<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 27日
福井旅(最終回) 福井のすし屋の舞妓丼に圧倒される! (福井県)
タイトルに福井旅とあるが、これはあくまでスキーメインの旅である。
2日間、老体に鞭打って真っ直ぐ歩けないほどハードに滑った訳で、決してグルメ満腹の旅では無いのですよ~(私の健康を気遣い、食べすぎだ!!との批判をかわしたく・・・・・・・)

これは一日目の夜、スキー終わってへろへろ状態でやってきた鮨屋さん。
スキーで素泊まり(外メシ)というのも変わった選択だが結果的には、大大大正解!
d0108737_2259388.jpg

子連れでカウンターは無理だし、お財布的に考えても小上がりである!
d0108737_23385069.jpg

これが、食べたかったのだ、舞妓丼!
やはり、たつやさんので見たんだな~~

丼ではあるが、3150円という生意気な金額である!
そのわけは、この擂った山芋に見えるのが実は鮑なのだ。
擂った中には歯ごたえを楽しむために刻まれた鮑も入れてある。
トロはカマの部位で炙って香り付けていたり、なんとも手の込んだ一品!
d0108737_22595728.jpg

この上に、肝醤油をうっすらかけて一口食べると、ハハハハハハハハハハハハハハァ~~~~~~
旨くって笑いが止まらない!(外まで丸聞こえなほど、本当に笑ってしまった・・・・・・)
生鮑を擂るとこんなに旨いのか~~と、じっ~~と丼を眺める!
昆布に似た上質な味わいや、磯の風味など天然のグルタミン酸とミネラルの津波が舌に襲い掛かる!
生の鮑って正直あまり美味しいとは思ったこと無かったのだが、料理方法が変わるだけでこうも変わるものなんだな~~~
そして、それに負けない本マグロ(ミナミマグロかも?)のカマトロ炙りも見事!
擂りワサビではなく本山葵を刻んで混ぜやすくしてあるのも憎い!
鮑一個以上は使っているしそれに大トロ、採算割れなのもうなずける!
この丼は職人の意地の一品なのかもしれない。
d0108737_2301514.jpg

鱈の白子、これはあかん・・・・・・・・・・・・
d0108737_232338.jpg

特上寿司3150円(おすまし付き)
ヒラメの縁側、天然ぶりのハラミ、大トロ、サザエ、などどれも納得!
d0108737_2304274.jpg

特上のオマケ、サザエの肝。
私は苦手・・・・・・・・・・
d0108737_231080.jpg

上寿司2500円位
子供はこれで茶を濁しておいたが・・・・・・・・・・
ぐじの昆布〆が旨かったそうだ!
ブリもいい感じの脂加減(ちょい小さいめのブリだと思う・・・)
正直、特上がお値打ちだったかも・・・・・・・・
d0108737_2312679.jpg

焼物はノドグロの特大!
写真では分かりにくいがでっかい!
d0108737_2332982.jpg

焼き加減が絶妙、骨の部分がピンク色で火が通り過ぎていない!
家で美味しい魚は手に入っても、お店屋さんのように美味しく上手には焼けないものである。
これもめっさ旨いな~~~~~~~~~。
舌の上でとろけるわぁ~~

この後、目鯛の蒸し物などちょこちょこ食べて満足120%!

さて、気になる金額だが1万7千、やす~~~~!宿の食事を抜いた分と変わらなかった!
(我が家の息子達、小食だからもあるよ・・・・・)

わざわざ出かけるのも面倒だが、このパターンもありだな~~~
d0108737_2334234.jpg

こちらさんには、滋賀からわざわざ来たということで、いろいろ心遣いもいただき嬉しかったな~~
そして、お土産として頂いた福井名物の自家製“へしこ”を呑み助の嫁が初体験、いたく気に入ったようだ。
旅先で、「遠くからよく来たね~」と優しくしていただくことほど嬉しいことはないよね~

