「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:美味い!( 11 )

2016年 06月 06日
「喜多川」さん  (三重県四日市市)
いっや~~~仕事が忙しい!
今週が、山場だわ・・・・・
それでも、どこかへ食べに行く。
いや、だから食べに行くのかも。

で、滋賀ネタを出したいところだが、またまた三重ネタ。
誰が言ったか、三重のうなぎ処御三家の一つ、喜多川さん。(他は初音さんうなふじさんとか)
d0108737_23281597.jpg

御三家の共通しているところは、必ず待たねば食べられないところ。
その中で、少しましなような気がする。
d0108737_23282380.jpg

私はひつまぶし3150円で、嫁はうな丼2250円。
うな丼の並で、うなふじなら特になるな~~少し高いのか?
d0108737_23283194.jpg

上に4切れと中にも一切れ、味わいも一級品。
並でこの内容なところが、このお店のプライドを感じる。
d0108737_23283987.jpg

ひつまぶし。
パリ!そしてじわ~~~とうなぎの旨味が、おおおおお~上品な旨さや!
本当に旨い!

初音さん、うなふじさん、そして喜多川さん、どちらでもええので、滋賀に支店を出してほしい!
d0108737_23284622.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-06-06 23:45 | 美味い!
2016年 01月 27日
「ホーム・コーヒー・ロースト」さん  (三重県津市)
たまたまネットで見つけた表題のお店。
滋賀の自宅から“ちょっといってみよか”では遠すぎて1時間以上かかる。

ネットが発達したこのごろでは、それに頼りすぎて、痛い目にあうこともある。
こちらのお店の住所は、ナビに入力できるが、案内される場所が自治会館だったりで、これまた大変。
津市にある白山台という団地内にあることは確かだが・・・・・・・
(注意:食べログの地図の位置は間違えている。だけど、非常に近いところにある)
d0108737_1331032.jpg

やっと見つけた看板!!!
何回も通ったで、ここ!!!
d0108737_1334559.jpg

五件目はここやな・・・・・・・
いたって普通の家やけど・・・・・・・・・・・
d0108737_13423.jpg

玄関に近づくと、んん?????
「店内入り口は、あちらです ⇒」
d0108737_1341266.jpg

この、裏庭へまわれと?
d0108737_1342455.jpg

おおおお~~見つけた!

いろいろ、分かりにくいお店は何軒も訪ねたが、ここはベスト3に入るな!
d0108737_134344.jpg

扉を開けると、なんと都会のビルの中に存在するような、洒落たバーのような空間がある。
テレビのCMの一場面のようだ。
皆さんの為、写真は全景を写さないようにしておこう。
d0108737_1345232.jpg

で、ここはコーヒー豆販売と淹れたてテイクアウトのお店。
お若いご夫婦が、土日の休日に営業されておられる。
「将来、これでやっていけたらいいな~と思っているのです」とのこと。
d0108737_135927.jpg

「本当は、本日のコーヒーのみ淹れさせていただいていますが、今は手が空いているので、好みをお伺いします」とやさしくいっていただいた。
酸味がなく、コクがある深煎りを!お願いし、銘柄を選定いただいた。
それは、んん・・・・忘れた・・・

そうそう、行ったら絶対このスコーンを買うこと!
スコーンって紅茶というイメージだが、少し甘みを加え、コーヒーに合うよう工夫されている。
d0108737_1351918.jpg

カフェよりいいかも!
対面式のお店だと店主と触れ合えて、逆にいい!
そして、なんか心が温まる!
d0108737_1352850.jpg

コーヒー、うう美味い!
好みの味で、コクがあるわ~~
といいながら、銘柄を忘れてしまっているほどだから、私はさほどのツウではない。

まあ、滋賀からは遠いですが、何か別のお店と合わせて訪ねてほしいお勧めだわ。
d0108737_1353672.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2016-01-27 13:48 | 美味い!
2015年 01月 12日
1月11日、伊賀風土FOODマーケット!
東京では、知人に家賃とか、失礼で聞いてはいけないとか。
新年に東京から帰ってきた甥っ子は、友人に結婚式の祝儀をいくら入れるかを聞いて説教されたとのこと。
「他人の経済状況が分かるようなものを聞くことは、極めて失礼にあたることだよ!」とのことだったらしい。
何でも「なんぼ?」と聞いてしまうわれわれにとっては、耳の痛い話であり、筋の通った話でもある。

