d0108737_12241176.jpg

肉の次は餅である。
栗東市にある「あかね軒」さんへ。

残念ながら、本日売り切れだったが、ここの苺もちは、絶品!
苺大福でなく苺もちと表現してあるのは、球肥ではなく、本物の突いた餅を使っているということ!
d0108737_1224244.jpg

本日は、豆餅を購入。
これは元旦のお雑煮に使う。
ここに至るまで、嫁と一ヶ月話し合っていたのだわ。
とるにたらんことではあるが、ハハハン~
d0108737_1224335.jpg

我が家の大晦日は、そこそこ食いまっせ~~~
蒸し牡蠣は、安い上に美味いし間違いなし。
だが、芸がないな~
来年は趣向を変えよう。
d0108737_12244312.jpg

明日は、間違いなく焼肉やから、しゃぶしゃぶ!
山村さんのは、紛れもなく黒毛和牛やから、肉の香りがいい。
(黒毛和牛と交雑種は、見ただけでは分かりにくいからご注意を!)

あれこれ、食いっぱなしの大晦日なのが我が家。
来年は、蕎麦復活かも?
d0108737_12245237.jpg

**********************************************
元日の朝は、恒例のお節の食いつくし!
言葉通り、ほぼ食い尽くす。
最近ちょっと疑問をもっていて、7人で何で2セットもいるねんと考えている。
それって、なんか違うような気がするし、何より面白くない。

来年のお節は、昔から伝わる黒豆、田作りとかだけにして、日本の旨い食べ物を単品で集めよう!
d0108737_1225435.jpg

で、本日の主題はこの雑煮。
去年も書いたが、嫁の実家のお雑煮は、白味噌仕立てに餡餅を入れてはって、これがめっちゃ旨いねん。
で、初挑戦!試しに豆餅を入れてみたのだが、これが大失敗。
豆が主張しすぎて、白味噌の香りが無くなり、雑煮を台無しにしてしまよる。

ええ?
豆ではなく、それ以前に餡の入った餅を入れることが気持ち悪いって?

素人さんですな~~
狐色焼かれた、杵つき餅にくるまれた香ばしい餡餅と、出汁の利いた白味噌の塩っけが渾然一体となって、えも言われぬ美味さになるのだわ。
重要なのは餡餅で、出来立てでやわらかいのはだめやし、2~3日前に作って硬くなって、それをええ塩梅で焼き色をつけてこそ、たどり着く至福の味わい。
まずもって本物の硬くなる餅を使った餡餅を探すことが大変やった。
というか、見つけられなかった。
あかね軒さんの餅は、その本物やから、それを使った餡餅を、と思ったのだが、それは作ってはらなく、この豆餅で試してみたということである。

来年に期待やな!
d0108737_12251764.jpg

元旦の昼ごろ、にゃんちゃんをアヤハのペットホテルへ預け、大阪の嫁の実家へ。
d0108737_12252850.jpg

************************************************
で、これが大阪の本家本元の餡餅の雑煮。
ヨモギ餅で出てきたぞ~~冒険しゃはりますな~~~~~~。
ここ数年、義母の手首の調子が悪く、既製品の餡餅なんです(ヨモギ餅も)。
ごちそうになっときながら、言いにくい、というか書きにくいねんけど、昔のい手作り餅と違うから、もの足らないんやな~~~~~
嫁も、それを知っていて、何とかあの味を再現したく、本物の餅を探したが見つからず。
一から、教えてもろて、手作りであの餡餅をこさえるしかないか・・・・・・・・

ともかく、嫁に(私も)とっての餡餅雑煮は、変わった品物だが、極めて大切なもので、その再現に思いをはせての元旦であったとさ。

今年も、宜しくお願いいたします。
d0108737_16444717.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2017-01-05 13:26 | その他
2016年 09月 23日
「ビワコ・アート・フェスティバル」へ出店。「すみ蔵」さん 「よこせ梨園」さん
9月18日、大津のびわこホールで開催されていた、フリマに嫁が出店するちゅうことで、運転手兼荷運び兼時々店番にて出動。
d0108737_15281354.jpg