「舞妓丼」とういう裏商品的なこともあり、あえて店名は書きませんが・・・・・・・・分かりますよね~

福井旅、堪能の巻
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-27 00:21 | 寿司 | Comments(24)
2009年 02月 23日
福井旅③ 阿さひ旅館と甘い物特集!中村五市商店 伊藤順和堂 (福井市勝山市&大野市)
とにかく甘い物に対しては妥協を許さない私!
特に、旅に出たなたなおさらである。
宿の夜は甘い物とお茶と本でまったりしたいのだ~~

ハイ、トップバッターは福井県勝山市にある中村五市商店さん。
他も含めて情報は当然たつやさんである。
d0108737_23403257.jpg

何といっても分かりにくい場所にあり、見るからにジモッチ~ご用達のお店だ!
入ってすぐ、でっかい「餅!!!」の暖簾に圧倒。
んん??商品は・・・・・・・・・一パックだけあった、あべかわ餅?~~これ下さい!
「はぁ~~~~い」と言いながら奥に入ってごそごそ・・・・・・・・・・
これは見本なんや、注文を聞いて奥でこさえておられるんだ~~~ハハハ
d0108737_23404784.jpg

旨~~~~~~~~~~~ひィ~や!
結構甘いのだが、餅の旨味、炭水化物の甘味が負けてない!
歯ごたえも本物!これは何個でも食べられる!

奥まったお店+少ない商品数+歴史がある=旨い!の方程式通りだ!
d0108737_234136.jpg

*********************************************
こちらも勝山市、くるみ羊羹で有名な丸屋松月堂さん。
d0108737_23412654.jpg

くるみ羊羹を購入。
d0108737_23415087.jpg

「くま先生は、どないしてあんなディープなお店見つけるんですか~~~」とよく聞かれる。
基本は、ブログや女性モノの情報誌で調べとります、笑。
時には、何かありそうな場所なのに全く見つからず旅に出て“出たとこ勝負じゃ~”もあり!(それはそれで楽しいのだが・・・・)
そんな場合は芋づる作戦を使う!
その地で一軒、こだわりのお店を見つける。そのお店は高確率で必ず別のこだわりのお店を知っておられ、紹介いただきまた紹介・・・・。それを芋づる作戦と呼ぶのだ。(私が勝手に呼んどるだけですが・・・・)
他には、下のような地域マップを探すのだ!これは蕎麦屋の八助さんで発見。
重要なのは、ここから穴場を見つける臭覚ですわぁ~~~~入り組んだ場所にあったりしたものを重点的に攻撃する!!
まあ、結局のところ食い意地の執念が常人以上、それが見つける原動力かな~~(←自慢にもなららんわ!)

この、「らぶ勝」すごい役にたったぞ~~
しかし、何とも勝山市っていい町なんだろ~~
d0108737_0362682.jpg

***********************************************
ここからは福井県大野市、勝山からは20分と近い!
城下町のここで宿を予約!
d0108737_23421489.jpg

買った甘いものが滑る(不味いと)といけないので、甘いものをもう一つ買う!(何ぼほど買うねん!)
黄色い看板出てますね~いもきんつば、伊藤順和堂さん!

全部、食べるの違うからね、お土産お土産やって!余ったものを。
d0108737_23422646.jpg

芋栗派の方には目の毒!
d0108737_23423922.jpg

お土産のはずが・・・・・・・・・・・・胃袋の中へ落ちていく~~
d0108737_23425286.jpg

***********************************************
宿ですが、寺町と呼ばれる大野市のお寺が大集結した地の路地裏にある。
この通りに面した建物、ぜ~~~~~~~~~んぶ、お寺やちゅうねん!
d0108737_234316100.jpg

このような佇まいのお店もある界隈。
d0108737_2343365.jpg

楽天の口コミで5つ星!とかで来てみたが、んん・・・・・・・・・
安いし、スキーならば文句なしです。
でも、本当に周囲はお墓ばかり・・・・・・・・・・・・
d0108737_23435730.jpg

