「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 29日
川端(かばた)で冷やされた豆腐 上原豆腐店 滋賀県高島市新旭町
NHKの「里山 命めぐる水辺」という番組をみたことありませんか?
滋賀の写真家今森光彦(私の敬愛する写真家)さんが撮影した水辺の四季をテーマにしたすばらしい作品です。

その、撮影場所がこのあたりで、さすがに水がキレイ!そして豊富。

ここに美味しい豆腐があると聞いてやってきたのである、それがこの上原豆腐屋さん。
d0108737_2237065.jpg

このような場所を川端(かばた)というらしい。滋賀のいたるところにあるのだが、これだけ水がキレイで豊富なのは珍しい。そしてヨシノボリやドンコ(小魚)がいるではないか、水中からこちらを見ている。

トトロの一場面のようだ!

このコップは何のため?喉が渇いた人誰でもが飲めるようにとの心遣いです、温かいね~~
d0108737_22371885.jpg

向かって右が飲料水にする場所で地下15Mから湧き出ているらしい。
当然、この水を使って豆腐も作られている。水質が豆腐づくりに適しているらしい。
生活全てもこの水でまかなっているため、水道要らずらしい。

さすがに神聖な場所、神の宿る場所なのだね!

左が、野菜を洗ったり冷やしたりするところ(冷た~~~い、年中14度位らしい)
そこで豆腐が買ってもらえるのをじっと待っているわだ!
d0108737_22373288.jpg

こうやって、お母さんが手ですくいいれてくれます。
ん~~~味があるな~~~(しみじみと)

普通の1.5倍くらいの大きさで170円でした(木綿しかないかも)。
d0108737_22375428.jpg

使い込まれたおくどさんと釜。
今では、これで一日70丁つくるだけ、大半はご近所にお届けしているらしい。
d0108737_2238761.jpg



d0108737_22382955.jpg
今のご主人で三代目、創業100年。

もう、仕事が出来なくなったら看板を下ろすらしい・・・・・・


これが、上原さんの豆腐(写真では味分からんよな~~)
d0108737_22384797.jpg

木綿だが冷奴でいただく、旨い~~暑いからなおさらだ!
夏は冷奴だね~~しかし、自宅から3時間は遠いわ~~~次、食べる機会はあるのかな~
d0108737_22385725.jpg

この花は梅花藻(バイカモ)の花、夏に咲きます。梅の花に似ているからこの名前が付いたらしい。この藻は水の汚れに敏感で元気な間は安心できるのじゃないかな!
d0108737_22391636.jpg

ご主人の自慢は、豆腐もそうだが、この水(かばた)の話が多かった。
一時、汚くなったこともあったようだが、地域ぐるみでキレイな水、かばたを守っているようだ!


上原豆腐店(HPは当然無し!)
新旭町針江322
TEL:0740-25-2230
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-29 00:16 | 職人 | Comments(16)
2007年 06月 26日
空気のような煎餅 銀扇  高田蛭子(えびす)堂  滋賀県東近江町
d0108737_23543093.jpg
この煎餅と最初に出会ったのは7年ほど前になるかな、前職の営業をしていている時である。

