<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 27日
もちもちハウスのよもぎ餅(滋賀県甲賀市)!滋賀「和た与」の丁稚羊羹はこれ! (小ネタ)
この奇妙な田舎の公民館みたいな建物、あなどってはいけません!
「よもぎあんもちあります」という看板が出ていたら素通り禁止!この「もちもちハウス」に寄らなくてはなりませぬ!「もちもちハウス」って名前なんともいえへんな~~~
d0108737_23272859.jpg

見た目、普通のスーパーに売ってるものみたいなこのよもぎもち。なんと「はなまるマーケット」の2007年おめざ6位に輝いた餅なのだ!(おめざ=お土産らしい・・・私もしらなんだ)
ちなみに2位があの有名な「堂島ロール」となると少し信憑性が出て来る。
しかし、なんでこんな田んぼに囲まれた田舎のお餅をお土産に選んだのかが不思議だ・・・・・・
d0108737_23274172.jpg

確かにコシがあって美味い!餡もあっさりしている。
私はものすごく気に入った!
(だけど、何十キロも移動して買いにくるほどではないかも・・・)
d0108737_23271761.jpg

この一帯は粘土層が厚くって美味しいおコメが作れなかった。その代わりにもち米は最上級のものが出来る。そのもち米を世に広めようとこのお店が出来たのだと思う(あくまで推測)。
お店の方も近所のおばちゃんといった感じでほのぼのしている。
d0108737_23275521.jpg

金額も安く、普通のお店ではないと思ってくださいな!
d0108737_2328475.jpg



他にもいろいろ売っていますよ!
d0108737_2328203.jpgd0108737_23282927.jpg



ついでに滋賀の丁稚羊羹紹介!
最近のブログで知ったのですが、丁稚羊羹って滋賀だけやと思っていたらあちこちにあるだね~~~。数年前までは丁稚羊羹ってこれや!!と思い込んでいました。

あらためて紹介、滋賀の丁稚羊羹です。ちなみにこれは「和た与」さんのですが、いろいろ美味しいお店はいっぱいあるようです。
d0108737_23262610.jpg

竹の皮に包んであって、小麦で固めてあるのが特徴!
竹の皮の何とも言えない香りがして若干の苦味がなんとも旨い!
そして何といってもあっさりしている。
d0108737_23264364.jpg

聞くところによるとこうして皮ごと包丁で切って、それをむいて所望するのが流儀とか・・・・・
私は一気に一枚食べるので皮をべろりっとめくり、かぶりつきます。これが私流かな!
d0108737_23265816.jpg






甲賀もちふる里館 もちもちハウス (和菓子 / 寺庄、甲賀)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-27 23:23 | 和菓子
2008年 02月 23日
薪ストーブがあるそばや「けいた」 (三重県名張市)
石、木、土、鉄、ガラス、全て無機素材だけで仕上げられたお店、入った瞬間にいやでも料理に対して期待感が高まる。
ここは「そば けいた」さん、自宅からは約1時間。
周りもこの建物にあった景色、竹やぶがあったりでいい感じの場所に建てられている。
d0108737_22372543.jpg

そして、薪ストーブの柔らかい暖かさがものすごく心地いい!
薪ストーブってこんなに気持ちいいのか~~~急に欲しくなってしまった!
床は大谷石、大理石と違って暖かいのだがメンテナンスは大変やろな~~
d0108737_2236834.jpg

暖簾も面白いデザイン!
d0108737_22362547.jpg

置かれているもの出て来るものの、一つ一つが綺麗だ!それであってわざとらしさがない。
このセンスはご主人なのか奥さんなのか・・・・・・・。
d0108737_2236469.jpg

d0108737_22371078.jpg

赤と白
d0108737_22374765.jpg

揚げそばがきのあんかけ(ブルーチーズのせ)700円。
お~~面白い組み合わせだ!確かにブルーチーズ合うな!
旨いのだが、そばの風味が少し犠牲になっているような・・・・・・
d0108737_22394780.jpg

もり(大盛り1000円)
旨~~~~い!細いがきっちり腰があり香りも十分!
少し緑がかっている。
しっかり水は切られている。(そばの表現は下手なのです~)
d0108737_22395950.jpg

天ぷら皿、500円。
しかい安いな~~~
d0108737_22401547.jpg

ぜんざい、500円。
甘党の私には嬉しすぎる一品だ~~~~旨い!!!
d0108737_22411481.jpg

だけど、だけど、餅の代わりにそばがきが・・・・・・・・
それはちょっと違うようなきがするな~~~。
やっぱり、香ばしい餅であって欲しいな!

