「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:寿司( 9 )

2015年 08月 29日
なっとくの鯖寿司 「すし慶」さん  (滋賀県木ノ本町)
夏も終わりですな~~~
空が青くなってきた。
仕事に追われまくりの、ちょっとの隙を見つけて湖北のへ。
鯖が美味しくなってきた時期かと、すし慶さんを訪ねてみた。
d0108737_193059.jpg

が・・・・・満員で1時間待ち。
しまった!予約しておくんだった~~
とりあえず、1時間後に予約。
満員の原因は、木之本地蔵さんの法要だわ。
そっか、忘れてたわ。
どこもかしこも、8月16日は地蔵盆やわな。
d0108737_1931117.jpg

子どものころは、そら楽しみやった地蔵盆。
夜、自由に遊べるんやから。
大人になって、仕事に追われだして、季節感がなくなったな・・・・・
d0108737_1931923.jpg

七本槍で有名な富田酒造さん。
d0108737_1932929.jpg

酒は飲めへんが、これならいける。
d0108737_1933913.jpg

ふらふら散策していたら、あっというまに予約の時間。
d0108737_1915547.jpg

いつもは即決なのに、珍しく注文の品で悩む。
鯖寿司は必修やから、“きのもと”か“田上山”。
いや、鯖寿司だけでええねんけどな・・・・・
d0108737_1934916.jpg

では、ちょっと変わった注文方法で!
鯖すし、一本(3780円)と赤だし2つ。
つまり一本の鯖寿司を嫁と分けるのある。
たぶん、嫁はそんなに食べられへんから、私はたらふく鯖寿司が食べられるという自分勝手な計算である。
d0108737_1935792.jpg

「鯖寿司は注文が入ってから作るんです~」とのことで、庭を眺めてのんびり待つとしよう。
d0108737_194533.jpg

で、こんな感じに真ん中に鯖寿司が鎮座。
d0108737_1941344.jpg

なるほど!
こちらのを始めて食べるのだが、ええ鯖使っているな~~
脂が背まで入っているし、肉厚やし納得。
酢加減も、つかりすぎず、生すぎずの好みやわ。
少し、酢飯がやわらかめだが、ちりばめられた山椒がええ仕事してくれてます。

評判だけ一人歩きするお店も多いが、ここのは大満足の鯖寿司だったわ。
d0108737_194229.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-08-29 19:37 | 寿司
2014年 11月 05日
この季節は鯖やろ!「満寿形屋(ますがたや)」さん 「jolie parole」さん (京都市)
11月2日は京都へ。
出町柳のふたばは、えげつない行列でため息である。
ここの豆餅は、遠い存在となってしまよったわ!
d0108737_1413452.jpg

**************************************************
気を取り直して、目的の「満寿形屋さん」・・・・・・・・
??んんん、何で行列が???
そんな人気のあるお店とは思わず、食べログで適当に選んだお店がここやっただけやのに。
「妻がいるから好きになったわけでなく、たまたま好きになった人に妻がいただけなの!」とOLが言ったことと似ている・・・・ような、的外れなような。
d0108737_1414344.jpg

市営駐車場に車を入れたから仕方なくおとなしく並ぶ。
注文するものは左から4番目の鯖寿しうどんセット1,000円。
d0108737_1415387.jpg

持ち帰りの鯖寿司もじゃんじゃん売れている。
一本4,500円。
京都の鯖寿司は、なかなかエエ値段しよるな~~~
d0108737_1415934.jpg

このお店、実は鯖寿司を提供して90年の歴史があるとか。
若狭から続く鯖街道の京都の終着点がここ出町柳。
担ぎの鯖を使ってはったのかも。
TVでの露出も多いみたいだ。
d0108737_1421074.jpg

30分で店内へ。
注文はセットに決めてはいるが、それだと鯖寿司が2切れ。
特上鯖寿司一人前5切れで2,250円。
うどんセットの鯖寿司2切れだけだと900円。
とすると、セットはうどんだけで100円というめっちゃくちゃお得な状況なのか?
d0108737_1421875.jpg

