「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 30日
小麦も無農薬栽培 「パンロード」  (三重県名張市)
この揚げきな粉パンを食べたら小学校の時の給食を思いだした。
いつもの給食はごわごわのコッペパンが主食でしたが、お雛さんや節分などの時だけ揚げて、きな粉をまぶしたパンが出てきた。いつものコッペパンが不味いだけに、その揚げられたパンはやたらと美味しく感じたものであった。

この揚げパンはそれとは次元が違う恐ろしい旨さがあるが系譜は同じ、こんなのが給食に添えられたら嬉しかっただろうな~~。これに使われているきな粉、自ら大豆を挽いて作っておられます。半端じゃないパン屋さんなのです。
d0108737_2363314.jpg

ちょっと前に行ったから、菜の花が満開。
その先に見えるのが「パンロード」さん、周りの畑で小麦も作っておられます。
畑の中のパン屋さんだな~~
d0108737_23647100.jpg

こんな木箱に入っているから旨そうなんだな~~

天然酵母を使い、奥さん一人で切り盛りされているので週のうち3日しか営業されておられません、というより出来ないんだと思う。発酵に時間かかるし、中に入れる物なども全て手作りしておられるからです。
d0108737_2372824.jpg

奥さんは関東出身、しゃきっとした江戸っ子ぽい感じです。
パン屋以外に手打ちそば屋で修行したり、蔵元でも働いておられたみたいです。
d0108737_2373874.jpg

他の方のブログで手前にあるくるみのパンが旨いとか・・・・・・・買ってないやん!
d0108737_23463177.jpg

パンの数はそんなにありません。
畑の中の一軒家、本当に売れるのか心配ですが強烈なファンがおられるようですね~~。結構お客さん来ておられました。
d0108737_23463953.jpg

この日買ったパン。
右端がジャムパン。生地が天然酵母なのでボテッとした感じで菓子パンにはどうかな~~と思いました。ただ、衝撃的だったのが中のジャム。まさに手作りで、こんな高級なジャム使っていいの~~~と思うほどのものが入っていた。
d0108737_23465123.jpg

なんと言ってもこれやね~~~
お買い上げパンの中の私的金賞です。とにかくきな粉が旨い!!
しかも懐かしいとくるからたまらない。
d0108737_2347031.jpg

紅芋あんパン、これも旨い。
d0108737_2347827.jpg

天然酵母なので好みは絶対分かれると思う。
都市部で作られている誰もが美味しいと評判のパン屋とは別物と考えてください。

小麦から無農薬栽培し、前日に石臼で挽くなどその手間は尋常ではない。
素材の一つ一つの主張がすごい!個性が強いパンです。
(んん~~表現が難しいな~~)
d0108737_23471945.jpg


店名:パンロード
住所:三重県名張市安部田4806-3
電話:0595-64-7536
営業日:火、木、土  (10:00~5:00)




パンロード (パン / 赤目口)
★★★☆☆ 3.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-30 00:39 | パン | Comments(26)
2008年 03月 26日
「草庭」さん 「中川木工芸 比良工房」さん (滋賀県大津市)
比良の続きです。

skogさんの店前で見送りに出てこられたご主人さんが「草庭さん、行きますか?」と聞いてこられました。よく分からないまま「あ、行きます」と後先考えずに言ったのです。
「だったら、この車に付いていきなさい」と、今来られたばかりの車を指差しながら言われるのです。
なすがまま、後をつけていきましたが車の中では「草庭さんて何????」「ギャラリーとか言うてはったで~」「違うな、多分なら庭屋さんやで・・・・・」など勝手な会話状態!

そう、何処に行くか分からないのについていきました(笑)。
d0108737_0313638.jpg

ほんの数分で到着!素敵なお店(ショールーム)やさんですがな!
(私は庭屋さんやと、てっきり 汗)
連れてきていただいた方が、こちらのまだお若いオーナー夫妻だったのです。

まだ、オープンされて4ヶ月と新しいのです。
d0108737_032049.jpg

置いてある物はガラス、陶器、そして木工品。

このガラス物は新田佳子さん作、とにかく影がキレイ!!
d0108737_0322046.jpg

盛國泉さん作のネコとイヌ!イヌは多分ブルテリアやゎ~~~この顔!
これはね!買うというよりもらったら嬉しいやろうな~~
d0108737_0323666.jpg

サブロウさん作。なんだか、ピントがぶれてる見たいやけど、合ってるんです。
このお皿がまたいいんだ!
これはどうして作っているかというと・・・・・・・・・・忘れた。
4月8日~27日までサブロウさんの個展やってはるのでそこで聞いてください。
d0108737_0333325.jpg

奥さん「これは、主人の作品です、工房が裏にあるんです」
ええ~~~このお店だけではないのですか~~

そう言えば一年前にこれはいい!と思って見ていた「桶屋の日記」。一ヶ月で更新が止まり、私の中では幻のブログ化していましたが、それがここか!!!!!!!!!