前回は、仲間と陶器で出店して撃沈したイベントやのに、今回は出展料無料に魅かれて布関係で挑戦。
懲りませんな~~~
d0108737_15282141.jpg

店名は「toda cosa」。
嫁がデザインから手掛けたオリジナルの布を使った手作りカバン。
ま~~かなり奇抜ですな。
d0108737_15283842.jpg

これを滋賀で売るのは厳しいやろから、都市部で売る手立てを考案中。

「ちょっと店番しといて~~」と、嫁は他の作家さんと情報交換という隠れ蓑を被った世間話に夢中。
いやいやいや、やっぱり、これの店番は勘弁してくれよ~~~恥ずかしいがな。
d0108737_1529512.jpg

何とか店番から解放してもろて、そば屋で一服。
できてまだ半年くらいの、「すみ蔵」さん。
石山寺の近く。
d0108737_15292268.jpg

美味しくいただきました。
それから・・・・・・
そつのない、洗練されたお店は、そこからのコメントがでてこない。
d0108737_15292945.jpg

************************************************
ちょっと、もの足らんのでネタをもう一つ。
滋賀の梨の話。
先日、「滋賀で梨の旨いのないかいな~~」と書ていたが、いろいろありましたわ滋賀にも。
その中で、ちょっと面白いのが、2回目の登場になるのだが、昨日行った「よこせ梨園」さん。
d0108737_15294127.jpg

ちょっと梨、買おうかな~~~~と思ったら「収穫してもらって、計り売りになるんですよ~~」とのこと。
「まず食べて」と味見させてくれはったのが、少し酸味があって二十世紀と豊水の間ぐらいの味わい美味いんだわ!!
「豊水は終わって〇〇〇という品種になります」とのこと。(←もう、忘れている)
んんん・・・・その品種が何であったかより、昨日のことも忘れちまっているわれわれ夫婦の脳が気になる・・・・・・・・
d0108737_1529543.jpg

「梨は完熟で収穫してこそ値打ちがある!」と、えらそうに家族に言いまくっていたな~~色が重要!
店主は「傷があるのも避けた方がいいですよ~~」と言ってはった。
さらに「大きい方が甘いことが多いですよ~~~」とのこよ。
さらに「これはええ!!!と、思ってもお尻のへこんだところが黒いと芯がだめかも~~」とのこと。

条件が数々あるにもかかわらず、スズメバチがおったり、蚊に攻撃されたりで集中できへんがな~~~~~~
d0108737_15302286.jpg

こんなにいっぱい梨はなっているが、条件に見合うのはなかなか無いのが現実。
誰よりも美味しいものを見つけようとする欲望、それを阻止する難解な条件、さらにハチや蚊が集中を乱してくる・・・・・・これは、ミッション・インポッシブルの世界や~~~

というほどでもないが面白いのは間違いなし。
d0108737_15301314.jpg

めっちゃでっかいのを3個選択で1500円。(一個で普通の大きさの梨2個分)
店主より、2個は合格のお墨付きをいただいた。
昨日食べてみたが、やはり美味かった。
今シーズン、これが最後の梨かな。
d0108737_15303452.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-09-23 15:31 | その他
2016年 04月 13日
うなぎ「きみのや」さん  (三重県鈴鹿市)
誰が言ったか知らないが、三重県での“うなぎ屋”御三家といえば「初音」「うなふじ」そして四日市市の「喜多川」と聞く。
その一つの喜多川さんが未訪問。
美味しいとメール教えていただいた切っ掛けもあり、やっと訪問!という日に限り、臨時休業。

