<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 29日
08島根県松江でキャンプ その②!
まったくもって気持ちがいい、カフェ、いや違う喫茶店かな!
なんとなくだがカフェと喫茶店を使い分けているのだが、こちらのマスターの雰囲気からここは喫茶店と決めた!

景色がすばらしい!
まず、砂が白い!だから海が青いのである。
ハァ~~~本当に気持ちがいい!!
d0108737_0475977.jpg

この「珈琲店 蒼」のマスターは元会社の社長、50代後半でリタイアしてこの素晴らしい景色に一目惚れ。そしてこの喫茶店オープンとなった訳である。
「海がとにかく好きなんです」とゆっくりなテンポで話される、その雰囲気がまたいいのである。
d0108737_050078.jpg

マスターは珈琲に対するこだわりが強いのですが、このハーブティー(嫁注文)があまりにキレイなのでアップ写真となった。
d0108737_0502490.jpg



こうも暑いとココナッツミルクゼリーの味、香りがたまらないですね~~
アジアのリゾートへ魂だけトリップしそうになります、300円。
チーズケーキ250円のショコラ300円・・・・全部、安すぎ違う!
全部手作りでめっちゃ旨い!
d0108737_0512063.jpg
d0108737_0513362.jpg
d0108737_0514545.jpg


まだお店を始めて2年と、そう間が無いのに昔からここにあったような雰囲気。
お洒落という言葉はあてはまらないが、何処にも負けない居心地の良さを兼ね備えている。
d0108737_0533940.jpg

もう少し気候が良かったらこの席だろうな~~

アイスコーヒーを私は飲んだのだが、これが旨い!!
他にも細かな事に結構こだわりを感じることができるお店、というより感じさせてくれるマスターが凄いんやね!

最もすごいのが周りに生えている雑草。それを見事に建物などと調和させている、これは玄人好みだ!さすがに造園デザインを手がけておられるだけある。
海、砂浜、草、建物と全てを一体になっていて隔たり(フェンスなど)がない。それも意図しこの一体感を作り上げているだけにすごい!
一つ間違えると、「雑草の生えた、なまくらな喫茶店」となってしまうだけに手入れも大変だと思う。
d0108737_0532572.jpg

店名 珈琲店 蒼(あお)
所在地 〒699-0902 島根県出雲市多伎町461-1
TEL 0853-86-3905
営業時間 午前10:00から日没
定休日/木曜日




キャンプで私の欠かせない趣味として小さな小さな漁港巡りシリーズがある。
ここは、キャンプ場から降りてきてすぐ、民家30軒たらずの漁港。
d0108737_0544321.jpg

夏の場合はとにかく早朝に来ること、だれもいなくなるからね!
d0108737_055376.jpg

第一村人発見!
この地にまつわる話など聞けるんですよゎ~~それが楽しいんだな~
「あんた、何処から来たの」
「へぇ~~~滋賀から、えらい遠いとこから来たね~」
「とにかくココの海はキレイやから、その先の港で泳ぎなさいよ~」

港見に行くと本当に腰抜かすほどキレイな水だった!
d0108737_0551968.jpg

とにかく漁村の道は狭い!
その狭さが、寄り添い助け合い、独特の漁村生活となる。
プライベートという言葉は存在しないかも・・・・・・・・・
d0108737_0553353.jpg

この漁村もやはり老人しか見ないな~
「おはようさん~~」と隣を通り過ぎて海の方に歩いて行った方も新聞を配る村のお婆さん。
後をつけると、お地蔵さんを拝んだり、他人の花壇に水をあげたり、出会う人と話をしながらゆっくり配って歩かれていた。

時間がゆっくりだな~~
d0108737_0554918.jpg

お盆になると、この風景も様変わりしてにぎやかになるのだろうな~
都会に住む息子や孫が帰ってくるからである。
それが過ぎるとまた日常へ戻る、その繰り返しかな。
お年よりは、次に子供たちが帰ってくる日を網を直し漁をして楽しみに待つのだろう。
d0108737_2113052.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-29 02:15 | アウトドア(キャンプ、他)
2008年 07月 24日
08島根県松江でキャンプ その①!
あづい~~~~~~~~~~~~暑すぎやがな!!!

まずはキャンプ場の紹介。

出発前日に急遽、行き先変更。人が少なそうな島根県松江市「多古鼻キャンプ場」へ!

