カテゴリ:こだわり( 118 )

2013年 03月 05日
「GooD FooD」さん 「河瀬屋」さん   (滋賀県野洲市)
「大盛り」極めて、この言葉に弱いのである。
ましてや、こんな表記ならなおさらだ。
d0108737_13432638.jpg

野洲方面に用事で来た、そのついでの昼飯は「GooD FooD」さん。
ここ、案外お気に入りなのだ。
投稿はこれで2回目。
d0108737_13434148.jpg

野菜中心で、さほどCPも高くないように思うのだが、作り手のこだわりが伝わる料理が頂ける。
d0108737_13435699.jpg

私はオーダーはこれ!(1200円)
当然大盛りで!
d0108737_1344745.jpg

店内インテリア等のセンスもいい!
麦、ひえ、あわ、などの雑穀ご飯がまず美味しい。
クリーム煮の味付けが絶妙で、カブやジャガイモの味わいを引き出す薄味具合。
日ごろの悪食による毒素が抜け出るような気がする。
d0108737_13442158.jpg

近郊で採れた野菜中心。
ご飯も含め、全て大盛りになっておる。
麦、ひえ、あわ、などの雑穀ご飯がまず美味しい。
クリーム煮の味付けが絶妙で、カブやジャガイモの味わいを引き出す薄味具合にセンスがひかる。
d0108737_13443737.jpg



d0108737_13445213.jpg


d0108737_1345843.jpg



d0108737_13453089.jpg


ティラミスとコーヒーアイス+ラテ。
そうそう、ここのジャムがフレッシュで旨いのだ。
休日の疲れを癒す昼飯には最適のお店だわ。
d0108737_13472931.jpg

**************************************************

まだ、約束の時間まで余裕があるので「河瀬屋」さんへ。
d0108737_13474797.jpg

必ず町に一軒は存在した、このような生菓子屋さん。
そんな町の生菓子屋さんへ、祖母や母に買いに連れられた想い出が、皆さんにもあるのではないかな?
気がつけば、滋賀県内での数えるほどしか無い。
d0108737_1348550.jpg

いつまでも残っていてほしいものだ。
d0108737_13481337.jpg

10個で800円、何と一個80円。
茶色のはニッキ餅。
ニッキといえば、ニッキ水、あの毒々しい色のひょうたんのビンに入ったヤツ。
そこから、春のあのころの祭りを連想していく。

ほんの少しの寄り道だが、楽しませていただいた。

d0108737_13481939.jpg


住所:野洲市西河原702-1
電話:077-589-2206
営業時間:8:00~19:00
定休日:木曜日
[PR]

by guwaguwa58 | 2013-03-05 15:03 | こだわり
2012年 12月 25日
「モクズガニ」と「セコガニ」の共演!
今日は調理方法も合わせて掲載。
最後には垂涎ものになりまっせ~~~。

さて、写真のこやつをご存知?
手にふさふさの毛を生やした、そうモクズガニである。
どうしても今年は上海蟹の親戚のモクズガニが食いたかったのだ!
メス1キロとオス1キロ、合計2キロを2,900円でオークションにて落札したのだ。
d0108737_1481928.jpg

丹後の伊根町にある筒川で捕れたものである。
いろいろあって、最終オスしか準備できないということでメスの分はセコガニに代替えいただいた。

待ちに待った一ヶ月、やっとお越しいただけた!
(汚い部屋がいやはやなんとも・・・)
d0108737_149180.jpg

梱包を開けると、「なんやお前わ~~~~~!」と威嚇行動。

想像を絶する元気さと、筋力の持ち主のオスモクズガニ。
子供のころに戯れていたカニとは大違いの暴れん坊将軍である。
d0108737_149927.jpg

逃げ出そうとする将軍を監視しつつ調理法を確認するが、繁殖行動が面白く、そちらに興味が向く。

この将軍たち、子孫を残すためには腕力が重要らしい。
川から秋口には海に降りて、同時に降りてきたメスを海の中でナニをするために、必死で探すそうだ。
見つけてからがひどい!「ちょっとお茶しませんか~~」なんてゆうちょうな求愛行動もなく強靭な爪で後ろから羽交い絞めにするらしい。それは、動くものなら何でもで、たまにオスを羽交い絞めにしてたりするとか。
無事、メスにナニをすることが出来ても他のオスに取られないよう、そのメスを持ったまま一日くらいは離さす、持ち歩くらしい。
ひどい将軍たちだ・・・・・
d0108737_1492124.jpg