結局、わけが分からなくなり無難に寿しうどんセット1,000円とした。
他の方も大半はセットである。

なるほど、酢がゆるめで極めて生に近い仕上がりだな~~
酢飯は甘め。
ううう旨し!!!!
d0108737_1422640.jpg

だが!!なんとも不運なことが我が夫婦に・・・・・・・・・
鯖寿司というのは、部位により値打ちが天と地ほど違ってくるものだ。
一本を8等分するから端の尾が当たる確立は4分の1。
それが夫婦共となると16分の1。
その16分の1の確率に当たってしまったのである・・・・・・
d0108737_1425657.jpg

***************************************************
大の大人が、16分の1の不運を嘆いて、なんともみみっちい!
さあ、気を取り直して満寿形屋さんの隣の感じのいい「きんぞうドーナッツ」さんへ。
d0108737_143694.jpg

これは前情報があるわけでない。
適当に飛び込みで買いに来たのである。
d0108737_1431866.jpg

たいがい、この面構えのドーナツ屋さんはヘルシーを売り物にしてはるもので、ここも例にもれず。
お茶と合うドーナツであった。
d0108737_1432426.jpg

******************************************************

さて、本日の京都に来た目的はここ!
我が塾の講師がこの北山クラフトガーデンに出展してはるのを見にきたのである。
d0108737_1433152.jpg

ううううそや!
うなぎの寝床的な長細いものが好きな京都ちゅうても、こんな一方通行の手作り市って、在りか?
d0108737_1433840.jpg

勇気を振り絞って入っていくと、見つけた!
jolie paroleさん、今回が手作り市2回目である。
大雨もあったし、この開場はきついな~~と思って見ていると、後からやってくるお客さん、くまみたいな私が邪魔で前で進めない。
横によけつつ、お店をよく見ると、おおお~~なかなか可愛く仕上がってますやん!
こういうのって売っている方の雰囲気も重要で、それもgood!
d0108737_1434558.jpg

カリグラフィーが本職、というか一番力を入れていること。
どこかで、出会ったらこうたってな~
d0108737_1435397.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-11-05 14:04 | 寿司
2013年 02月 19日
氷見の寒ブリを喰らう会「寿司乃貴」さん  (滋賀県甲賀市)
仕事柄、この季節は忙しく遊びに出かけることが少なくなる。
蓄積したストレスは通販サイトのポチッ!でごまかしている。
案外、高額な魚なんぞも平気でポチッてしまう。
d0108737_15294367.jpg

こやつは、2月上旬にきた、10.2キロ、2万円の寒ブリ。
高そうに思うでしょうが、10キロ物としては案外安い部類に入る。
毎年買っていて、さらに釣りもすると少しずつだが、鰤について、魚にについての知識が高まってくるというものだ。
d0108737_15295061.jpg

見た目、鮮度、脂ののり、どれをとっても申し分ない!(こヤツは旧友と半分ずつの購入)
だが結論から言うと、たいして美味しくなかったのだ。
ここからは想像だが、鳥取の境港に水揚げされた巻き網漁で獲れたものだからだと思う。
それを実感したのは「氷見の寒ブリを喰らう会」なるものに参加させていただいたからだ。
d0108737_15295724.jpg

*************************************************
時は2月某日、場所は水口町の貴生川駅前にある「寿志乃貴」さん。

暖簾をくぐると「寒ブリ喰いて~~」と言い出したホスト役のFさんが迎えてくださって、見知らぬ同士の和を取り持ってくださった。
d0108737_1530779.jpg

こ・こ・この青い箱は、紛れも無く氷見ブリの証やん!
手が出ないんやな~~~高くって!
寒ブリ愛好家の憧れの箱、できるなら私が入れるくらいの物を手に入れてベット代わりにしたいほどだ。
d0108737_15301789.jpg

カウンターも座敷も満杯。
総勢19人、貸切で10キロものを一匹食べ尽くすのだ!
d0108737_15302656.jpg

まずは刺身。

左から真鯛、ヨコワ、そしてブリ。
ぅぅぅ旨~~~~~~~~~~~い!
重さや脂ののりは先日買ったヤツと同じようなものだが、身の中にある旨味が全く違う!
d0108737_15304265.jpg