ここ凄いゎ~!最高の眺め、全方位海が見える(夕日も朝日も見られる)!
d0108737_1426815.jpg

しかし、テントでは危険なほど暑すぎ!!
キャビンを申し込むがキャンセル待ち・・・・・・・・・・・・・テント暮らしをしながら待ったろうやないか~~~~(喧嘩ごし・・・・・・)。
d0108737_14265667.jpg

これ、朝日ね!
テントの真正面から、ご来光が拝めるとはビックリ!

でも、嬉しかったのは初日だけ、もうお日様出てこんでええちゅうねん!(暑いんやって!)
d0108737_14274574.jpg

お風呂もトイレも全て高級ホテル並!
ここは岬の先っぽに開発されたリゾート地という言葉が似合うキャンプ場。にも関わらず、テントは家族で一泊1050円、全棟オーシャンフロントのキャピン(コテージ)1万円超(人数により)、安すぎ!
国定公園内でのこの開発、ここの為だけに何億円もかけてキレイな道が造られたりで、この金額には謎がのこる!

それにはからくりがある、電力発電所建設の見返り金が流れこんでいる施設なのだ。

私にとっては環境整いすぎでちょっと・・・・・・・・・・・・・・・・
d0108737_14281198.jpg

初日のお昼メシ。
米子市でイタリアン!安くて美味しいお店がおおいとのことだがどうかな~
ニンニクは怖いけど・・・・・・・・

ANTICA OSTERIA DELL' ALBA (米子市両三柳)
d0108737_14292759.jpg

パスタセットなど適当に組み合わせてみる!

旨いな~~~トマトソースが濃厚!
いつもは蕎麦屋が多いから子供が大喜び!
d0108737_14303171.jpg



パスタ系はどれも美味い!(ペペロン系は食べられないが・・・・・・・)
d0108737_1431081.jpgd0108737_14311390.jpgd0108737_14312484.jpg


メインのカジキマグロだがバルサミコ風味のバターソースがちょっと塩辛い・・・
たまねぎは甘くて美味しい!
地物の魚が出て欲しかったな~
d0108737_14333851.jpg

4人で5000円位、噂どおりで安くて美味かった!
d0108737_14335015.jpg

キャンプでテントの設営途中、暑くって頭がくらくら~~~~~~

「やめや~~~、泳ぎにいくぞ~~!!!」
と3人を車にほり込み2~3分のところにある小波海水欲場
夕方でちょっと寂しいがまだ十分泳げる暑さ!
d0108737_14385973.jpg

なんか、懐かしい雰囲気やな~~
d0108737_14392693.jpg

海につかると体温が一気に下がる、熱中症対策はこれね!

どんなベタな海水欲場でも獲物は探す!これ我がくまファミリーの掟ね!
足でコネコネ砂を掘るとコツンと何かにあたる、それをコブラ返りになりそうになりながら足の指に挟んで上げてくるとハマグリである。(たまに使い終わったカンチョなんぞもある、ウソ)
d0108737_14395121.jpg

風呂(200円で海が一望、これも凄い!)からテントに帰ってくるとこんなのが食卓に??
お隣さんが海で獲ってこられた物の、おすそ分けとのこと。

アワビ、ウニ、海ブドウ、スズキ、石鯛、黒鯛、他・・・・・・・・・・・何か凄い!!
海ブドウも獲れるらしい~~これと一緒に刺身を食べると美味いとのこと

旨ヒヒィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~イ!!!
見た目は、ぐにゅ~となっているが旨すぎ!!!
d0108737_14402517.jpg

お礼に伺ったのだが、こちらさん凄すぎ!!
今、まさに旬のでっかい鱸(スズキ)がこんな姿に!
d0108737_14422090.jpg

ウニ、しかも赤ウニやん!
サザエやアワビがてんこ盛り状態!
d0108737_14424437.jpg

黒鯛(チヌ)、グレ、そして石鯛・・・・・・・・・絶句!

