<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 29日
35年ぶりの再会、超B級グルメの帝王「亀八食堂」 (三重県亀山市)
小学生の時に親父が連れてきてくれたお店、35年ぶりに偶然見つけました。
それがこの「亀八食堂」さんです。
とにかく、スーパーB級グルメで熱狂的ファンがいる有名店です。

残念な事に去年の10月、建替えしてしまい綺麗なお店になってしまったのだな~~~。
この手のお店は脂でコテコテがプレミアム高いのですな~~~
d0108737_164579.jpg

記憶にあったのは、この四角い鉄板!35年前と全く同じや~~~
d0108737_16452037.jpg

メニューはまず肉を選ぶのですが、嫁と二人で「豚2+ホルモンAを1、うどん2、ご飯2」を注文。
亀八食堂で検索した情報では、とにかく豚が基本らしいのです。
d0108737_16461716.jpg

しばらくすると、おやっさんがフライパンを持って登場、そこに入っていた物を鉄板にぶちまけて、すたすた去っていきます。前情報がないと、そうするのか分からんだろうな~~~
そしてこの通り、肉には適当なキャベツやモヤシ、亀みそ、ラードが最初からセットされているんですよ~~~
d0108737_1646307.jpg

うどん、普通こんなん袋に入って出てくるか~~~
しかも、机の上にポンと置いてね!
やはりこのお店、只者ではないな~~~~~
d0108737_16464656.jpg

この後が重要、ぼ~~と見ていたら台無しになってしまいます。
焦げないようにとにかく混ぜる、混ぜる、混ぜる・・・・・・・・・・
ん~~結構、皆で混ぜると楽しいかもしれない!
d0108737_16465654.jpg

キャベツから汁が出てきたら完成!!
これは旨~~~~~~~~~~~~~~い!!
この亀みそ(と言うらしい)の味がまた格別!豚肉もホルモンもたまらん旨さや~~~

しかし、量がすごすぎる。昼亀(昼ごはんで食べる事)ならば豚1ホルモン1でも良かったかも!
d0108737_16471950.jpg

セルフのお茶は昔のままワンカップのビン!
建替えても鉄板やコップはそのまま、このあたりB級グルメファンにたいする配慮も忘れていたないですな~~
d0108737_1647431.jpg

半分ほど食べて先ほどのうどんを投入。
うどんを投入するタイミングは諸説あるようですが、好みでいいのではないかな~~
d0108737_1648230.jpg

美味しいみそエキスを吸って出来上がり!ただ、このうどんのコシの無さはすごすぎる。家からコシのあるうどんをこっそり持ち込みたい衝動にかられますが、これはやはり邪道だのか?
うどん無しで美味しいエキスを残すことは絶対許されないことかもしれない・・・・・・・・悩む!
d0108737_16481425.jpg

多いな~~と言いながら完食。
とにかく旨っかったです、ご馳走さん!!
d0108737_16483594.jpg

こちらがおやっさん、渋い!
d0108737_16484359.jpg

安い!安すぎですよ~~~
d0108737_16485542.jpg

35年位前に来た時は、吹けば飛ぶような小さな店でした。
食べている隣では、店のお母さんがにんにくの皮をむいておられたのを覚えています。
ほのぼのとしたお店でとにかく美味しかったことと、四角い鉄板だけを覚えていました。
親父は昔人間であまり家族サービスしなかった人だけに、嬉しくてたまらなかったのだな~~~
12年前、親父が他界してから「あのお店ってどこにあるのかな~~」と、漠然と思っていたお店がこの亀八食堂。

とにかく、懐かしかったな~~
d0108737_181364.jpg

店名:亀八食堂
住所:三重県亀山市布気町1799
電話:05958-2-0828





亀八食堂 (定食・食堂 / 亀山)
★★★☆☆ 3.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-29 18:26 | B級グルメ | Comments(24)
2007年 11月 25日
「かたやき」のやわらかいやつ?鎌田製菓店 (三重県伊賀市)
またまた三重県のネタ!
伊賀市の昔ながらの「かたやき 鎌田製菓店」
d0108737_201051.jpg