誰も気付かなかっただろうが、証明書には定置網の図柄が入ってある。

定置網のブリは活きのいいうちに船の氷でいっきに〆る。
それに対し、巻き網のブリは海水の中に沈む網の中で悶絶しながら死ぬのである。
死に様による味の違いが歴然としていることに驚いた。
この証明書は、その違いを氷見漁協が強く主張したいゆえのデザインなんだろう。
過去、伊根の定置網物を買ったがそれも確かに旨かった。
d0108737_16183620.jpg

まあ、そんなウンチクはどうでもええわ~~
これは、ブリしゃぶのハラミ。
d0108737_15305679.jpg

奥さんが夜なべでブリの骨から取って下さった出汁。
それでのしゃぶしゃぶは旨いに、きまとるわ~~~
d0108737_1531616.jpg

寒ブリにワイン!粋やないかいな~~
Fさんの特別な持込品、ENOTECAから仕入れたワインで、皆のホホも赤らみ盛り上がってきた。
何とも楽しい会合になってきたぞ~~
d0108737_15325089.jpg

オオトロ!

うううううまひィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
意識が遠のいていく~~~~~~~~幽体離脱や~~~~
d0108737_1531137.jpg

〆は当然握り。
食べて、食べて、食べまくれ~~~~~~~~~
もう食べれへん、と言うまで握ってくださる!
d0108737_15312677.jpg


ブリばかりではと鯛、サーモンもあり。


d0108737_15313556.jpg


d0108737_15314537.jpg



d0108737_1531511.jpg



「これで、どうじゃ~~~!」と出してくださった、カマ焼き!
なんの、完食じゃ~~~~~~~~~~~どやっ!

ハハハ~~勝ったな、私の勝ちや一人勝ち、一番ようさん食べたで!
(というような会合では、なかったはずだが・・・・)
まあ、もうこれで一年はブリいらんわ~~というほど喰ったったわ。

Fさん、みなを楽しませる見事なホストぶり、脱帽やったで、楽しかったわ、ありがとう。
d0108737_1533661.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2013-02-19 15:33 | 寿司
2012年 04月 25日
「市場の食堂」さん   (滋賀県甲賀市)
名は体を表す!
まさに、そのまんまの「市場の食堂」さん、分かりやすい!
だが、お店のある場所は分かりにくい。
この水口卸売市場の奥にひっそり存在する。
自宅向かいの陶芸家さんに教えていただいたお店。
d0108737_12162737.jpg

奥に進んでいくと、あったあった看板が!

だがシャッターは下りてるし、何処から入るねん・・・・・・・・
ブルーの「市場の食堂」の右側にある、勝手口のようなドアが入り口。
d0108737_12163724.jpg

入ると、すでに常連と思えるご近所のビジネスマンやらなんやらでそこそこ席はうまっている。
店内は殺風景、だが仕事中の昼飯にはかえって心地いい。
d0108737_12164427.jpg

前もって言っておきますが、昼飯として捉えること!
そうすると、かなりのものだ。

何するか迷った場合は、メニュの左上、ここに書かれたのが基本的にお店の一押しだったりする、だいたいは。
海鮮丼、海鮮チラシ、各690円・・・・・・あれ????
ちょっとまてよ、今気がついたやけど、海鮮丼と海鮮チラシは違う商品なん????
いや、そうみたいやな・・・・・・・・

この日は多分、海鮮丼頼んだわ。
d0108737_12165289.jpg

何気なく床に置かれた、この市場のセピア色になった写真。
かつては、この近辺の魚屋・料理屋がこぞって仕入れに来た、活気溢れる市場だったのだろう・・・
三輪自動車がクラクション鳴らして行きかっていたのでは。
働いておられる方にも年季が感じられる。
現在は、ひっそりのご商売になって、この写真が若干痛々しくもある。
d0108737_1217439.jpg

そんな感傷に浸ってるとき登場!
イカ・ホタテ・マグロ・タイ・サーモン・イクラ・うに(これはほんの少し)これで690円!
これはまた豪華!この値段なら十分!

