「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 30日
堂島ロールと地元ローカルロール  (大阪、滋賀甲賀市)
おのぼりさん化した、くま一家が最後に向かったのは、やはり堂島ロール(少し恥ずかしい・・・・)。

生地がきめ細かい!
何とも乳っぽさを強く感じる旨さやな~~
ミニストップのソフトクリームを食べた時の感動に似ているような気がする(私だけかな?)。
d0108737_044598.jpg

当然、モンシュシュさんはこの状態。
それでも、わりと早く順番がきたから生産体制が確立できてるんだな!
d0108737_045896.jpg

「ロールケーキはわが国独自の文化財」、ほ~~そうなの、ビックリ!
d0108737_051872.jpg

その文化財を売っている、わが町の「菓子龍」さん。
以前にも紹介したが、めっちゃ旨いので再び登場。
d0108737_053239.jpg

お店に行っても売っていない時があるから要注意。
特に夏場は気をつけて、この「ロールかすてら」はバタークリームが溶けるから暑い時は作らないそうだ。
フフフ、実は菓子龍さん、冷蔵ケースが無く常温の物しか売らないんだな~~凄い!!
そして本来売り物をいれるべきケースには中には何も入っていない。あれま~~~

そんな超のつく個性的なお店だが、この日本の伝統的なロールかすてらは先代から何も変わらず受け継いだままの味で本当に旨い!
d0108737_054827.jpg

“つう”は一本物を買うこと、1100円安い!
「一本下さいな~~」とお願いすると、店の奥にあるこの使い込まれた木箱から出してくれる。
それを見るだけで美味しそうに感じますやん!ただ、それだけのことだが何かいいんだな~

そして、焼きたてを狙う必要は無い!
以前に「これ、今焼いたところや~」と渡されたものを、興奮しながら食べたらパサパサで旨くない、何で???。
だまされたかと思ったが、次の日食べるとしっとりなっている。
その次の日はさらにしっとり、むっちりシルクのような生地になっていて最高に旨い。
そう、熟成するのである。したがって焼いて2~3日目が旨いのである。

「はよう、撮って~な~」とおっちゃんに怒られながら撮った貴重写真!
d0108737_06318.jpg

このような文化財的ロールケーキ、昔はよく祝い事でもらったような気がするが、今は現代風にアレンジされて都会のお店では大人気。
でも、カステラ生地本来の旨さを味わえる、このクラッシックなヤツ、にくいほど旨いし懐かしい。
d0108737_125297.jpg

このロールかすてら、少ないが確実にファンもおられ少量だが焼き続けてくれていることが嬉しい。
何よりカステラが主なのでコーヒーとよく合う。

文化財になってしまわず、いつまでも現役であって欲しいな~~
d0108737_062793.jpg

 [菓子龍老舗]
甲賀市甲南町深川市場 
電話  0748‐86‐2213
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-30 01:44 | 洋菓子 | Comments(39)
2008年 08月 26日
くま家族、大阪を歩く IKEA そして中崎町 (大阪)
嫁の希望で鶴浜IKEA行ってみたが、ハァ~~~~~~
入場制限とかになっとるがな~~観光施設ではないのに・・・・・・・・・・・・
d0108737_2215534.jpg



人、人、人・・・・・・・・・・・エナジーを吸い取られるゎ~~~~~~

しかし、でかい投資やね!IKEAは過去に失敗しているが今回は成功するのかな?
d0108737_22184055.jpgd0108737_22185020.jpg





無事IKEAを脱出して、やってきたのが梅田(大阪)の近くにある中崎町。
皆さんのブログに影響され大阪市内で、いの一番に来たかったところ。

大阪駅まで歩ける好立地なのに何故かこの一帯(中崎町)だけ未開発地。
まるで、見えない時空のバリアに守られている聖域のようだ。
(この蔦の建物の後ろにバリアが見えるでしょ?ハハハ)
d0108737_2221457.jpg

まず、ここ!
このアパート、白い扉をくぐると中はパラレルワールド!
奥には少し湿っぽく、物悲しい光がおりてくる中庭、そして錆びた螺旋階段。
住んでる方は、こんなの好きな人なんだろうな~~キレイに掃除されていて、この建物を大切にしていることがうかがえる。
d0108737_22215691.jpg