お菓子好きなお客さんにいただいて、すごく美味しかったのだが、どこに売ってるかも分からなかった。「八日市の銘菓」とだけ記憶していたのである。

偶然、報知新聞のHPに掲載(←読んでね!)されていたのを見つけ、買いに走ったのである。

お店は人通りの少ないせまい旧道に面して、ひっそりたたずんでいた。


これが、銀扇である。

風に飛んでいきそうな軽さ、空気を食べているようでもある。

(お麩+煎餅+綿菓子)÷3=みたいな味かな。

食べた時、舌にくっつくような乾燥感と少しのこげ苦味と砂糖の甘さ(ほんの少し)。

とにかく旨い~~~~~~~~~~~~~のである。
d0108737_23545457.jpg

お店は、人通りが少く狭い旧道に面してひっそりたたずんでいた(分かりにくい)
d0108737_2357539.jpg

100年以上の歴史があり、現在4代目のご夫婦が切り盛りしておられます。
d0108737_23581148.jpg

この箱で700円、家で食べる用だ!贈答用(2000円以上)はきちんと一枚づつ包装されている(多分)、ご安心を!
d0108737_23583034.jpg

ある程度、歳を召されて味の分かる方にお土産で持っていくには最適。

特に、百貨店で売っている名の知れたものを、持ていくのがいやなこだわり屋さんにはぴったり。
d0108737_23584247.jpg



d0108737_004388.jpg
老舗を守っていく事は、外から見ていてはけっして分からない苦労があるんだね!

実は私も江戸より続いた呉服屋(後に洋服屋)のせがれだが、継がずに廃業。そして好きな道を歩んでいる。

だからかな~伝統を引き継ぐものにすごく魅力を感じるのは・・・・
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-26 23:47 | 老舗 | Comments(13)
2007年 06月 24日
小ネタ 梅雨の合間の潮干狩り  三重県津市香良洲町(雲井出川古川)
アサリです!
梅雨の合間に今年初!の潮干狩りに行きました。
d0108737_1046120.jpg

GWが過ぎると大きいアサリは獲り尽くされるので難易度は高くなります。それでも、私のポリシーとして絶対に有料の場所には行かないことである(単なるケチかも・・)。そのため、全く獲れない日も多々ありますが、それもまた楽しいのです。

我が家では、このような道具を使って貝を獲りますます
これって反則?
d0108737_10525052.jpg

嫁は50肩で役に立たないので、子供戦力化計画だが、すでにやる気な~~~~い状態だ!
本当は、スーパーの買い物カゴが一番だが、子供には少し重いので100円ショップにある書類ケースを利用しました。

d0108737_1053741.jpg

少し水深のある場所でカゴにアサリのいそうな場所の砂を入れます。
d0108737_1053201.jpg

そして、がさがさとゆすって砂を落とします
それを、2~3回繰り返す
(息子たちは、魚やカニを追いかけたくて仕方ない状態、腰入れんかい~~~)
d0108737_10533953.jpg

さすれば、ジャン!貝がどっさり残ります。

今回は予想通りで小さいアサリだらけだ、やはり目の粗いカゴを持って来るべきだった、反省。
やはり、平和堂(地元スーパー)の買い物カゴが一番だわ!(私は持っていませんよ!たちの悪い潮干狩り仲間が持っているのですよ!)
d0108737_10534894.jpg

難点は、こんな長くてニュルッとするやつが、まぎれることです。
カニやゴカイ、砂の中の生き物は一網打尽です(そんなん獲っても意味内が、何故か楽しい)
d0108737_1054362.jpg

コツとして、アサリは固まって同じ場所にいます、最初は3M間隔位を移動しながら、試し堀をし繰り返します。多く取れた場所があれば回りを根こそぎ掘り返しましょう、その周囲にいっぱいいます。

半時間で、このような状態
多分、志村どうぶつ園のパン君の方が役にたつど~~~
d0108737_10541772.jpg

こんなところで泳いでいるバカ息子を鼻くそほじりながら、ず~~~~~~~~~~とみていたオムツ少女。
いっしょに、泳いだら?
d0108737_10543891.jpg

今日は、風が強かったので河口で獲りましたが、海辺の方が気持ちいい!
d0108737_1054477.jpg

ペットボトルで海水を入れて帰りましょう
なぜか、その海水でないと上手く砂を吐きませんのでご注意を!
そして、このように平らに並べ2重になった容器を利用すれば、効率がいいです。
今日の収穫は30分でこれ2杯でした