ごはんは普通の白ごはん、これはチラシにしたら酢飯になるのかもしれない。
ごはんが熱すぎてネタがしんなりしてしまうので、酢飯があるならそれの方がいいのかも・・・・・
d0108737_12171111.jpg

会計も個性的。
この用紙を持って、隣にある市場のお店へ!
d0108737_12172255.jpg

この市場のお店で会計。
しかし“市場のお店”ちゅうのもまんまやな~~笑
d0108737_12173014.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-04-25 12:18 | 寿司
2011年 01月 21日
「栃生梅竹」さんの鯖寿司  (滋賀県高島市)
前回のはせ川さんの帰りは、ここ「栃生梅竹」さん。
まずもって、なんて読むのか分からんよね~~(とちうめたけ)って読むんです。
鯖寿司屋さんですわぁ~~~
高島市朽木の鯖街道には多くの鯖寿司屋さんがひしめいているんです。
他はあまり食べたこと無いから、ここが一番とは言い切れないけどよく買ってます。
d0108737_06348.jpg

お客が注文してから、作らはるから酢飯がカチカチでないのがええ!

あああ~~うめ~~~~~~~~~!
d0108737_064820.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-01-21 00:06 | 寿司
2010年 11月 19日
「ファミリーれすとらん ひろせ 寿し正」さん  (滋賀県大津市)
魚の旨き店あり、っということで仕事のついでに昼飯で来てみた!
ここは大津市の北の端、JR湖西線の北小松駅。
d0108737_054619.jpg

その北小松駅の向かいにあるのが、ここ!
「ファミリー・れすとらん・ひろせ・寿し正」さんって、えらい長い名前や~~~
こちら、外観もそうだしネーミングも、大丈夫?と思わせておいて凄いらしい。

家族で気楽に食べて欲しいとの思いから「ファミリーれすとらん」らしいのだ。
d0108737_0574691.jpg

来た人の話では賛否両論だった。
私なりに試したくって、仕事仲間を無理やり連れてきたのだ。(当然、おごりになったけど・・・・・・・・)

店内は・・・・・・・・・・・他に一組だけでひっそり・・・・・・・・ちょいっと不安になる。
d0108737_06445.jpg

「何が出るかお楽しみ、店主の勝手気まま煮魚御膳 1,700円」私のだ!
これは参った!あの高級魚のでっかいアコウが半身!
いやいやさすがにめっちゃ旨い!!
この魚、私の好きな魚トップ3に入るんですよ~~~~

これ大将の好みの客だと凄いことになりそうなメニューだな!
d0108737_061684.jpg

漁師直送の真価がここに表れている!
名前は忘れたが、海沿いでしか味わえない系のエビ!
刺身は多分アイナメやと思うが、ホンマに旨い!!
d0108737_062732.jpg

佐渡の毛蟹、これもロシヤ冷凍物じゃなくまったり旨い!

とにかく主人のこだわりがすごいのだ!

新潟佐渡ヶ島、富山魚津、五島列島、高知室戸、など名だたる漁場の漁師に直接赴き天然の獲れ立て魚を直送してもらておられるのだ。なんの、それだけでは飽き足らず、手間のかかる脳天カギ打ちという最上のしめ方で一匹づつ処理をするのだ。
これはね~~大物の魚を釣る人じゃないと分からないと思うのだが至難の技!
そして、味が全く違うのである。別物の魚かと思うほどね!
魚種も単に鯛なら喜ばれるちゅう感じで仕入れるのではなく、無名でも美味しい魚を仕入れている!
d0108737_063745.jpg

お仲間さんの「にぎり御膳 並 2,000円」
美味しいところは、魚の皮目なんだよな~~~
食ってないのでなんともいえないが、旨そう!