ここも、すごい!
写真で表現でききらなかったのが残念だが、実物はいい!本当にいい!(って私だけ・・・)
d0108737_22225629.jpg

冷静に考えると私の学生時代(23年前)には京都の友達がこんなところに住んどったな~~
d0108737_2223234.jpg

外壁に石やタイルを利用していたり、釉薬のS瓦、その瓦で出来た窓庇、安物アパートではなかったと思う。
こんなのが、よく残っているな~~
d0108737_2229129.jpg

ランチ、行きたかった本命がことごとく休み。
うろうろしていて、飛び込んだのが天人(あまんと)さん。

d0108737_2224838.jpg

この一帯でのカフェの草分け的存在???
d0108737_2224354.jpg



カレーと鰯丼。
d0108737_22263613.jpgd0108737_22265052.jpg


とにかく、細い路地をくねくね歩く。
何屋さんが出てくるか分からない、そのワクワク感がたまらん!
まるで、RPGゲームのダンジョンの中をさまよい、マテリアル屋や武器屋を探しているような感覚になる。(ゲームしない人、分からんよね~)

狭い路地の角にはお稲荷さん。
d0108737_2236518.jpg



しかし、こんな便利な立地なのに乱開発されていないことが不思議でならない。
その理由はともあれ、時間の止まった町、それを再利用したお店がなんともいい。
この日もそれを目的に、観光客が押し寄せていた(私たちも・・・・・・)。

私の中では、めっちゃ面白い町だが何かが無いのである・・・・・・・・
何かが・・・・・・
そう、子供の気配が全く無い町なのである。
子供自転車、ケンパのチョーク跡、バットやボール・・・・・・・・・・・

今は大人だけの町のようだ。
今後はどうなっていくのか分からないが・・・・・・
d0108737_22441817.jpgd0108737_22443678.jpgd0108737_22445991.jpg


d0108737_22485182.jpgd0108737_224942.jpgd0108737_22492011.jpg


d0108737_2250614.jpgd0108737_22501996.jpgd0108737_22503871.jpg


d0108737_2251107.jpgd0108737_22542851.jpgd0108737_22555885.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-26 00:36 | 町並み | Comments(35)
2008年 08月 22日
大阪の堺名物、かん袋の「くるみ餅」 (大阪府堺市)
明日、地球が滅亡するその最後の晩餐、そのデザート部門は大阪、堺「かん袋」の“くるみ餅”できまりです。
当然、前菜から始まってずら~~~~と好きなの並べますよ~

この日は8月16日、まだ茹だるような暑さ!そんな中でもこの行列・・・・・・・・・・
d0108737_23231465.jpg

並ぶことが嫌いな大阪人も私もここには特別。
お目当てもあるのですよ~ハハハ。
d0108737_23232678.jpg

かん袋さんの歴史。
元徳元年、1329年に和泉屋という商号で始めたとのこと。
でぇ~~~~700年近くの歴史かいな~~~
そのわりに建物に趣がないのが不思議でたまらない。
d0108737_2327395.jpg

会計を済ますと30番の札!
そうそう、くるみ餅といっても木の実のクルミは入っていませんからね!
追記(餅を餡で“くるむ”というところからこの名前がついたようです。ややこしいね~~)
d0108737_23234721.jpg

三角巾のおねえさんが、大衆食堂のような雰囲気で手際よく「29番の方~~~~~」と配ってくれる。
歴史はあるにしても、完全庶民の餅ですゎ~~~
d0108737_23235893.jpg

これが、氷くるみ餅(やったかな?)336円。
上は単なるかき氷、下にうもれているくるみ餅と一緒に食べるのである。
旨~~~~~~い、いやまだ食べてないゎ~
d0108737_23241126.jpg

旨ヒィ~~~~~~~~~~~~~~~い!!
ん・・・・・・・・・・表現が難しい!たとえる食べ物も思いつかない。

追記(餡は上品で後口のいい甘さである。原材料は枝豆やいんげん豆など豆系の餡だと思われるが不明。特筆すべきことは餅(白玉)の旨さである。原料は不明だが、その材料である穀物の旨味、甘味を限界まで引き出していることにある。それを引き出す牽引役がこの薄緑色の餡!小豆の餡では絶対に出来ない仕事をしている。つまり、餅が主役で餡が脇役、絶妙なバランスで仕上がっている繊細な餅菓子、私はそう思いながらいつも食べている。
案外、旨い餡物って餡が脇役のこと多いですよね!)
d0108737_23242434.jpg

これが持ち帰り用、6人前2,289円。といってもこれで3人前やね!
結構、お高いのである。(めっちゃくちゃ、かん袋さん儲かっている)
増量キャンペーンやってくれ~~~~~
d0108737_23243653.jpg

開けるのを皆さんスプーン持ってハイエナのように待っている、ガル~~~~。
タッパー(最近、聞かない言葉やな~)に入っているのが何とも庶民的やね!

