「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 01月 30日
うなぎ消費量は三重県の津市が日本一! 「新玉亭」 三重県津市
↓の「きりん屋」さんで、完全に大失恋!
この大きな心の隙間には、ここしかないっと来たのが三重県津市の新玉亭さん
ご存知でした、日本で一番ウナギを食べている町、それは浜松でも大阪でもなくこの三重県の津市なのだ!

ちなみに「津に来て戦隊ツヨインジャー」なる者もいる、笑。←ここのうまっぷは必見!
d0108737_22521913.jpg

この新玉亭、津のウナギに魅了されたM子さんのブログからチョイス!

しかし、明治から100年以上の歴史がある老舗なのにこの建物がまた何とも気取ってなくでいい!
以前に行った松坂の不二家さんもモダンなビル、そして和田金さんももビル・・・・・・・これが三重のスタイルかもしれない。
d0108737_22534981.jpg

なんと、ビルの3階までがお店。
そして、でかいにも関わらず1時30分だというのに満杯状態!


この居酒屋のような下駄箱を見なはれ~庶民的だ~~
しかし、ほとんど中には入れず外に靴を置いている(青い札が鍵)・・・・・・・・・
d0108737_22543752.jpg

食堂は、だだっ~~と畳が敷かれた大広間を申し訳程度で区切っている。
そう、隣どころか周りの注文した品が丸見え
d0108737_2255399.jpg

嫁、子供は並丼945円、そして私は特上丼1,890円+大盛り210円、独断で決定!
お店の方が「本当にいいんですか~大盛りで・・・・・・・・後でお持ち帰りも出来ますからね・・・・・」

サルシカ隊長さんたちは2回もここの大盛りを食べに来ていたようだが・・・・・・
かなり、特殊な注文をしたような空気が流れている・・・・・・・変な汗がタラ~
d0108737_22551590.jpg

予想通り、普通の人は並丼で十分!
鰻はというと、外はカリッ~っで中ふんわり!
臭みも無し!との嫁の評価

これが、津のウナギ消費量日本一の理由、安くって、多くって、そして旨い!
なるほどな~~~
d0108737_22552728.jpg

隣の席の若い人たちは、運ばれてきた中盛丼(105円)を「多いね~~キャー」と盛り上がっている・・・・いやな予感。

そこに「お待たせしました~~~」とコレが来た!
うわ~~~~すげ~~~と周りの席で見ず知らずの方が盛り上がっている・・・・・・・予想通り注目され恥かしいことになっている~~汗。
d0108737_22554124.jpg

特上だから鰻が上に4枚と中のどこかに1枚、計5枚。
ご飯は、どうやら丼鉢を2つ重ねて作っているんだな~~

でも、何か不自然!
人から借りた、合わないカツラをかぶったオッサン風な感じやな~こりゃ~

と遊んでいる場合ではない!
d0108737_22555639.jpg

一般に大盛りで有名なところで旨い店は少ないのだが、ここは旨い!
焼きは関西風で、ちょいっと醤油風味が強く、少し辛め。
私は好きな味である。

行儀は悪いのだが蓋を利用しないと食べられない!

しかし、食べても食べても減らんがな~~~~どないなってんねん!
d0108737_22561094.jpg

面白いのは、これ鰻のタレが付いてくるのだ!
d0108737_22561943.jpg

当然のようにお持ち帰り。
d0108737_22563986.jpg

ちなみに私は鰻の本を読むのが大好きである。
図書館に行くと、無意識にウナギ、そしてヘビなどの長い生き物の本を探してしまう習性があるようだ!