その後、見つけた「桶屋三代目のブログ」、面白かったのに「ただいま工房増築中」と基礎の写真で更新ストップ!なんでこんないいとこで・・・・・・・それがここなのね~~~~

まさか、こんなかたちでお出会いできるとは思いませんでしたよ~~~感激や~~~!
d0108737_0335539.jpg

そんな訳で裏の「中川木工芸」おば、見せていただきました。
私は何を隠そう、完全なる木フェチなのです、木目がたまらんほど好きです。

これは湯豆腐の桶。鬼太郎の親父のお風呂ではありません、それは茶碗です!
d0108737_0341667.jpg

これは神代杉で作られた花器。神代杉とは2000年前後土の中に埋もれていた杉の木のこと(ブログから)。
色が灰褐色なのが特徴。作られた時点ですでに時代が感じられるので、老舗旅館にすぐ置いても違和感が無いのです。
美しい!!
d0108737_034361.jpg

試しに作られた木のお猪口、材質で味が全く違うとのこと。

ご主人さんで桶屋として3代目、元は京都らしいのです。
独立してここに居宅と工房を構えられました。
d0108737_0344813.jpg

工房に石がむき出しで出ている「何ですか?」とお聞きしたら、こうするんですよ~~と使い方を教えていただきました。確かに分かりやすい!


d0108737_0351939.jpg

d0108737_0353928.jpg

d0108737_0354872.jpg


これは椹(さわら)です。といいながら一瞬でゆるくカーブを描いた木片が出来上がり。
d0108737_0355610.jpg

これをよく乾燥して、300個ほどあるカンナで削って仕上げていかれます。
カンナ、小さいのになると親指ほどのもあります。先代の譲りうけしたものも多くあるようです。
d0108737_036164.jpg

工房の横にこのような作品が・・・・・・・
最初は公園???と思ったりしたのですが、同じ敷地やしいったい何????
実は時間が無く聞く事が出来なかったのですが、後でブログを見て判明しました。
これもご覧下さい。奥が深いな~~~
d0108737_0363041.jpg

この日は日曜日で本当はお休みだったのです。そんなこともおっしゃらず、誰なのかも分からないまま、わざわざお連れいただき楽しくご説明いただきました。ありがとうございます。

私にとっては、こんな偶然、そしてこんな人の数珠繋ぎが楽しくてたまりませんでした。
「これが比良の良さなんだな~~」と実感したしだいです。
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-26 02:38 | ギャラリー | Comments(30)
2008年 03月 23日
森の中のgallery skog(ギャラリー スクーグ)さん (滋賀県大津市)
スープ・フャニチャーさんを後にして向かったのが「ギャラリー スクーグ」さん。
滋賀本で知り、いつ行こうか虎視眈々と狙っていたのです(奥さんのブログを見ながらね!)。

そして、迷って迷って到着。
あれっ、やってるの???と思っていたら表で作業中のご主人さんが「どうぞどうぞ~~」とエスコートいただき無事中へ。
d0108737_21442129.jpg

アイアンの看板。
d0108737_21444236.jpg

とにかく大きなドア、取っ手のアイアンはご主人さん作。
そう、ご主人さんはアイアンのアーティストです(本当?)。
d0108737_2145731.jpg

作品は落ち着いた大人作品が主流!
特にガラス物が多いのが私にとっては嬉しい。
d0108737_21484722.jpg

この吹きガラスの瓶が山の景色を背景にして目に付く。
横山秀樹さんの作。
d0108737_21491271.jpg

これが新作!
ご主人さんとガラス作家さんのコラボ作品。
アイアンの修行?まだ、始められて日も浅いようですが、数時間でこれが出来るまで腕を上げられたようです。魚釣りが趣味から脱落した今の私、何か新しいこと探し中ですが「アイアン」もいいかも!!と思ったしだいです。
d0108737_21493075.jpg