もうお腹は完全にうなぎ以外受け付けない状況。
代打というには失礼だが、同じ四日市市にある「きみのや」さんへ。
d0108737_0123978.jpg

上丼2,500円で、一匹のっけてある。
ビジュアル的に、かなり素晴らしい!
d0108737_0125333.jpg

炭火の香ばしさが、たまらんな~~
しかし、なんだな~~~三重のうなぎは、どこのを食べても美味い!
辛目でも甘めでも、なんでも美味く感じて、自分自身の好みが分からなくなってきた。

といいながらも、微妙にうなふじさんのあのぶ厚いうなぎが、一歩リードかなという感じ。
d0108737_013078.jpg

***************************************************
で、いつもの鈴鹿のみかん屋さんへ。
d0108737_013645.jpg

一キロ90円って、うそやろ~~
ここのお店のは、姿は悪いが味はいい!
d0108737_013149.jpg

せとかは、さすがに高い。
「生産量が、まだまだ少ないんです~~」とお店の方が。

みかんはいつまで売ってはるんですか?の問いに。
「一年中ですよ~」とのこと。
え、ほんまに!
柑橘類って、一年中採れるんや~~
d0108737_0132140.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-04-13 00:39 | その他
2016年 03月 19日
雨の中京都市中央卸売市場の「シーフーズ大谷」さん
久しぶりに土曜日が休み!
京都の市場へ魚を仕入れに。
d0108737_22291898.jpg

時間は午前6時。
セリが終わって、仲買さんとこへ落札した魚が届くのがこの時間。

慣れてきたといっても、近づくと少し緊張してしまう。
d0108737_22292651.jpg

連休前やからいっぱい魚があると予想。
伺ったシーフーズ大谷さんは、天然魚中心だから海が荒れていない日の方が安く、種類も多いから天候も考えないといけない。
d0108737_22293871.jpg

でっぷり太ったイヤゴハタ。
「多きすぎるので半分あかん!」とお願いしたが、ダメとのこと。
d0108737_2229493.jpg

次にお勧めはブランドの天竜キンメダイ。
4500円/キロ・・・・・・・
一匹8000円位になりよるな~~
d0108737_2229566.jpg

それかクロムツ。
4000円/キロ、一匹で諭吉さん一枚位、やはりこやつもええ値段しよる。

今日はなんとなくこいつで決定!
d0108737_2230262.jpg

それと一枚3000円のウニ。
d0108737_22301185.jpg

クロムツの処理(ウロコ、内臓取り)の待ち時間は、いろいろ思案したがやはりここ
d0108737_22302381.jpg

貸し切りやな~~~

しかし、本当に不思議なんですわ~~
最近の卸売市場には、ほとんどお客さんいないんです。
魚屋さんとか料理屋さんが、目利きしながら魚を仕入れられる熱気ある空間を想像しますが、全くそんなことはない。
店員さんと商品が並べられてあるだけ。
その答えは2つ。
1、全く売れていないお店。
2、電話注文だけで、信用売り(配達)。
d0108737_22303343.jpg

注文は600円のラーメン。
鶏ガラでとった出汁のシンプルな味わいで旨い!

市場の現在は、どのお店も素人にも優しく商品を売ってくれます。
昭和博物館のようなこの市場、早起きして一度は来てほしい。
めちゃくちゃ面白いから。
d0108737_22304676.jpg

上手に刺身にできなかったが、やっぱり旨いな~~シーフーズ大谷さんとこの魚は!
d0108737_22305739.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-03-19 23:22 | その他
2016年 01月 11日
新年は大阪へ!西国三十三か所 第五番葛井寺 第四番槇尾寺
1月1日は、まず我が家の御節を食べまくる!