最終、アサリたっぷりパスタとアサリ汁になりよりました。

小さいのを獲ったり、獲りすぎたりはダメですよ!マナーを守りましょう。
d0108737_10545870.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-24 12:08 | アウトドア(キャンプ、他) | Comments(14)
2007年 06月 20日
比叡山 坂本を歩く 休歩処 拾穂庵(しゅうほあん)で休憩 滋賀県大津市
d0108737_2411983.jpg
今日は、近江路走行記さんと京都一人歩きyumeさんのブログに誘発されて、大津市の坂本をぶらりしてきました。

しょっぱな、このニャンコに迎えられました。

(日吉そばの近くにいるかも)



仕事の合間で時間がないので駆け足です、が一寸一服。

ここは、休歩処 拾穂庵
歩いて疲れたひとが休む喫茶店や!(まだ歩いてないやんか!)

d0108737_2421825.jpg




d0108737_2422686.jpg
江戸後期の建築らしいのです。

聚楽壁(じゅらくかべ)も塗り替えしていない、味わい深い!

元は日吉大社の社家だったそうです。

数十年間空き家だったらしいのですが、庭だけは昔かかわりのあった近くの庭師さんが無償で世話をしておられたそうです。

誰に見せるわけでもなく、自分の楽しみのためこちらの庭を手入れしておられたらしいのです。

今は、こちらのご主人が庭の世話をしておられます。



d0108737_2424285.jpg

入った時、ご主人は庭の手入れをされていました。

「とにかく、広いのでこれからの季節は大変です」とぽつり。
d0108737_2425152.jpg


ここはすごい、食べ物があるとか、センスがいいとかではありません。

手入れの行き届いた庭と時代が刻み込まれた建物、そして素朴なご主人が主役です。
この坂本を散策して疲れたときに休むには、この上なくいい場所かもしれませんね!
d0108737_243324.jpg

坂本の街道の町並み。

比叡山の門前町として、たいそう栄えていたそうだ、そして京へ運ぶ物資の中継地点でもあった。
d0108737_2432544.jpg
d0108737_2434660.jpg
d0108737_2441813.jpg


鶴喜そば、280年の歴史があるらしい。

有名ですが私は食べたことありません、外から見るだけということで・・・・・・
d0108737_2443758.jpg

日吉そばさん、こちらも外から見るだけということで・・・・・・・・
d0108737_2444735.jpg



d0108737_2463370.jpg
お城の石積み、興味をもったことありませんでしたか?

大きさの全く違うものを組み合わせて高く積み上げ、しかもその上にお城まで建ててしまう。

信じられないような匠の技ですね!その技を持った職人は穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれこの坂本近辺に住んでいたらしいのです。

大阪城から以降大きな城の石垣はその穴太衆の手によるものとされています。

当然、坂本は穴太衆の築いたすばらしい石垣がいたるところで見られます。


d0108737_2464319.jpg
この町はどこも水が豊富だね!

比叡山の伏流水が湧き出て、町のあちらこちらで勢いよく流れている。


水琴窟(すいきんくつ)、聞けなっかった、次回にチャレンジ。
d0108737_2471037.jpg

雰囲気のあるお店やな~~~(入らなかったので何屋か不明)
d0108737_2471953.jpg

ここからは「里坊」(比叡山で修行を終えた僧の隠居寺を里坊といいます)。

このあたりの景色は私の写真技術では上手く伝えられません。

石垣と緑におおわれ、後ろには比叡山。
すばらしい景色です、ぜひライブで見て頂きたい!!
d0108737_2474476.jpg
d0108737_2475697.jpg
d0108737_2481135.jpg
d0108737_2482187.jpg
d0108737_2483662.jpg
d0108737_2484553.jpg
d0108737_2485617.jpg
d0108737_249749.jpg

坂本ケーブル
比叡山延暦寺が終着駅
d0108737_249307.jpg

駅は国の有形文化財
照明が何ともいえないな~~
d0108737_2493820.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-20 03:08 | 町並み | Comments(14)
2007年 06月 17日
甘味処 八女茶カフェ?伽藍堂(からんどう)  滋賀県大津市
京阪石山駅より、徒歩5分のところにある甘味処「伽藍堂」

京都歩きyumeさんのブログで発見し、大急ぎで駆け込みました、ハアハアハア・・・・

ただ、この手のお店はさすがに私一人では恥ずかしくて入れません、仕方なく嫁と同伴です。

d0108737_224346.jpg



d0108737_22446100.jpg
入り組んだ路地にあり、前面の道幅も狭く隠れ家的お店です。

暖簾の先にあるこの引き戸もセンスがいい、期待感が湧いてきますね!