このかえるがまたかわいい!
嫁さんは一目ぼれ(かえるフェチ)
d0108737_21494993.jpg

この窓が設計のポイント?
光や景色を通してガラス物はキレイに輝くんですよね!
d0108737_2150492.jpg

わぉ~~絶景!!
最上部にはびわ湖が見える。

ご主人さんは「高くつく道楽ですゎ~~ハハハァ~~」とおしゃっておられたのが印象的。
だけど、ご夫婦とも同じように美術的センスをお持ちで、思いを実際このような素晴らしい場所で形にされたことに憧れを感じます。
d0108737_21512459.jpg

この建物はスキップフロアーになっている。
立体的で何処にいてても開放感がある空間だ。
展示会もいいけど、パティー会場として使っても楽しくて面白いだろうな~~。(勝手なこと言っています・・・・・)
d0108737_21513619.jpg

このバック、欧州(のどこやったか忘れた・・・)から買い付けてきた生地を日本で縫製して作ったオリジナルバック!個性的な柄やな~~~
d0108737_215233100.jpg

これは注文品。
酒を飲みながらゆっくり読書するためのスタンド!
(写真の写りが悪いな~~)
d0108737_21525513.jpg

私は佐々木さんの繊細なガラスの器、そして横山さんのガラス物、連れ去りたかったです(泥棒やないか~~笑)。
d0108737_2153961.jpg

さて、次は4月12、13日に「かんじる比良」でおじゃまさせていただきますね~~
d0108737_21531973.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-23 00:06 | ギャラリー | Comments(18)
2008年 03月 20日
手作り家具「スープファニチャー」さん  “かんじる比良まであと23日” (滋賀県大津市)
全ての始まりはこの「自休自足 Vol20」に掲載されていた比良(大津市)に在住されておられる「スープファニチャー」さんの記事を読んでからである。
とにかく行きたい、見たい、お会いした症候群が襲ってきてどうにもならない状況となったのである。
お店ならいざしらず、自宅やしな~~~とつぶやきながらhpを見ていると「第3日曜日は燦々ショールームの日????」お~~いえぃ~~~~~い、行ってもいいの、いいのよね!!

という事で4月の「かんじる比良」までは絶対待てないので3月16日に行ってきたのです。(ほっとすてーしょん比良でコロッケたべてからね!)
d0108737_0335134.jpg

元は設計事務所にお勤めだったらしいのですが、30才を過ぎて家具職人の道へ進まれたらしいのです。一歩を踏み出す勇気がその次の連鎖を起こして好転していったとのことです。
(この本に書かれていたことですよ!)
d0108737_0341157.jpg

なんと、親切に看板が出ています。

住宅業界で20年仕事をしていた私が滋賀の中で一番家を建てたいと思う場所はここ比良です。林が広葉樹主体なので明るい、そして山麓の傾斜が南東方向に向いていて日当たり良好(一般的には杉などを植林されている山が主体で暗い!)。なにより山とびわ湖に囲まれて眺望が最高で静。
d0108737_23351872.jpg

ただ、インフラ(上下水道、道路)や利便性はいたし方がないとあきらめて下さい。
全てそろっているところはありませんよ~~。

駐車場に到着。右手の建物が工房です。
自宅はもう少し上にあります。
d0108737_23353163.jpg

なんと、工房の横にはこんな小川?
雪解け水が豊富、飲めそうにきれいや!
d0108737_23354572.jpg

見えてきたぞ~~~
d0108737_2336219.jpg

「スープファニチャー」という名前は“あたたかい家具を届けたい”という思いが込められています。(自休自足から)
d0108737_2335460.jpg

明るくていいですやん!
子供も大喜びで、ディズニーの世界に迷い込んだように思っていたようです。
d0108737_23395064.jpg

この「リサ」ちゃん、「101匹わんちゃん」の本物がいると驚いていたのです。
田舎者の息子たち目が釘付け、漫画の世界だけのイヌと思っていたようです(笑)。
d0108737_2340780.jpg

なんといってもタイル張りのこのキッチン!引き出しもいっぱいで使いやすい!
当然、家具職人のご主人さん作です。金額も含め納得、絶対お勧めしたいですな~~
薄く天然塗料のオスモで大人しい色に仕上げている。
床も含め松特有の黄色をおさえてあるところろがものすごくセンスがいい!!(好みの問題かもしれませんが・・・・・・・)