この後、子供×2が壮絶なバトルを繰り広げてこれを食べきった。
d0108737_22412899.jpg

そば湯はさらさらタイプ。
世間ではどろっとしたポタージュタイプが好まれているようですが、私はさらさらがいいんだな~~。
d0108737_22414383.jpg

ご主人がそばを打ち、奥さんが運ぶ夫婦二人三脚のゆっくりしたお店。
テーブルは3つだけ、あっという間にいっぱいになってしまう状態ですがのんびりしていい!
ご主人は「松尾」で修行をされておられ3年前目とのこと。

奥では赤ちゃんの元気な泣き声が聞こえてきました、自宅併用の店舗なんだ!
d0108737_22415888.jpg

建物は設計事務所の設計、管理なのでしょう、シンプルでいい!
私が思ういい家(設計)の条件の一つに「時がたつほど味わいが出る家」がある。
昔の家は全てそうでした、天然素材で構成された家は美しく時が刻まれていく。
子供の付けた傷でさえ味わいになっていく・・・・・・・・・・
その時間の経過とともに変化していく様を織り込んで設計できるのが本物の設計士といえる。
そしてそれを施主に説明、納得してもらって初めて現実の物となっていく訳でそう簡単な話ではない。そういう意味では貴重な家(お店)だな~~と思った訳だす。

このお店も50年、100年この地で営業を続けていかれたら間違いなく老舗の風格が出ているのではないかな!
d0108737_2242986.jpg
d0108737_22422449.jpg






そば. けいた (そば / 名張、赤目口)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-23 22:31 | 蕎麦 | Comments(16)
2008年 02月 20日
焼き鳥屋の絶品、近江しゃも親子丼「ゐ勢屋(いせや)」 (滋賀県大津市)
先日、元職場の仲間に連れて行ってもらった焼き鳥屋の「ゐ勢屋」さん。
近江しゃも使ってはって安くてメチャウマだった。
その時にお昼メニューの「特製、近江しゃも親子丼」が気になって仕方なく行ってきました。

その親子丼がこれ!
d0108737_1133691.jpg

このお店、裏路地にあって目立たない!だけど、知る人ぞ知るお店らしい(このあたりは曖昧・・・・)
外観は、ザ・焼き鳥屋って感じ。

門上武司さんも行かれているようだ。
d0108737_1135584.jpg

この日は12時半に来て先客2名だけ、余裕でありつけた!
d0108737_1141919.jpg

そう、この赤い「近江しゃも親子丼」の張り紙が気になってしかたなかったのですな~~
d0108737_1143859.jpg

メニューの鉄則、ご存知ですか?何しようか迷った時は一番最初(横書きなら一番右)に書かれている物を注文してくださいね!そのお店がお客様に一番食べて欲しい物が書かれているのです!

という事は親子丼絶対自信があるってことやね!
d0108737_1145164.jpg

奥さんが「まぜないで、そのまますくって食べてくださいね!」と美味しい食べ方を教えてくれた。
普通、親子丼で食べ方をおっしゃる事ってないだけに、いやでも期待がふくらむな~~
d0108737_117148.jpg

わぁ~~~お!
ふわ、とろ~~とした卵が一番に目に付く、視覚的にも丸や!
味は極めて薄め、そして鳥・・・・・・・・・・・旨ひィ~~~~~~~~~~~~~~。
まいった、炭火で炙ってある!!香ばしい香り~~これは焼き鳥屋じゃないと出来ない芸当だ!
そして近江しゃもの弾力ある歯ごたえ、濃厚な旨味!
d0108737_1592568.jpg