変な本、借りる癖って誰でもあるよね~?
d0108737_0242251.jpg







新玉亭 (うなぎ / 津新町)
★★★☆☆ 3.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-30 00:27 | 和食 | Comments(46)
2009年 01月 26日
10分の遅刻が悲しい結末を・・・・・・ 「きりん屋」  (三重県松坂市)
12時開店のパン屋「きりん屋」さん。
三重県松坂市飯高町という静かな山と渓谷、そして茶畑に囲まれた場所にある。
松坂市とはいえ、実際は伊勢自動車道の勢和多気ICから30分位山の中をひた走りたどり着く。
d0108737_14472780.jpg

お店からの景色は山!
このような立地の上、HPもないのにものすごい人気。
京阪神、そして名古屋などの都市部からも遠いのに12時の開店には押し合い、へし合い。
いったい、どうなっているんだかよく分からない・・・・・・
d0108737_14475681.jpg

この日は、ななななんと12時開店に10分遅刻!
結果がこの有様・・・・・・・・・・

皆さん、両手に大きなパンの袋を持って帰っていく最中・・・・・涙。

実は、きりん屋さんこれで2回目、前回はてんこ盛り買えたが写真が消失、そして今回は載せるパンの写真無し!何とも悲しすぎるではないですか~~~
自宅からここまで高速飛ばして1時間30分!
痛い、痛すぎである!
d0108737_14481610.jpg

気を取り直して店内紹介!(そうでもしないと、おさまりがつかん・・・・)

この店内がいいんですよ!
完全無欠のオッサンである私は、当然だが“可愛い”というものには興味が薄い。
ここは、どういうんだろう、懐かしいのかな~好感度大!
テクニクス(現パナソニック)のプレイヤーにローディ(現、日立)のスピーカー・・・・
ダイヤの針がレコードの溝のゴミも一緒に音を拾って、パチパチといいながら静かに流れる音楽。
d0108737_14482938.jpg

昭和を感じさせるアンティークで埋められている。

40歳くらいの方がオーナー??、
そうではなく、↓の写真の赤いポットの横に写っておられるのがオーナー。
若く可愛い方でビックリする。
しかも、接客もそつなく上手で気持ちいい!

内装工事からパン焼、接客全て一人でこなしておられるから凄い!
d0108737_14484860.jpg



表に張られたカレンダーも手が込んでいる!

オーナーさんのご実家がお茶農家で、その作業場&倉庫の一部を、コツコツ改装して、ご自分のワンダーランド的店舗をこさえてしまったとのこと!
d0108737_14493212.jpgd0108737_14494533.jpgd0108737_14495950.jpg



パンですが、毎回石臼で自ら挽いた国産小麦と天然酵母で作られ、金、土、日の三日間のみ営業。
ほとんどは予約販売、それもかなり先まで詰まっているとか・・・・・・・

味は、旨い、本当に旨いよ!
もち~~~~としているのが特徴で、全てがベーグルのような食感!
当然、外はカリッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何と言うかパンの写真もないのに、こんな説明してもね~笑。
d0108737_14501372.jpgd0108737_14502934.jpgd0108737_14504686.jpg


とにかく、ドライブがてらに来てみるべし!
でも、予約してくるのがベスト!
突撃訪問なら11:40位には並んでおくことでっせ~~~~~

さもないと、我が家のような結末が待ってますぞ~~~
d0108737_14505856.jpgd0108737_14511437.jpgd0108737_14512651.jpg


「きりん屋」
住所:三重県松阪市飯高町作滝239-1  
電話:0598-46-0226
営業時間:12:00~?
開店日:金、土、日曜日の3日間だけ

***************************************

帰り道に見つけためだか、たなご無料販売所!

何じゃそりゃ~と、Uターンして戻ってみる。
d0108737_14542921.jpg

??????
d0108737_14544723.jpg

大好評で完売!!

何だかよく分からないが、変わった無人販売があるものだ・・・・・・
d0108737_14545949.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-26 15:42 | パン | Comments(30)
2009年 01月 22日
お食事処「ふるさと」さん  (滋賀県甲賀市水口町)
お婆ちゃん(私の母ね!)小さな小さな新年会、運転手役でゴチになる。
場所は、近場の「ふるさと」さん。
滋賀県甲賀市の貴生川駅降りてすぐ、知らなかった~~こんないいお店があったなんて!