道路に面した格子越しに、焼いておられる様子がうかがえます。このような景色、昔はどの町にも見られたのではないかな~~~。何だか懐かしいな~~
d0108737_201264.jpg

焼いておられるのは奥さん、歴史的には40年位とのことです。
手際よく平らにして次に送っていく、30分焼いたら完成です。
ものすごい、やってみたかった、ぺったんぺったんと!
d0108737_2013720.jpg

材料は小麦粉と砂糖。

そうそう、ここに来たら面白い注文が出来るのです。それは、半焼き?つまり堅くなってしまう前の状態で売ってもらえるのですな~~~
d0108737_202308.jpg

それが、これ15分位焼いた状態かな~~~
アツアツで柔らか~~~い、これがまた美味いんだな~~~~。
d0108737_2025471.jpg

冷めると堅くなってくるのが不思議??
ビニール袋に5個入れてもらって150円。一個30円、子供が買いに来るんだろうな~30円を握り締めてね!そんなシーンが似合うお店なんだな~~~
d0108737_203383.jpg

10枚入りで350円。
帰りの車の中で食べたくて、仕方なく車を止めてアスファルトの上で写真におさめました。
堅いやつは本当に堅い!当たり前か~~~。
d0108737_2031899.jpg

町のあちこちからお城が見えて古い町並みが保存されている、いい町だな~~
木製建具のお肉屋さん、2階はすき焼きやさんだ!
d0108737_2032931.jpg

組みひもや?さん。
d0108737_2033770.jpg

店名:鎌田製菓店
住所:伊賀市上野丸之内8-31
電話:0595-21-1345
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-25 20:36 | 和菓子 | Comments(6)
2007年 11月 23日
もうすぐ移転 クレープストップ「ルメルシエ」 (滋賀県大津市)
商売、もしくは起業しての生き残り率は世間では30%と言われています。
10年後の生存率は10%とも言われています。
それが現実であり、すでに成功している会社に勤めて毎月きまった日にきっちり給料が振り込まれることを選択する人が賢いのかもしれません。とうぜんそんな勤めの中にも苦労はあると思いますが・・・・・・・・
過酷とわかっていながら、いやむしろ楽しみながらの方が多いのかもしれませんが、間違いなく起業される方は誕生されるのです。反対意見にも負けずに実行される、そんな方が私は大好きですし、憧れもします。

(比良山、京都と滋賀の間にある山、雪が積もりましたね~~~滋賀では冬のサインです)
d0108737_2143029.jpg

こちらのクレープストップさん有名ですよね~~。
お店の前を通るたびに食べたいな~~と思うのですが、男一人で入る勇気が今まで無かったのです。久しぶりにhpを見るとこの12月に移転して、もっと洒落たお店になるらしい!そうなると、絶対に入れないと飛び込みました。
d0108737_2153838.jpg

狙いはこのミルクレープでしたが、ガ~~~~~ン注文生産で10日ほどかかります!恵美ちゃんねるで出たのが原因なのね~~~~変な汗が出てきた~~~(恥ずかしいのです・・)。
となると普通のクレープしか無いんだ!「生チーズと青りんごのクレープ」450円、やったかな~適当にお願いしました。
d0108737_215483.jpg

出来るまで、少しオーナーとお話ししました(まだお若く30歳位でした)。
自宅の一角で3年、なんとかなってここに来て3年半位です~とのこと。
今度のお店はミルクレープが主流になって、ゆっくりしてもらえますよ~~~とのことです。

自宅の一角から始まったって、すごいよね~~
新しいお店も是非頑張って成功してくださいな!応援します(恥ずかしくて一人では行けませんが・・・・)
d0108737_216035.jpg

これが、それ!当然、美味しかったですよ~~
生地がもち~~としています。
今から思えば惣菜系をお願いしたらよかったな~~海老コロッケとかから揚げとかあるようなのです。お腹すいてるし・・・・・・
d0108737_2173477.jpg