しかし、餡子系は私の得意分野、ハードル高いよ~~~~




最初に出てきたのが、ほうじ茶。
ハ~~~香ばしい!何かきたきたって感じ!(すでに興奮状態)
d0108737_2251531.jpg

きた~~ってこれは相方の抹茶クリームあんみつ600円。
あずき、寒天、白玉、満点だ~~~
d0108737_2252810.jpg

d0108737_225371.jpg
そして、私は季節外れだが、ぜんざいである。

これも、見事に私好みである。


何がって、このお餅の焼き具合!
出会えそうで、出会えないこの絶妙の焼き加減から漂う香ばしさ!
ぜんざいと鍋焼きうどんに入れるお餅だけは、こうあって欲しいのである。
d0108737_2254537.jpg

     ん~~伽藍堂恐るべしや!
     本物やと思います。
d0108737_2261445.jpg


d0108737_2264242.jpg
入り口にあった、奇妙な花。

これどないして、咲くのかな~~~

(花は全く分からない)


d0108737_2265265.jpg
ちょくちょく来たいけど、一人では恥ずかしいな~

男同士もいややし、この手のお店は困ったものだ!

おそらく、女性がラーメン屋に一人で入るのと同じ感覚だね!


d0108737_227376.jpg
サービス写真



甘味処 伽藍堂
077(537)7433
大津市松原町9-29
10:00~19:00 水曜休
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-17 03:33 | カフェ | Comments(22)
2007年 06月 14日
素材にこだわる アンティーミー バーガー 滋賀県大津市
ここはJR湖西線の西大津駅から10分くらいのところにあるアンティーミー バーガー
有名なハンバーガー屋さんである。

黄色いバンで移動販売されていたのを3年前にご主人手作りのイートイン形式のお店(小屋?)にされました。アウトドアの感じがいい~ね~(無人野菜販売所みたいな感じ)
d0108737_224782.jpg

この日は快晴、青空が似合う!そしてアメリカのラジオをリアルタイムで流しているから臨場感も抜群である。

開放感があり待っている間、他のお客さんと話したりと何か楽しいのである。

d0108737_2242639.jpg


こだわっているだけに、他と一味違う
1、初心者は4種類のポピュラーなハンバーガーから選ぶこと
2、主人の説明(うんちく)を聞かないといけない(けっこう面白い)
3、注文聞いてから生パテを焼くから結構待たなければならない
4、飲み物持込OK(バーガーの中に入れるものもOKらしい)
5、開店時間に開店してるとは限らない
6、メニューが分かりづらい(わざとらしい)

d0108737_2243576.jpg




とにかく調理場が狭い,そうかご主人が大きいかだ!

和牛100%,注文でレアも有だから、とのことだ!

d0108737_2245257.jpgd0108737_225323.jpg



バンズは近くのパン屋に特注です、すごい弾力で手でつぶしても、元どうりに復元する元気印だ!
とにかく素材にこだわる!

d0108737_2251395.jpg
d0108737_2252429.jpg



え~い~豪快に、ぶいちゅ~~
調理を見ながらも説明と大阪的お笑いトークと毒舌が炸裂する、けっこう笑えるよ!

d0108737_2253542.jpgd0108737_2254567.jpg



さ~完成だ~~
ここでは、あせらずゆっくり待つのがルール、それが他のお客さんへの配慮でもある。
時間がないならマックでどうぞ(本当にお客さんにそういっていた)。
d0108737_226934.jpg