         まだ「リサ」ちゃんをジ~~ト見ている長男↓
d0108737_2340541.jpg

オッサンが何でキッチンにこだわるか??
ん・・・・・・・・・・・・・・・・・汗。
d0108737_23411366.jpg

後のカウンターも機能的で何より明るい!
下段はころころっと引き出せるワゴン式。ん~~~いい!
d0108737_23414352.jpg

なななななんと、プールが見える・・・・・・・・
同じ敷地のご両親がどうしても欲しかったと造られたとか・・・・ハァ~~~~。
日本じゃないような気がしてきた~~
d0108737_23443450.jpg

使いこんで少し味がではじめたダイニングテーブル。
この引き出しが付いているのがいいじゃないですか~~

                        ご主人がお嬢さんを肩車、ほほえましいね!↓
d0108737_2345345.jpg

今年初めての冬を過ごされましたが、この薪ストーブ一台で全ての暖房をまかなったとか・・・
何より、ドアをご主人が作成予定、予定ってことは無いのです。(トイレはさすがにあるよ)
つまり、家全体が通しの状態!気密がいいんだろうな~~
d0108737_23455829.jpg

玄関を入った瞬間に電気が走るよ!(静電気違うで~~)。
めっちゃいい~~ってね!
d0108737_23462667.jpg

必見は水周り!
お風呂からびわ湖が見えるんです。青のモザイクタイルが何ともいい!
ドアがあるでしょ~ままままさか将来露天風呂~~~手伝いに来ますスコップ持って!

ここが一番日当たりがいい場所、南東の角!明るくて気持ちがいい~~
個室よりパブリック優先の設計思想やね!
d0108737_23514030.jpg



家族を大切に思われる気持ちがこの家、家具に現れていますね!
本当に優しい人柄がにじみ出ていた奥さんとご主人さん。
ご自分のやりたいことに向かわれる輝きも感じました。
いろいろにいいものをいっぱい感じ取りましたが書き出すと講釈たれみたいになってしまうのでやめておきますね!
d0108737_028525.jpgd0108737_0281846.jpgd0108737_0282985.jpg


本当はもっとお話がしたかったのですが、子供が限界でしたので・・・・・・・・・。

それと、本に書いていましたカフェ、是非実現させて欲しいと願います。
こんないいところでそして主人の作られた椅子に机でコーヒーが飲めたら最高です!

↓ 奥さん手作りの豚マン、美味しかったです!
d0108737_030418.jpgd0108737_0305548.jpgd0108737_0311140.jpg


最後に燦々ショールームって何?って方の為にスープファニチャーさんのhpから説明を引用いたしました。

「スープファニチャーには、現在ショールームがありません。
でも、お客様にスープファニチャーの家具を、実際に見ていただく場を作りたいと考えていました。
この度、2008年より、月に一度だけですが、ハーフセルフビルドした自宅のリビングを開放し、実際に我が家で使用しているスープファニチャーの家具を見ていただける時間を作りました。
毎月第三日曜日(サンデー)、「燦々ショールーム」と名づけました。
予約は要りません。お気軽にお越し頂き、燦々と陽の降り注ぐ我が家のリビングで、家具を見て、触って、ほっと感じてください。」


比良編、まだ続きますよ~~

それと「かんじる比良」4月12日、13日ね!
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-20 00:23 | 職人 | Comments(24)
2008年 03月 17日
今、比良が熱い!!「ほっとすていしょん比良」 (滋賀県大津市)
いや~~~~~~~気持ちがいい!!
静かな中にピーチクパーチク、ひばりの鳴き声だけがが響いてる~~~
どうよこんなの!

快適!?ねこ生活さんが先日行かれた「ほっとすていしょん比良」へ!
まだ雪が残ってる比良山を見ながらコロッケ定食!

そしてビックリなことが、ななななななんと「まったりし隊」さんとばったりお会いしたのです。
隊長はご主人、副隊長は奥さんの2人構成!心癒される写真とブログです。
d0108737_0365010.jpg

ここ比良では4月12~13日「かんじる比良」というイベントがあります。
それが待ちきれずに来てしまったのである。
このイベント、絶対いいからね!
そして、まったりし隊さんの写真展もあるからね~~~
d0108737_0371054.jpg

さてさて、何にしようかな~~~と言いながらコロッケ定食、季節野菜のカレー、そして米粉ピザと決めていたんだ!
d0108737_037255.jpg

d0108737_0373284.jpg

コロッケ旨い!ホンマ!
何よりご飯が旨~~~~~~~~~~~~い!なんでこの季節でこんなに美味しいの??
そして味噌汁もうま~~~!出汁、味噌、野菜それぞれが力強い!
普通に見えて何のひねりも無い料理だけにサプライズが大きかった。
舌に自信のある人、カモォ~~~~~ンです。
繊細な味が分かる方是非とも食べてね!
d0108737_0382879.jpg

当然、カレーも旨いよ!