午後から。嫁の実家の堺市に向かう。
d0108737_16241934.jpg

道中にある西国三十三か所葛井寺さんにお参りする。
d0108737_16242638.jpg

さすがに元旦、結構な人。
d0108737_16243411.jpg

スタンプラリーもずいぶんたまってきて、三分の一は制覇したのではないかな。
d0108737_16244340.jpg

主役の食べ物ネタはここ!
神社内にあるハイカラな喫茶店。
ヴィクリディタ サマディ キリクとい名前。
d0108737_16244944.jpg

藤井餅という名物があるらしい。
それがこれ。
d0108737_16245797.jpg

このお店、周りは壁でなくガラスでおおわれていて、寺が一望できてる。
このデザインは、寺の境内だから生きるんだろうな。
d0108737_1625527.jpg

はい、これがそれ。
きなこと黒蜜で味わうのだが・・・・・
まずくはないんやけど、なんちゅうか、普通やな。
名物になんちゃらとは、よく言ったものだな。
d0108737_16251230.jpg

************************************************
嫁の実家で、旨いもの食べあさっての1月2日。
食っちゃ寝だけでは、えらいことになると、西国三十三か所の一つ、和泉市にある槇尾寺さんへ。
d0108737_16251991.jpg

とりあえず、ぜんざいで接待してもらおうか!
d0108737_16252644.jpg

ぜんざいを食べながら、なんか様子がおかしいことに気が付く。
正月の初詣の雰囲気が、何となく、全くないように感じる!
d0108737_16253836.jpg

不思議に思うことの1つ、初詣によくある正装や、きらびやかな服装の人が一人もいない。
d0108737_16254657.jpg

寺への方向だと思われる方へ歩き始める。
不思議に思うことの2つ目、帰られる方がすれ違うとき「こんにちは!」と声をかけられる。
これ、登山の時のあれやん・・・・・・
そして、決定的なのがリュックサックや杖、そしてトレッキングシューズの人ばかいなこと。
d0108737_1626324.jpg

あああ~~到着した!
と、仁王門で叫んだら、帰られる人から「まだ1合目ですよ!」とニコニコしながら声をかけてきてくださる。
いや、なんとなくそんな気はしていました、ハイ。
d0108737_16264241.jpg

やってまった!
西国の中に、ちょくちょくある要注意の天台宗系の登山タイプのやつやったがな・・・・
d0108737_16265431.jpg

10分ほど登ると、もう嫁も息子も姿が見えなくなった。
冷たいわ・・・・心臓麻痺でひくひくなったらどうするねん!
携帯もつながらんわ。
d0108737_16271174.jpg

降りてこられる方にずいぶん励まされて、こつこつ登る。
しかし、しんどい。
普通の人が60キロ(脂肪のこと)の米俵持って登っているようなもんやからな。
d0108737_1627193.jpg

40分くらいかかったか、やっと到着。
茶屋を探すが、そんなおのは一切ない。
そんなのを含めて俗っぽいものが何もない、この槇尾寺、かなりいい!
おこがましいのだが、星を付けるなら五つ星をあげたいお寺さんだわ。

とはいえ、もう一度登ってくるかと聞かれたら、人生でこれが最後だと答えますな、ハハハ。
d0108737_16272755.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-01-11 17:41 | その他
2016年 01月 01日
おめでとうございます!
あけまして、おめでとうございます!
何がうれしいって、仕事から解放されたことかな。
正月休みはええわ~~~

とはいえ、12月31日は朝の8:30から行列に並ぶ!
何の行列か、分かれば甲賀市検定合格やな。
d0108737_1253546.jpg

朝から並ばんでも買えるねけど、塊で欲しいから並ぶのだわ。
頼まれものも含め5キロほど購入予定。
d0108737_12531176.jpg

はい、水口町にある肉の山村さんである。
無事、イチボの塊も買えてご機嫌であった!
d0108737_12531725.jpg

帰ってきたら届いてた牡蠣。
d0108737_12532481.jpg

今年は、年末もokの広島の匠の牡蠣。(←別段、お勧めというわけではないので、ご注意を)
70個ファミリーパック5980円、送料込。

なんか、小さいな・・・・・・Mサイズて書いてたけどSやわ。
けど、ノープレブロム、牡蠣は小さくても旨いから!
d0108737_12533011.jpg

牡蠣は蒸しで。
焼くと殻が割れてその欠片が気になるから蒸すのが一番!
d0108737_12533724.jpg

すき焼きの前菜が、この牡蠣。
d0108737_12534531.jpg

だがだが、おおお~~まい・が~~~~~~~
中身小さい!
小さすぎやろ~~~
d0108737_12535162.jpg

と騒いでたら、こんな身入りの当たりがあった!

