<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 28日
うれしくありがたい、頂き物!
ある日、machaさんから宅配便!

そう、前日に「住所を教えて!!」との連絡で嬉しい予感はしていましたが!
会社に行くのを遅らして、かぶりついた“なんば”はなんとも美味い!
なんばと筍はとにかく時間との戦いである。
仕事なんかやってる場合ではないのだ~~休んだろか!
d0108737_20483761.jpg

machaさんは、なんと野菜ソムリエ!
とにかく、美味いもののその先の作り手や素材、その先の生産の舞台まで行かれるところが凄い!
そしてまた、好みのお店がいい!これは簡単に“こういうお店”と説明しにくいのですが、個性的で、人間くさい・・・・・・・・・そんな感じかな~~(どんな感じや~~笑)
d0108737_20484827.jpg

*********************************************
2つ目は以前に載せたタタン味のジャムの日本物バージョン!
パンケーキやシフォンケーキとの相性抜群で完全な虜状態!
日本でもタタンジャムを見つけたと姉からまたもや頂いたのだ。
d0108737_2049536.jpg

一緒にシフォンケーキとカスタードも頂いた。
これがまたふわふわで美味いんだ~~~
カスタードはバニラビーンズも入っている本物仕様!
色は冴えないジャムだが、この組み合わせがマイベストやな~
もし見つけたら、一度確かめて下さいな~~タタンジャム!
d0108737_2050440.jpg

*********************************************

そしてそして、忘れた頃にやってきた当選通知!

当選おめでとうございます!という題名で届いたメール。
またいつもの迷惑物かいな~~と、迷惑報告一歩手前、よく見ると「播州ハム」?????

のおわわわ~~~~~~~~~~~~当たったんや~~~~~~
d0108737_2050159.jpg

そう、2ヶ月前に応募しておいた播州ハムのモニタープレゼントに当選していたようなのだ!
でも、なになに・・・・・・・・・料理の写真を提出・・・・・・・・やばい、それは苦手だmeshiさんに下請けしてもらうか~~
d0108737_20502977.jpg

というのも播州ハムさんには失礼なので何とかします。

そもそも、何故播州ハムなのかというと、沖縄にある「てだこ亭」前菜でいつもドカン!と出されるので
ある。しかも調理しないでそのマンマ生でね~~
そんなに美味いのかい!とHPを見たら5000円分のハムプレゼントのモニターを発見したわけなんですよ~
即応募したのですが、正直当たる自信がありました!ナハハハ~~~~
d0108737_20503992.jpg

料理といってもハムは生が一番でしょ~~と嫁にお願いしたわけですわぁ~~
「ええええぇ~~ハムって生で食べられるの、豚やから火通さなあかんのとちがうの・・・・・・・」
うっそ~~~半世紀近く生きてきてそんな間違いを・・・・・・・たしかに、結婚してから全てハム焼いてたな、笑

さて、お味ですが高い方のボンレスハム、燻ぶさった香りがたまらないですね~~そして塩分少なめ!
息子は「炭食べてるみたいや~」と言います。
表現は間違いですが、言いたい事分かるで~~

オリーブオイルとゴウヤ、荒挽き胡椒だけ、料理と言えるのかどうだか・・・・・ゴウヤがエエ仕事しまんのや!

モニター、是非アピールして挑戦して下さいな~
d0108737_20525120.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-06-28 20:53 | 特選素材 | Comments(20)
2009年 06月 25日
大人気、福井のたつやさん主催の石窯パ^ティー (福井市鯖江市)
ちょっと更新が遅くなりましたが、6月21日のこと。
福井県での超人気ブロガーであるたつやさん主催の石窯パーティーに参加。
いやいや、楽しいし石窯料理が美味いんだわぁ~~~
d0108737_20391860.jpg



まずは、ちゅんちゅん状態の窯にはピザを一気に2分で焼き上げる!
ご近所の絶品パン屋ロフティーさんのフランスパン生地でぷっくり&カリッカリの仕上がりで皆食べる食べる!
前回より、はるかにパワーアップしておられました!
(たつやさん、痩せてスリムになっておられた・・・・・・・見習わなければ)
d0108737_20394316.jpg
d0108737_20395491.jpg
d0108737_2040258.jpg


福井と言えば蕎麦!
これがまた美味いんだ~~~

この日は総勢70名、その様子はたつやさんので楽しんで下さいな~~
私の撮った写真を家で見たら食べ物オンリー・・・・・・・・・・・なんでなんや~~!(食べ物に夢中になりすぎ・・・・・)
ということで、あまり様子を伝える内容にならない事が判明し、意気消沈・・・・・・・
d0108737_20415392.jpg