金沢の雪吊りとはまた違う!
その地によって植木を雪からま守る方法はさまざで面白い。

さて、大野市だが綺麗に整備された観光地。
私、個人的には勝山市が好きかな~~ただし、大野市を見る時間が無かったので言い切れないのです。

この後、夜は鮨屋に繰り出し、幻の丼を喰らうのだ~~ナハハ~


d0108737_23441434.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-23 00:34 | 和菓子
2009年 02月 19日
がる~~さんのカウプレが当たった!!
カウプレって何だ、ナンナンダ?と少し前まで全く分からなかった!
にも関わらず、がる~~さんのに申し込まさせていただいた。(1月のことですが・・・・・・・・)

結果、当た~~~~~~~~り!
いやいや、何事も当たるって嬉しいですよね~(あっ、外れた方申し訳ない・・・・)
d0108737_17233160.jpg

当たりのマーク!
d0108737_17234191.jpg

テープに数字が・・・・・・・まじない?・・・・・・・謎が残る・・・・・・・

ブログをされている方、皆さんそれぞれ個性が強いのですが、がる~~さんもまた然り!
空飛ぶ円盤が来て国民皆それを見ているのに、彼女一人だけそれを見ている人を見ていたり、楽しんだり写真撮ったりして円盤は無視してたりする方。いやいや、変な人ではなく、視点が違って個性的と言いたいのです、笑。
だから、ブログの内容が面白いだな~~何が飛び出すか分からない!

d0108737_17234957.jpg


そこに入っていたデビルマンのポストカード!
これは、愛しき私のヒーローではないかいな~~
小学校のころ、自分と好きだった子を登場人物に置き換えて楽しんだりしていた(オタクっぽい・・・・・・・)

長男に見せると「海パンはいた変態や~~!」、なぬ~~~~~~~怒!

最近は“海パンもっこり系”のヒーローは登場しないのが常識!
昔は鉄腕アトムタイガーマスク(これは、仕方ないか・・・・)もバロムワン(タイツ系もっこりだが・・)そしてなんと大御所のマグマ大使もそうなんだ!マグマ大使、ロボットなのに海パン系かいな~~~

話がそれたが、そんな素晴らしいポストカードをカウプレで送って下さったのである。
d0108737_17231833.jpg

これが謎!伊藤萬ってもう無いし・・・・・・・・
ツバメ鉛筆って記憶が無いんだな~~
ネットで調べても何も情報無し・・・・・・・・
どなたか知ってます~~
d0108737_1724196.jpg

銭湯の生写真まで・・・・・・・
地方に出かけたら銭湯を探す私、たまらないな~~
d0108737_17241025.jpg

サリーちゃん系の絵が書かれた桐の箱。
d0108737_17242277.jpg

そして、家庭科のノート・・・・・・
中まで紫外線で色が変わっているのがまたいい!!
できたら使いたいんですね~~

値打ちの分からん私がもらって良かったのか悩む所ですが、いろいろ楽しませていただきました。
大切にしますね!
ありがと~~~~
d0108737_17242947.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-19 17:33 | こだわり | Comments(18)
2009年 02月 16日
福井旅② 福井と言えば? 蕎麦ですよ! 「八助」 (福井県勝山市)
福井ネタあと3回続きまっせ~~~

福井と言えば、越前カニや海の幸を先に連想してしまいますが、やはり蕎麦!
普通の小さなお店でも外れなく美味しく、そして安い!(と、思い込んでいるだけなのかもしれないが・・・・・・)
県民SHOW的に福井の方にインタビューしたら「蕎麦は手打ちしか食べないのが普通でしょ~」なんて答えが帰ってきそう。
(写真は長男と次男、ずいぶん上達したよ~~)
d0108737_0254142.jpg

ここ「八助」さんは福井県勝山市のこれまた狭い路地裏にあるお店。
うわ~~~~~ええ感じやがな~~!(←感動表現は関西弁)
この勝山市の路地裏は宝箱や~~~~~~~~!
木製建具、中二階の建てや、そば粉まみれの換気扇・・・・・・・・・・
お店に近づくと「ごご~~~ごご~~」と蕎麦を潰す音が聞こえてくる。石臼の音だから決して不快ではなく心地いい!
d0108737_0595099.jpg