まずは先付け、干し柿と大根のなます。

受験、押し迫ってきました!忙しい~~~~
コメントお返しできない状況ですのでコメ欄閉じさせていただきますね~~~
d0108737_1612737.jpg

八寸
お猪口に入った鮑の旨い事!!
d0108737_1613691.jpg

造り、上ヒラメ、カンパチ?ウニ、ヨコワ。
これが一番気に入った!
特にヒラメが今一番の旬で旨~~~~い!
ヨコワも腹身で最高!
取り合わせのバランスも嬉しい!
d0108737_1614969.jpg

カニのじんじょう
何といっても命の出汁が旨いな~~(好みの問題なんですが)
聞けばご主人、京都は祇園、そして上七軒で修行していたというではないか!
d0108737_1615886.jpg

百合根の団子、葛あん。
この系統がたまらなく好きなんですよ~

器は大将の幼馴染?の信楽焼き作家さんの作品。
ご主人も信楽出身!
d0108737_162765.jpg

揚げ物、牛蒡の鶏肉詰め。
d0108737_1621550.jpg

トリガイ、貝柱の酢味噌和え。
d0108737_163856.jpg

ブリの照り焼き。
d0108737_1632355.jpg

コカブの茶碗蒸し。
d0108737_1633120.jpg

巻き寿司の出汁ひたし。
なかなかおつな味ですな~~

凄いな、これで5000円!一品450円ってね~~どうなってるの~~
内容はオーソドックスな京都の懐石料理ですが、実は奥が深いんですよ~
確かな技術で本物に仕上げてくれています!

「お店はまだ出来て1年ちょいっとと新しいのですが、気軽にどうぞ~」と、話し好きな温かい大将がおっしゃってました。
d0108737_1634037.jpg

胡麻のシャーベットが旨い!
d0108737_1634833.jpg

場所は草津線貴生川駅北口すぐ、明光義塾貴生川校の入っているビルの一階。
分かりにくい場所ですが、飛び込みでもokですよ~
d0108737_164149.jpg


店名:ふるさと
住所:滋賀県甲賀市水口町虫生野中央43 ライトシティビル1階
電話:0748-63-6716
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-22 16:57 | 和食
2009年 01月 18日
最高の海鮮丼、こんな近くにあったんかい!「海鮮市場 摩季詩」 (滋賀県大津市)
海の近くへ行けば必ず食べてきた海鮮丼!三重で福井小浜で福井越前で。
“その地のものを安く、美味しく”を求めて西へ東へ、でも大満足には至らなかった・・・・・

その旅も、このお店で終わり、行き着いたかもしれない(←ちょっと、オーバーか・・・・)
皮肉なもので、海の無い滋賀で大大大満足の海鮮丼に出会ったのだ!

ここは滋賀県大津市の菱屋町商店街
まさに今、仕入れてきた魚をお店に入れておられるここ、海鮮市場摩季詩さん。
d0108737_15581396.jpg

知ったのは滋賀の食爺さんのブログ。
隠れ家と書いておられたのに公開してしまいました、お許しを・・・・

こちら、見ての通りで魚屋が本業!
仕入れたトロ箱のそのまま陳列、何ともそそるじゃないですか~~
私は興奮して、この魚の周りを5回、6回とクルクル、クルクル!
d0108737_1602994.jpg

安いんだけど!
大丈夫かいな~~
d0108737_1604412.jpg

奥のオッサン2人(私の仲間です)が座っている場所が食事場!(昼食に3人で訪れたのだ)
特に左のオッサンは海鮮居酒屋に来たような錯覚に陥って興奮状態!
d0108737_1605853.jpg

大将は、なんとこの女性!
「今日は、この氷見(富山)の10キロ級の寒ブリが入っているから、これも入れますね!」と何とも男前な一声!
商店街一、長靴が似合うと噂の千代さん、そしてもう一人の方も女性のアマゾネス的なお魚屋さん。

魚は、でっかいノドグロ、活けのアオリイカ、天然鰤、生食用の白子など高級物を安く提供!
d0108737_161452.jpg

じや~~~~~~~~ん!海鮮丼1000円!
そんでもって、ワサビは静岡の特選山葵ををすって出すというから恐るべし!!
今まで食べたのはナンだったんだろう!

