「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:農と食( 2 )

2011年 06月 27日
2011農と食のコーディネーター講座 補修編
何度も登場しています「農と食のコーディネーター講座」

昨年受講したのですが、見事落第。(テストでと違うで、出席人数不足やし・・・・・・・・・・念のため)
滋賀県の事務局の方からの「今年、もう一度出席していただければ認定しますよ~~~」優しいお誘いに甘え、恥ずかしながら6月25日(土)の第2回目に出席。
しかし、落第しての補修は極めて恥ずかしい、小さくなっとこ・・・・・・・・・・・

っでもって、ここはというとあの日野菜で有名な蒲生郡日野町の鎌掛地区。
気持ちのいい風が吹く山間なのだ。
d0108737_1347664.jpg

400~500年の歴史があるこの日野菜。
自生しているものを発見し、漬物にしたのが当時の領主蒲生貞秀様であったらしい。

そんな歴史はさておき、やはり農業の現実は大変である。
サルは遊んで引っこ抜くわ、シカは食べつくすわ、虫はくるわでしっちゃかめっちゃか状態らしい。
やっと収穫できても、形の悪いのはダメやしで大変気の毒な日野菜達。
d0108737_13471525.jpg

「日野菜がお嫁にいくときにゃ~ほんのり桜色にお化粧して~~♪」(←探して聞いてみて、おもろいよ!)なんて日野菜漬のテレビCM知っています???現在、50歳前後の方だけやろな~覚えてるの。
今でもそのCMの映像も歌も記憶にあるということは、かなりあのCMを放映していたのだと考えられる。
それを考えると、今は本当にこじんまりという表現になってしまってる。
d0108737_13472396.jpg

栽培からこの製品になるまでの過程を見ていると、これで3百円代は安い、いや安く感じてしまう。
d0108737_13473257.jpg

お昼は、手塩になけて作られた日野菜のさくら漬けと弁当。
畑で収穫するところから見て食べるのと、知らずに食べるとでは大違い。
なんか、しみじみするな・・・・・・・・・・

これ、子供達に見せてあげたいわ~~子供編「農と食のコーディネーター」企画もありやな。
農業に関心があったり、その仕事に向いている子もいることだし、これが後押しになったりするかも。
まあ、それは学校の仕事か・・・・・・

それはさておき、漬物が食卓から消えていくのは時の流れで仕方がないと思うのだが、この日野菜の純血種だけは伝統野菜として残っていって欲しいものだ。

d0108737_13474737.jpg

****************************************************
さて場所変わって、ここは近江八幡市。

「えんこう米」ってご存知。
これ、けっこう有名なんですな~~旨いちゅうで!
その米を作っておられ農業団体「近江タンポポ村」の代表者が園田耕一さん(写真左、シルバーヘアに日に焼けた方)。
現在、息子さん2人も手伝われておられ、11名で100ha(1ha=100m×100M)を耕作されておられる。
その園田村長の説明から始まるのだが、本題は肥料の話。
d0108737_134886.jpg

普通、肥料って鶏糞が主流。
まあ言い換えれば、鳥のフンである。
ある日、お客さんから肥料は何ですかと聞かれ「鶏糞」ですと答えたら「それって、鳥のフンですよね~そうですかフンですか・・・・・・・・フンというのは、なんか引っかかりますね・・・・・・・フ~ン・・・」(←ゴメン、ちょっと作りました、汗)
みたいな会話が園田村長とあったらしい。
耕作する側にしてみたら当た前すぎる話で、本来疑問の余地無しが常識。
そこに疑問を持たれたことが園田村長凄い!

ということで、このドラム缶の中身の肥料の原料は弁当の食べ残しや余ったもの!
人様の食べ残しが肥料の原料ならフ~~ンともいわれないやろう!ちゅうこってす。
d0108737_13481930.jpg

当然、農家の園田さんだけでこの肥料を作ることは不可能。
ここは協力業者の一社、弁当屋さんの「いちばん」さん。
この機械で弁当の残り物などから肥料が作られているのだ。
ごみの98%を循環利用。残る2%は割箸のみというのも凄い。
d0108737_13482782.jpg

聞くところ、ゴミとして処理するのと、こうして肥料として循環させるのとでは、コストに変わりがないらしい。
「分別などで人手がかかることを考慮すると、労働が発生するこちらが有利」とイチバン社長の話。

金銭的に無理があり、税金や補助金を大量投入しないと成り立たないリサイクルなどは今後厳しいのではと想像する。
これは、そろばん上でも無理が無く、継続できるリサイクルかと思える。
これを仕掛けておられるのが「NPO法人日本食品リサイクルネットワーク」さん。

なんか、硬派な内容になったな・・・・・・・・・・
d0108737_13483618.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2011-06-27 13:48 | 農と食
2010年 10月 29日
こだわり滋賀ネットワーク 南部・甲賀支部会議
例のそれ、農と食のコーディネーター、その会議に出席させていただいたのだ。
今年から滋賀を4分割して、それぞれの地域でイベントを組むこととなり、南部・甲賀支部付となったのだ、たぶん。
何度も言ってますが諸事情があって“付”なのです、ハイ。

・・・・・・・ちょっとまてよ、それって見習いみたいなもので力仕事などいの一切を、私がせなあかん役目なのかい・・・・・・・・・・・
d0108737_025814.jpg

この日(2週間前のこと・・・・)は滋賀産や四国など貴重な小麦の食べ比べもかねてである。

こねては踏んでを3~4回繰り返し、少し寝かせる。
d0108737_0482925.jpg

会議やのに何でうどん打ちしとるのかなんやけど、これでいいのだ。
まずボスの“もんぺおばさん”こと中井さんがが粉もん大好きなのだ、たぶん・・・・・・・
まずは粉こねて、コミュニケーションから南部・甲賀支部の会合は始まるちゅうことらしい!
ええ支部やな~~
d0108737_0252832.jpg

これは私が打ったものである。
なかなか、ええせんいってると思う!
そう思ってしまうと、道具一式が欲しい~~~~~となる単純なアホの私である。
d0108737_0253943.jpg

ちょっと麺を休める間に会議。
自己紹介やら、今後の活動計画を話し合う。
内容は、また報告させていただきますわぁ~~
d0108737_0254845.jpg

さあ、食いまっせ~~~
うううわぁ~~~~これほんまもんに旨いぞ~~~~~~~~~~!

私の好みは2日ほど寝かせた生地。
口に入れた瞬間、四国の本場の味わいにもっとも近いと感じた。
小麦の濃い味わいというか、旨みが口の中に広がったのだ。

他のもそれぞれ味わい深い!
d0108737_026599.jpg

「アルミのボールなど家にあるもので出来るよ~~簡単に」と聞きましたが、いやいやあの漆色のボールが欲しい・・・・・・・・・・・・とりあえず、道具から入る性格、卒業したいけどあかんわぁ~~

ちゃんと会議はしましたからね、念のため!
d0108737_026159.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-10-29 01:06 | 農と食