薄味で十分に近江しゃも自身の味を楽しんでもらいたいという大将の意図が読み取れる。

そして、食べ進むと温泉卵が割れて黄金の黄身がとろ~~~~~~~~り!!
あかん、かんべんしてくれ~~~~~~!
これだけ手が込んで680円は安い~~(もうすぐ値上げするそうですよ~~)

これは親子丼として反則なのかもしれませんが、旨ければいいじゃないですか!
d0108737_1174034.jpg

大将はまだ30過ぎくらいで若い!昼は愛想のいいご夫婦だけで切り盛りされています。

バーを別の場所で10年近くやっていたそうだ。お酒を出しているだけでは何も面白くないので炭を鋳こして地鶏を焼いたりしだしたらしい。もともと食いしん坊であったらしく料理に熱中しだして「それなら、滋賀の田舎らしく美味しい地鶏などを出すお店を出そう!」という事で、6年前この地に落ち着いたようだ。
d0108737_1181292.jpg

当然、夜の焼き鳥も安くて旨い!
しかも落ち着くんだな~~~
d0108737_118223.jpg

希少価値としては焼き鳥屋でしか出来ない親子丼、これでしょ!
行く時は、話半分だと思って行ってね!昔から私は話を大きくしてしまうから・・・・・

そして、卵の半熟が苦手な人はやめておきましょうね!

それと、3月頃?から値上げするそうなので、お早めに!
鳥の餌が高くなって、鳥が高くなって、親子丼が高くなる、仕方ないよね~~~~
d0108737_1183664.jpg

ゐ勢屋
滋賀県大津市松原町20-3
(石山駅近く、京都信用金庫石山支店の横の道を入っていってすぐありますよ!)
077-534-4015
お昼は11:30~14:30







ゐ勢屋 (焼鳥 / 京阪石山、唐橋前、石山)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-20 02:26 | 和食 | Comments(18)
2008年 02月 17日
福井県「今庄365スキー場」の越前そば (小ネタだす~~)
今庄365スキー場、先週の連休に行ってきました。ここは初めての場所!
北陸道「敦賀」インター降りて30分、自宅からも2時間少しで行けるお手軽スキー場!

頂上の景色が最高!!水平線の位置が高い!(←だからどうなの?)。
ま、とにかく絶景だす~~
d0108737_21482279.jpg

ここは標高が低いから雪が重たい!志賀高原と比較したらあかんけど、シャーベット状ですよ~~
いい点は、スキー専用で子供には安全。
とにかくファミリー天国!
d0108737_2149274.jpg

嫁も私もバブル時代のスキー板やウエアー(当時は最先端・・・)でいつも恥ずかしい思いしているのだが、ここでは全く気にする必要がない!見てたらまだ新しいくらいだ(←それは無い)~~
なんと居心地がいいことか~~~

間違えてもここにナンパとかの目的で来ても時間とお金の無駄やで~~~。
バブルに現役やった人とその子供が多いような気がする(ボディコン、ワンレン、肩パット・・・・・他)。
d0108737_215034.jpg

スキー場にこんな看板!眩しく輝いている~~~~
それだけを楽しみに、2人の息子にスキーを伝授!ハァ~~~~しんどい!
(餌のことだけ考えているペットに近いか、私?)
d0108737_22163015.jpg

こんなところで手打ち蕎麦が食べられるってほんまか~~~~。
しかも、安い!普通のお店より安いやん、怪しいな~~
d0108737_21505930.jpg

ざる、700円!立派な手打ちの蕎麦、田舎蕎麦ですやん!
福井県恐ろしや~~~あなどれんな!
2枚食べてしまいました!
d0108737_21511775.jpg

こちらは、おろしそば!
辛みが物足らんかな~~
d0108737_21512897.jpg

実はこの後、美味しい鯖寿司を出す寿司屋に行く予定でしたが、2時ごろ嫁も私も足が痛くて痛くてリタイヤ!当然、そんな早くにその寿司屋は開いている筈も無く、敦賀の回転寿司食って帰ってしまいました。子供からは大ブーイング。