プロの手際いい仕事を見ているだけで気持ちがいい!
福井産のそば粉を使った本物を提供してしまうんだから、さすがたつさんだわぁ~~
d0108737_2042030.jpg

この日は次男も大喜び!(顔は笑っていないが・・・・・・・・・)
d0108737_20421174.jpg

もう、何から何まで本物志向なのがたまらない!
コーヒーはたちばな屋さんという豆専門店のお姉さんの淹れての物!
d0108737_20425060.jpg

終盤にはフルーツピザ、いやいやさすがの私ももう満腹状態・・・・・・・・・
でも甘いものは別腹や!
さすがやな、最後まで手抜き無しや~
d0108737_2043121.jpg

そして、秘密兵器の杉本ポーク!
これがまた豚とは思えぬ恐ろしいヤツなんだわぁ~~~
旨味が濃いし歯ごたえがたまらないんや!
d0108737_20432114.jpg

凄いのは、石窯の温度の低下を計算しつつ調理を手際よく仕上げていく手際と計算!
高温と低温にあう料理をそれぞれベストな状態で仕上げる、まさに石窯師と呼ぶに相応しいたつやさん。
職人芸の域に達していますね~~

準備も大変だと思う、このイベントに参加させていただけたこと嬉しくまた幸運と思っとります。
しかし、毎回驚かせていただけるイベントやなぁ~~
d0108737_2043334.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-06-25 20:44 | こだわり | Comments(22)
2009年 06月 21日
今日は福井へ!朝は週末カフェ「PooWooLoo」さん  (福井県武生市)
どこのブログを開いたんや~~とビックリされている方、はいはい“くま先生”のですよ~~
こういう美しいパーターンも半年に一回位あるのです。

そうそう、申し訳ないです~~
家のパソコンは調子悪いし、会社のパソコンも設定が上手くいかずイライラの今日このごろ。
皆さんのところへ遊びにも行けていないのが気がかりです。

とはいえ、出かけてはおります、福井県まで!
d0108737_22372294.jpg

強烈に私に不釣合いな空間の、癒されるカフェ「PooWooLoo」さん。
とにかく、ガーデニングの素晴らしいこと!
こうなると、何処をどう撮ってもこのような綺麗な内容になってしまう・・・・・・・・・汗
d0108737_2242786.jpg



予定より早く福井に到着したのでここで一服。

d0108737_064374.jpg
d0108737_22374950.jpg
d0108737_22393811.jpg


「PooWooLoo」さんは週末営業で場所はメールでのみ教えてもらえるという、手間がもれなく付いてくる。
でも、その価値はあったな~~
私より嫁の方が喜びは大きかったようだ!
お互い住宅関連での仕事が長かったのだが、ここまでの自宅ガーデニングは見たことが無い!
この手のことを書き出すと3日はかかりそう・・・・・・・・・・・やめやめ!

オーナー「お客さんが、多くなりすぎて手が回らないのも・・・・・」との事で、そのスローな感じがたまらなくい
いじゃないですか!
d0108737_22423362.jpg

カフェに使っているこの空間、実は居間だそうです。
それ、凄いな~~

追記 珈琲が280円、そしてシフォンケーキやこの焼ドーナツ、スコーンなどとセットにすると400円!
d0108737_22424959.jpg

特等席は、この外のテラス。ここでも飲み食いok!
結界が張られた異空間のような感じを受ける気持ちよさ。
しかし、上手に造りあげたものだと感心させられるな~~年数もかかったと思える。

この後、美味しいものを、たつやさんちへいただきにいくのである・・・・・・・・・つづく。
d0108737_2243355.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-06-21 22:43 | カフェ
2009年 06月 16日
梅雨の信楽② cafe awa-isa (滋賀県甲賀市信楽町)
健康診断の後「洞之園」さんで草餅、わらび餅を買い、ここcafe awa-isaで昼飯!
まったくもって、カフェらしからぬこの写真。
いえいえ、これ裏口です、ニコニコ。
d0108737_057864.jpg

この春の信楽のイベント会場になっていた場所をそのままカフェへと鞍替えされこの4月にオープン。
d0108737_0573691.jpg

経営者は食爺さん曰く信楽のバフィーこと、この若き2人の女性。
d0108737_0575698.jpg

私のお腹には健康診断で、流し込まれたバリウムがうごめいている!
下剤も飲んだし、何時陣痛が襲ってくるか分からない状態であるが、衰える事の無い食欲。
ランチは鳥の空揚げネギソースとこってりだが美味しく頂く、800円!
銀シャリが土鍋で炊いているらしく、旨い!そして、当然ながら器は作家物である。
d0108737_0584897.jpg

大工さんが主体になってではあるが、作家さんがたも協力して出来上がったお店である。
d0108737_059866.jpg

おっと、正面の写真を載せとかなくっちゃね!