さて、この芋はというと、伊賀で買ってきためっちゃ甘い安納芋の焼き芋。
d0108737_17493297.jpg

昨日、三重県の伊賀上野駅前広場で手作り市が開催されていた。
d0108737_17494177.jpg

伊賀風土FOODマーケット
出店規約を見ると、まあいろいろ書いてあるが「美味い」ことが一番の条件のようだ。
そう、美味いが一番!それを貫き、磨き上げたマーケットにしてほしい。
d0108737_17501621.jpg

まず、一番バッターは焼き芋やさん。
右が安納芋で甘くこってりタイプ、左は銘柄は忘れたが既存の薩摩芋。
寒さも手伝ってか、もうめっちゃ美味いのやわ。
皮まで美味い!
店名は不覚にも聞き忘れた。
d0108737_18131878.jpg

薪窯ピザ屋さん「ilvivo」さん。
三重県は大台町からの出張!
なんとものどかなところにあるイタリアンのお店(いや、お店はこれからであった)で、行ってみたくなる。
d0108737_17502652.jpg

これが軽自動車に積まれた薪窯の内部。
d0108737_17503424.jpg

滋賀は大津から参加の「warung kokesi&roti」さんの天然酵母パン。
古い餅の木箱の隙間からのぞくパンが愛おしい。
d0108737_17504220.jpg

「伊賀有機農産供給センター」さん。
基本、100円均一で有機栽培野菜を販売。

追記:後ほどこちらで買った100円のほうれん草、茎が甘い!味が濃い!この美味しさ、人生で2度目だわ。
これは、絶対買うべし!
いや、これだけを買いに出かけても値打ちのある品物であった。
ありがとうね~~~~
d0108737_17505735.jpg

手前の濃い緑色のでっかい、けったいな野菜を購入。
「ターサイという中国原産のクセが少ない、やわらかい野菜ですよ~~」とのこと。

マーケット全体を通し、雑談しながら楽しく買い物が出来るちょうどいいお客の数だ。
こういったイベントは、商品そのものより、こだわりを店主から聞いたり、突っ込み入れたりが楽しいものである。
d0108737_1751626.jpg

南山城村より参加の「FRONT」さん。
d0108737_1751185.jpg

「村には、鹿とか山ほどいますから!」とのこと。
d0108737_1751272.jpg

目の前で、手打ちフィットチーネを湯がき作ってくださる。
d0108737_17513662.jpg

ここここれは絶対食うべし!
「カフェネッコ」さんのワッフル!
普通に売っている甘ったるいものとは別物で、砂糖などはかかっていない。
写真に書かれている通り、玄米と小麦を殻ごろすりつぶしてあり、その旨み甘みが噛み締めるほどわいてくる。
子供が食べても美味いとは感じないだろう、そんな本物の穀物の純粋な旨みを引き出した逸品だわ!
d0108737_17515625.jpg

「お店を造るより、こうして出かけて話してコーヒーを手渡す方が楽しいから」と「O-COFFEE」さんのお二人。
何とも笑顔がすがすがしく、気持ちがいいし、ゆっくり淹れてくださったコーヒーがめっちゃ美味い。
d0108737_1752712.jpg

冒頭の話に戻るが、関西人って商売上手でお金が大好き、それは間違いないが、違う一面を持ち合わせていると思う。
お金が無くても、笑顔で楽しく生きることにも大きな価値を感じているのではないだろうか。
裕福でないにしても楽しく工夫をしながら暮らしているなら、それもありで認め、見下すことの無い風土がある。
それがあっけらかんと「ウチはお金ないからな~」と言える源泉になっているような気がする。
つまり、経済力に対する評価がさほどでもないということ。
だからあっけらかんと金額を聞き、それに答える。
東京(関東?)のことはよくわからないが、無礼きわまりないかもしれない、「これ何ぼ?」と何でも聞いてしまう関西人気質、悪くないかもと思った今日この頃であった。

上記の文と写真は無関係でっせ~
d0108737_17521533.jpg

お腹を空かした息子たちにはうなぎ!
d0108737_17522311.jpg

久しぶりのウナギ、美味かった~~~
d0108737_17523061.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2015-01-12 18:18 | 美味い!
2014年 08月 06日
ヤモリは長生き! 桃の季節「やまもと」さん(甲賀市水口) 無人野菜販売(湖南市)
尾が2つに分かれているこいつ、居間の窓の網戸を10年以上縄張りとしていている。
毎年見ていると、愛くなり、無事冬を越せたかも気になる。
調べると、ヤモリってかなり長寿らしく10年以上は平気で生きるらしい。