子供ってビックリするほど上達が早いね~~~しかもスタミナが違う!鍛えて挑まないと親の面子が立たんわぁ~~~~

ああぁ~~~~幻の鯖寿司・・・・・・・・・・・・・・・・・・(涙)。
d0108737_21513910.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-17 23:00 | アウトドア(キャンプ、他) | Comments(10)
2008年 02月 14日
尾賀商店 珈琲「セブン社」 金属照明「Switch」 陶器「空」 (滋賀県近江八幡市) 
こりゃ~~~参ったぜ!
扉をくぐった瞬間、興奮状態!!!
と言ってもこの↓の扉ではないですよ~~~

ここは5つの店舗が複合して入っている町屋建築「尾賀商店」さん。
そして、このセブン社さんはその5店舗の中の一つです。
d0108737_21262626.jpg

この商店?内でしたらどこで珈琲を飲んでもいいようになっています。
この日はほとんど貸切状態、嫁と二人であっちこっちうろうろしていました(笑)
最後はここ、中庭が見える特等席でセブン社さんの珈琲おばいただきました。
d0108737_21272066.jpg

嫁はグァテマラ(珈琲ね!)とアップルケーキ、私はケニアとシフォンケーキ。
コーヒー旨~~~~~~、そして嫁のアップルケーキが旨いんだ!だけど、ええ歳してくれへんのやな~~ケチ!
今日は2月14日、当然このサービスのチョコレート私の物・・・・・・・・やはり盗られた。
d0108737_21273427.jpg



d0108737_21275254.jpg


d0108737_2128169.jpg


ここは近江八幡市の町屋が建ち並んでいる外れにあります。
d0108737_21314016.jpg

HPや外観は正直?????です。
それで絶対判断しないで下さいね!!
(この尾賀商店さんの中に珈琲セブン社さんが入っているんですよ~~)
d0108737_21315376.jpg

d0108737_2132389.jpg

入って右手にあるケヤキ板で作られたカウンターと覗き窓。
d0108737_21322630.jpg

左手はカウンター席、ここもいい!めっちゃいい!
d0108737_21324066.jpg

最初に判子屋さん。お店の方は土日しかおられませんよ~~
d0108737_21325264.jpg

次が陶器屋さんの「空」。
柔らかく女性的な器ですが、男性の陶芸家さんです。
d0108737_21331619.jpg

奥に長い町屋には付き物の中庭。
上から降りてくる光が柔らかく、和む空間。
d0108737_21333932.jpg

照明屋さん「Switch]。
ここは蔵の中にあります。
アイアン、銅の照明、それだけでなく銅のアクセサリーや皮製品、その他いろいろありまっせ~~
d0108737_21352783.jpg

何故か金平糖、本物ですよ~~
d0108737_2135364.jpg
d0108737_21354421.jpg

多分、一点ものバック。
d0108737_21355574.jpg

何気なく置いてあるこの赤い紐て綴られた本?
d0108737_21361061.jpg

中には尾賀商店さんの歴史が・・・・・・・・・・・やられた!
心を鷲づかみにされた!

昔は砂糖の商いを、その後下駄の卸をしていたようです。
建物や土地の間口の広さから手広く商いをされておられたことがうかがえます。
d0108737_21362520.jpg

2階もありますが、これ以上写真は掲載しませんね!
映画と同じで全て分かってしまったら行くのに面白く無いですよね~~~
d0108737_21363686.jpg

まだ知られていないのかな~~~平日はお客さん少ないし狙い目でっせ~~
昨年の11月、オープンだから3ヶ月目。
隣の倉庫も改装して何かをされる予定とか・・・・・
d0108737_21365393.jpg