将軍を流しに放り込み、シャワーでキレイになってもらう。

どうやら将軍たちはシャワーが嫌いなようで「何すんねん、おみゃ~~!」とクレームをつけてくる。
しか~~し、手に汚らしい毛をふさふさ生やした彼らを嫁は許さない!
「これハサミで切り取ったら」とまで言うほど汚らしい毛に見えるらしい。
私は、ただただ、羨ましい・・・・そんなとこに生やすくらいなら分けてくれよ、将軍・・・・
d0108737_1493199.jpg

そこそこ洗ったら、水風呂に入っていただく。塩を適量(5%位?)入れる。
急に熱湯に入れると、足を自ら外すので要注意で、水から茹でるべし!

最初は、おとなしく入っていたが、すし詰め状態が嫌なのか脱出を試みる将軍たち!
必ずフタをして、茹でてあげよう。
d0108737_149497.jpg

沸騰してから、最低18分位は茹でよう!

ウェステルマン肺吸虫、ベルツ肺吸虫等、文字として見ただけで鳥肌がたつ、人間に害する寄生虫を体内にもっているからよく茹でることが重要だ。
将軍は、体の中に最終兵器を仕込んでいるのだ、恐るべし!
d0108737_1410298.jpg

ウニのようにきれいな色のみそ!

十分、泥を吐かせてから送ってくださったので旨い!
だが、若干クセがあるから好き嫌い分かれる。
d0108737_14103978.jpg

特筆すべきは身がめっちゃくちゃ旨~~~~~いのだ!
毛が生えて気色悪いが、爪の身なんて、シャキシャキ音がするほどの歯ごたえで、将軍の名に恥じぬ美味さである。
後から出てくるセコガニよりはるかに旨い!
d0108737_14104754.jpg

モクズガニのメスの代替え品のセコガニ!こちらは、毎年恒例になっている。
足折れはあるが、これも元気で上質なものだ。
カニは元気が一番!
d0108737_14111848.jpg

こちらは、まず真水に浸けてしめるところから始まる。
基本、動かなくなるまでで約30分位かな。(若干動いても30分たてば足を外すことはない)
d0108737_14113388.jpg

セコガニは熱湯から茹でる。
塩加減は、実はいつも適当だが、それで問題なし。
よく言われているのは7%の塩分濃度。
私は、それよりかり塩分を少なくして3%位で茹でている。

再沸騰してから15分~20分で出来上がり。
d0108737_1411495.jpg

茹でたて、ホヤホヤ!
必ず裏返してミソを固める。茹でたて状態ではミソはまだゲル状なのだ。

ここで必ず、足の身の味見!
足の身は、茹でたてが間違いなく旨く、悶絶ものだ!
わざわざ家で茹でる以上、茹でたてを食べな何していることだか分からんぞ~~~
ただし、足を全部食ったら、カニじゃなく別のものに見えるので、カニの体をなすていど間引いて食べる、それが湯がきの仕事をした人への駄賃だ、笑。
d0108737_1412291.jpg

元気なカニの内子は、まったりして、ホンマに旨~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いわ!
d0108737_14121876.jpg

ご飯の上に、こんなにしてまマヨネーズをぶっかけ、セコガニ丼!
開高健がこよなく愛した、カニであり食べ方がこれだ!(マヨネーズは無かったと思うが・・・)
開高健丼とも呼ばれていて、気絶するほど旨~~~~~~~~~~い食い方なのだ!


さて、このセコガニだが漁は1月10日くらいで終わる。
それまでに購入する必要があるが、注意点は相場と生きの良さの2点。
そこそこ調べて、ポチッとしてくださいな~~
一匹200円~400円くらいなものだから、失敗しても怪我は少なし!
d0108737_14122629.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-12-25 14:14 | こだわり
2012年 12月 05日
念願の鰤! 浜大津駅の朝市
苦節ウン十年年、やっとやっと釣れたブリ。
何回挑戦し、どれだけお金と時間を消費したことだろう。
2012年11月にやっと仕留めることが出来た。
d0108737_133324.jpg