上の看板は義野商店??名前が2つ・・・・・・・・・これの意味は不明。
ここたつやさんのブログで知ったのです。
d0108737_02626.jpg

お店入って右側にある作業場を食堂から見ることが出来る!
石臼で本当に砕いている、これ見てるだけで嬉しくなるやん!
d0108737_0261759.jpg

何が凄いって、安い!これで、手打ちの値段ね!
正直、この値段で旨いものはないやろ~~と思っていましただ、いい方に裏切られました!
ついでにコーヒーチケットならぬ、蕎麦チケット10枚綴りというのがある。
それだと、おろし蕎麦が400円を切るというから恐ろしい世界だ!
d0108737_02627100.jpg

かけそば430円、量は若干少なめだが美味いのだ!
特にスキーで冷えた体には温かいのが格別美味く感じる!
お店にもよるのだが、福井は何故か出汁の味が関西人に合う!
それも福井の蕎麦は旨いと感じる原因なのかもと思う。
d0108737_0263932.jpg

ざるだがこれも旨い!(申し訳ないです、蕎麦の解説が出来るほど上級者ではありません・・・・・・・・)
d0108737_0264755.jpg

ちゃんと焦げ目を付けて香ばしさを出した善哉、400円。
ただし、これはあまりに甘さが少ない・・・・・・・何か別の意図があるのか?

とにかく、福井の蕎麦を関西方面の方にどんどん食べて欲しい!
d0108737_027085.jpg

店名:手打ちそば 八助
電話:0779・88・0516
住所:福井県勝山市栄町1-1-8
時間:AM11:00〜PM2:00
定休日/木曜日
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-16 01:20 | 蕎麦
2009年 02月 12日
福井旅① スキージャム勝山+イカの入っていないイカ焼き?(お好み焼き) (福井県勝山市)
(福井シリーズは続くのでコメ欄閉じときますね~~それと、疲れてブログ巡りができまへんのどす~~~これ書いたら寝ます、ぐう~~)

40も後半になると、さすがにスキーはキツイ!
先ほど福井県のスキージャム勝山、略してジャムカツより帰ってきた(一泊二日)が、筋肉痛で真っ直ぐ歩けない・・・・・・・・・・・痛い!

初めてのジャムカツでしたが、雪質は福井らしく重い状態!だが、さすが東急が手がけるだけあって整備やコースの設計、夜中の圧雪技術はピカイチ!人気の理由が分かるわ~~
古く歴史があったりする物が好きな私ですが、申し訳ないスキー場だけは大手の経営するものが好きだ!
d0108737_21451493.jpg

一日目のスキー終了が12時!早いが勝山市と大野市を探索!(私の独断で・・・・)
ここは勝山市、スキージャム勝山を下りてきた市内の路地裏にあるお店。
d0108737_21453052.jpg

外観もたまらなければ、中もたまらない!
おばちゃんがせっせと焼いているのが「お好み焼き」
d0108737_21455249.jpg

暖房は薪ストーブ!
d0108737_2146239.jpg

少し前までどちらも70円だったようだが10円値上げ、それでも安い!
d0108737_21461720.jpg

時間もゆっくりあるし、中で頂く!
今川焼き2個、お好み焼き4枚で480円、それだけ食べるのにお水まで入れていただき、恐縮恐縮。
学生専科的な雰囲気があるが次々に10個、20個と地元の方が入れ替わり立ち代り買いに来る。
d0108737_21463477.jpg