手土産は壷(これが○ん壷みたいなやつ・・・)に入れてもらえる。壷から出てくるのもどうだと思うがね!
その壷を、嫁は結婚式の2次会で手土産に出したんですよ~
皆、家帰って開けてビックリしたらしい。
中にはよっばらって、粉々に砕けぐちゃぐちゃになった見たくも無い状態の物を持ち帰ったヤツもいた。
d0108737_23245358.jpg

見た目が何とも旨そうでないだけに、食べたらビックリです。
本当~~~~~~~にめちゃくちゃ旨いから!!

といっても通販もないし、賞費期限当日、食べられる条件の人が限定されてしまうのが悲しいな~~
d0108737_23261691.jpg

製法、原材料は門外不出!700年守り続けた味ですゎ~~
枝豆、白いんげん豆あたりが原材料で入っているのではと勝手に思っている!
事実は、全く分からない。
食べて原材料当ててくださいな~~
d0108737_23265162.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-22 00:30 | 和菓子 | Comments(28)
2008年 08月 17日
お取り寄せシリーズ!めちゃ旨、オイルサーディン「本家留蔵」 オマケでブリと頬肉
子供の頃は「身長が伸びる・・・・・」「歯が真っ白・・・・・」「誰でも弾けるエレキギター・・・・」など、今考えたら、紛れも無く怪しいキャッチフレーズの物を取り寄せて悲しい思いをしたものだ。

最近はそんな悪いイメージを払拭してくれ、間違いが無いものが多いお取り寄せ!
田舎に住んでいる我が家にとっては何ともありがたいものである。

これは「めし」さんとこで知った、めちゃ旨オイルサーディン!1200円
d0108737_2039750.jpg

何といってもこの、でぶでぶメタボの鰯!
そして、新鮮で臭みが無く塩分控えめ。
鰯の旨さを前面に押し出している。
魚を扱わせたらやはり日本人は上手と思える国産の一品。
d0108737_20391746.jpg

オイルに旨味がしみこんでいる、それを利用してめしさんに習ってペペロンチーノ(ニンニク少な目)。
失敗は、やはりドライトマトなどさっぱり物が必要。
しかたなく、常備している「シークワサー汁」を振り掛けると旨~~い!
鰯の身をほじほじしながら頂く!
d0108737_2039375.jpg




珍取り寄せ編、その①
興味本位で買った牛のツラミ。
「焼肉屋の逸品」5.9キロで6000円、100gで100円!とタイトルと安さに惹かれて後先考えず、ポチッ!
d0108737_20394854.jpg

焼いてみるが・・・・・・・・・・・・・・・・
このツラミってやつやは、ロースやバラの合間に食べるから旨いのであて、これオンリーいっぱい食べてもスジが多く硬いし不味い!
「どないするの、こんなにいっぱい!」「冷凍室明け渡して!」等々攻め立てられて途方にくれる。
d0108737_2040090.jpg

考えたら、ツラミ=頬肉、逃げ道発見!
「牛の頬肉ワイン煮」これはめちゃ旨!(もっと早く気づけって、ハハハ)

危機脱出である。
(まだ4個ほど残っている)
d0108737_20401086.jpg




珍取り寄せ編、その②
春先(4月)のブリ9キロ物(天然)、6000円。
春のブリは寄生虫で危険と言われながら安いで買ってみるが・・・・・・・・・
少々の寄生虫には慣れているが、これには参った!!

d0108737_20402677.jpg





なんと50匹以上の、長~~~~~~~い大型のブリにだけ寄生するブリ糸状虫がいっぱい!