このお店もあと一ヶ月、ここに記録しておきたいと思います。

やはり、食べようと思っていたものが食べられないのはストレスだな!
お店移転したら嫁連れて食べに行こうっと!
d0108737_2174279.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-23 22:01 | 洋菓子 | Comments(10)
2007年 11月 22日
今年も島から届きました 無農薬「堀内農園」のみかん (愛媛県今治市)
毎年、この季節に楽しみに待っています、「堀内農園」さんのみかん。
瀬戸内海の島から届きます。
d0108737_1834837.jpg



d0108737_1835589.jpg
このみかんを栽培しておられる堀内さん、たしか5~6年前滋賀から移住されました。
放置されていたみかんの木を手入れして、自給自足?しながら無農薬栽培に挑戦されています。
移住される前、奥さんと会社が同じでした。ある日、「瀬戸内海の島(大三島)に家を買いました、自給自足しながら生活しますね~~~」と言って潔く会社をお辞めになったのですね~~。

毎月、きついノルマに追われる私は羨ましくて仕方なかったな~~
ま、その後数年後私もその会社を辞め、何を思ったか学習塾おば始めたのですな~~

その楽しい大三島の暮らしは「七曜工房みかん島」で見てやってくださいな!
仕事や生活に追われている方には目の毒かもしれませんよ~~
とにかく楽しそうですね!


d0108737_184621.jpg

話を戻してこのみかん、何がすごいって濃いのです!
咳き込んでしまうほど、喉を酸味と甘味が攻撃してくるのです。
それと、外皮も中の皮も薄いのです
その理由は↓に書いてありますが、樹上で完熟させて即発送しておられるのことが決め手のようです。
d0108737_1843282.jpg

時間が経過すると酸味が抜けて甘味が強調されます。それはそれで美味しいのだが、ピントが合っていない写真のような物に感じてしまうんだな~~この濃いみかんを覚えてしまうと。
d0108737_184382.jpg

12月末にもう一度送っていただく予定になっています。紅白を見ながらの正月用なんだな~~
って、もう一年が終わってしまうのかいな~~~やばい、まだ年賀状用意してないがな~~
d0108737_1844591.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-22 18:36 | 特選素材 | Comments(6)
2007年 11月 18日
新蕎麦をもとめて伊賀流忍者の里へ 「そば松尾」 三重県伊賀市
私が住んでいるのが甲賀(滋賀)、忍者赤影の卍党幻妖斉(げんようさい)で有名?です。
そこから一つ山を越えると伊賀(三重)になり、結構近いところに敵対していた?2大忍者の里はあるのですな~~

今日はその伊賀上野で新蕎麦おば、いただこうと開店時間前にやって来たのですが・・・・・・・
噂では聞いていたが、やってくれますね~~~~~~すでに行列!!
d0108737_18164164.jpg

お店の中は蕎麦屋とは思えないモダンで明るく広い!
d0108737_1817823.jpg

何とか座れましたが、その後からも次から次にお客さんが来られてまた行列になっていく・・・・・
三重のことはあまり分からないのですが、すごい人気店みたいですな~~~
d0108737_18173165.jpg

私のオーダーは昨夜決めていました、ざるの大盛りですな~~ガッツリ食べられるらしいのです。
嫁はかけそば、息子たちはざる中盛り・・・・・・・・いつも思うのだが子供にこんな美味しいもの食べさせたらあかんように思うのだが、私だけかな?
d0108737_18174457.jpg

オ~~~ブラボ~~~~ほんまに大盛りや~~~
そして、きっちり新蕎麦の香りがしよるがな~~~~~
コシは中程度、やはり旨~~~~~~~~い!(表現下手!そば、ど素人なので・・・・・・ゴメン)
辛汁は少し甘め、かつお風味は少し押さえ気味、中京圏の味なのかな???
d0108737_18184617.jpg

かけそば、これも旨い~~。
今日は寒いので、冷え性の嫁は温かい物でないといけないようだが、新蕎麦はざるやろ~~
d0108737_18185389.jpg

猛烈な勢いで食べる息子たち!
汁そば食べている嫁に取られるのを警戒しています。

私は社会人になって初めて手打ち蕎麦食べたのですよ~~。それまでスーパーの袋に入ったそばらしきものが本物と思っていたのを考えると、贅沢すぎるような気がするな~~
d0108737_18191876.jpg