セブン社のオーナーさんともゆっくりお話できました。
愛知川のお店は訳あっておやめになられたそうです。
あそこ行こうと思っていたのにな~~(涙)。

土日、観光客(私もそうだが・・・)でいっぱいになったら雰囲気かわるんだろうな~~~
と思ったりもしましたが、ほっこりしました。

本物志向でっせ!!
d0108737_2137664.jpg

〒523-0848滋賀県近江八幡市永原町中12
Tel・Fax 0748-32-5567
開店 11:00-18:00 / 定休日 火曜・水曜


別の場所です。
アートミュージアムNO-MAさん。
d0108737_21381177.jpg

「近江八幡お茶の間ランド」2月17日までやっています。
d0108737_21382369.jpg

おお~~いっぱい懐かしいものがあるんだ~~
d0108737_21383180.jpg

いろいろな方が携わっておられるんだな~~~
d0108737_21384130.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-14 22:53 | カフェ | Comments(32)
2008年 02月 10日
週三日だけ営業 国産小麦と自家製酵母のぱん「ふじっこ」 (三重県亀山市)
ナガヲ薬局さんに行く前に寄りました「ふじっこ」さん。
建物もパンも素晴らしい!!
オーナーさんはこのマトリョーシカそっくりですよ(笑)
d0108737_058318.jpg

ここは以前に行った「月の庭」さんで知りました。
週に3日しか営業しないっていうのもなんとなく惹かれるものがあったんだな~~~

それはそれとして、この外観どうょ~~~
d0108737_058272.jpg

詳しく聞けなかったのですが、どう見たってパーマ屋さんやね!
d0108737_0584038.jpg

先に言っておきますね!カリッ!とするやつはカリッ!!
そして噛んで引きちぎるような感覚のパンが主流!
いや~~~まさに私、いや我が家好みでした。
d0108737_059545.jpg

本日の焼き菓子、スコーンです。
これ買うの忘れたんだな~~~~ものすごく後悔!!
d0108737_059201.jpg

卵、ミルク、砂糖?の使用を表記しています。
d0108737_0593569.jpg

オーナーさん、とにかく気さく!!若い女性の方で、ざっくばらん。

この箱に使わなくなった物を入れていって、欲しい人がまた持っていく。
この箱がこのお店の雰囲気、いやオーナーの雰囲気なのかもしれません。
d0108737_1584714.jpg

昔からあるあめ色のカウンターに並べられたパンたち。
d0108737_0595765.jpg

昔はカフェもされていたようですが、手がいっぱいで回らずやめられたとか・・・・・
d0108737_101970.jpg

このナラの無垢床、そしてこの張り方!奥のドアと枠、そして腰壁・・・・・・
外観からは想像できない本物中の本物でビックリ!!
すごいんだけどな~~

「昔、離れとしてつかっていたみたい・・・・・・」とのこと・・・・

不思議なパン屋さんだ・・・・・・・
d0108737_103070.jpg

車に乗ったとたんに嫁、子供は競うようにパンを食べだす・・・・
おいおい、残しとけよな~~~~。
d0108737_104258.jpg

ほとんど食べられてしまい、残ったのがこれだけ・・・・・(涙)
あんぱん半分食べて次の日に残しておいたら、全部無かった・・・・・(大涙)

次はそうはさせんで~~~~~~~~
d0108737_141115.jpg

国産小麦と自家製酵母のぱん  ふじっこぱん
営業日/土・日・月曜日(夏季休業あり)⇒ 2008年3月から金、土、日曜日営業です。
営業時間/11時から17時(パンが売り切れ次第閉店)
〒519-0153 
三重県亀山市西町501
JR亀山駅から徒歩10分
駐車場あります。
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-10 02:26 | パン | Comments(14)
2008年 02月 07日
関宿 ナガヲ薬局(カフェ綾羽) (三重県亀山市)
マイミクさんでもあり、ブログでお世話になっているトミジローさんのお店へ行ってきました。

祖父母が営んでおられた薬局の設えがそのまま保存されている
昭和の香りにどっぷりつかれます

d0108737_15312228.jpg

外観
d0108737_15313936.jpg

手前はギャラリー、奥に入るとカフェになります。
d0108737_15314746.jpg

こんな特等席に案内いただきました~~
子供同伴なだけにありがたい!!