その理由は、食べてすぐに分かった!はっきり言って旨いのだ、意表を突かれた!
「お好み焼き」と呼ばれているものは、関西的に言うと、イカの入っていないイカ焼を想像してもらったら分かりやすい。揚げ玉とキャベツがちょこっと入っているだけである。生地とソースだけで美味しく食べさせるという直球勝負というわけだ!家庭では出来そうで出来ない食感、味わいだと思う!
もち~~とする生地、そして柔らかい味で独特の旨いソースが渾然一体となって、必ずもう一枚食べさせてしまう品物だ!それが80円というのが大人気で、今もつぶれる事もなくこのお店を存続させている理由だと思う。
d0108737_21465863.jpg

こっちも、負けずに旨い!(今川焼きまで、熱く語るのはくどいのやめますね~~)
d0108737_21474691.jpg

次の日もスキー帰りに寄った!
持ち帰り用は、新聞紙で包んでくれる。
いつまでもこうであってほしいな~~
d0108737_21475735.jpg

京阪神から物凄くお客さんが押し寄せるスキージャム勝山。
その帰りに、ここに寄ることが流行れば地元のファンに大きなご迷惑となるので名前は書かない方がいいかもしれない・・・・・・・・(そこまでの影響があるブログでは無いが気持ちの問題と、とらえてね~)

お店を見て気がついたのだがたつやさんも来られてました。
d0108737_2148628.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-12 22:53 | B級グルメ
2009年 02月 08日
鹿猪肉「ひろた」さんの狩猟犬はゴルゴ13! (滋賀県湖南市)
この鹿の角を持っているのが、鹿猪料理「ひろた」のオーナー、そして猟師でもある廣田さん。
前回書いたとおり、無理を言ってお店の近くにいる狩猟犬を見せていただいたのである。
d0108737_2024417.jpg

お店を出たら見慣れた山、そうこの山で猟をしているということにビックリ!
d0108737_203756.jpg



さてさてワンちゃんだが、様子が普通の犬と違う・・・・・・・・・・・・
われわれが来て、歓迎して大喜びするかと思えばそうではない、かといって、威嚇する事も無いくこちらを観察しているように見える。
特に廣田さんに対する態度が不思議で尾っぽがお尻に仕舞われてひれ伏す感じに近い。
そう、カリスマ社長に出くわした下っ端の胡麻すり社員の風である。
猟に行った時、最後にはどんな大きな獲物も倒し(銃でだが・・)その強さを目の当たりにしてきたこの犬達にとって廣田さんは脅威の大ボスなのだ。
ここには愛犬と飼い主の、あの温かい雰囲気は微塵も無い!d0108737_2034426.jpgd0108737_204170.jpgd0108737_2083873.jpg


現在いる6匹の中のリーダーがこの子!
この手の柄の子って人懐っこいイメージがあるが、彼は違う!
最後まで、この距離を保ち下目がちに冷たい目でこちらの様子をうかがう。
この目はゴルゴ13の目だ!
d0108737_2044123.jpg

このゴルゴは常に皆の先頭を走り、廣田さんとの猟での連携まで考える!
この傷は、先月にあの240キロの猪に襲い掛かり牙で刺されたとのこと・・・・・・・・・
体重で15倍の大きさに襲い掛かるんです。
そして、このゴルゴだけはご主人にも決して媚びる事も無いから凄い!

長いものに巻かれながら実社会で生きることに慣れてしまった、この男(私)にとっては、媚びることも無く勇敢なこのゴルゴが気になってしかたない!
d0108737_205980.jpg

この子は1歳半、最近やっと最後尾からではあるが仕事が出来るようになってきたらしい!
どの子も子犬で歩き出したらすぐに山に入れ、走らすとのこと!
全て雑種なのだが皆、野生を感じさせる美しいスタイル!
d0108737_2053272.jpg

何故、危険を冒しても彼らは猪に襲い掛かるのか?の問いに「単純に猪が食べたいんや~ハハハ」とのことだが、はたして本当なのか・・・・・・・
ただ、どちらにしても優秀で信頼でき、息のあう狩猟犬を育てることは危険な猟をする上において最重要な事!言葉には簡単に表せないノウハウがあるんだと思う!
d0108737_20614.jpg