そば湯は伊賀焼きのビールのピッチャーみたいな形をしたものに入って出てきます。
よかった、さらりとしている。私はポタージュタイプが苦手なのです~~
d0108737_181937100.jpg

分かりにくい場所にありますがすごい人気があるようですね!
美味しくて安く、そしてガッツリ食べたい人にはいい店です。
d0108737_18195095.jpg

本当にお腹がはってしまった~~
又来ますね~~
d0108737_1820274.jpg

そうそうこのお店を知ったのは「そばの横好き」さんのhpからですよ!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-18 19:08 | 蕎麦 | Comments(10)
2007年 11月 15日
バウムクーヘンを食べてる豚 蔵尾ポーク (滋賀県蒲生郡日野町)
今日は完全なる親父ブログネタです。

「たねや(クラブハリエ)さんのバウムクーヘンを食べてる豚」として有名な蔵尾ポーク、滋賀では超有名!
豚なのに、なかなかええお値段してますね~~~
d0108737_15455150.jpg

これを販売しているのが、蒲生郡日野町の岡崎精肉さん
近江牛では有名店で安くて美味しい!牛の自家牧場を持っておられます。

理由は分かりませんが蔵尾ポーク、滋賀ではここでしか販売されていないようです。
何度も来ていますが、全く気が付かなかったな~~~
d0108737_15455990.jpg

蔵尾ポークのロース。
霜降りになっとるがな~~~
豚好きの私にはこの脂身がたまらんのですよ~~~~
d0108737_15461097.jpg

こちらは一緒に買った鹿児島産の普通のロース。
いつも見慣れているやつですな!これと食べ比べします。
子供はこれで十分だゎ~~蔵尾ポークなんか10年早い!
d0108737_15461952.jpg

確かに美味い!特に脂身が美味いな~~
ただ、カツにしたらあまり差が分かりにくいな~~~~
一緒に買った鹿児島産も結構美味しいからなおさら分かりにくい
d0108737_15462843.jpg

旨い~~~~~~~のだ、ソテーにしたほうが美味さが引き立つ!焼き加減もベスト!
身の部分がとにかく、柔らかくてしっとりしている。当然、脂身も旨い!
普通の豚とは明らかに別物!確かに値打ちがあるよ~~~

ただ、決してバウムクーヘンの味はしませんからね!
d0108737_15463659.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-15 16:50 | 特選素材 | Comments(16)
2007年 11月 11日
クノタカオ キャラメル
最近、よくマダム系高級ブログで見かけるクノタカオキャラメル。
気になって仕方なくオートクチュール.comで注文してみました。

私の親父系ブログで取り上げるのは勇気が要るのですが、美味しかったの掲載します。
d0108737_220861.jpg

完全注文生産で作りたてをチルドで発送され、まるで生鮮食品みたいに大切に扱われます。
食べだしたら止まらない本当に美味しい!
普通より早くとろけるのが特徴。良質なバターの味が利いている!
皆さんが美味しいと言われるのがうなずける!
d0108737_2201613.jpg

木苺。
酸味が利いていて口の中に木苺の香りがフワ~~~と広がります。
d0108737_2202966.jpg



左から「カカオ」「メープル」「塩」。
どれも本当に旨~~~~~~~~い!!
d0108737_2205833.jpgd0108737_221694.jpgd0108737_2211329.jpg


d0108737_2212665.jpg
今回の金額は32個入り(4種類)商品1,680円+送料790円。

今回、メールサーバーの不調で2度振込みする事になったりのトラブルに見舞われました。
それに対して、久野さんの心温まる謝罪の手紙と黒糖味のキャラメルをオマケとして同胞いただきました。