アルミホイルか~~しかもこの包み方が気に入った
d0108737_2261622.jpg

そして、これだ~~パイナップル(缶詰ではなく生パイン)入り。旨い~~~~~~~~~~~~~。
比叡山から降りてくる風が気持ちいい!
この雰囲気も美味しさを高めている大事な要素やね!

d0108737_2262785.jpg


d0108737_2293866.jpg
絶対にパイナップル入りを食べること!
味に深みが出ます、そしてバンズにケチャップがしみこむのを防いでくれます。
入れないと全く別の印象になりますよ!

「金額は書かないで」とのお願いでした、別で調べてくださいな



所在地: 滋賀県大津市見世1-11-21
      京阪石山坂本線 南滋賀・滋賀里駅歩10分 
TEL: 080-3761-8480
営業時間:
* 営業時間 *
月~土: 11:30~22:00
日曜日: 11:30~18:00
定休日: 火曜日・水曜日(要確認)
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-14 23:19 | その他 | Comments(14)
2007年 06月 11日
東海道「関宿」その② imoguri(イモグリ) はな 三重県亀山市関町
d0108737_0332422.jpg

関宿の西追分近くに見つけた小さいカフェになぜか吸い寄せられた

名前がイモグリ??多分、芋と栗が好きなんですね!

だれか、聞いてきて!





入り口はこんな感じだが、どこにあるの?

d0108737_03438.jpg



d0108737_0342482.jpg
奥に入って行く・・・・

どうやら靴を脱ぐらしい・・・・・

40年前にあった歯医者のようだ!



大きなテーブルが一個の落ち着いたカフェ、というより洒落た友達の家に遊びに来た感覚だね!

d0108737_0344483.jpg


そして、こんな感じ

d0108737_035163.jpg




コーヒーがめちゃ旨かった、そしてカップが個性的。こんなカップみたいな鼻した吉本新喜劇の役者いたな~~~名前出てこない!

d0108737_0352513.jpg
d0108737_035341.jpg



お店の方(女性)がまた、まったりしていいんだよね~~
この手のカフェでは、一番重要!

d0108737_1144850.jpg


こら~~寝たらあかんど~~次男。

d0108737_0354941.jpg



d0108737_050286.jpg

とにかく、全て菜食系

コーヒーフレッシュも豆乳

動物系は使っていないので

メタボリック派は出入り禁止(ウソ)






d0108737_0504858.jpg


2階にも「はな」というお店があります

d0108737_0531929.jpg
入り口から階段上がった2階にもお店があります

「はな」 編み物、古本、生活用品


d0108737_0534515.jpg

d0108737_054240.jpg
d0108737_0542134.jpg



i m o g u r i
三重県亀岡市関町新所1343
営業日  木 金 土 日(第3日曜休)
(夏期/冬季長期休暇)
11:30 ~ 18:00  0595-96-1571

はな
三重県亀岡市関町新所1343
営業日  木 金 土 第2日曜
(夏期/冬季長期休暇)
11:30~18:00   090-8864-5822
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-11 00:14 | 町並み | Comments(10)
2007年 06月 10日
鈴鹿の麓にある東海道の「関宿」 而今禾 ナガヨ薬局 関の戸   三重県亀山市関町
  滋賀から鈴鹿峠を越えたところにある「関宿」を歩いてみました
  自治体が主体になった保存活動のおかげか、昔の町並みが残存されています

d0108737_13473835.jpg





d0108737_1347523.jpg
天然素材工房而今禾天然素材工房而今禾(じこんか)  ギャラリー&カフェ





    雑誌などにのってあり超有名
d0108737_1348542.jpg

               陶器と天然素材の布や服があります
d0108737_13481814.jpg

   中から見たカフェ、落ち着きのあります
d0108737_13482787.jpg




d0108737_13483875.jpg
    中庭とそれに続く土間



d0108737_13485968.jpg




                古いお菓子屋さん発見
d0108737_13491765.jpg



d0108737_13492662.jpg
「志ら玉」85円 行儀悪いが立ち食いだ!