こいつが捕食する動作、姿、それは極めて美しい!
そして長く生きている分、賢いのかカメムシは食べない。
居間の光に吸い寄せられやってくる小さな虫を退治してくれる、なかなか頼もしく、見ていて飽きない存在。

どうですか~~こんなの我が家にいるんですよ~~ちょっとした自慢。
d0108737_16225482.jpg

ヤモリのことはさておき、今が旬の桃のこと。
イチジクは、まあ当然まだやろうな~~思いつつ「る・シオール」さんを訪ねようとした時、桃の看板発見!
d0108737_225211.jpg

「やまもと」さんの桃は2回目である。

選別され、出荷が終わったあとの直販かな?
d0108737_16232411.jpg

ご存知やと思いますが、桃は常温で熟れさせて、食べごろになってから冷蔵庫に入れてや。
d0108737_16233321.jpg

A級品は一個100円~200円。

私の大好きなB級品は・・・・・・無い・・・・・
「あの~~」B級品は?のリクエストに応えて、出してきてくださいましたがな。
d0108737_16234785.jpg

「熟れすぎているから、冷やして必ず今日食べて下さいな~それと、次はできたらA級品を~」とのことでした。
らじゃ~~~。

桃も、熟れすぎでやわらかいのはB級品なんや~~それが旨いのに~と思いつつ肝心な金額が分かっていない。
「いくら?」の問いに主人は困惑し「いくらにしとこ?」とアジアんちっくな金額交渉の展開か!
と思いましたが、それも場違いな気がして主人の言い値でOKよ!
ななななんと、7個が200円でええよ、とのこと。
うっそ~~安す~~~~~!これ、書かへん方が、よかったかな?
あくまで、今回が特別やからね!
次はA級品買いますから。

今日は、桃祭りや~~~ピーチ・カーニバルや~~って、もっと買ったらよかった~~~。
d0108737_16241895.jpg

**************************************************
「る・シオール」さんの一番イチジクはまだで、お盆明けだなたぶん。

では福井観光さんとこでブドウでも買おうかと、車を走らせていたとき寄った無人野菜販売所。
湖南市の下田に結構昔からあるが、初めて寄ってみた。
d0108737_16243478.jpg

こういったものがあるうちは、治安もよく住みよい町の証だな。
d0108737_16245044.jpg

うううううわ~~まくわが、捨て子猫、いやウリボウみたいで、なんか可愛い。
d0108737_1625112.jpg

これを持ち帰ってみたが、かなり美味かった!
d0108737_16252361.jpg
d0108737_16262824.jpg

かなり厳重になっとるな~~
100円入れさせてもらいましたで。
d0108737_16263987.jpg

隣の倉庫にはスイカ!
d0108737_16265058.jpg

黒いヤツ、そして瓜みたいなやつ、試してみたいが、家にはまだスイカが残っているからパス。
黒いヤツ、でんすけスイカみたいで、食ってみて~~~
なんとなく、明日買いに行ってるような予感がする。

で、肝心のぶどうは、味見してイマイチやったので撤退。
何か、もっとエエことありそうな予感がした日だったが、格安の桃で終わった一日だった。
d0108737_1627026.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-08-06 18:38 | 美味い!
2014年 06月 04日
魚三昧追記  「シーフーズ大谷」はん② (京都市)
前の魚三昧の追記として載せときます。

やはり、魚が欲しくなり、でも京都までは遠いし。
ということで、FBの5月30日の分に掲載されていたチャイロマルハタを注文。
5.8キロ×3500円+税、送料。
さすがにでっかいし高すぎなので、半身は高校からの悪友T氏に買い取っていただいた。(無理やりかも・・)
d0108737_14132372.jpg

写真でもメタボなんは、分かっていたが、食っちゃ寝、食っちゃ寝のし過ぎが脂として現れている。
巷では、クエの代用品として出回っていたりの不名誉な魚ではあるが、「下手なクエより上やで!」とシーフーズ大谷の方々に話を聞いていただが、まさにそうだな。
d0108737_14133427.jpg

アラの方が、旨いと予想して丁寧に頭を捌く・・・・・・捌く・・・・・・・これ以上前に進まん・・・・・・
半分、悪友に持っていかなあかんのに、頭が割れへんがな・・・・・・