小さく掲載しました。


この先は見ない方がいいかも・・・・・・




勇気がある方のみ見てください。




↓       ↓      ↓      ↓













d0108737_20403956.jpgd0108737_20405230.jpg


やんわり、相手さんにその事を伝えたら無料となった。
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-17 21:37 | 特選素材 | Comments(24)
2008年 08月 13日
ほっこりしたカフェ&ギャラリー「絲結(しゆう)」 (滋賀県大津市)
信楽(滋賀)から大津(滋賀)に抜ける422号沿い、こんな景色の中にある「絲結(しゆう)」さん
d0108737_20424153.jpg

横には今時珍しいコンクリートにおおわれていない川。
建物は福島県から移築した180年の歴史を刻む建物。
ついつい造成や建物、全てでいくらかかるか計算してしまう(笑)。
d0108737_20425275.jpg

オーナーの飯森さんは染織作家、素敵な女性。
草木染も手がけておられ、この環境なら材料には困らないと思う。
d0108737_20431579.jpg
d0108737_20432368.jpg



何とものびのびしたカフェである。

d0108737_20434232.jpg
d0108737_20435477.jpg
d0108737_2044983.jpg


窓からは田や川。
d0108737_20453517.jpg

今日は甘い物シリーズ。
d0108737_20454765.jpg

私はおはぎ、大好物!旨い!
朝宮(信楽)の香りがいいほうじ茶付。
d0108737_2046291.jpg

冷たいぜんざい、白玉が何とも本物。
十分な歯ごたえがあり、噛み締めると穀物の甘味がじゎ~~~~~と出てくる旨さ!
粉から作っておられ時間がかかりましたが、待つ値打ちあり!(こっそり見ていた、ハハハ)
こだわった甘味処と思って、こられても間違いなしだ。
d0108737_20461530.jpg

嫁は白玉あずき。これが、大当たり!
りんごのワイン煮がさっぱりしてよく合うらしい!メロンもいいらしい!
旨いものは少しもくれない意地悪嫁である。
何が一番旨かった?か聞くと「白玉!」とのこと。
なんか、悔しいな~~~負けた・・・
そして、器もいい!

染織だけでなく食べ物にもこだわりが強く感じられる。
大津(滋賀)の人気の甘味処「伽藍堂(からんどう)」さんとも肩を並べる旨さがある。
d0108737_20462781.jpg


オマケ写真。
422号線、絲結の誘導看板近く「何これ?」と気になる建物近くにはネコがいっぱい!
「半野良猫なんですよ~~」と聞きました。
d0108737_2047124.jpg

もう少し走るとこのような光景。
d0108737_20483911.jpg





ギャラリー&茶寮 絲結 (カフェ・喫茶(その他) / )
★★★★ 4.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-13 21:35 | カフェ | Comments(18)
2008年 08月 10日
「稲米舎(とうべや)」  「清流、魚飛峡」 (三重県北牟婁郡紀北町)
以前に行った三重県の和具の浜近くで見つけた「稲米舎」さん、読みにくいね“とうべや”です。

何が?と聞かれても説明しにくいのだが、何とも懐かしい!
d0108737_22354059.jpg

ここは、尾鷲港(三重県)近くの小さな港町の高台にある。
セミの鳴き声がうるさいが、それがとても似合っている。
d0108737_2236558.jpg

まず、この細い里道を通って向かう。
d0108737_2340272.jpg

海側の景色を背に石段を数段上がると背丈以上の樹木や草花に覆われた幅1mほどの細いアプローチ。
昔あったそのままなのです。
d0108737_2332332.jpg



d0108737_22362658.jpg
先々代は庄屋、昭和初期には小さな医院だったそうです。

小さな港町で暮らす人々は、具合が悪くなるとおそらくこの高台に通ったのでしょう。

昭和初期の医院の面影が、緑に覆われたアプローチや引き戸に色濃く残っている。


ここへ来たのは今から2週間前、まだ7月でした。
d0108737_22364638.jpg

まずは前菜。
梅酒の梅かじって子供は大慌て、ハハハ。
この料理2100円です。
d0108737_22371589.jpg

茶碗蒸、しかもしっかり熱いがな~~~
d0108737_22373865.jpg

これは涼しげな料理!紫蘇のきいた酢の物。
夏はやはり、みょうがの味が旨く感じる!そして地タコもいける。
d0108737_2238699.jpg

息子たちは肉より魚派、大喜びである。(写真はつまらなさそうだが・・・・汗)
だが、量が多いんですよ~
「子供さんには1000円のものもありますよ~~」と親切におっしゃっていただきましたが・・・・・・・
おそらく1000円ので十分だったと思う。
d0108737_22381957.jpg