昔はここが居間になっていたようです。
我が家も昔、古い呉服屋だったから雰囲気よく似ているんだな~~~懐かしい!!!
d0108737_1532130.jpg

このガラスも昭和初期のもの、景色のゆがみ具合がなんともいいね~~
d0108737_15321857.jpg

昭和の品々、薬屋さんに関係するものが主流ですよ!
見ていると、思わずニヤッとしてしまうような思い出の品物に出会います。
(写真が斜めになっている・・・・・・・)
d0108737_15323312.jpg

旨いよ~~~ティラミス。
ほとんど全部子供が食べてしまい、お代わりまでしてしまった一品。
d0108737_15325164.jpg

オリジナルチーズケーキ、こやつも美味しい!
真鍮のこのフォークがまたいい、ご主人の友人作らしい。
d0108737_1533447.jpg

メツメイシ。ってお茶だったの・・・・・・
薬屋さんだっただけに体にいいお茶がいっぱい、そして沖縄のお茶まであります。
d0108737_15331112.jpg

ご主人作、実はガラス作家さんなんですよね~~~
d0108737_1533309.jpg

展示品
d0108737_15334338.jpg
d0108737_15335526.jpg

土間と井戸。
なんとも懐かしいな~~~~

他にも庭や2階など見所、撮りどころいっぱいありましたが、子供が気になって・・・・・・・・
いい写真撮れなかったことが心残りでした、今度は子供を置いていくか~~
d0108737_153429.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-07 16:30 | カフェ | Comments(20)
2008年 02月 03日
湖国の春をよぶ食べ物「氷魚(ひうお)」 「瀬田しじみ」  (滋賀県大津市)
滋賀でも山に住んでいる私は琵琶湖から季節を感じることが少ないのです。鮎の稚魚で「氷魚」と書いて(ひうお)と呼ぶそうです。
もう少し大きくなるまで琵琶湖の湖底で生活し、少し暖かくなるといっせいに各河川に遡上してきます。

雪の多いこの時期ですが、湖底では間違いなく春を迎える準備が始まっているのですね!
d0108737_1720827.jpg

そしてな、な、何と幻の瀬田しじみ!
「これが今年最後ですよ~~」との事、たまたま通りがかったこの大津のお店で出会え感激!!
d0108737_17204077.jpg

「瀬田しじみ、といっても瀬田で獲れたものやないで~~~北湖(びわ湖の水がきれいな北部のこと)の方や~~」とのことです。
「この少し黄色いのが瀬田しじみの特徴ですよ~」なるほど~~~
d0108737_17204969.jpg

しかし、100g100円って安くないかい????
その意味は後で分かりました。
d0108737_17205741.jpg

これも春の魚、本モロコしかも琵琶湖産!ええ値段やな~~~!
小さい頃、親父と琵琶湖まで釣りに来たな~~(全く釣れなかった・・・)
d0108737_1721877.jpg

「これ写真撮ってね~~~」と何度もおっしゃっていた湖産エビ、まだ生きていて跳ねまくっていました。こやつは魚釣りのえさでお世話になっているからいまいち気持ちが乗らないな・・・・・
d0108737_17211928.jpg

ゴリやウロリ、エビの佃煮
「生きたまま佃煮にしているからヒレがピーンと立ってるで~~」との事!へぇ~~~そうなんだ!
d0108737_17213281.jpg

大津市長等商店街から少し外れた専門店です。
たまたま通りがかりに寄りましたがなんとも魅力的で季節を感じるお店だな~~~。
このあたりは他にも淡水魚の専門店が多いのですが、間違いなく琵琶湖と密接に関わって生活していたのでしょうね~~
d0108737_17214318.jpg

氷魚、ポンズでいただきました。
旨いな~~~~エビもオマケに入ってる
d0108737_172235.jpg

もう一度瀬田しじみ
d0108737_17221152.jpg

これは淡い味やな・・・・・・・・もう少し大きいといいのだが・・・・・

後で調べたのですが、淡水のしじみより汽水の大和しじみの方が味が濃いとの事。

それでも生粋の滋賀県人!また見つけたら食べるぞ~~~~~郷土の味や!!
d0108737_17221967.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-02-03 18:17 | 特選素材 | Comments(16)