山もこの30年で大きく変わり心配と廣田さんは言う。
まず、鹿がどんどん増えているとのこと、確かによく見かけるな~~
何より一番の問題は外来種のアライグマやハクビシンが幅を利かせ、昔からいたキツネや狸がが追いやられている。鳥は青や緑の大きなインコが群れでいたりと、何処の山かと不安になるとのことだ。
そして、この子はなんと、ハクビシンに顔を咬まれたらしい。
ペットとして持ち込まれたハクビシンだが、可愛い顔をしているが極めて獰猛で強いとのこと・・・・・・
d0108737_2063087.jpg

愛犬家の方も多く見ていただいていて、生々し内容で心を痛められないか心配でもあります・・・・・・・
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-08 22:17 | その他 | Comments(26)
2009年 02月 05日
鹿猪肉専門店「ひろた」さん  滋賀県湖南市
BOBBOBの仕事を頑張っている褒美に、お2人(1人は私の嫁ね!)をランチへご招待!

(続編があるので、コメ欄閉じさせていただいてますよ~)
d0108737_22315532.jpg



d0108737_22321295.jpg
まだ、オープンして間が無い、新しいお店にエスコートしたのに・・・・・・・
店前まで来たら腰が引けてる2人、何かご不満でも??


実はここ、私が通勤で毎日通っている通りにあった弁当屋さんだったところ。
改装して一週間ほど前に鹿猪肉専門店としてオープンしたお店なのだ!

「日本初、鹿肉入りカレーライス800円!」って、興味はあるけど一人では入れないよね~
そこで、このお二人をかどわかしてきたというわけだ~~ハハハ
d0108737_22334873.jpg

最初に目にした新聞記事!
なななんと240キロもあるイノシシをこちらの大将(廣田さん)が先月仕留めたようだ!
これは日本一大きいのではないかと言われているそうな~
しかも、その場所は目の前の山とくるから驚きだ!(どんなとこ住んでいるんだ、われわれは・・・・・・・・)
d0108737_2234272.jpg

お店は、手作りらしさが漂っている。
張り紙含め、無骨な猟師でもある店主の設えだ!
d0108737_2234194.jpg

やはり、皆さん怖いのかこの日は貸切。
d0108737_22343331.jpg

鹿丼、800円。
d0108737_22345824.jpg

猪のバター焼き
ロースの高級部位で旨いといえば旨いが、やはり味噌鍋で煮たほうが脂身を美味しく食べられるように思う!

主人「これが、あの240キロのやつやで~~」とのことでチョイット感動!

私「猪って大きい方が美味しいの?」

主人「いやいや、本当は若い70キロ位の雌が一番旨いんや~」
「知ってる?丹波篠山の猪と言って出しているの殆ど養豚の猪ブタなんやで~~狩した山の本物のイノシシは北海道に送るんや~その方が高値で取引されるんやで~~」
d0108737_22353888.jpg

主人「あの、山の主みたいな240キロのイノシシは4回勝負して逃がしてたんや~
鉄砲で撃って、手ごたえあっても平気で逃げていきよったんや!
分厚い脂肪がヨロイになってたみたいやな~~
今回はたまたま耳の後ろの急所に当たったんや~~」

「これ、サービスしとくゎ~~~!」と頂いたこれも240キロ猪の味噌漬け?の焼きブタ風な物??
d0108737_22441553.jpg



とにかく、知らない世界の話だから引き込まれる!
何より、猟犬の勇敢さに興味を覚え、ワンちゃんを見せていただくこととなった!

その猟犬は次回ね~

d0108737_22444473.jpgd0108737_23121870.jpg


ええ?BOBBOBの2人は食べたの?って、そりゃ~~食べてたよ、美味しそうに(ウソ)!

つづく・・・・

店名:ひろた
住所:滋賀県湖南市三雲968-1
電話:0748-72-2801
持ち帰り 猪500円/100g  鹿400円/100g
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-05 23:27 | 和食
2009年 02月 03日
お勧めしたいような、そうでないような、うなぎ「いとう」さん  (三重県津市)
2週連続で津市のうなぎである!
つばや菓子舗さんのこんな記事読んだら、もう我慢が出来ない!