ただ、私的にはにぎり寿司としてネタでっかすぎな気もするが・・・・・・・・・・
d0108737_064998.jpg

下手な海沿いのすし屋より、はるかに上だと思うわ!
仕入れる魚の種類も含め、本当に私好みである。

堺巨匠的にいうと★3っつです~~~

旨いだけとちがって、安い!
ファミリーれすとらんとうたってるの正解です、ハイ。
d0108737_065733.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-11-19 00:44 | 寿司
2009年 04月 16日
堺シリーズ③ アナゴ寿司がうめ~~「深清(ふかせ)寿司」さん
しつこく堺シリーズ、その③
(次回最終回)

この、とろっとろ~~~~~~感を出すのに必死でシャッターを押した!
d0108737_20174445.jpg

持ち帰り寿司で凄く有名な「深清(ふかせ)寿司」さん、この日が初めて。

4月21日修正(ふかせん→ふかせ)教えていただきました~ありがたいです。

とっかえ、ひっかえ来客がある。
「もう帰ろうや~~~」とぐいぐい引っ張るワンを連れたご近所さんは、店先で購入。
下町っぽい雰囲気が最高!!
d0108737_2018044.jpg

作っては並べて、直ぐ売れての連続!
d0108737_20181381.jpg

暖簾をくぐり、引き戸を開けると、開けっぴろげの居間?が丸見え!
その生活感ある居間には、お稲荷さんのらしき神棚の真っ赤で派手な提灯が目を引く。

まさに家族経営、狭い厨房とお店だが無駄の無い動きで次々と来る注文を捌いていく!
d0108737_20182923.jpg

関西、いや大阪といや~箱寿司、焼きアナゴだ!630円
d0108737_20184541.jpg

そして、とろっとろのあなごの握り、6カン945円

そりゃ~鮨屋で食べる酢メシのふんわり感はさすがに無理だが、旨~~~い。
特にこの煮アナゴは本当に上手に出来てるな~ふわっふわだ!
持ち帰りとしては、星3っつです~~~~~~!
d0108737_2019666.jpg

これをお昼にしたのだが奪いながらあっという間に無くなった。
特に握りが人気!

オチも何も無い内容だったな・・・・・・汗
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-04-16 20:49 | 寿司
2009年 02月 27日
福井旅(最終回) 福井のすし屋の舞妓丼に圧倒される! (福井県)
タイトルに福井旅とあるが、これはあくまでスキーメインの旅である。
2日間、老体に鞭打って真っ直ぐ歩けないほどハードに滑った訳で、決してグルメ満腹の旅では無いのですよ~(私の健康を気遣い、食べすぎだ!!との批判をかわしたく・・・・・・・)

これは一日目の夜、スキー終わってへろへろ状態でやってきた鮨屋さん。
スキーで素泊まり(外メシ)というのも変わった選択だが結果的には、大大大正解!
d0108737_2259388.jpg

子連れでカウンターは無理だし、お財布的に考えても小上がりである!
d0108737_23385069.jpg

これが、食べたかったのだ、舞妓丼!
やはり、たつやさんので見たんだな~~

丼ではあるが、3150円という生意気な金額である!
そのわけは、この擂った山芋に見えるのが実は鮑なのだ。
擂った中には歯ごたえを楽しむために刻まれた鮑も入れてある。
トロはカマの部位で炙って香り付けていたり、なんとも手の込んだ一品!
d0108737_22595728.jpg

この上に、肝醤油をうっすらかけて一口食べると、ハハハハハハハハハハハハハハァ~~~~~~
旨くって笑いが止まらない!(外まで丸聞こえなほど、本当に笑ってしまった・・・・・・)
生鮑を擂るとこんなに旨いのか~~と、じっ~~と丼を眺める!
昆布に似た上質な味わいや、磯の風味など天然のグルタミン酸とミネラルの津波が舌に襲い掛かる!
生の鮑って正直あまり美味しいとは思ったこと無かったのだが、料理方法が変わるだけでこうも変わるものなんだな~~~
そして、それに負けない本マグロ(ミナミマグロかも?)のカマトロ炙りも見事!
擂りワサビではなく本山葵を刻んで混ぜやすくしてあるのも憎い!
鮑一個以上は使っているしそれに大トロ、採算割れなのもうなずける!
この丼は職人の意地の一品なのかもしれない。
d0108737_2301514.jpg