お隣さん「さっき、突いてきたんですゎ~」
私「どどどど、何処でですか~私も突けますかな~~」
お隣さん「私、漁師ですからね~ハハハ、もう少し小さいのは獲れますよ~~」
聞けば地元の方々でした。

うそ~~おめめがキラリ!
ここは、パラダイスの海かもしれない(この日はそう思っていた)、ええとこ来たな~~ウキキ~
d0108737_144317.jpg

サザエ、えっ、見たら分かるって、ハハハ。
d0108737_14443035.jpg

小さいのがグレ、でっかいのが石鯛。
特にこの石鯛の美味いこと!値段が高い理由が分かるは~~
脂がのって、コラーゲンたっぷりの底物(クエなど)系の旨味も持っている凄いヤツ!
d0108737_14444274.jpg

アアア、アワビも一人一個・・・・・・・
d0108737_14445919.jpg

塩など味付けなんて必要ナッシングゥ~~~~~~~~(ハハハ、汗)
噛み締めれば、昆布系の旨味が、いい磯の香りが襲ってくる!
d0108737_14451753.jpg

獲ったこのハマグリも↑に負けない美味さがありビックリ!

(もう、ええちゅうねん!って怒ってる人いますか~~うひっひ~)
d0108737_14453220.jpg

食事の後はあちこちで小さな花火大会、子供達は見知らぬ物同士友達になり他の方のテントやキャビンへ遊びに行くのである。

名前も分からない方々ですが、ここでお出会いしたのも何かのご縁、楽しくやりましょうや~~という感じなのだ。
これもキャンプの醍醐味、私はこの雰囲気が好きなんだな~~~~
d0108737_1445528.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-24 14:46 | アウトドア(キャンプ、他) | Comments(32)
2008年 07月 20日
行って来ます!キャンプへ
仕事に追われ、投稿も訪問も出来ないで~~~す

申し訳ありません、ペコペコ。

といいながら明日から4~5日の気ままなくま家族キャンプに出かけてきます。
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-20 00:02 | その他
2008年 07月 17日
三重県のグアムへ和具の浜!「まるます」のおつくり盛り合わせ丼 (三重県長島町)
梅雨明けしましたね~~~とっくに明けとった気もするが・・・・・・

ちょっと前(7月6日)だが初海水浴!
三重の情報発信軍団、サルシカ隊さんのHPを見て誘発され和具の浜へ行った!

誰もいないはずだったのですが・・・・・・・・・・・すでに監視員がおられ思いっきり海開き状態、やばい!
漁が出きないやん!
d0108737_21473822.jpg

三重県南部の海水は本当にキレイだ!
私のホームグラウンドである福井県の越前以上である。
そして、この和具の浜はなんと、白い砂をどこかから持って来て入れているのである。
三重の浜のスタンダード色は黒、イメージが全く違うのだ!
d0108737_2132513.jpg

久しぶりに青い「くま丸」を膨らましたのだが、監視員がおられたら出動できんな~~
これで、ブイから出ようものなら拡声器で呼び続けられるのです。

結局、くま丸出番なし!でも十分楽しめ、お土産も少し獲れました、後ほどね!
d0108737_2134635.jpg

前後しますが、泳ぐ前の腹ごしらえ。
いい所が思い浮かばず、ベタだがちょっと有名なこの「まるます」さん、紀伊長島町にあります。
d0108737_214970.jpg

このおつくり盛り合わせ丼が有名!
地物の新鮮な魚をたっぷりのっけているとのこと。
d0108737_21553100.jpg

きたきた、彩りが質素なのが地物っぽくていい!1200円。
今日は赤イカ、イサギ、トンボシビ(びんちょマグロ)、そしてアジ。
d0108737_216111.jpg

これイサギね!小さいから脂ののりは少ないが上等である。
ご飯が酢飯であることが特に嬉しい。

時間が無い時は海鮮丼にかぎりますね!
d0108737_2162251.jpg

紀伊長島に来たら良く寄る魚屋さん。
休み??
d0108737_22124970.jpg

道中見つけためっちゃよさそうなお店。
ここは今度来よう。
d0108737_217252.jpg

ナマコ!
てんこ盛りいたのだが誰も見向きもされない可愛そうなやつ、お持ち帰りしたのだが・・・・・・
よく観察すると、いつも買っている赤ナマコとは違う、汗汗汗。

ゴメン、あなた食べてあげられないゎ~~~南無阿弥陀仏。
d0108737_2171658.jpg

これは、どこの海にもいるシッタカとかいろいろ。
はっきり言ってサザエより旨い!!
塩茹でにするだけで磯の香りがしてたまらないのである。
d0108737_2172742.jpg

息子が獲ったこの貝、でっけ~~~~~~~~~~~~
「これ食べられますか~~」と監視員している漁師さんに聞くと「食べられん貝はないゎ~~」「そやけど、こんなの初めて見るな~」とのことでした。
見るからに純日本産の姿ではなく外国の方のようないでたちである。

この方もお引取り願おうか・・・・・・・・・
d0108737_22224462.jpg

写真は無いのですが信じられない大きさのウニがいた!
内緒の話だが中身を見たら一粒がシャウエッセン(ウインナー)位の大きさのウニの身(あれは卵巣ね!)が出てきた。全部取り出したら一匹分でご飯茶碗いっぱいになったのである。
これも、おそらく純国産のウニではなくカナダなどにいる種類のような気がする。
和具の砂に混ざって一緒に来たのか?