トラブルと言ってもたいした事無いのに、手書きの手紙まで書かれるとは驚きでした!
ここに久野さんの真っ直ぐな職人気質を見たような気がして、何かものすごく嬉しかったな~~~~。
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-11 23:07 | 洋菓子 | Comments(12)
2007年 11月 08日
ダイニングカフェ 「タクミヤ」さんで昼ごはん (滋賀県甲賀市水口町)
最近、近くに出来たダイニングカフェ「タクミヤ」さんに、嫁さんと昼ごはんだ~~
田舎ではめったに新しいお店が出来ないのですよ!
この花瓶は???
d0108737_21565046.jpg

お店は旧東海道の水口宿、昔の旅籠の雰囲気が残る場所に古い家をそのまま利用した町屋スタイル。
町並みの雰囲気を壊さないのが好感できますね!
d0108737_21571664.jpg

完全な洋食屋さんかな~~
松坂豚のソテーと嫁はオムライス。
この雰囲気にしては、安いのではないかな~~
田舎価格やね、ありがたい!
d0108737_21572841.jpg

ご主人はまだお若く30歳くらいではないかな~~
「昨日は、ゴメンなさいね~~わざわざ来ていただいて~~」と笑顔で対応いただきました。(休日と知らず前日も来ていた暇人夫婦です!)
d0108737_21573973.jpg

格子から漏れてくる光が心地よい!
d0108737_2157501.jpg

松坂牛ではなく松坂豚のソテー、デミグラスソース味。
豚の脂が旨い!!!豚好き人間を満足させる脂身の多さ、嬉しい。
d0108737_2158478.jpg

そして、オムライス。
ケチャップではなくデミグラスソースを使っている。
卵はトロ~~リ。

隣のご家族は子供さんに小さな弁当を出して食べさせておられました。
気取ったカフェではありえない風景ですね~~
つまり、気取らず地元の方に愛される「飽きの来ない料理、お酒」を提供しようと考えておられのかな~~
d0108737_21581421.jpg

入り口にはこのようなパンや地元の醤油なども少し売っています。
d0108737_21582980.jpg

私にとっては居心地がいいですし、何より正統派の美味い洋食が食べられるのが嬉しい。
ママ友達などの憩いの場所になるのではないかな~~

名前:ダイニングカフェ タクミヤ  
住所:滋賀県甲賀市水口町元町4-16
電話:0748-62-1648
休み:月曜日
時間:11:30~14:00
    18:00~25:00
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-08 23:08 | 洋食 | Comments(18)
2007年 11月 05日
BIWAKOビエンナーレ2007②  (滋賀県近江八幡市)
この蔦が絡まっている蔵が「西勝酒造搾り蔵」。
倉庫に使っていた内部の大きな空間を使って表現されていました。
芸術がとんちな私には????
d0108737_0173119.jpg

カネ吉別邸
元材木商、築100年の立派な居宅建築。
間取りがとにかく面白い、建物必見ですよ!
d0108737_0174179.jpg

この空間から隠されたオブジェを探してくださいとのこと、私は全く違うところを探していた。
d0108737_0175870.jpg

真っ暗な蔵の中に小窓が一つ。
どれもそうですが、私の下手な写真では絶対表現できません。
直接見てくださいな!
d0108737_018687.jpg

お土産もありまっせ~~~
d0108737_0181842.jpg

この部屋はおそらく使用人部屋。
d0108737_0182837.jpg

カネ吉別邸を後にして、高級近江牛の西川さん
d0108737_0184136.jpg

うぅ~~~~~~高い!
d0108737_0185081.jpg

と言う事で70円のコロッケになりました。
d0108737_0185946.jpg

前を見たら煙突が立っている古民家カフェ???
d0108737_0191123.jpg

少し歩くと「ヴォーリズ設計」の郵便局、大正10年の建築。
とにかく近江八幡と町は古い町並みに混じって大正時代の洋館(ヴォーリズ設計)があったりで面白い町やな~~
d0108737_0192025.jpg