まあ、何とかなったが、重労働だわ。
d0108737_14134734.jpg

刺身も旨いし、アラの方がさらに旨いと思った。
だが、脂の味が勝ちすぎていて、本来持っているチャイロマルハタの旨みが隠れてしまったかもしれない。
脂がのった魚は、基本的に好みだが、メタボすぎの魚はどうなのだろうかと考えさせられた。
といってもブリはガンガンメタボが美味しいと思うし・・・・・・。

まあ、難しいものではあるが、機会があれば再度挑戦してみたい、チャイロマルハタ。
d0108737_14135864.jpg

ただし、肝はメタボに限るな!
鍋でしゃぶしゃぶっと臭みを洗ってポン酢で食うと・・・・・・
うううう旨ひィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
家族で肝争奪戦に突入!
フォアグラを凌駕するなこれ。
恐れ入った!
d0108737_14412299.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-06-04 14:32 | 美味い!
2014年 04月 03日
ひさしぶりの三重のうなぎ「新玉亭」さん  (三重県津市)
滋賀県民にとっては、食べなくても別段大きな支障はないようなきがする、うなぎ。
しかし何だな、高級食材に格上げされてしまってからというもの、久しく食べていない気がするな。

ということで、家族4人の予定と意見が合致した日に、うなぎの本丸、三重県は津市に進撃!
d0108737_1244258.jpg

高くなったから、うなぎ屋はガラガラだろうと高をくくっていたが、津市民のうなぎ魂は健在!
一番人気の「うなふじ」さんへ最初行ったのだが、行列の最後尾の方が「本日は売り切れです」の看板を持っておられ撃沈。
そこから津市中心部へ車を走らせ、AM2:00に、やっと「新玉亭」さんに到着・・・・・・・
だが、「40分待ちです、よろしいですか?」って、うそやろ~~~
d0108737_12444761.jpg

もうおなかはうなぎになってしもとるし、豚テキには変えられない!
待つしかないか~~~

息子たちも成長したもので、あとどれくらい一緒に遊びにいけるのかなと、しみじみ。
d0108737_12445526.jpg

「学年ビリのギャルが・・・・・」の広告に飛びつき、アマゾンで即購入!

後日談だが、読み始めて何かおかしい????「僕は・・・・」、ギャルはじつは男??
何てことはない、通っていた塾の宣伝のような本であって自伝ではなかったのだ。
著者は、塾の代表者。
d0108737_1245497.jpg

待つこと40分、もう3時前だ。
私のは上(2415円)うなぎ4切+中盛(100円)。
(思っていたほど高くなってない!)

昔の大盛りは伝説となり、今はのこ中盛りだけだが、侮ってはいけない。
これでご飯2倍である。
d0108737_12451416.jpg

大盛りからの卒業、といいつつ未だにやっている。

ううううう旨~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!
久しぶりに食べたが、旨い!
ちょっと辛めが新玉亭さんの特徴だが、旨い!
d0108737_12452219.jpg

息子たちは中(1890円)3切。
前から疑問に思っていたことがあるのだが、並や中のうなぎの一切れって大きくないかい??
まあ、隣の芝はうんぬんの、それかもしらんが・・・・・・
特にこの一切れ、でっかいで!
「だから次男君、ちょっと分けてくれへん!ごはんが大盛りすぎでうなぎが足りんのや!」
嫁や息子たちから、大ブ~~イングを食らうのだが、冗談やって(半分、本気だった・・・・)。

さて、これって本当はどうなんだろう、単なる気のせいなのか?
d0108737_12453020.jpg

高くなっても、津市民のうなぎへの愛は健在!

それと、やっぱりうなぎ旨いわ~~~食べたら、さらに食べたくなる。
この文章書いてるだけでよだれが出てくる、じゅる~~~~。

さらに、「うなふじ」さん、リベンジに行きます!こっそり一人で。
d0108737_12453765.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2014-04-03 13:31 | 美味い!
2011年 04月 13日
2011春沖縄Ⅴ 2日目の午後 「カリブードーナツ」「上間てんぷら店」「とり好」
路地の奥にあるお店がたまらない!
そやから、やめらへんのや沖縄。
d0108737_0465444.jpg