それより、隣の女性3人組の里山弁当が気になって仕方なかった!
三段重でキレイな風呂敷に包まれて出てくるんや~

あれも食べたかった(何ぼ食うねん!)・・・・・・・・(涙)
d0108737_0384062.jpg

米粉ピザ、これも旨い!
想像通りでもちっとしたいかにもご飯っぽい生地である。
それがまた合うんだ!

そして、全てに言えることだが安い!
d0108737_0384938.jpg



d0108737_039161.jpg
コロッケは「じゃがいも」「カレー味」「ローズマリー」「さつまいも」の4種類から選びます。
後で2個追加(一個50円)したので全種類制覇!!
何が美味しいかはご自分でお試しを!



この特別席、実は建物の裏の狭い場所でカウンターがあるだけ。
だがその眺望は超一級品!!
定員オーバーで座れないところをわざわざお店の人がテーブル出して特等席(子供が座ってる席)をこさえていただきました。

ほっこっりやね~~
d0108737_0402216.jpg

食事が終わったら畦道を走りまくり!
そして今年の初つくし採ったり!
d0108737_042237.jpg

スピード出しすぎで長男、田んぼに落ちる!
予想通りのことしてくれるゎ~~(笑)。
d0108737_0421571.jpg

まったりし隊さんにお会いして嬉しくて買い忘れた「おはぎ」
絶対買おうと思っていたのに~~~。お~まい、が~~~
d0108737_0441713.jpg



米粉で作ったパン、他。
d0108737_0445323.jpgd0108737_0465272.jpg


d0108737_047659.jpgd0108737_0483057.jpg


外観は決して綺麗ではないよ~~(ゴメンね!)
お洒落な建物を想像して来て落胆したらあかんしね~~~

だけどね、比良の農家の方の本気が感じられますよ!
そして、温かさもね!
d0108737_0484781.jpg

嫁が「生まったりし隊」にあったね!すぐわかったね、ヨシコさんべっぴんやったね~~と帰りにうるさいうるさい!

私はお店で「あ~~まったり隊さん!」(←実はまったりし隊さんであって”し”が抜けていた)と大声で・・・・他のお客さん「まったりたいって何????」といった空気が、ふわ~~~~~~と流れてたような・・・・・・・・
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-17 02:14 | こだわり | Comments(36)
2008年 03月 13日
話題の「鞍馬サンド」 (三重県鈴鹿市)
納豆コーヒーゼリーサンド(醍醐)で有名!三重県鈴鹿市にあるサンドイッチ屋さん
名前が「鞍馬サンド」、なんで京都の鞍馬なん??????
お店の脇に踏まれて足跡が付いた看板発見!
読みにくいな~~~後で同じ文章出てきまっせ~~~。

しかし、今回は変わったトップ写真やな~~~
d0108737_21234616.jpg

目印の看板。

このお店が最初のお店???他に東京に4店舗、名古屋に1店舗あり。
d0108737_2124034.jpg

ケーキ屋さんの雰囲気かな?
d0108737_21241589.jpg

上段にはデザート系300円位
下は惣菜系で300~450円位かな~~
d0108737_2124272.jpg

話題の納豆コーヒーゼリーサンドはやめといて、無難なデザート系を5つ。
多分1600円位やったと思う・・・・・・・・・忘れた。
d0108737_21251345.jpg

立派なカフェも備えているのだが、来るお客は持ち帰りばかりだった。
とにかくものすごい売れていてひっきりなしにお客さん入っていた。
d0108737_21253428.jpg

上、抹茶あずき(若葉)→あんこと生クリームはやっぱり旨いな~~~
下、生クリームいちご(平安)→予想通りの味・・・・・・・・・
d0108737_21254782.jpg

とにかく生クリームがこれでもか~~~って入っている。
えぇ、「旨いんかどうやね~~~」って?