場所は、福井県は三国の港から出航してすぐのポイント。
ジギングではなく立て釣りというこの一帯だけの独特の釣り方で挑んでみた。
ただし、この釣りの本命はヒラメ。
よって、鰤は外道となるのだが、それでも良しとしておこう。
d0108737_1334128.jpg

写真中央の島は三国の心霊スポットとして有名な雄島。
d0108737_1334891.jpg

で、この大きい方がブリ84cm。
モジャコ→ツバス→ハマチ→メジロ→ブリと大きさにより名前が変わる典型的な出世魚。
そうなるとブリの定義が問題となる。
釣りを生業とされている遊漁船の方的には小さくってもブリというのが都合よし!
大体の船は全長80cm以上をブリと決めているので、まあ立派なブリと言える。
d0108737_1335547.jpg

流しに置いて、しげしげと眺めてみる。
細い、やせている・・・・・・・・・・
前に買った12キロのと比較すると一目瞭然。
d0108737_134494.jpg

気を取り直して捌いてみると、口の中に錆び錆びの釣り針。
d0108737_134928.jpg

なんともアッサリした、ブリだこと。

これはブリに関わらずよくあることだが、天然だからといって全ての魚が絶品ということはない。

釣り、やめたくなってきた・・・・・・・
が3ヶ月もすると、また挑戦したくなるんやな~~これが。
d0108737_1341647.jpg

******************************************************

釣りだけのネタでは申し訳ないので、美味しい話。
(この写真は春のころの)
毎月第3日曜日の午前中のみ京阪浜大津駅で開催している浜大津こだわり朝市をご存知だろうか?
d0108737_1353976.jpg

どの品も美味しいのだが、この2つを外してはいけない。
まずは、沖島の漁師さんの天ぷら。
d0108737_1355862.jpg

ネタは季節によりワカザギやコアユになったりするが、揚げたてホクホクカリカリがめっちゃ旨い!
部活帰りに、寄り道して食べた揚げたてコロッケを彷彿させてくれる。
d0108737_136747.jpg

そして、このあんころ餅。
目の前の杵で突いた餅をその場で餡にからめて作ってはります。
栃餅と普通のがあるが、私は栃が苦手だから普通(季節により蓬)のを買う。
d0108737_1361777.jpg

すぐ硬くなるから買ったらすぐ食うべし!
なんて表現したらええのか分からんが、ほんま旨い!
次は12月16日の日曜日。
d0108737_1362633.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-12-05 13:07 | こだわり
2012年 11月 13日
こだわり滋賀ネットワーク お雑煮特集
早いもんだな~~~今年もあと今年もあと1ヶ月と半分。
あちこちで、年賀状売っとるし!
そして、お雑煮の記事だす。
d0108737_13112395.jpg

10月10日(土)、“おうみんち”へ集合!
タイトルに書いている通り、私が活動しとる「こだわり滋賀ネットワーク」の行事で来た。

しかし、いつも賑わっているな~~ここ!
d0108737_13113699.jpg

で、何をしたかというと、滋賀各地のお雑煮を作って、食べて、しゃべって、情報誌「こだわり。」に載せる作業をやっていたのだ。
こだ滋賀ネットワークは滋賀を4つの地域に分け活動している。その地域ごとのご当地雑煮を、それぞれのチームが作り、競い、罵倒しあう・・・・・ウソです、仲良く勉強するのです。
d0108737_1312565.jpg

あの料理の鉄人のキッチンスタジオのような雰囲気で、各チーム調理が進む。
「私たちの味噌はどこ!」「鍋は!」なんて、叫びながらも、さすが料理の達人たち、あっというまに4種のお雑煮の完成。
d0108737_13122047.jpg

で、肝心なものはこれ!