そう、これは牡蠣の問題ではなく、蒸し方の問題だった。
水を入れすぎて、下に入っていた牡蠣が湯だってしまったようだ。
蒸す場合は、水の量にご注意を!

それにしても、ぷりっぷっりで、めっちゃ旨い!
去年一年、旨いもんいっぱい食ったな~~
今年も食うぞ~~~~~
d0108737_12535710.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-01-01 13:19 | その他
2015年 12月 25日
ああ~~香ばしい!「楽豚」さんの豚丼 (三重県伊賀市)長寿寺(湖南市)
先日、高校の同窓会があり、そのとき湖南寺在住の友より「われわれが必至で守りしている歴史ある寺があるから来るべし!」との誘いがあった。

本当だな!
近くに、こんな歴史、味わいのある寺(湖南市・長寿寺)があるなんて!
d0108737_23422089.jpg

のおおおお~~~
えええわ~~~
味あるわ~~~
d0108737_23422843.jpg

歴史を感じる木部の風化が何ともたまらない。
中は、地元の方が拝みにこられるんだろう、ぺちゃんこの座布団がのった椅子が並んでいた。
地域と密接なつながりを感じることに、言葉にできない良さを感じる。
d0108737_23514499.jpg

いい寺に出会うと、気分よく昼飯が食える。
今日は、少し遠いが伊賀市の楽豚さんへ。
移転してからは初めてだ。
d0108737_2343356.jpg

嫁は豚丼並。
d0108737_23431181.jpg

私は、もうちょっと欲張りたいからな~~とミックス丼特盛。
d0108737_23431898.jpg

ちょっと遅く、1時を過ぎたからかガラガラである。
d0108737_23432572.jpg

運んでこられた瞬間から、もう旨い!
そう、炭火焼きの香ばしさがこぼれおちるほどだ。
d0108737_23433393.jpg

私のは、炭火焼き豚、と豚トロ。
豚トロ、ハシでほぐれてとろけるがな~~
炭火焼き豚も香ばしくって旨い!
d0108737_23434011.jpg

さらに、うれしいことが!
中からも豚が出てきよった!

体験したことがない方は、是非一度食べてみて。
普通の豚丼でいいから。
d0108737_23434762.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-12-25 00:43 | その他
2015年 11月 23日
「松の家」さん   (三重県伊賀市)
ちょっと前の昼飯ネタ!

もうデカ盛り系のメシは、卒業したのに、時々挑戦したくなってしまう。
こまったものである。
店は三重県伊賀市にある松の家さん。
d0108737_22295034.jpg

不思議に思うことが一つ。
大盛り系のお店には必ずバイカーが集っておられる。
これって、どうなっているんだ?
d0108737_2230484.jpg

注文する品は決まっていてオムライス1530円。
なんと、「すみません、今はできないんです~~」とのこと。
お昼時の多くのお客さんがいるときは、手間がかかるものはNGらしい。
d0108737_2232659.jpg

揚げ物が早いらしく、では次に有名な「すっこけわらじトンカツ定食1200円」。
d0108737_22321790.jpg

冷静に店内を見渡してみる。
黒い、畳が黒い・・・・・・
使い込むと、畳ってこんな色にまでなるのか?
きれい好きの方には不向きな店だが、繊細な人で大食いって少ないようなきがするから、ノープロブレムかもな。
d0108737_22323532.jpg