オーソドックスな料理でひねりはありませんが、鮮度のいい材料だから旨い!
器は少し古いものを探してこられて利用。
d0108737_22384337.jpg
d0108737_22385364.jpg
d0108737_2239779.jpg


最後に刺身。
右から時計回りに、鯛、タコ、地カツオ、シオ(カンパチの子)。
シオとカツオが旨かった。
このシオが港町らしい小魚の刺身である。
小魚は高値が付かないことと鮮度が落ちやすいため格安で地場で消費される。
逆から考えると、鮮度の高い小魚こそが港町で食べる値打ちのあるものと思う。
d0108737_22413756.jpg



ご飯は土鍋炊き。
くい放題だが、もう食べられない。
子供の残した刺身など平らげたからだ、苦しい~~~~~~~~~~~~~

d0108737_22544687.jpg
d0108737_22545894.jpg


最後にぜんざい、当然別腹ですゎ~~ハハハ。

三重県の海、山に遊びにくるのにセットでどうぞ。
4人家族で大人2100円×2、子供は1050円×2、それでこれだけゆっくり出来たら文句なしでしょ~~~~~。

お店は気のいい老夫婦だけでされておられます。
食事が終わってから、いろいろ昔のことなど教えていただきました。
のんびりでいいですよ~~

(全体として、田舎の普通のお家です。料亭とかのそれとは違いますからね!)
d0108737_2256618.jpg



腹ごしらえして向かうは「魚飛峡」、嫁の友達からの情報と「サルシカ隊」さんの情報から早速行ったのだ!
地元っ子も河童になりに自転車で向かう!
d0108737_22562711.jpg

おおおおお~~~~キレイ!
滋賀にも永源寺や朽木に素晴らしい川はあるが、浮気をして三重に来た。
d0108737_22565038.jpg

凄い~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
シュノーケリングしたら虜になるぞ~~~魚の楽園!

何が凄いかって言うと、オイカワ、鮎、ゴリ、手長エビ、川エビ、ウナギ、あまご、etc。
オイカワなどがいて生命力にあふれているのは水温がある程度、高いのです。
にも関わらず透明度が異常に高いから凄いのである。透明と言うだけの川なら結構多いのだが、ここは違うな~~
琵琶湖博物館がここにあると思えば話は早い!(三重県なのに失礼!)

そして、地元っ子はあのつり橋からダイブして根性試しをしていた!
d0108737_225756.jpg

そんな講釈はどちらでもいい!
獲物が私の前を横切る以上、野獣(野生ではない・・・・)の血が騒ぐのだ!!
手長エビじゃ~~~~~~旨いで~~

逃げないサザエや鮑獲ってるよりめっちゃくちゃ面白いゎ~~
完全な狩人に変身である。
d0108737_22571534.jpg



す~るする~~~~~~~~~

これ体重制限40キロまでね!
(尻が地面にすれるから・・・・・・・やりたかったら減量ね!)

d0108737_22584513.jpg
d0108737_22585528.jpg
d0108737_2259415.jpg


鮎(獲ってはいけないのだが・・・・)、香魚(こうぎょ)とも呼ばれていますが、その香りを体験したことありますか?魚特有のあの生臭さが全く無く、あのヌメリがスイカの香りなんです。子供の頃、裏の川で獲った鮎の香りが思い出なのです。
その香りを子供に嗅がせたくって、必死で鮎と格闘(たった2匹、アホなオッサンやゎ~~)!
d0108737_2314876.jpg

鮎じゃ~~~~~~
d0108737_23266.jpg

手長エビの塩焼き!

また、行くぞ~~~お盆に!
d0108737_2321432.jpg




稲米舎 (割烹・小料理 / 船津)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-10 23:04 | 和食 | Comments(22)
2008年 08月 08日
海が無い滋賀の極上鮨「扇寿司」さん  (滋賀県大津市)
滋賀においては奇跡の鮨屋と言っても過言でない「扇寿司」さん
純粋に鮨と向かい合いたい方に絶対お勧め!!!
d0108737_0311677.jpg