私の仕事は、これと味見のみ。
いつものことだが、役立たずでハハハ・・・・・・汗
d0108737_13124059.jpg

お餅は、お雑煮、そしてこのきな粉餅なのだが、これはきな粉に菜の花の粉(多分)が混ぜられた新種。
d0108737_13125416.jpg

作成後即、紙面用の写真撮影。
この「こだわり。」というこだわり滋賀ネットワークの情報誌、こだ滋賀メンバーと滋賀県の職員さとで、地道な取材を通してこさえている。
d0108737_13131395.jpg

大津・高島支部。
赤味噌に具無しのお餅だけのシンプル雑煮。
へ~~こんなんも、あるんや!
d0108737_13133888.jpg

東近江支部。
おすましタイプ。
d0108737_13135013.jpg

東近江支部。
白味噌のサトイモの入ったお雑煮!
そう、我が家のはこれや!
家長が、一番大きなサトイモを食べる、まさにそうだ!
d0108737_13135929.jpg

やばい・・・・・・抹殺されるかも・・・・・我が南部・甲賀支部の撮り忘れた・・・・ゴメン。
情報誌の取材でもあるし、それに先立ってここに全部載せるのもアカンやろから、それでよしとしておこ。

写真は、われわれの隣で売ってはったもの。
これがまた旨かったんですわ~~
d0108737_1314126.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-11-13 13:15 | こだわり
2012年 10月 23日
珈琲専門店「MJQ」さん ホルモン旨し「中村屋」さん シュークリームの「パピエ」さん
10月20日(土)の休日の行動。
ええオッサンの一日を見て、何が面白いのかようわからんけど、載せさせてくださいな。

あるものを買いに近江八幡へ。
ついでに、行きたかった珈琲豆を買いにMJQさんへ
d0108737_12313567.jpg

退職後、好きな珈琲と音楽(オーディオ)にどっぷりのご商売を。
d0108737_1231442.jpg

こだわりの強い方=語る語る!
の方程式を、軽く崩されご主人さんは寡黙な方だった、あれ?
d0108737_12315458.jpg

一日3~4杯は珈琲を飲むのだが、アメリカ人的にそこそこの味やったら良しの私。
気が向いたときに、旨そうなのをちょろっと買ってみたりする程度。
さて、味わいであるが、いつも飲んでるのよりはるかに旨いことは間違いなし、多分。
どう旨いかは、私程度のものが語ること出来ずだで、お恥ずかしいかぎりだ。
d0108737_1232232.jpg


***************************************************
目的はここ、中村屋さん(近江八幡市)。
実は、私の住んでいる近辺で旨いホルモンを売っている店が見つからないのだ!
電話で確認して黒毛和牛の近江牛のものを探して、ここまできた!
「近くでおとしたヤツしか、ウチは売っていませんよ!」とのことだった。
d0108737_12321123.jpg

安い!

脂たっぷりの小腸で200円/100g。
いろんなホルモンが500円、300円と小分けにされている。
このホルモンを買いに50分かけてここまで来たのだ。
d0108737_12322048.jpg

****************************************************
このあたりに来たなら、ここやろ!
自慢やないけど、オープン当初から買ってたし、パピエさんのジュークリーム。
d0108737_12325522.jpg

普通の130円、限定バナナシューで160円。
シュークリームは安うて旨くないと意味がない。
d0108737_1233634.jpg

パピエさんの隣を見ると、クレープ屋さん。
d0108737_12332638.jpg

とりあえず、味見で買ってみるか!
d0108737_12334028.jpg

****************************************************
さて、本題のホルモンだが、旨~~~~~~~~~~ひィ!
家でやるのは初めてのホルモン鍋!
輸入物や、ホルスタインなんぞのだと、話にならんと思う。
近江八幡市近辺だと、良質のブツが簡単に手に入るのかもしれないが、遠いのが難儀だな。
近場で、ええ店無いか本気で探してみよう。
d0108737_12335027.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-10-23 12:34 | こだわり
2012年 10月 04日
「相木魚問屋」さん   (福井県)
これ9月のまだ暑い時期のこと、中旬くらいかな。
沖縄旅行が台風でぽしゃって、傷ついた心を癒す為に福井の相木魚問屋さんへ。
高速代、ガソリン代考えたら無謀な行動やな、こりゃ。
d0108737_1315333.jpg

場所は、敦賀の地方卸売り市場の隣。
ここ以外にも、結構小売している店もあるが、何故か皆ここ相木さんへくる。
多分、値札があって買いやすいのと、人が多いことが原因。
d0108737_13151679.jpg

ちょくちょく、きたことはあるが、買う気で値札見たことが無かった。
冷静に見ると、これ高いんちゃうの?
確かに手前のイカなんか獲れたてやけど、ええ値段やな~~
d0108737_13152413.jpg