上から時計回りに説明

サーモン → 本来、好きでない魚だが、これは全く臭みが無く絶品!その理由を聞くのを忘れてしまった。

スズキ → 「いままで、生きていたよ!」といわれるとおりコリコリだ!

氷見の寒ブリ10キロ級 → これが完全主役!熟成も文句なしで最高に旨い、いや旨すぎる!こんなの入れてもいいの??? 

ヨコワ(黒マグロの子) → 適度の霜降り旨い!

シマアジ → これも、今〆たところでコリコリ、そして旨い、旨い!

ウニ → 回転寿司用ではなく、立派なウニである。
d0108737_162797.jpg

海の市場みたいだ、居酒屋だと仕事のことを完全に忘れている方の刺身定食700円。
寒い日は、海鮮丼の冷たいシャリより温かいご飯の方がいいかもしれないな~~
d0108737_1621935.jpg

ウニ、いくら丼1000円

旨い旨いを連発、千代さんの嬉しそうなそうなにっこり笑顔がまた男前!
d0108737_1622841.jpg



本物の魚を売っているお店で頂くこちら、どれも間違いない物!
定食以外で食べたいものを選んで調理も出来る、でっかいノドグロ2300円位とのことだから、常識破りの安さ!

しかし、魚=漁港の方程式は成り立たないことを思い知らされました!
といいながら、海を見たら美味しい魚をさがすんだろうな~~ハハハ

d0108737_1624162.jpgd0108737_163163.jpgd0108737_1633639.jpg


まだまだ、いろんな発見をさせてくれるこの商店街、大好きです!
また、ふらふら遊びに行きますね~~~
d0108737_16232630.jpg

店名:海鮮市場 摩季詩
住所:滋賀県大津市長等二丁目1―19
電 話 TEL 077-527-3664
営業時間 昼10時~夜8時00分迄
定 休 日 日曜日、月曜日の祝日
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-18 17:01 | 和食 | Comments(38)
2009年 01月 15日
蛸壺回収後編  伊勢の名物、へんば餅  (三重県伊勢市)
さ~2つ目の黒い蛸壺回収だ!

ここは、鳥羽の海岸に建つホテルの裏側にある岩場。
蛸は入って無くてもいいから壷だけはあって欲しいと祈る!
d0108737_1491726.jpg

ずるずる紐を引っ張るその先は・・・・・・・・・壷ではなく藻が絡まっている・・・・・・
何処いっきょったにゃ~~~~黒蛸壺は!家出か!
おそらく波にもまれて紐が取れたのだと思う。
まず、間違いなく場所の選定を間違えている。
やはり、甘くない蛸壺漁!

気分がのったら夏にリベンジや~~~~~~
d0108737_1492755.jpg


***************************************
気を取り直して次いってもよ~

伊勢でこんな物発見、へんば餅!
三重の旨いものを食べつくしつつあるM子さん、しかも完全左党。
そのM子さんの推薦であったのだ!
d0108737_14102220.jpg

まずもって、この店構えにほれ込む!
歴史は230年位で赤福(創業300年)より少し歴史は新しいのだが、商売の仕方が違う。
こちらは、ここともう一店舗の2店だけで営業、外販や通販は無し!
つまり、ここに買いに来る人しか手に入れることの出来ない品物である。
d0108737_14103220.jpg

d0108737_1241743.jpg

店内もいたってシンプル!
この日、PM4:30に到着(5時閉店)だが、目の前で完売した。
前もって、電話で20個入りを注文しておいて助かった!
その電話も親切だし、お店での対応も気持ちいい。
d0108737_14104212.jpg

賞味期限は次の日まで!
d0108737_14105553.jpg

車に入って我慢できずに包装紙を破く!
このビニールの包装はちょっと寂しくなるな~~~~
d0108737_1411634.jpg

あっさりで、めっちゃ旨~~~~~い!
餅は団子系だが弾力も十分ある。
餡は漉し餡であっさり。

何処でも買える赤福より、ここでしか買えないへんば餅、これお土産にいいのではないかな~

(といいながら、もらい物の赤福を食べながらこの記事書いてます、赤福も好きだす!)
d0108737_14125385.jpg




へんばや商店 本店 (和菓子 / 明野)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-15 14:55 | 和菓子 | Comments(24)
2009年 01月 12日
蛸壺回収前編。シーズンオフのプライムリゾートホテル賢島「アッシュ・ドール」(三重県志摩市)
この連休はスキーの予定だったが大雪で断念!
ということで懸案の海に入れっぱなし蛸壺を回収に行く!