外人住宅を改装したカリブードーナツ。

海の綺麗な南米のカリブではなく角の生えた生き物のカリブーである。
d0108737_0472460.jpg

「関西から来られたんですね~~~」と嫁の関西弁が嬉しくってニコニコの奥さん。
聞けば奈良から移り住まれたそうな。
観光のお客が来るのは珍しいらしい。
d0108737_0473787.jpg

地元の鹿を懐かしんで鹿ドーナツ・・・・・・・・・・・では語呂も悪いし、鹿せんべいの親戚みたいで具合が悪い。
鹿をトナカイに、これもイマイチなのでカリブーとドーナツをくっつけ店名に・・・・・・・かどかは知らんけどカリブードーナツ。(これはあくまで私の勝手な妄想なので、念の為に)
それはさておき、なんとええ感じに仕上げられたお店なこと、お見事!
d0108737_0474623.jpg

さてドーナツだがなんともシンプル。
カリッとしたミスドのとちがいふんわりもっちりタイプである。
d0108737_0475718.jpg

**************************************************
昼飯も食ったし甘いものも食った!
さてさて、何処へ行こうか思案してやってきたのがここ名護市内。
のおお~~~~アメリカやんか!歩いている人も!
青い海ばかり追いかけていてこういったところへ来たことが無かったのだ。
d0108737_0483978.jpg

こりゃ見るからに夜の街やな~~夜に来よう!と言いながら歩いてて見つけたこの看板!

沖縄好きの方のブログに必ず登場している看板ですやん。
d0108737_049639.jpg

「何でここで天ぷらやねん、勘弁して~~」と逃去る嫁と息子たちをほっといて一人で突撃!
沖縄の天ぷらは、実はおやつやねん。
味がしっかり付いてて意外にさっぱりで旨いのである。
d0108737_0491618.jpg

天ぷらはいらんけどハンバーガーなら食いたいと息子たち。
天ぷらよりこってりやで・・・・・・・・
d0108737_0492982.jpg

ハンバーガー狂いの次男が大絶賛!
安くて旨い、確かに沖縄のハンバーガーいける!
d0108737_0494250.jpg

*************************************************
宿の近くの何故か焼き鳥屋で晩飯。
地元民満杯で大人気だが、味は普通であった。
d0108737_0495383.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-04-13 01:32 | 美味い!
2010年 10月 03日
下田なす  (滋賀県湖南市)
数年前より気になって仕方なかった、この「下田ナス」の看板。
場所は滋賀県の湖南市から竜王のダイハツ工業の工場へ抜ける県道477号線沿い。
湖南市下田という地名をいただいたナスである。
d0108737_012252.jpg

まあ、所詮は茄子やんけ~~とスル~していたのだが“おいしがうれしが”のご当地野菜として取り上げられてから虎視眈々と茄子の旬の時期を狙っていたのだ!
このあたり在住で我が塾に来ている講師も「下田なすの漬物が、これまた旨いねんな~~」と聞かされていただけに、生唾ごっくんで一年待ちに待った、執念深く、ハハハァ~
d0108737_084014.jpg

そやけど、ここ近寄りがたき雰囲気が、もわ~~~と漂った場所やな~と見渡すと、あったぞ!
その一角に無人販売所を発見!!
d0108737_085753.jpg

なんと、けっこう小さいんだ下田なすって!
6~7cmくらいなのがたっぷり入って300円。
d0108737_091187.jpg

漬物なんてものは嫁さんやったことなし・・・・・・・・・・・・それはあきらめよう・・・・・・・
とりあえず、焼いて皮むいて食ってみたのだが、こ、こ、
これは、旨~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!

何と、なんとホンマに甘いのである。初めて茄子を甘いと感じた。そしてジュウシ~~~なのだ。
とにかく、水分が多いのだが、味が濃い。

だた、厄介なのが皮むくのが小さいので大変!熱いんやわ~~~
まあ、その辺は上手なむき方があるのだと思うから皆さんは解決されるとはおもいますが・・・・・

とにかく滋賀に住んでいるならいっぺん試してくださいな!たかが茄子とは言えまへんで~~
d0108737_094282.jpg

**************************************************

続編ですが、上の茄子を買った帰りにこんな看板発見!
「下田なす、漬かりました」
これも、ついでにいっときましょうか~~と寄り道。
d0108737_095551.jpg

“やまがみ”とちがって“やまじょう”と読む。地元では日野菜漬けで有名。
この店は、工場の向かいにある直売店なのだが、こんな綺麗なお店があったんや!
d0108737_010965.jpg

こじゃれた店内に主役のように鎮座する下田なすの漬物。
d0108737_0102265.jpg

正直、漬物にはうるさくないので感想をいにくいのだが、非常にさっぱりして旨い!