ぶつぶつ、つぶやくも、次々お客が来て買っていかはる。
不思議なことに、バーゲンで取り合うおばちゃんの心理状態になってきた。
d0108737_13153779.jpg

とりあえず、キンキ(←のどぐろの間違)2400円、ウスバハゲ1800円、バイガイ10個1400円、鯵800円の4品、6400円なり。別のお店で真鯖(五島列島のもの、笑)800円。
合計7200円。
d0108737_13154962.jpg

特に期待したキンキ(←訂正、のどぐろの間違い)、腹が私のようにメタボ状態で旨いで~~と、思っていたが、卵がパンパンに入っていて身は何じゃこりゃ状態・・・・・・
相木さんがどうやというのではなく、魚の目利きのもんだいやな。
やっぱい魚って難しいな~~と、しみじみ感じた一日であった。
意外に、五島列島の鯖が旨かったことが、少し悲しかったかな。

ホンマ、つぶやきのような内容でゴメン。
d0108737_13155694.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-10-04 13:16 | こだわり
2012年 09月 25日
「養鶏かた岡」さん    (滋賀県高島市)
小栗旬主演の映画「岳(がく)」を見た。
山に行かなくなって、もう何年だろう・・・・・・
何かのきっかけで、山のことを想い出す度、大変な重荷になっている贅肉を落とし来年こそは穂高へ・・・
と思うのだが、猛獣のような食欲を抑えられないのだ。
では、ここで宣言しておこうかな「来年の夏には20キロ減量して子供達と山へ行きます」
はぁ、すっきりした。(書いただけで達成したような気分・・・)

ということで、めっさ美味しかった鶏肉のこと!(←やっぱ、来年も無理かも・・・)
d0108737_13135016.jpg

数年前より目をつけていた「養鶏かた岡」さん
HPはあるものの、実際旨いのかネットでもほとんど情報が無い。
行って買うしかないか~~と、2時間かけて高島市安曇川町まで買いに走った。
d0108737_13135996.jpg

「ほとんど、業者販売なんですよ~~~。こんな辺鄙なとこ、一般の方はだれも買いにこられませんよ!」
と地鶏一筋20年の片岡さん。
2時間前につぶしたばかりの近江しゃもを1キロいただいた。(3300円)
必ず朝に注文をしておくことと少量は不可、半匹以上。
d0108737_1314762.jpg

お一人で鳥を育て、捌き、販売して・・・・・
結構大変で、確かに小売にまでは手が回らない。
京都の有名なお店にも卸してはるそうな。
d0108737_13142529.jpg

道中の車の中では嫁と、すき焼きで喰うか、焼鳥かで議論しまくっていた。
私がすき焼派、嫁が焼鳥派。
じゃ、ご主人に審判してもらおうやんけ~~となったわけだ。
ご主人の審判は、薄味のすき焼!
d0108737_13143396.jpg

内臓も含めてのワンセット!(ほぼ一匹分)
これがね!めっちゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~旨いねん!
歯ごたえのある鳥が好きな人にはとくにお勧め!(歯の悪い人は不可)
若鶏での出荷ではなく、5ヶ月育てて親鳥で出荷するから歯ごたえ半端ではない!
そして、旨味が濃い!歯ごたえあるからすき焼との相性もグ~~だわ、なるほど!
息子達も大絶賛。立ってすき焼食べとったわ~
とり長さんのは、かなり普通の鶏肉に近いが、これは別物。

次は通販で買うわ!
そうそう、ドモホルンリンクルみたいな一回だけのお試しセットもあるで!
湖西の方面から帰る時の渋滞はもうこりごりや~~
d0108737_13143973.jpg

おまけで。

往路は朽木廻り。
いつもおなじみの栃生梅竹ではなく、派手な黄色い看板の某お店で買った鯖寿司。
安いからと試しで買ったが、がっかりだった。
このブログに載せていない美味しくないと思うお店は、かなりの数になる。
いつも美味しいものに当たってるわけではないですよ~~笑。

それより、減量しての山登り、どうしよう・・・・・・・・・
d0108737_1314463.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-09-25 13:33 | こだわり
2012年 09月 04日
かしわが旨し!「とり長食堂」さん  (滋賀県湖南市)
この店を知ったのは、んん・・・・・記憶があいまいやな・・・・・・・7~8年前かな?
湖南市のTOTOの工場前の道(1号線)を近江八幡方面へ曲がってすぐ、この看板がある。
探したところで、3回は通り過ぎてしまうこと間違いなし。
d0108737_152324.jpg