となると、何を食べるかが問題だ!
何故かというと、海の幸など食材が豊富なはずの伊勢、鳥羽方面であるが、私好みのお店が見つけられないでいる。
ある意味、不思議でもある・・・・・

そんな中、水のフレンチで有名?な北野ホテルの山口シェフプロディース、プライムリゾート賢島「アッシュ・ドール」を発見!嫁のバター、クリーム嫌いも何とかなりそうだ~~~

(後編があるので、コメ欄は閉じてありますよ~~)

d0108737_17315842.jpg

とりあえず、蛸壺を引き上げる前に腹ごしらえ!
アミューズは鴨、ブルーチーズ。

嫁、2980円、前菜+メイン料理+コーヒー
私、3980円、前菜+スープ+メイン料理+コーヒー
息子達、2100円、月替わりランチ → 好みの問題はあるが恐るべしコストパフォーマンス。
d0108737_17321740.jpg

カニ身とアワビのサラダ仕立て アーモンドのプラリネソース

嫁の前菜だが、旨い!!
これを混ぜて食べると、歯ごたえ、甘味、旨味がいい感じで楽しめる。
リンゴの入ったサラダは苦手だったのだが、切り方(細く切ってある)だけでこうも変わるのかと思った。
d0108737_17454217.jpg

伊勢海老と小野菜のプレステリーヌ 野菜のヴィネグレット

ネギ、ニンジンなどの旨味を前面に出している、これも旨いな~~~
伊勢海老より野菜が旨いと思った一品。
d0108737_13231196.jpg

カリフラワーのクリーミーなスープ スモークの香り 蕎麦の実と共に

違うのにしたら良かった・・・・・・・・
d0108737_17333322.jpg

スズキのパン粉焼き オレンジ風味 キノコのニョッキと共に デュグレレソース

嫁のだが、濃厚ソースで食べられないのではと思ったが旨い旨いと完食。
d0108737_1324376.jpg

伊勢志摩の新鮮魚介類(伊勢海老、アワビ等)の紙パイ包み焼き 桜スモークの香り
(プラス料金¥1,050)

かすかに酸味のある味付けで旨いの一言!
スモークの香りは何処に??と思ったが、鮑や魚介の味を前面に出して非常にシンプル。

これもそうだが、見た目フレンチだが料理の素材を生かす基本的考えが和食に通じるように思った。
そして久しぶりの大大大満足!
d0108737_13243520.jpg



こちらは息子達の月替わりランチ「ノルマンディの郷土料理」 2,100円。
高いコストパフォーマンスと思う。
最後のデザートまで手を抜かずに仕上げている。
d0108737_17343352.jpgd0108737_17354393.jpg


d0108737_17355975.jpgd0108737_17361013.jpg


13:30からはケーキバイキング2100円って、安くないかい!
これも、大人気で若い子たちで、レストラン内はいっぱいになってきた。
***************************************

本題の蛸壺。

あったあったと興奮状態!
d0108737_17382549.jpg

「重い、重い!」といいながら引き上げる!
期待感が表情に表れていますがな~~
d0108737_17393822.jpg

まあ、予想通りでしたが残念無念!