総論として、この下田なす、全国区であるかの有名な、泉州の水茄子にも十分勝負できうるのちゃうかと、地元びいきでかもしれんが、そう思ったしだいである。
d0108737_0103350.jpg

時期的にも後半に突入しているらしいので、急いで買いに行って下さいな~~
うかうかしてたら、来年まで我慢やで!
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-10-03 01:04 | 美味い!
2010年 08月 21日
2010沖縄⑦ 最終回 「農連市場」「壺屋ガーデンハウス」「商六」
沖縄シリーズ、やっと最終回。

沖縄での最終日は那覇市泊。
どう言ったらいいんだろう、那覇のアジアンチックな裏道もたまらんのですな~~
d0108737_0111468.jpg

そんな那覇を散策するのに、この宿は最高だった!ほんま、ほんま!
細い道が入り組んで、ネコがいっぱいの町の壺屋にある「壺屋ガーデンハウス」さん

d0108737_0114179.jpg



広いわ、きれいやわ、小物も電化製品もこだわってるわ、静かだわ、そして安い、ツインで7,000円。
その値段は2人の値段ですよ~一人3,500円、何か出るんちゃうか~出ませんでした!ハハハァ~~
d0108737_0122051.jpg
d0108737_0504175.jpg



壷屋は地名、そう焼き物の町なのだ。細い迷路のような道と緩やかな傾斜、開発しにくい町だからこそ、いろいろええものが残ってる。国際通りや牧志公設市場、農連市場も桜坂歩いていける。
d0108737_0195653.jpg

ほんま、ネコが多いこと!
d0108737_0153362.jpg



d0108737_0155023.jpgd0108737_016142.jpg


姉妹で運営されておられ、実はてんもりさんのお友達でもある。
フロントで行きたいお店を尋ねると姉のnaonaoさんが案内しますよ~~との展開となった。
「この道が好きなんでよ~」と連れられた道は本当、感じがいい!!
d0108737_018048.jpg

「ちょっとゴメンね~」と近所のよしみで工房もご案内いただいた。
d0108737_0181985.jpg

目が合ってどうしようの図
d0108737_0204737.jpg

ご案内いただいた目的地はここ、商六さん。
ジーマミー豆腐(ピーナッツの豆腐)がうまいと評判のお店。
事実、うまかったぞ~~
d0108737_021570.jpg

*********************************************************

さて、最終日のAM7:00
宿から5分の農連市場、初である。
d0108737_0214190.jpg

移転の話が出ては消えの繰り返しだが、何とか今も健在の“生きた昭和博物館”
d0108737_02231.jpg

観光客向けでなく、ガチンコに業者向けの市場。
だから活気があるのは早朝3:00ごろとのこと。
d0108737_0222472.jpg

珍しく「見ていって~」と声をかけて下さった、M字開脚がみごとなおばぁ。
スクガラスを売ってたのだが、これは苦手・・・・・・・ごめん、せかくなのに買えへんわぁ~
d0108737_0224799.jpg

市場の近くには絶対存在する朝飯屋を探す!
めっけた~~と思ったら満杯、このお一人のお客さんで、笑。テーブルが写真に写ってるこれしかないのだ・・・・・次いこ。
d0108737_0232076.jpg

市場で働く方に「てんぷら屋さんの隣にあるで~」聞いて探したが見つからない。
また、近くの方に聞いたら笑いながらここまで連れて来て教えてくれた「わかりにくいのよ~」とのこと。
自販機の隣のこの2枚の戸だけがお店、その左は天ぷら屋、そりゃ分らんわぁ~~
d0108737_0233726.jpg

私はチャンポン、嫁はポークタマゴ焼き、息子たちはそば。

観光モードに突入していない、ガチンコ沖縄食堂だ!最高級品がトンカツの500円。
d0108737_0241135.jpg

ふっと横見ると、ありゃ~~てんぷら屋さんとコラボ店舗なんや~~
黒いポロシャツのおばちゃん(おっさんみたいだが)、カウンターの売り物の天ぷらを手でつまんでは食べている。
d0108737_0243364.jpg