海にいる貴重な生き物、サザエ、あわび、ウニ、イセエビなどを獲るのは厳禁なのです。








まるます (魚介料理・海鮮料理 / 紀伊長島)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-17 22:32 | アウトドア(キャンプ、他) | Comments(28)
2008年 07月 13日
花のお江戸の旨し物 「和菓子処松川」 そして天然酵母パン
少し前になりますが、お世話になっている小春の母さんからの嬉しい贈り物。
小春の母さんはパン、料理のプロ、私が言うのは失礼なのですが凄いセンスの持ち主です。
現在ワンちゃん用の食べ物を「小春亭」という屋号でネット販売さておられます。
d0108737_12305022.jpg

田園調布にある和菓子処松川さんのきんつば!
この手の和菓子は京都やろ~~~と勝手に思い込んでいた私に勝!を入れられた。
小豆の旨さが見事に引き出されている。
甘さ加減が絶妙!
いや寸止めと言うべきかも知れない。これ以上少しでも甘くすると小豆の味が死んでしまうところで止めているな~
d0108737_1231124.jpg

関西人(私も)は密かに「食い物だけは東京に勝ってるで~~」と思いこんでいるふしがある。それは食習慣の問題であり本来勝ち負けでは無いのだが・・・・・・・・・
そんな考えを打ち破ってくれたきんつばでした。
伝統的な食べ物で美味しい物、花のお江戸にはまだまだいっぱいあるんだろうな~
d0108737_12311774.jpg

これも小春の母さんの自家製天然酵母パン!噛み締めると幸せになってしまいます~~~酸味が控えめなのは私好みです。
本当に旨い、天才的だなといつも思う~~(本当にそう思う)。
なにより天然酵母の手間にビックリしますよ!(←パン作りされない方は必見)
こは葡萄から作られた酵母で発酵されています。
天然酵母と言っても自家製と市販されている「ホシノ」さんのでも手間がまるで違う。
そしてこのパンには嬉しい事に大地堂さんのディンケル小麦が入っているのである。
d0108737_12312875.jpg

店名 和菓子処四代目松川
最寄り駅 多摩川 / 雪が谷大塚 / 沼部
住所 東京都 大田区田園調布1-4-1
電話 03-3722-6825
定休日 水曜日 (水曜定休)
営業時間 [平日]09:30 - 17:00 [土曜日]09:30 - 17:00 [日曜・祝日]09:30 -17:00
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-13 13:55 | 和菓子 | Comments(30)
2008年 07月 10日
嫁が今はまっている物
嫁さんが最近楽しそうなのである。
とにかくちまちまとしたものを作っていたら幸せらしい。
d0108737_0525643.jpg

われわれの間で「おやま」と呼んでいるこの場所、嫁の友人の陶芸工房である。
でっかい芝の庭付きで静かな場所にあるんですよ~はっきり言って別荘やん!
ここにいつもスキップしながら出かけていって、何やら作ってるんですよね~~
d0108737_0531085.jpg

なおえ先生。
べらべらしゃべりながらでも作らはるからビックリ!テレビドラマで難しい顔して作陶してるのとは大違い!
d0108737_0533699.jpg

先生が作った物に何やら書いているのが嫁。
d0108737_053538.jpg

そして、こんなのもシコシコ作ってます、なんじゃろね~

とにかく今はアイデアを出して試作の毎日で、一番楽しい時らしい。
二人の会話を聞いているとまるで大学生ののり!見た目はかけ離れているが・・・・・・・・
d0108737_054565.jpg