先の看板に誘われ、細い路地を入ると「とり長食堂」さん
食堂と名がつくが、ここで食べたことは無い。
d0108737_1524535.jpg

食べたことが無い、というかお客を過去に見たことも無いから、よけい食べる気もしない。
なら、何が目的かというと鶏肉の持ち帰り。
d0108737_152559.jpg

夜には怪しげな色合いの、何個か切れた電飾が異色な雰囲気をかもし出すのであろう。
それにつられ、お客が来て賑わっているのかもしれない。
ネットで調べると、店で食べる鶏焼肉は旨いらしい。

昼間のお客のいない、こういう類のお店に入ると、不思議と腰が引ける。
さらに、ご主人の風貌に、エビが逃げるがごとく、しゅるしゅる~~と後ずさりしたくなる。
この気持ち、行けば分かる、笑。
d0108737_153839.jpg

「今日のは、黒鳥ですわぁ~~」とご主人。
そう、ここは自分とこで鶏飼ってはるのだ。
朝に引いたもののみを使用して商いをしてらっしゃる。
d0108737_1531997.jpg

こうして、ちゃんと包装してくださる。
自宅の来客時の水だきの時は、ここへ買い出しにくるのだが、ここ数回はずっと閉まっていた。
失礼な話、もう店じまいしたのかと、勝手に思っていた。
d0108737_1533372.jpg

鳥好きなら、この脂の黄色さに、垂涎もののはず。
値段は、案外高いのかもしれない。。
このモモ肉で800円。
d0108737_1534213.jpg

この日は、嫁と次男が留守で長男と2人で晩飯。
「ごはん、ちゃんと準備して、食べさせてや!」の嫁の指令。
大丈夫、任せなさい!
といいつつ、なんてことは無い、私が食べたいもの準備するだけじゃ~~~ハハハ~
本能のおもむくまま、牛と鳥の禁断のカーニバルじゃ~どや長男・・・・・あまり盛り上がらんがな・・・・

d0108737_1535783.jpg

基本、牛と鳥を一緒に食べるのは、ご法度。
鳥の淡白な旨味が牛に負け、打ち消されるから!

余計なお世話だが、旨い鳥は大く切って食べること。
水だきならなおさらで、旨味を閉じ込める為に大きく切るべし!
d0108737_154390.jpg

そやけど、この鳥は負けてませんで~~~
歯ごたえがあって、肉と脂の旨味がすごいんだ!
出来ることなら、炭火で焼きたい!さらに旨味が増すだろう。

今度、お店で食べてみよう。
d0108737_1541076.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-09-04 15:39 | こだわり
2012年 08月 14日
ぶどうを求めて「五果園」さん  (滋賀県東近江市)
時期的に、少し早いかなと思いつつ昨年美味しいおもいをさせていただいた五果園さんへ。
d0108737_14245432.jpg

こちらへ来る前に、数件めぼしい、ぶどう農家さんを回ったがデラウェアばかり。
大粒ぶどうを求め、ワラにもすがる思いで伺った。
d0108737_1425889.jpg

一年ぶり、やはり建物に風情がある。
d0108737_14253462.jpg

昨年、吠えまくっていた番犬のランはお昼寝。

写真撮ってもいいですか~~とお聞きすると、ご主人がすかさず「ひょっとして、くま先生ですか?」と。
あ!そうだった、ちゃんとした許可も無く、載せてしまっていたのだ。
私のブログを見て買いに来てくださった客様もおられたりと、私のブログに対して好印象であった。
よかった~~。
d0108737_14254275.jpg

これ見て下さい!とご主人に案内いただいたハウス。
先代が牛舎として使っておられたものを、そのままハウスに転用。

追記:ハウスって蒸暑いイメージがあったのだが、ココへ入ったらびっくり、気持ちいい!
ご主人いわく「ぶどうはシルクロードの乾燥地帯が原産地、その気候に近づけないと!」との想いでこのハウスを作られた。コンクリートの床、ぶどうの木は外で枝のみハウスに取り込んでの栽培、など工夫されたハウス。
おそらくだが、この気持ちのいいハウスで作られているのはアレキサンドリア(一番狙ってるヤツ)、これが熟すのはあと少しだ。
d0108737_1426036.jpg