もう一つの黒い蛸壺に続く





d0108737_17394751.jpg





hd'or (フレンチ / 賢島)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-12 19:01 | 洋食
2009年 01月 09日
お寺で売ってるケーキ&惣菜? キャラメルシフォン!佐知’s pocket (滋賀県大津市)
昨日で無事、冬休講習も終了!
まだまだ受験まで気は抜けませんが、ここでちょっと塾内での打ち上げ(講師だけでね!)を計画。
そのケーキを買いに個性的なお店を目指す。

これは、歴史的に重要な舞台となった三井寺、ここではない!
d0108737_0232898.jpg

その三井寺の近くに等正寺というお寺さんがある。
地域情報誌ではここに売っているとのことだが・・・・・・・・・・
そんな雰囲気は微塵も無い。
d0108737_0233770.jpg

恐る恐る、中へ進んで庫裏(くり→お寺内の住居)の方へ行くとここか?
d0108737_0234774.jpg

確かに看板もある!
佐知’s pockeさんがそれ。
d0108737_024088.jpg

お店は奥さんが切り盛りされているのですが、お寺の仕事も同時進行。
結婚する前より料理学校で講師を務め、口コミだけで10年も前からケーキや惣菜を売っておられる、というよりお分けされているという感覚だと思う。
先月からはアイスクリームも販売をはじめられました。
こういったお店に来ると、あれこれやはり話し込んでしまいます!ハハハ~~
d0108737_0241335.jpg

とにかく、ショコラ系やパウンドケーキを見繕い、家用に看板商品のキャラメルシフォンケーキを購入。
キャラメルというと、あのキャラメルコーン(←苦手なんです)を想像して“本当に美味しいの??甘すぎない??”と、買う時点では疑っていた(ゴメンなさい・・・)。
d0108737_0242149.jpg

帰って食べたら、旨~~~~~~い!
甘いのではなく、大人な感じに苦い、上手に苦味を出しているのである!
見た目地味だが、これは、まさに間違いなく看板商品だわ!
しかし、上手に出来てるな~~~

子供は「苦い・・・・・・」といって先に進めずリタイア!その残った分も全て食べご機嫌な私であった!本当に大人の味だということですわ~~~

店名:佐知’s pocket
住所:滋賀県大津市小関町7-24 等正寺内
時間:10:00~17:00
休み:不定休
電話:077-522ー0639
d0108737_0243374.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-09 00:59 | 洋菓子 | Comments(46)
2009年 01月 03日
新年、明けましておめでとうございます。
早いですね~
もう、3日になってしまいました!

↓これ、我が家の年賀状。
牛が私で、上に乗ってる鳥が嫁と子供らしい。
d0108737_16503185.jpg

私は、食っちゃ寝、食っちゃ寝の連続。
何も今年のネタ無し状態、なので美味しいネタおば少しだけ載せさせていただきます。

今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
d0108737_1519448.jpg

何といっても嬉しかったのが小春の母さんの送っていただいた年越し蕎麦!
しかも2種類もネ!

毎年、乾麺で我慢していましたが今回は本物です!
d0108737_15195427.jpg

ここは我が家の1階、おばあちゃんの厨房。
赤ちゃんが行水できそうな鍋を出してもらい湯がくのです。
小春ママさんの説明書きが、痒い所に手が届くほど細かく分かりやすい。
何といっても、せっかくの蕎麦が最後の湯でで台無しにはしたくないからね!
d0108737_15201437.jpg

旨い~~~~~~~~~~~~~~~~~!
切れることも無く、上手に湯がけました!
香りもたっぷりです。
さすがだわ~~~皆に大好評でしたわ~~~
d0108737_15202499.jpg

そしてもう一品。
すごく、ベタですが「いずみや本舗」のきんつば!
d0108737_1524941.jpg

堺の嫁の実家で毎年食べる、清荒神さんの参道でかってこられるこれがまた旨い!
とにかくあっさりで塩っけが強く最高やね!
d0108737_15242130.jpg



本来、正月は質素に過ごすのが慣わし。
その為の質素な御節だったのに、今正月は肉や魚などこれでもか!と出てくる。

質素だったが昔の正月風景を懐かしく思う、今日この頃です。

てなこと言いながら美味しいものには目が無い私で、食べまくっている正月です。
d0108737_15274984.jpgd0108737_1525563.jpgd0108737_15251593.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-01-03 16:16 | その他 | Comments(53)