旨いといえば旨いし・・・・・・・・又食べるかと聞かれたら食べないと答えるし・・・・・・・・・。
生クリームがちょっと好みの味と違うんだな~~
d0108737_21255480.jpg

上、生クリームバナナ(天狗)→鞍馬と言えば天狗、これは定番なんやろな~~
下、2月限定イチゴ大福→実は2月に末に行ったんだゎ~~~こしあんと羽二重餅が入ってる。

思ったんだが、これ若い人の集まるパーティーで使えるね!
今月の会社の歓送迎会はこれ使おかな~~~
d0108737_2126259.jpg

本当の話???
d0108737_2213044.jpg






鞍馬サンド 鈴鹿店 (サンドイッチ / 平田町、鈴鹿サーキット稲生、玉垣)
★★★☆☆ 3.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-13 22:09 | パン | Comments(16)
2008年 03月 10日
クラフトスペース咲楽(sacra) モンターニュ(滋賀県草津市) そして滋賀近代美術館のヴォーリズ展
3月6日(木)、ふらふら~~と草津方面にお出かけ!

地域発信型ポータルサイトって存知ですか?
それの滋賀県版が「滋賀咲く」。まずその名前がいい!関西の方は「なるほど~~」となる!
その滋賀咲くでブイブイいわしておられたのが翠さんのブログ(面白い!)。10年前から自宅ショップ?(クラフトスペース咲楽)をやっておられるという事で行って来ました。

こちら、陶器が主力選手、そしてガラス、布、ets。(クッキーもあるよ!)

d0108737_23232772.jpg

「こんにちは!」とお邪魔しましたがお留守???玄関戸は開いたままなのに・・・・・・・・・

そうそう「ねえさん」とこで見たお雛さんを・・・・・・・・・・無い!そや、3月3日過ぎとるやん~~~そら無いわな。
そのうち帰って来られるやろ!と嫁とあれこれ勝手に物色(ゴメンね!)

さすがに悪いな~~と帰ろうかと思った瞬間、カラコロ・カラコロと遠くから急いで走ってくる足音。「ごめんなさ~~~~~~~~い!」と笑顔で(息きらせて)翠さん登場!その時、餃子のB子さんのことを思い出してしまったんだな~~何故か分からんけど!

なるほど、翠さんの人柄がこのお店そのものなのかもしれません(笑)。

とか思いながらも時間に追われて、あまりお話も出来ず帰ってしまいましたが・・・・・。
写真(内部)もあまり撮れなかったのが心残りでもあった。ゴメンね!
d0108737_23411675.jpg

このステンドグラスは翠さん作。そして扉自体も手作り「ツー・バイ・フォーの材料を使いました」との事。10年前、この扉から始まったんだな~~~と妄想しながら撮っていました。

自分の好きなことや思いを形に変えていく、3坪?ほどの小さなお店なのだが素晴らしいな~~
こんなお店がもっと出来たらな~~~としみじみ・・・・・
d0108737_23413074.jpg

これ、お持ち帰りした「ワタナベ ヒデコ」さんの器。
いい黒色なんですよ~~~(嫁談話)。

そしてこの肉じゃがのじゃがいも、めしさんのブログで見かけた「インカのめざめ」。
私はこの日、これを食べることで頭がいっぱいでした。(←イヌと変わらんな!)
このじゃがいもやっぱ普通や無かった!これ、じゃがいもの皮かぶった栗や!
当然、栗で肉じゃが作っても美味しいとは思えへんでしょ、その通りで失敗!
そのまま茹でたらめっさ旨かった~~~~~~~。

(器とじゃがいもの話がちゃんぽんしてゴメン!)
d0108737_23414677.jpg

翠さん紹介(超ご近所)の「モンターニュ」さん。車で30秒!
え~~~ここkashさんがこのあいだ行かはったお店ですがな~~。
d0108737_2342695.jpg