今日は元職場の人が、お世話になったので私にご馳走するとのことで、ここを指定!
ゴチになるのに絶対遠慮しないのが私の流儀です、ハハ。

このお店の場所が住宅街の中、しかも目立たないところにあるんです。
「ここで商売成り立つの?」と思う場所にある。
d0108737_0313242.jpg

この日は任せで、まず鱧のおとし。
皮が命やね~モチィ~としとる、いける!鱧の大きさもちょうどいいかな~
d0108737_0322084.jpg

見た目、車に轢かれたカエルみたいやがトリガイ、これはさすがにすごい!
この日は徳島産、しゃきしゃきとした歯ごたえでビックリ!
数日前には日本一と言われる宮津(京都)のを仕入れておられました、漁期が2週間と短く幻のトリガイです。
このあたりのこだわりが凄い!
d0108737_0323446.jpg

煮ガキ、生よりはるかに旨いゎ~~~
生の立派な物は簡単に手に入りますが、このようにふっくら煮て旨さを閉じ込めるのが真似できない。
d0108737_0325793.jpg



ウニは赤ウニ、棘つき丸ごとで買って、店でほじくりだされます。ミョウバンは当然かかってませんから、あの苦味はない!ウニ嫌いな方は是非食べてください。
d0108737_0332241.jpg
d0108737_0335276.jpg
d0108737_0344032.jpg


ここからシャリ付!(鮨のことね!)
シャリは口に入れた瞬間、一粒が単体で生きているような存在感がある。
甘さ少な目、好みは分かれると思うが私も、もう一人のオッサンも好みのシャリだ!

まずグジ(甘鯛)の昆布〆。昆布〆は少し苦手なんだな~
d0108737_0345784.jpg

コハダ、これは関西では非常に珍しい!!
ネタで何に一番こだわっているか聞くと「コハダ」と即答!
近県で獲れたコハダは高値の付く関東に流れるらしい。漁師さんから直接買っているとのことです。仕入れ値も高いですよ!私は食べなれてないのと、下魚のイメージが強くランク的には高くないんだな~
d0108737_0351331.jpg

アナゴ、塩わさびで食べる。
ふわ~~としている、旨い!
d0108737_0352328.jpg

本マグロのづけ。
ここは、江戸前的にどのネタにも一手間、いやそれ以上をかけて旨味を引き出してくる。
d0108737_0353588.jpg

カウンター10席だけの小さなお店。
大将は40位で隙のない仕事っぷり、いい意味の緊張感があり嬉しく思う。

(このオッサンにゴチになった。このブログ3度目の登場)
d0108737_0414971.jpg

車エビ!
肉厚じゃ~~(ボキャが少ない・・・・・・・・汗)
d0108737_0354825.jpg

鯵の昆布巻き。
ん~~鯵はそのままがいいな~(ころこ話が変わるな~~)
d0108737_036489.jpg

ネギトロ巻き、旨~~~~~~~い!
さすが近海物の大物マグロにこだわるだけあるゎ~~
見た目が悪いからあなどったら、やられた!
d0108737_0361642.jpg

予想通りネタの入った冷凍ケースもないし、鯵が泳いでる水槽も無い!
ネタはサッット出して切ってさっと下の冷蔵庫にしまう!
その一瞬の隙に何が旨そうか見るのである。
d0108737_1555195.jpg

旨ひィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!
これが本日のホームラン!もう一カン食べてもうた!
さすがに3カン目は勘弁したるゎ~~~ハハハ。
アワビを大将が切った瞬間に香りが届いたから凄い!
d0108737_0363149.jpg

口に入れた瞬間「旨い!」と言ってしまったイクラ。
その瞬間、大将はニヤッと笑た。「勝ったな!」と心で思った瞬間だと思う。

塩加減が普通のイクラの3分の1位、卵の旨味が口の中に広がった。
初体験のイクラやな!
d0108737_0364049.jpg

嫁さんも招待いただいたんだが、残念やな~大阪に里帰りやゎ~~
ああ~本当に残念やな~~
運が悪かったな~~
この日を選んだわけや無いで~たまたまやで~~残念や~(しつこいって・・)
d0108737_037083.jpg

この位で今日は勘弁しといたるゎ~~ゴチ~~
2人で諭吉さん3枚弱。(写真には無いものも食べてますよ!)