この日、色の試験としていくつか焼きあがっていた。
夏場はこやつに火が入ると暑くって大変!この日もサウナ状態や~
d0108737_0542429.jpg

右の小さいのがそれらしいのだが、何やこれ・・・・・・・・
d0108737_0543682.jpg

とにかくいろいろ試作して、いいものだけ選択するということだが、その後は・・・・・・・・

京都の知恩寺か上加茂神社のどちら抽選にあたったら出店するとのことです。
先生は何度も出しておられ、ノウハウはお持ちなので心強い!
d0108737_055221.jpg

何かいいアイデアあったら教えて下さいな!
別に器とはかぎらなくっていいのです。

でも有名な安藤雅信さんの器と同じのを格安で作ってとか、それは無理みたい!(もうすでに言いましたが・・・・・)

しかし、楽しそうでしょ~~
d0108737_055234.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-10 01:32 | その他 | Comments(32)
2008年 07月 05日
絶対的お勧め! 「うさみみ茶房」さん  (滋賀県甲賀市甲南町)
急に夏らしくなって来た!!
今が夏野菜の旬、最高に美味しい時期でもある。
それを食べに「うさみみ茶房」さんを訪れる。
d0108737_1628194.jpg

ここは家から歩いていける場所、なのに地元民の私も場所が分からず店主である山本波都企さんの妹さんが表まで迎えにきていただいた(波都企さんの息子さんといっしょに)。
d0108737_16303631.jpg

洗練されたという言葉はあてはまりませんが、周囲の風景も含め農家の鄙びたゆっくり時間が過ぎていく独特の空気がある。農家の方は庭にいろんな植物を植えるので和洋南国ちゃんぽんになったりする。それはそれで独特の味があって好きだ!
d0108737_16305464.jpg

奥まで入り離れの古い建物を改装、増築して営業されている。
引き戸も昔のままだ!
d0108737_1631515.jpg

いろんな物があちこちに置かれている・・・・・・
建物も何とも説明しにくいが、庭と同じでちゃんぽんされているのかな~~ハハハ。
d0108737_16311855.jpg

最初に出てきたのが、ローズマリーの春巻き・・・・・・違う、お手拭きやん!
これがまたすがすがしい香や~~期待感が高まる!
d0108737_16314175.jpg

決して講釈を並べられないやさしい雰囲気の山本さん。
野菜は隣町の杉本さんが作った無農薬物と自家栽培のお米など作り手の顔が見える物だけで料理は出来ている。そして今日の料理の調味料は塩と醤油だけ。肉類は魚も含め一切利用していないのです。
d0108737_1631521.jpg

正直言って圧倒された!
どれもが旨すぎるのである!

山本さんは岡山県の「百姓屋敷わら」という民宿で修行されていたそうです。
d0108737_1632268.jpg

あまり無農薬とかには興味が薄い私です。
外で食べるのに重要なことは美味いかどうか!!感動できるかどうか!!これです。
久しぶりの感動やな~~顔がにやけます!!
d0108737_16324538.jpg

夏野菜の具沢山スープ?水は一切使わず「重ね煮」といわれる調理法で作られている。
それぞれの野菜の甘みが見事に引き出されている、すごい!
d0108737_1633441.jpg

「今日はいいピーマンがあったのでかぼちゃを中に入れて揚げました」
甘い、ピーマンが!そしてかぼちゃが甘いし旨味が強い!
いったいこれどうなってんの~
d0108737_16333077.jpg

なんじゃ~~このとうもろこし、甘すぎ!
砂糖に漬けてるか~というほど甘い。

「運がよかったですね~~ちょうど昨日からとうもろこしが出たんですよ~」
「今が夏野菜の一番美味しい時期ですよね~元気のいい野菜が並んでいましたよ~」

d0108737_1634739.jpg

何かの野菜の花。
これはひじきのたいたん。
d0108737_16343883.jpg

これも美味い!玄米+麦のご飯。
お米は自家栽培物、ちょっと柔らかく炊いていてもっちぃり感が強いのですが米本来の美味さが味わえる。
キュウリの上のはニンニク味噌、これ私は食べられない・・・・・・・・・
d0108737_1635078.jpg

キュウリとニラの合わせたもの。
d0108737_16352189.jpg

茶房と名前にあるとおりで実は山本さん日本茶アドバイザーの資格を持っておられたんです。
出産の関係で長くお店をしめておられたのですが、昔は日本茶のカフェ?でした。
お菓子も焼いておられたみたいですが、今は予約いただいた方だけとなっております。
d0108737_16355680.jpg