覚えてましたよ、クリームパンですね美味しいの!
それと、バケットあったで~~って今頃言われてもね~~

パンの写真無いのだが、本当に旨いゎ~~~
都会(京都、大阪)に出ないとおいしいパンは食べられないと思ってたのは昔の話やな~~

もう、滋賀作ってバカにしたらアカンで~~~~
d0108737_23422666.jpg

こちら、翠さんのご主人(建築士)さんが設計したとのこと、アイアン使いが特徴!
d0108737_23423725.jpg

この日はここへも行った、滋賀県立近代美術館。
d0108737_23442746.jpg

ヴォーリズ展やってるよ~3月30日まで!
d0108737_23443680.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-10 01:34 | その他 | Comments(22)
2008年 03月 06日
近江八幡番外編 揚げたて手長エビ 遠久邑(おくむら) (滋賀県近江八幡市)
皆さんには自分自身の本当の「メンター」と言える方はおられますか?
「日牟禮庵」の後で行った講習会で一番心に引っかかった話。
メンター=優れた指導者、助言者、恩師。スターウォーズではヨーダがそうだわな!
それが正しいかは別にして本気で叱ってくれる人もそうかもしれない・・・
講習の先生には正直メンターなんて必要無い様に思えたのだが、いいメンターがいると言う。「その存在は自分自身の成長には欠かせないもの!」とのこと・・・・・・・・・・
たとえ叱ってくれなくても「その人ならこんな場合どうするだろう・・」と思える人も心のメンターなのかもしれない。はっきり言われなかったのだが、素晴らしいメンターが出来るのもその人の技量なのかも・・・・。
何で私にはいないの???と珍しく考えてしまった。
必要ないといえば必要ないのだが・・・・・・。

では本題ね!これ琵琶湖産手長エビのから揚げ、美味いんだゎ~~~
d0108737_21235535.jpg

たねやの日牟禮ヴィレッジから歩いて10分位にある地味~~~~~なアーケード。その入り口にある「遠久邑(おくむら)小幡町店舗」さんで食べられます。
d0108737_212493.jpg

基本的には琵琶湖で獲れる魚介の佃煮を販売。
d0108737_21241971.jpg

へへへ~~~これこれ!
沖島の漁師さんから直接買っている手長えびの唐揚げお願いね~~
主人「わかさぎ子持ちやで~~~」
私「蕎麦食べてきたとこやけど、それもいっとこか~~」
d0108737_21244238.jpg

老夫婦で営んでおられるのんびりしたお店、そしてご主人がなんとも面白い!
近江八幡の見所をいろいろ丁寧に説明してくれるのです。そうなると「これから講演会を聞きに・・・・」とは言えず嫁と「あ・うん」の呼吸でにわか観光客に変身!
d0108737_21251249.jpg

そこへ、自転車に乗ったおばちゃん2人、天ぷら買いに参上!(地元にも人気なんだ!)
そのおばちゃんも参戦で「あそこで左義長まつりの準備やってたで!(今年は3月15,16日)」「あそこのお雛さんすごいで~~」とか盛り上がること・・・・・・・・・。
最後にはご主人、ビデオ持ってきて「これ見てみ!」とビジュアルで説明、「百聞は一見にしかずや!」

止まらない・・・・・・・・・・・・汗。


なんか嬉しいな~~~温かいね!
本来の滋賀県人らしい素朴さが出ているゎ~~~

そやけど、焦がさんといてや~~~~。
d0108737_21252255.jpgd0108737_21253010.jpg


揚げ物のジュワ~~~~という音が気になって見たい!だが見せてもらえない息子たち。
一等席で写真を撮ってるからここは譲らんで~~~

すると、外に回ってじ~~~~~~と見ていた(笑)。
d0108737_21283645.jpg

わかさぎもエビも冷凍だったような気がして期待していなかったんだが、これは本当に旨ヒ~~~~~~~~~~~~やね!しかもこれで200円!アツアツとカリカリや!
d0108737_2129654.jpg

わかさぎ、すでに4匹食べての残り。
「100gに少し足らんし270円な~~~」とまた正直なんだ!

この後、悲劇が!!
この一番大きいやつが、ころころっと地面へ!お~まい、が~~~~~~
嫁「大丈夫、大丈夫、セーフ、口あけて!」
私「ええ、食うのか~~はぶっ!(私の口に・・・)」
嫁「3秒ルールや!今の1.5秒でセーフなんや!」
私「なんじゃ、そりゃ~~~・・・・・・・もぐもぐ、旨い!当たりや!卵いっぱい入ってた~~~」←食べるか普通!
d0108737_21291587.jpg

当然、わかさぎも人間と同じでメスばかりとはかぎらない!半々である(多分)。
卵入りはやっぱり旨い!
だけど、次男(小2)は最後までオスばかりでちょっとすねてしまった。次男よ人生とはそんなもんやで、泣いたらあかん!(わかさぎで人生語るか!)。
d0108737_21293021.jpg