牛があたって磨り減り丸まった柱がたまらない。
知ったかぶりでぶどうを語るのは、やっぱり恥ずかしいので、五果園さんの育てておられるぶどうに対するおもいはこれを読んでくださいな~
d0108737_1426730.jpg

お聞きしたいことは山ほどあるが、とりあえず3種買わせていただいた。
美味しいことは言うまでも無いが、今回皮ごと食べられる品種があった。
日本ではなかなか育てるのが難しいと聞いていたが、出ているんや~~これが、子供たちには一番人気だった。

ちなみに、こちらの果物はほぼ全量直接販売で市場には出回っていない。
来て買うか、hpからの通販でしか手に入れられないのだ。(ちょっと遠いのが辛い・・・・)
d0108737_1426183.jpg

これからがぶどうの旬で、次々といろんな品種が順番に熟れてくる。
安芸クイーン、ロザリオ、瑞宝、アレキサンドリア、あたりを狙って再度突撃します。
他に、個性的な品種あったら教えて下さいな~~
d0108737_14262647.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-08-14 14:26 | こだわり
2012年 07月 17日
ヴォーリズ建築の旧水口図書館、月に一度の喫茶室!  (滋賀県甲賀市)
7月の第二火曜日の10日。
嫁が情報を入手してきた月に一度オープンの喫茶室へ!
この写真だけで、ピンときたらかなりのヴォーリズファン。
d0108737_14201411.jpg

ここは、水口小学校の校門横に建っている旧水口図書館。
W.M.ヴォーリズ設計である。
西洋建築特有のゴテゴテした装飾が無い、すっきりしたデザインに好感が持てる!
d0108737_14202491.jpg

昭和3年竣工、水口出身の木村好三郎氏寄贈。

10数年前、豊郷町あたりを道に迷いうろうろしていて、たまたま出くわした豊郷小学校。
校舎の美しさに驚き、見とれていた。後にその豊郷小学校は大きな問題に発展したのだが・・・・・。
後で知ったのだが、あれもヴォーリズ設計校舎で寄贈されたもの。
校舎は銀行や百貨店等の商業建築とは違って、派手にしろ!とか高級感出せ!とかの厄介な要望が無いから、ヴォーリズ自身が本気で自由に設計したものではと密かに思っている(あくまで妄想)。
建築関係の仕事が長かったから言えるのだが、設計士が本当に自由に力の発揮できる物件なんて数パーセント程度、残りは無茶な要望にこたえることが多いのだ。
大きな設計事務所になってくると、なおさら代表者の出番は少なくなってくるものだ。
d0108737_14203631.jpg

入ると直ぐ階段。

ここで本日当番の森田さん登場!
この情報を頂いた方。
そして、この旧水口図書館の保存に努めおられるのだ。
d0108737_14204718.jpg

2階。

先客の女性が、この水口小学校出身で、なおかつこの旧図書館の現役時代を知っておられたのだ。
今から約半世紀前、すでにあちこちの床は腐り「お化け屋敷」と生徒から呼ばれていたとか。
そこには男爵髭の館長がおられ、その建物とのマッチングは凄かったとか。
d0108737_14205856.jpg

当時の話を聞き妄想しながら建物を探索する、これまた格別である。
d0108737_1421653.jpg

前出の女性が「この机、使ってた!」と言われた。
ちょっと待てよ、この女性が話す言葉などから推測するに私と同い年位と思う。
そやけどこの開閉式机を、私は見たこともないぞ・・・・・・・
はたして、この机は何年前に使われていたもの??
d0108737_14211368.jpg

たっぷり妄想にふけってから一階へ戻り、森田さんの入れて下さったお茶でのどを潤す。
すいかの麦茶、これスイカの種を使ったものだが、スイカの風味がするから面白い。
d0108737_14212412.jpg

次月の開催は第二火曜日の8月14日(火)・・・お盆最中やん・・・・・・
本当にこの日の開催があるかどうかは、森田さんのブログで確認してからということで。
d0108737_14213277.jpg

場所:滋賀県甲賀市水口町本町1丁目2-1
d0108737_14215544.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2012-07-17 14:22 | こだわり