鱈の白子、これはあかん・・・・・・・・・・・・
d0108737_232338.jpg

特上寿司3150円(おすまし付き)
ヒラメの縁側、天然ぶりのハラミ、大トロ、サザエ、などどれも納得!
d0108737_2304274.jpg

特上のオマケ、サザエの肝。
私は苦手・・・・・・・・・・
d0108737_231080.jpg

上寿司2500円位
子供はこれで茶を濁しておいたが・・・・・・・・・・
ぐじの昆布〆が旨かったそうだ!
ブリもいい感じの脂加減(ちょい小さいめのブリだと思う・・・)
正直、特上がお値打ちだったかも・・・・・・・・
d0108737_2312679.jpg

焼物はノドグロの特大!
写真では分かりにくいがでっかい!
d0108737_2332982.jpg

焼き加減が絶妙、骨の部分がピンク色で火が通り過ぎていない!
家で美味しい魚は手に入っても、お店屋さんのように美味しく上手には焼けないものである。
これもめっさ旨いな~~~~~~~~~。
舌の上でとろけるわぁ~~

この後、目鯛の蒸し物などちょこちょこ食べて満足120%!

さて、気になる金額だが1万7千、やす~~~~!宿の食事を抜いた分と変わらなかった!
(我が家の息子達、小食だからもあるよ・・・・・)

わざわざ出かけるのも面倒だが、このパターンもありだな~~~
d0108737_2334234.jpg

こちらさんには、滋賀からわざわざ来たということで、いろいろ心遣いもいただき嬉しかったな~~
そして、お土産として頂いた福井名物の自家製“へしこ”を呑み助の嫁が初体験、いたく気に入ったようだ。
旅先で、「遠くからよく来たね~」と優しくしていただくことほど嬉しいことはないよね~

「舞妓丼」とういう裏商品的なこともあり、あえて店名は書きませんが・・・・・・・・分かりますよね~

福井旅、堪能の巻
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-27 00:21 | 寿司 | Comments(24)
2007年 11月 01日
またしても鯖寿司「栃生梅竹」 (滋賀県高島市朽木)
鯖寿司ファンの皆さん、お待たせいたしました!
今日は鯖の聖地(ウソですよ!)、滋賀の鯖街道の鯖寿司紹介でっせぇ~~(軽い・・)

昔、福井(小浜)から京に海産物を運んだ鯖街道。
山に囲まれたこの街道に鯖寿司屋さんが雨後の筍のように乱立。
d0108737_21232746.jpg

人により好みはあるのだが、私はここ「栃生梅竹」(とちううめたけ)さんが好きかな~~
d0108737_21211829.jpg

これは10月28日、釣りに行った日に買った栃生梅竹さんんの鯖寿司です。
3000円、2800円、2300円、1800円とある中の2300円の物です。
d0108737_2121468.jpg

「今日のは九州物、まだ脂ののりはいまいちかな~~」とのことでしたが、なんの今日も旨いよ~~~~~~
こちらは、全て注文を聞いてから作られるため、前日の売れ残り物など無く安心して買えます。
酢飯がもっちりで私好み!紫蘇やガリ、山椒などを入れないのもストレートに鯖の味を楽しむことが出来て嬉しいのです。
何より、酢がききすぎていないのがいい!
d0108737_21215962.jpg

買ったらこの無料休憩所で食べられますよ~~
d0108737_2122214.jpg



「花折」さんも当然ながら美味しいでよ~~
もっといっぱいお店あるようですが、他の目だったお店の写真です。
全てのお店は食べていません、いい情報あったら教えてくださいね!
d0108737_21223744.jpgd0108737_2122452.jpg


d0108737_21225963.jpgd0108737_2123910.jpg


店名:栃生梅竹 (トチウウメタケ)
所在地 :滋賀県高島市朽木栃生275-1
TEL:0740-38-3297
営業期間 :営業:10時~19時(1月~2月は~18時)
定休日:月
駐車場 :あり(無料)



栃生梅竹 (寿司 / 高島市その他)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-01 22:34 | 寿司 | Comments(10)