誰かに「ご馳走してあげよう」と言われたらここ思い出してね!
d0108737_037182.jpg



ここからはオマケ!
ラーメンで〆て帰ろうと言う事になったのだが、何故かその隣のもつ鍋屋!
d0108737_0373682.jpg

800円が980円、どっちにしても安い!
d0108737_0383921.jpg

オッサン2人で暑いのにもつ鍋ってね~~
d0108737_0393694.jpg

その隣ではコンパしとるがな~~気になる・・・・・・・・・・・

自己紹介しとるが、男どもオチが無いやないか!
それが終わったら席替えやちゅうねん!!
そろそろ「大様ゲーム」か「タコ八」、いやこの雰囲気は「土瓶、茶瓶、禿げ茶瓶」や!
男同士で会社の愚痴の話しとるがな・・・・・・・・・

と、コンパ奉行の私でした。
いつも、盛り上げて、盛り上げて、最後会計終わったら私一人・・・・・・・
なんか、暗い終わり方やな~~~
d0108737_0395016.jpg







扇寿司 (寿司 / 近江神宮前、大津京、皇子山)
★★★★ 4.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-08 02:29 | 和食 | Comments(32)
2008年 08月 03日
08島根県松江でキャンプ その④ 最終  「アロエカフェ」
キャンプである以上何か作らないと、最後の朝くらいね~
今回はベーコン。

(美味しいパン屋を見つけられなかったから普通のバターロールが悲しい)
d0108737_9433584.jpg

家で塩漬けにして持ってきて燻すだけ。
でも、その燻すだけが大変だった。
昼は暑いから夜しか出来ない。
なんやかやら、途中で火が消えたり朝に4時までかかった!
ああ~~~眠い!
d0108737_9435938.jpg

4時間でこの通り、結構簡単!
d0108737_9441689.jpg

まだ火を通していないが旨そ~~~~~~~~

だけど、辛い~~~~~~~~塩抜きが足らんがな!
出来損ないのパンチェッタやこりゃ

教訓その1、燻製は塩加減が重要。
塩で肉自体を熟成させることが旨くする肝!やった~
d0108737_9443351.jpg

一応、ネズミ男のいる所も見たが・・・・・・・・・・・・
d0108737_9444926.jpg

そして境港の魚屋さん。
d0108737_945577.jpg

この真夏にカニ?
d0108737_9451628.jpg

うそ~~~~これアホほど獲れるヤツやん!
値打ちあるんだ~~そうかここの店高すぎ?
d0108737_9452847.jpg

高いんか、安いんか分からない~
d0108737_9453828.jpg

なんや、われ~~~~~~~笑

最後のお昼、「アロエカフェ」、大山の近く。
d0108737_94658.jpg

とにかく広大な敷地、広々して緑がいっぱい!
d0108737_9462274.jpg

店長さん?
手書きのパブ、それよりサービス精神旺盛!
d0108737_946358.jpg

森を見ながらゆっくり、のんびり~
d0108737_9471024.jpg

この雰囲気にはカレーやね!
d0108737_9481277.jpg

こちらはタイカレー、これが一番!
ココナッツの香りがやはり暑さと似合いすぎる。
d0108737_9482865.jpg



これを食べたら高速で一気に滋賀、もう少し島根にいてもいいかな~
そんな気持ちで帰れるのが多分、良い旅の終わり方だと思うな~
d0108737_9484629.jpgd0108737_9491363.jpgd0108737_9494444.jpg


良かったのは石見銀山、キャンプ場、小さな漁村かな~
松江市は思っていたほど古くこだわりが見つけられなかった、これは想定外。
鬼太郎ロード、境漁港、大人気でごった返していたが、私は楽しめなかったゎ~~これは予想通り。
キャンプの醍醐味は・・・・・・・・・・ハハハ、今回は全く無かったな~~
d0108737_9511542.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-03 11:03 | アウトドア(キャンプ、他) | Comments(18)
2008年 08月 01日
08島根県松江でキャンプ その③ 「石見銀山」「郷土料理」
石見銀山、昨年世界遺産に登録されましたね~
キャンプ場から2時間かかりますが、やってきたぞ~~~~
何故うなっているかというと暑いのです、死ぬほど!!