ん~~~美味しいが、絶品には距離があるな~

d0108737_13493460.jpg




               「ナガヨ薬局」ここに一番行きたかった
d0108737_13494370.jpg

  元の建物は本当に薬屋だったらしい、調合室も残っている。それを改装されたらしい
  奥は「綾羽」というカフェがあります(写真無し)
d0108737_13501923.jpg

           ガラスの急須ビン、これを見ると病気のお婆ちゃんを思い出す、40年前のこと
d0108737_13502840.jpg



   ここだけ空気が違う、風格があるね!
d0108737_135169.jpg

        創業370年、銘菓「関の戸」
        屋号は深川屋、滋賀県甲賀市甲南町から関に移られた歴史があるようです(自宅の近くだ!)
d0108737_13511950.jpg

           ちょんまげ姿の番頭さんが出てきてもおかしくない雰囲気
d0108737_13513290.jpg



d0108737_13514316.jpg

この豪華な入れ物に入れて京都の御所まで運んだらしい


d0108737_1352230.jpg




  おまけ写真

  バーバーとタバコ屋 
d0108737_13525042.jpg



d0108737_1354175.jpg




d0108737_13542098.jpg


   これは、何やさん、気になってしかたない!
d0108737_13543612.jpg

実際に、昔ながらの建物で生活や商売をされていて、岐阜の馬籠みたいに完全なる観光地と違い味わい深い。手を加えすぎた宿場町ではないので、いろいろ発見がある、天気のよい日にゆっくり散策してください

(yumeさんの“ちょっと昔の建物が好き”でも関宿の町並み写真がいっぱいあります)
d0108737_13545952.jpg



今日のお土産

道端で売っていた穴窯の焼物(素人焼き) 1000円 何に使うんや、これ!(衝動買い)
d0108737_13551488.jpg



d0108737_13552575.jpg
これが銘菓「関の戸」、毎朝3時より昔ながらの製法で作られているらしい

大きさは五百円玉くらいで小さい

表面は和三盆糖につつまれ、中はこしあん



d0108737_13553360.jpg
とにかく甘い!お抹茶と相性がいいお菓子ですね。

歴代の大名や皇室の方がお食べになられた一品らしい深い味わいがあります

甘いの苦手な人は食べるべからず。





続編があります、また明日
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-10 16:07 | 町並み | Comments(8)
2007年 06月 06日
運がよければ、激ウマ、バカデカいちごに出会える こばやし農園 滋賀県東近江市
季節外れだが「近江商人郷土館」の近くで、たまたま見つけた「いちご直売」と書いてるお店に直撃!
d0108737_143828.jpg



d0108737_151015.jpg
玄関に近づくだけでいちごの甘~い香りが漂ってくる。

土足厳禁?変わってるな~~

私「あの~~すみません~~」

「は~なんですか~」

私「いや~看板見てきたんですけど~~」

「何、何の看板、あ、あ~~~イチゴか、あるで今日は・・・・」

どうやら、めったにお客さんは来ないみたいです。逆にビックリしておられました。

大丈夫かな~~~



「これ、好きなだけ食べ」と少し傷があるいちごをいただく。
甘い旨い~~~いっぱ食べたいが40過ぎのおっさんが、がっつくのも恥ずかしいので3つで我慢。

普通にスーパーで売ってる入れ物に入れて500円とのこと、とにかく入れてもらう。
(ちょっとスーパーより高いかも知れないね!)
d0108737_18193.jpg