豆乳ベースのプリンみたいなヤツ。
これも本当に美味いんですよ!
d0108737_16361160.jpg

この絵のように重ねて煮る。
野菜の皮もそのまま、灰汁も取らないそうである。

正直、肉類を使っていないマクロビオテックとかの料理を出されるカフェ多いですね~
皆さんはどのような印象を持っておられるか分かりませんが、私は苦手でした。
でも、こちらの料理を食べて考え方が180度変わったな~
野菜の旨味って思っていた以上に強い!
d0108737_16362818.jpg

使う調味料もこだわりがあります。
d0108737_1636412.jpg

これで1200円ですよ~~安い!!
なのに、全く宣伝されていませんから今日は貸切状態。
私たち2人のためだけに前日からご用意いいただき恐縮します。
d0108737_16365829.jpg

何も無い町だと思っていたが、このようなすばらしいお店、そして何処にも負けない立派な野菜や米があるではないか!遠くにある見栄えのするものを追いかけていると、近くの大切なものを見落としてしまうことになるのですね~
d0108737_16371440.jpg

皆さんもまず知らないお店だと思います。
土日だけ営業で、木曜日までに予約してくださいね!
金額が高くて講釈が先に来るお店とは一味違い、温かくくつろげる田舎の親戚の家みたいな感じかな~~
d0108737_16373951.jpg

うさみみ茶房
(この日はランチ1200円でした)
滋賀県甲賀市甲南町深川1982
TEL :090-7485-9034
FAX :0748-86-3020
営業:土、日曜日(木曜日までに予約)
hpは無し。目印は長徳寺というお寺の横の道を入って2軒目、ガレージの横から奥にず~~と入っていったところ。






焼肉バンバン (焼肉 / 近江高島、北小松)
★★★★ 4.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-05 16:41 | こだわり | Comments(39)
2008年 07月 03日
不二屋のやきそば、中華そば  (三重県松坂市)
「カフェトミヤマ」でゆっくりしながら嫁に重要なことを告白したのである。
もう一軒、行きたいお店があり、しかも中華である事を・・・・・

なんやかや言いながら来たここは松坂では大人気店「不二屋」さん
創業昭和4年、70年以上の歴史があるのですよ!
d0108737_1094353.jpg

2時に入ったのにまだ列が出来ているすごい!
前をお店の方が注文しようとしている「やきそば」を持って通り過ぎる。でっかすぎ・・・・
私「いやいや、あれは超大盛りやって、ハハハ・・・・汗」←現実逃避

なんじゃこりゃ~~~~~~~~~~でっかい!!(←やっぱりそれやった)
バースデーケーキくらいはある・・・・・・・・・・・
d0108737_1095497.jpg

「五目やきそば」800円
皆さんが想像している普通の餡かけやきそばとは違うんですよ~~
とにかく餡が半端ではなく強く固められている。最後まで麺をパリパリ食べてもらえるよう先代が考案したもの。
そして、麺の香りが違う!ラードで揚げられているのです。

周りの方はこれにウースターソースをどば~とかけて箸で一気につぶしかき込んでいる・・・・・

餡が本当に固い、手で丸めて投げられるほどやな~
ん~~不味くはないんやけど・・・・・・個性が強いな~

皆さんは小さいときから食べなれた味なんだろうな~~これはまさに地域に愛されたローカルフーズやな!
d0108737_101096.jpg

上のやきそばと双璧をなす人気商品がこの「中華そば」700円
はぁ~~~これもでっかい!!

美味しいんだけど、何故ここまで行列になるのか謎が解けない・・・・・・・・
d0108737_10102588.jpg

ああ、食った食った~~
中華の後は甘い物やな~~別腹や!
(焼き鳥→ロールケーキ)→(やきそば→アイス)・・・・・・これって朝から2回転目、ハハハハ~~

ここは不二屋さんの近く、周りは「和田金」「牛銀」「三松」など松坂肉の有名どころがひしめいているにぎやかな場所。
d0108737_10103835.jpg

「写真撮るねやったらキレイに挟むはな~~」と気さくなお姉さん(大昔の)である。
d0108737_1010528.jpg

ああ~~旨いな~~

どうせ、ここまで来たらやっぱり「赤福」やで~~伊勢までどう?・・・・・・・アカン、やっぱり。
d0108737_1011232.jpg





不二屋 (ラーメン / 松阪)
★★★☆☆ 3.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-07-03 11:01 | 中華 | Comments(14)