私のブログには、こんなディープな店屋さんがやはり似合うよね~
d0108737_0105084.jpg

お店に入ったとたん、ご主人が「あと2匹、あと2匹やね~~」って何のこと?????
どうやら鰻が2匹しかいない、あなた達でラストだ!ラッキーということだった!

注文はそれぞれ決めてきた、私が極(スペシャル)丼1,900円、嫁が上丼1000円。
d0108737_0123374.jpg



d0108737_0202865.jpgd0108737_0203665.jpg
この極丼というのが凄い、まず、自分で食べたい生きた鰻を選ぶのである!
といっても2匹なので「今日は選択の余地がないな~~」と、大将が鰻を握り締めた。

場合により、お客さんがさばいてもいいらしい。
本気で、やる気満々だった私~~なのに、悲しいかな10秒で大将にさばかれてしまった~~~無念!



森三中の一番大きな大島ちゃんに似たこの女性がまた大変な方なのだ・・・・・・・・
大将が突っ込んで、この大島ちゃんがボケるとう感じで下ネタ漫才炸裂!そして度が過ぎて手に負えない状態に発展していくのだ!
d0108737_0211961.jpg

大将(63歳)は元サラリーマン、小指を立てて「これで首になったんや~~」とのこと!

大将、そんなとこ扇いでも鰻ないで~~笑
(話がしたくって鰻から離れるのである)
d0108737_022169.jpg



このあたりから、大将も真剣勝負である!
焼いて、扇いで、タレに漬けて~~
d0108737_0223487.jpg
d0108737_0224597.jpg
d0108737_0225574.jpg


また焼いて、ジューーーーーーー!
おお~~わんだほォ~~~~

奥の鉢に入っているのが鰻のタレである。
d0108737_0245382.jpg

このお店は、全てお客さんが来てから活け鰻をさばくのである。
当然、肝の鮮度は言う事無し!

しかし、うな肝ってエイリアンに似てるよね~~絶対似ている!
d0108737_025865.jpg

嫁の上、1000円。(平日お昼は、ななななんと850円)
普通半匹らしいが、多いな~~私の鰻がこっちに入ってんのと違うか!(ちっちゃい男や!by嫁)

「よく焼いて」とリクエスト通りに仕上げていただけた!
完全な関西風の焼きでパンチ力がある、旨~~~~~~~~い!
子供の頃、近所の川魚屋さんで焼いていた鰻の味である!
もっちり、という感じかな~~
タレも、ちょうどいい感じ。先日ガイアの夜明けに出ていた東海醸造さんの無添加タレを使っているらしい!
d0108737_02519100.jpg

そして、私の極丼1900円!
ご飯の中にもう一枚、鰻が入っている!

焼き終わってから大将と大島ちゃんはまたもやヒートアップ!
2人の掛け合いも最初はネタかと思ったが、全て本当の話のような気がしてきた。
当然、内容は書けない、そしてこちら顔は笑って、心は引き気味・・・・・・・・
d0108737_0253533.jpg

素材も腕も間違いないし旨い・・・・・・・けど

吟じます!

お店の方の話が面白いと大うけして大笑いして~~~~~~ええ~~え~

うけたことに気をよくして~~話がどんどんエスカレートしててしまい~~~いい~~~いい~

嫌になって席立ちたいけど、うけた自分が後ろめたく席立てない~~~~~いい!

あると思います!

d0108737_0255057.jpg

このお値段で、この内容はやはり凄い!
津の鰻はやはり恐るべしやな~~~~

店名:いとう
住所:三重県津市丸之内1-3
時間:11:00~18:30
休日:元旦以外年中無休
電話:059-229-1790




うなぎのいとう (うなぎ / 津新町)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-02-03 01:59 | 和食 | Comments(35)