(仕事忙しく返事が書けないのですよ~コメント欄閉じられています)
d0108737_1182880.jpg

まず来たのは、銀山から4キロほど下がった所にある町、ここがメイン会場。
雰囲気は宿場町っぽいかな~
代官所などがあり銀山に入る関所の一つだろう。
d0108737_1184388.jpg

冷たい山水が町に流れている。
そこで沢ガニをつかむ息子たち。
歩く観光客を楽しませていた(サービス精神旺盛)
d0108737_1193616.jpg

ぜいぜい言いながら、ポカリがぶがぶ飲んでやっと到着、中村製パン屋さん。

なに~~~姿が完全観光地仕様にかわっとるがな~~
実は休日styleさんのをのを見て、私が一番行きたかったのがここ!
昔のままの素朴なパン屋さんであってほしかったな~~
d0108737_119595.jpg

ブツブツ文句言いながらも「ぼた餅パン」は買いました。
まるごとぼた餅がコロン!と入っとる。
d0108737_1201939.jpg

本当に食べるところが少ない町。
蕎麦の朝日屋さんで昼食。
d0108737_1205466.jpg

いろいろ頼んでみるとするか~
d0108737_1211132.jpg

普通のざるそば。
味も普通。
d0108737_1212189.jpg

50円増しの生粉打ちそば。
これは旨い!↑のが二八で↓のが十割、断然こちらが旨い!

結論として「天ぷら生粉打ちそば」1250円をたのむべし!ここでの正解だと思う。
d0108737_1214078.jpg

群言堂本店、萱葺きの本社も近くにあるようだが不明。
暑くって涼みにふらふら~~と引き込まれた。
d0108737_1231953.jpg

古い商家住宅を改装してカフェや服、陶器や雑貨などセンスよく売っている。
観光地にしては別の意味でセンスが良すぎるな~~その為お客さん誰もいない、入りにくいようだ。

湯布院にありそうなお店の雰囲気。
d0108737_1234443.jpg

少し広い中庭を囲むように建物は配置されていて何処からも緑が見え気持ちのいい。
回廊のようだ!お店の方の対応も感じがいいな~~
d0108737_1243016.jpg

中庭にも自由に出られ奥には藍染工房。
d0108737_1244598.jpg

2階はギャラリー

ここで、このようなものを買う人がいるのだろうか~と不思議に思うし、とてもじゃないが私には見る余裕もないほど暑くってバテバテ。
見たのほとんど覚えていないゎ~~
d0108737_124581.jpg

さあ、中村製パン屋(悲しい結果だったが・・・・)も見たし帰ろうか~~~

嫁「いやいや旦那さん、メインイベントが残ってまっせ~~ここまで来て銀山見んでどないするんや~~」
私「穴ポコがあるだけやって、しかももう誰も掘ってないんやから~~」

問答の末、力関係で負け予想通り見に行く事に・・・・・・・・・・・

バスは途中で止まり2キロを炎天下の中歩いていったのだが、やはり穴があっただけやった。

(本当は無料のボランティアガイドさんと一緒に歩くといろいろ細かく説明してもらえるのでいいですよ~~。途中小さな木造校舎もありなんとも懐かしいが、とても寄れない見れないほどバテバテ。涼しい時に行こうね~~)
d0108737_1251927.jpg

疲れてキャンプ場でご飯作る気力なし!
リストから旨そうなところをピックアップで予約・・・・・・・・・・・来てみたら怪しげなところ、新天地って・・・・・・遠まきに見るくま家族(大汗)。
d0108737_1253462.jpg

旨そうな鮨屋とか無いか近所を見回ってみたが無いな~~
あきらめて予約したお店「てれすこ」に行って見る。(名前からして怪しい・・・・・・)
d0108737_1255294.jpg

だが中はいったら普通、地元に愛されているお店みたいだね~
次々におなじみさんが入って来る、いい店かもしれない。

カメの手、うまい!
d0108737_1263284.jpg

地物ウニ!
旨いのだが、初日の獲りたてウニの印象がのこっていて・・・・・・・
d0108737_1264741.jpg

鬼エビが旨い、そしてマイカがいける!
d0108737_12724.jpg

これは満塁ホームラン!
今が旬のなかの旬である岩ガキ、一個500グラム位の大物で旨い!!
d0108737_1271470.jpg



左がアゴ(トビウオ)の子珍味やね~
最後ににぎってもらって終了。
d0108737_127329.jpgd0108737_127458.jpgd0108737_1275759.jpg


「外食ばっかりやん!キャンプではなかったのですか~~~」
とは決して、突っ込まないで!暑くってテントには近づけないやって!
しかもコテージキャンセル出ないんやから~~

それと、ここに行くの忘れていた~~一生の不覚!!
[PR]

by guwaguwa58 | 2008-08-01 02:34 | アウトドア(キャンプ、他)