旨そうなので、横にならんと通れん通路をすり抜け天ぷら店へ
「どれでも、好きなん揚げるで~~カウンターのは冷めてるから」と何とも観光客に温かいお母さん。
その冷めた天ぷらを手でつまんで食べてるおばちゃんは「いや~~写真撮ってるで、こんな店!変ってるなあんたあんた・・・・・」いやいろんな意味でなんとお答したらいいのか悩んだ・・・・・・

よく考えたらまだ朝の8時前、天ぷらが朝飯かいな~~~
d0108737_0255277.jpg

天ぷら何でも一個50円、朝からだが美味しくいただきました。

これこれ、これが沖縄のチャンポン450円!
この野菜炒めの下にはごはんが入っているんや~~けっこう旨いねんなこれが~~
d0108737_0244917.jpg

ポークタマゴ焼き450円。
これも沖縄独特のものなんやな~~大好きですよ!
d0108737_025852.jpg

*********************************************************
農連市場の向いにあったのだ、この有名な自販機。
偶然出会えてっちょっとうれしかった。
d0108737_0265470.jpg

当然、見たこともないようなものが出てくる。
好奇心旺盛のショウヘイ(長男)が即買う!
少年のころのチクロ入りの毒々しい粉ジュースみたいな味わい。
ちょっと飲めんな~~笑
d0108737_0271372.jpg

それを見たシンヤ(次男)は無難にお茶を買ったのだが、まったくもって無難でなかった。
「熱つぅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」と缶を取って道路に落としたそれは、チュンチュンに熱くなったお茶缶であった、誰が飲むねんクソ暑いのに!

まあね~~自販機で沖縄編を〆るのも何だと思うのだが、この自販機が沖縄そのものを雄弁に語ってるな~~なんて思ったものだから、笑

とにかく安くって最高に面白かった沖縄。
また行きますぜ~~~

d0108737_02728100.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-08-21 00:27 | 美味い!
2010年 06月 11日
極上の昼飯 「お食事こむすび」(滋賀県湖南市) 「麺せい」(滋賀県大津市)
だいたい、朝の10時半ころから気になって仕方なくなるんやな~~昼飯どこで食うのかってことが!
どの働ける戦士はみなそうだと思う、いやそうであってほしい。
リピートすることが大っきらいな性格のそんな私だが、ついつい行ってしまう極上の隠れ家的飯屋おば、2つほど書いてみたい。
そのトップがここ「お食事こむすび」さん!
まだお若いご夫婦で切り盛りされておられる小さなお店。ときどき、子供さんが卓でお絵かきしている、そんな場面にも出くわす。
d0108737_23535681.jpg

ここは700円一本勝負でAとBから選ぶのだが、大当たりがあるから面白い。
それは案外「これは、アカンやろな~~」と思った方であったりで、一日悔しい思いに浸ることしばしば。
d0108737_23541517.jpg

これは中当たり!
表のメニューには書いていない品も入っているからややこしいのだ!
まずサバの塩焼き、ノルウェーものだが、皮目に細かな切り込みを入れていたりと、和食をちゃんと習ったことがある主人の技が嬉しい。
出汁巻き、タコのサラダ、牛とこんにゃくの醤油煮、きゅうりのきゅうちゃん、ごはん、味噌汁。

おなじみのお店で写真を撮るのは照れる、よってピンボケなのだ。
d0108737_23542718.jpg

これはヒレかつの時のもの。
揚げ物はちゃんと、下にザル?を敷いている。

ここの店は、なんといっても味噌汁が旨い!!!!!
量だけでなく、ちゃんと技を使ってこしらえておられるところもいい。
金賞である!!
d0108737_23543953.jpg


***********************************************
こちらは大津の「麺せい」さん。
まあ地味などこにでもありそうなお店だが、ここのうどんの出汁は最高である。
d0108737_23545069.jpg

麺もちゃんと自家手打ちなのだが、四国の本場のと比較すると及ばない。だが出汁は本当に旨く最後の一滴まで飲み干し、フレンチのソースのようにパンにしみこませて食べたいほどだ。
当然、個人の好みもあるとは思うのだが、私には出汁一等賞やな~~
これは定食で700円位。

こういった安全パイのお店を基地にしながら日々新しい飯屋はないかと巡回しているのである・・・・・・
仕事せいよっ、ちゅうねん、どこが働ける戦士なんや!ハハハァ~~
d0108737_235509.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-06-11 00:25 | 美味い!