のおおおお~~トンカツが2枚!
d0108737_232931.jpg

しかも、写真では分かりにくいかもしれんがぶ厚い!
普通の1.5倍はあるで。
食えるかな・・・・・
d0108737_22333234.jpg

きつい・・・・・
マラソン選手が、試合の終盤の苦しい時は、やはりもうやめたいという気持ちと葛藤するとも言ってたな。
そんな時は、「前の電柱まで、前の電柱まで」と、小さな目標で前へ進むらしい。

この場面でいうなら、あと電柱2本分走ったらゴールである。
d0108737_22334143.jpg

ごちそうさまでした。

しかし、もう50歳も過ぎてで、こんな無茶したらあかんな。
d0108737_22335037.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-11-23 23:18 | その他
2015年 10月 22日
西国三十三所巡礼 総本山長谷寺 (奈良県櫻井市)
ご無沙汰しておりました。
ネタはあるねけど、少しばたばたしていてサボってました。

西国三十三所巡礼。
これは、人生の終盤にやるやつと考えていて、まだやりたくなかったんやけど、ひょんなことから始まってしまった。
で、今回は奈良。
d0108737_14562454.jpg

第八番の長谷寺さん。
奈良らしい景色の山間にある、人の少ない静かな、いい雰囲気の寺だ。
京都の寺とは大違い。
d0108737_14502583.jpg

この写真は、見覚えあるのではないかな?
緩やかな回廊をのぼって本堂へ向かう。
ここを開いた徳道上人さんが、お寺のスタンプラリーである西国三十三所巡礼をはじめられたとか。
d0108737_14523911.jpg

本堂。
都合7回ほど焼失してしまったとか。

舞台が工事中でのぼれなかったことが残念。
すばらしい景色が見られるはずだ。
d0108737_14524833.jpg

門前町の散策。
昔は賑わい、華やかだったんだろうなという、過去形を引用しなければならない古びた町並み。
少しにぎわっているのは、寺前のことあたりだけ。
d0108737_1453397.jpg

とにかく、くさ餅屋さんが、やたら多い。
どの店のを食べても、そこそこ美味い!
甘党なら、一個ずつ買って全店舗を制覇すればいい。
10軒くらいある。
d0108737_14531239.jpg

昼飯が問題だ。
適当な店だと、こけそうなので、柿の葉寿司にした。
d0108737_14532193.jpg

かなり塩辛い鯖だが、酢飯と一緒に口の中で混ざると、なかなか美味い!
d0108737_14533557.jpg

100Mほど離れると、こんな感じのお店や民家が現れてくる。
奥は、老夫婦で営んでおられるくさ餅のお店。
もう満腹で食べられない。
d0108737_14542693.jpg

そうそう、門前町を下ってくると、西国三十三所の番外編、豊山 法起院さんがある。
嫁は、せっせと御朱印なるものを押してもらっとる。
私は、興味なし!
d0108737_14544163.jpg

門前町探索再開。
ここお豆腐やさんである。
d0108737_14545144.jpg

なんとまあ、風情があること。
d0108737_1455073.jpg

くさ餅 さかえやさん。
これもまあ、ええ感じですやん!
写真では、表現できてへんな~~~
是非、リアルにこの門前町を歩いて感じてほしい。
d0108737_14551689.jpg

さかえやさんの内部。
腹いっぱいだが、ここで食べよや!と嫁を説得したが、すたすた逃げられた・・・・
次、西国三十三所の2巡目で来たなら、ここは外せない。
d0108737_1455284.jpg

旅館も昔のままの姿で残っている。
残念だが、廃業されてる。
昔は多くの宿泊客がおられて、このあたりの宿やお店は賑わっていたんだろうな~
京都だと、外国人の方々にもうけそうな雰囲気で、満員だろう。
d0108737_14554116.jpg

民家の前に置かれた栗。
季節を感じさせてくれよるわ。
d0108737_14555585.jpg

紅葉の季節は、さすがにお客さんも多くなるとのこと。
今が狙い目ではないかな。
d0108737_1456592.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-10-22 15:44 | その他