とにかく、選ぶのに時間のかかること、15分でやっと12個入れてもらいました。
d0108737_183135.jpg

それがこれ、とにかく大粒である。とても一口では食べられない。
おじさん曰く「贈答用の最高級を入れたから」とのことでした。

せっかく来てくれくれたんやからと、今日採れた全ての中からベスト12をえらんでくれたんだね!その気持ちがすごく嬉しかった。
d0108737_1171313.jpg

こちらは脱サラでイチゴを作られてまだ3年目らしいのですが、本当に美味しいもが出来ています。

そして「宣伝はしんといてや!」とのことでしたが、何で??
(ブログ掲載は特別お許しをいただきました、他は断っておられるようです)
d0108737_1164760.jpg

秋にはブルーベリーが出来るらしい、また来てみようかな!
d0108737_1172531.jpg



帰りの車中は、信じられないほどのイチゴの香りにつつまれました。

いつもあるとは限りませんが、運がよければ採れたてでメッチャ甘くて濃厚な高級特選イチゴを選んでいただけます。そしてつまみ食いもOKですよ!(最終6個つまみ食い、これ以上は・・・)

運が悪かったらゴメンね!

こばやし農園 (代表小林幸男)
滋賀県東近江市小田刈943
℡ 0749-45-8260       2007、6、6現在
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-06 01:02 | 特選素材 | Comments(9)
2007年 06月 02日
麦から育てるパン屋 大地堂  滋賀県蒲生郡日野町
d0108737_22542723.jpg
昔ながらの街並みから、神社に向かう狭い路地に入ったところに大地堂はあります。

ちょっと見つけるのは大変ですが、麦をから育ててパンを作るという頑固な職人さんのお店だ!

しかし、そんなことが出来るのは、豊かな農地のある滋賀ならではやね!


d0108737_2255268.jpg
ただし、ここのパンは注文生産。インターネットか入り口に貼ってある紙に注文を書いて指定の場所(ドアの隙間)に入れるのである。

2日前が期限、それによって効率的に、そして焼き立てを提供できるという大地堂さんの考えだ!

パンは4種類、500g位で600~650円、他にスコーンやお菓子類も少しあります。



お店は自宅の奥にある蔵を利用されています。

重厚な入り口戸の隙間からローソク色の内部が見えてくるだけで興奮してきます(私だけか?)。
(写真に写ってるのは息子です、心霊写真ではありません)
d0108737_22551626.jpg






d0108737_22553688.jpg


パンはこんな感じです!ディスプレイも上手いよね!
これらのパンは注文品です。
試食は出来るので、一度お店の開いている日に行かれるといいでしょう。
d0108737_22555936.jpg

パンの解説を撮りましたが読めないですね・・・・・・・ま、雰囲気だけということでゴメン!
d0108737_22561184.jpg

石釜も自作されたようです。

そして、この方が店主兼職人さんです、そう女性です。

フランス料理のパン部門からドイツ修業に行かれていたそうです。
d0108737_22563698.jpg

これが、小麦畑で専業農家の義理の兄の畑に植えてあります。

スペルト小麦という古代穀物の一種で日本では初挑戦らしいのです。
収穫は7月で去年は梅雨になかされたらしい。
d0108737_22572357.jpg

d0108737_023349.jpg
私が購入したのは、「全粒粉のシンプルパン」650円と「スコーン」250円

まさに、「大地を食らう」という表現があてはまると思う。

ただ全粒小麦粉を使用しているので普通のパンとは別物です、よって好みは分かれるところだ。

購入前に一度試食することをお勧めします。


d0108737_22574313.jpg
土曜、日曜は10:00~18:00
月曜日は12:00~20:00
の3日間営業されています。

右の看板が出ていたら営業されています。

d0108737_22585926.jpg


姉は陶芸家で蔵の入り口に作品が並べています。

姉妹で好きなことを極める!うらやまし~~~。

d0108737_22591396.jpgd0108737_22592582.jpg




滋賀県蒲生郡日野町村井1377 
TEL:0748-26-6090
FAX:0748-52-0044
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-06-02 22:48 | パン | Comments(9)