内部は骨董品屋さん

ヴォーリズ自身、建築は全くの素人。
何故、建築設計の世界に入ってきたのかな~~
思い通りの教会が建てたかったのではないのかな!
d0108737_0193265.jpg



d0108737_0194169.jpg
安っぽく見えるのだが、縁起物の紫水晶のドアノブ。
持つとヒヤリと冷たく、重みがあります。
さ~~て、どこにあるかな~~


局長室につながるこの空間は、タイムスリップしたように感じる!
磨り減った床がたまらんな~~
d0108737_0195212.jpg

八幡酒蔵工房さん
d0108737_020425.jpg

中ではなにやら教室を開催されておられました。
d0108737_020111.jpg

最後に八幡山と旧西川邸。
まあ、芸術もいいのですが時を越えてきた木造建築物だけの方がほっこりするかも・・・・・・

最後にここを見る事をお勧めいたします。
(ここはビエンナーレの券では入れませんのでご注意を!)
d0108737_0201984.jpg


「ビエンナーレ2007」は11月18日(日)、まで開催されておられます。
芸術の秋を一日堪能でします、大人の遠足ですよ!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-05 00:15 | その他 | Comments(8)
2007年 11月 04日
BIWAKOビエンナーレ2007 (滋賀県近江八幡市)
今日は近江八幡市で開催されている「BIWAKOビエンナーレ2007」へ行ってきました。
概要はHPからコピーしました(手抜きです・・・・・・)

「BIWAKOビエンナーレは、時代の流れとともに 失われてしまった土地固有の「風土」を世界各国アーティストの視点を通して表現し、その回復を試みます。空家となり今は使われていない商家や民 家、酒蔵など、この町の時の流れを静かに見守ってきた歴史ある建物を会場として、美術展をはじめ、パフォーマンス、コンサート、シポジウム、ワークショップなど多角的にアートを体験できる場を創造します。 」
d0108737_20394981.jpg

最初に訪れたのは本部的役割の「喜多利邸」です。
ここは八幡堀に面して入り口があり、なんとも趣があること!
d0108737_20401493.jpg

2階の和室にあるオブジェ?
d0108737_20404646.jpg



これは遊び心があります。
種明かしをしてしまったかな、ゴメンなさい!
d0108737_2041139.jpg

d0108737_20411023.jpg

d0108737_20411733.jpg


こんな茶道具があっていいかも!
d0108737_20413298.jpg

立派な庭の灯篭にはこんな人が・・・・・・
d0108737_20414147.jpg

堀の横の石畳を歩いて地図を見ながら次の会場を探します。
この地図を見ながら、きょろきょろして移動するのがものすごい楽しい!
まるでオリエンテーションのようだ!
d0108737_20415119.jpg

旧吉田邸
動物が外も中もいっぱいいますよ~~
建物は普通の町屋建築、庶民的で前の喜多利邸とは対照的。
d0108737_2045649.jpg

この凸凹の土間、これがなんとも懐かしい!
仏壇の前に置いてあるあの「チン!」とならす鐘、ものすごい数置いていた、そして仮眠室?も有(笑)。
d0108737_20451648.jpg

少し歩くと近江八幡から生まれた「たねや日牟禮ヴィレッジ」、、疲れたならここで休憩も有。
バームクーヘンに後ろ髪を引かれながら次へ
d0108737_20452447.jpg

また堀に出くわす。ここでも初老の方が風景画を描いておられます。
それをじっと眺める少女、「私も描きたい!!」とお父さんにしきりに訴えかけていたのが印象的でなんとも和める風景でした。
d0108737_20453443.jpg

近江兄弟社の本社。
滋賀県人ならメンソレータムではなくメンタームを使おうね!
d0108737_204545100.jpg

こんなお店発見!
染物屋さん?の「アトリエasa」さんです。
d0108737_2045557.jpg

阿波藍の絞り染めした生地から、最終作品まで手がけておられます。
カバンから服、などいろいろあります。
d0108737_2046377.jpg

古い歴史のある町にはやはり骨董屋さんが似合いますよね!
d0108737_20463757.jpg


あまり内容が無くてごめんなさい・・・・・・・
続きはまた明日書きますね!
[PR]

by guwaguwa58 | 2007-11-04 22:02 | その他 | Comments(6)