天気のいい日に観光の中心から少し外れてのんびりするのもいい!
その地の人と少しだけでも温かい交流があればご機嫌なくま家族である。

私の評価基準はその食べ物単体だけでなく、作り手の情熱や温かさなどがちゃんぽんされている(笑)。その物(食べ物、建物)自体より、あきらかにそれを作った人に惹かれてしまう性格。よって、評価は鵜呑みにしないでね!
d0108737_2129551.jpg

講演会の帰り、噂の「壱製パン所」発見!
d0108737_21311114.jpg

へ~~こんな置き方してるんや!
d0108737_21312315.jpg

バルサミコやオリーブオイル、チーズなどもある。
d0108737_2131353.jpg

旨い~~~、確かに!
だけど、パリパリのパンばかりで皆車の中にこぼしまくり・・・・・・・涙。
d0108737_213145100.jpg

後でもバリバリとお構いなくこぼしてる・・・・・・・・・・・。
d0108737_21315449.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-06 23:58 | その他 | Comments(16)
2008年 03月 03日
日牟禮庵(ひむれあん)   (滋賀県近江八幡市)
蕎麦ネタが多いと言われていますが、また蕎麦です(笑)。

この趣がある建物が蕎麦処の「日牟禮庵」、観光客もジモッチも来る変わった蕎麦屋さん。よく仕事中に来たものだな~~~~

この建物は真正面から見るのが一番かっこよく見える!!
d0108737_2055821.jpg

昔はすいていたんだが今はすごい人気とか・・・・・・・・・
今日は近江八幡市で講習会があったのでお昼に寄ってみた。
d0108737_20551978.jpg

建物は近江商人(廻船問屋)の邸宅を使っている。
何だか仰々しいな~~
d0108737_20553279.jpg

中庭、これを見ながら大正時代の座敷で食べれたら確かに値打ちある。
d0108737_2056015.jpg

厠に続く外縁。
d0108737_20562451.jpg

奥には座敷があるのだがそこは公開していない。
そこも見てみたいな~
d0108737_20574319.jpg

ビックリ!あっという間にこの満杯状態、11:30ですよ!

この季節はまだ寒いので障子を開いていない。
部屋から庭を見ながら食べられなかったのが残念。というより、それが出来なかったら値打ちも半減やな~~~
必ず暖かくなってから来てくださいね!
d0108737_20581217.jpg

私はざる、嫁はかけ。
それ以外は少しだけ観光価格かな?
d0108737_20582792.jpg

コシはきっちりあります。中太かな。
d0108737_2143612.jpg

八幡堀などの観光の中心地からは外れていますが、暖かくなったらふらっと歩いて来るのもいいのではないかな~~~
大正時代に建てられた近江商人の家屋と庭を見ながら蕎麦が食べられるのは十分値打ちあると思います。
d0108737_2145284.jpg









日牟禮庵 (そば / 近江八幡)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-03 02:54 | 蕎麦 | Comments(22)
2008年 03月 02日
満員御礼!つぐみカフェ (三重県名張市)
田んぼに囲まれた集落の中にある農機具倉庫、その中を改装してつくられている「つぐみカフェ」さん。
これがカフェとはね~~~~分からんわな!
どんなに迷ったか、あきらめる一歩手前で発見!

「そばやけいた」の帰りしどうしてもコーヒー&ケーキが食べたくって寄りました。
d0108737_0155681.jpg

書店主だった方が元スタッフの方と共同で改装して始められたとか・・・・・・
なるほど、手作り感が漂っているな~~~
d0108737_0161324.jpg

雪で黒板が濡れている・・・・・
d0108737_0162865.jpg

正直、ものすごいセンスがいいとはいいがたいカフェだが(遠まわしないい方)・・・・・・・
満員御礼!2階席もあるほど大きな内部だがいっぱいの人、何で????
こうなるとケーキよりこのような田舎の集落にあるカフェ?で何故集客できるんのかが気になって仕方がない。
d0108737_0165069.jpg

d0108737_0165880.jpg

普段使いのカフェって雑誌が無造作に置いていたり、少しがやがやしていたりするのではないかな。その方が会話も落ちつくし、読書もゆっくり出来たりする。(ここはその代表かも・・・・)
d0108737_017831.jpg

d0108737_0171624.jpg

とにかく分かりにくい所にあり、普段使いの楽しい「つぐみカフェ」さんでした。
d0108737_0182855.jpg







つぐみカフェ (カフェ / 美旗)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-03-02 01:58 | カフェ | Comments(16)