あああ~~早く、お腹の異物(バリウム)出したい!
ということで、草餅などを手にいそいそと家路に向かったのであった。

d0108737_0592280.jpg





カフェ アワ・イサ (カフェ / 信楽)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-06-16 01:05 | カフェ | Comments(38)
2009年 06月 12日
梅雨の信楽① 朝宮茶の里 「洞之園」さん  (甲賀市信楽町)
一週間前より憂鬱だった・・・・・・・・・・・・・
この梅雨の天気ではなく、今日の健康診断。
5年ぶりの診断だけに、絶対何かあるぞ~~~
糖がおりていたら、このブログも終わりやな~~なんて言葉で結ぼうか・・・・・

一通り検診終えて最後の問診で先生の部屋に入る。
乳白色の蛍光灯パネルに貼られた私の胃と胸部のレントゲン写真・・・・・・・・
ゲゲ~~この場面、テレビドラマで重病の宣告される、まるでアレやんけ!
心臓がバクツク!

先生「ええとね~~心電図や尿、血圧は問題ないんやけどな・・・・・・・
    これ見て、これが食道で、そしてな・・・・・・・・・・これが胃やねけど・・・・・・・
    何にも無い、大丈夫やわ~~!」  ガクン~~(ずっこける・・・・)

わざとビビらしたやろ~~言葉のつながりがおかしいちゅうねん!

ということで、昨夜から何も食べていない私が、診断後一番に向かったのがここ!
初めての人、この看板見て入るの勇気いるやろな~~ハハハ
d0108737_0241735.jpg

これ見て、分かった方は信楽ツウです!
大阪は枚方方面から信楽に抜ける307号線沿いにある「洞之園」さん(こちらはヤフーグルメ)
お茶屋さん経営で、お茶にこだわりあり。
家族経営で、看板と同じく店内も手作り感が強くお洒落とは程遠い。
だが商品は注文を聞いてから作るなどこだわりが強く、なかなか旨いのだ!
d0108737_0384416.jpg

いろいろ食べたが、私的にはこの草餅が一番だと思う!
まずヨモギの香りが濃厚!
一般的にヨモギは殆ど業務用販売されたものが使われているのですが、こちらの洞之園さんは手摘みのものだと思う。
(めっちゃ手抜き写真、汗)
d0108737_0242925.jpg

そして、わらび餅、これが一番人気。

とにかく、病院を出たら一目散にこのお店に飛び込んだんだな~
そして、家に持ち帰りハブハブ食ったということだが・・・・・・・・・・でもやはり、このままだと近いうち本当に危ないぞ、っとこれを書きながら、ふっと我に返ったしだいです。

ほどほどにしておこう・・・・・・・・・

この後、信楽のカフェへ
d0108737_0243916.jpg







お茶の洞之園 (和菓子 / 甲賀市その他)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-06-12 00:55 | 和菓子
2009年 06月 07日
あんみつの豆って、旨いんだ! 「みつばち」 (京都市上京区)
みつまめの豆、皆さんお好き?
固くって、黒くって、像のお尻かじっているような、あんな豆が何の為にみつ豆に入っているのか不思議で仕方なかった!
でも、pioさんは大好きと言い切り、大量にあの豆が入った、豆かんという恐ろしきものを食されている。怖~~~い!

まてよ!これは、ひょっとしたら、いや間違いなく、絶対に、100%、本物を食べていない可能性大!
私の住んでいる田舎では違うものを本物として食し成長していく土地柄、よくあることである。
よ~~~く考えたら、みつ豆なるものは、はご○も缶詰でしか経験した事が無いような気がする。
d0108737_2314578.jpg

ここは、京都市上京区にある「みつばち」さん、人気のお店で特段ここがどうだということは無いのだが、みつ豆の豆が入っている意味があるのか試したく、上賀茂秋山の後で寄ってみた!
d0108737_232168.jpg

嫁「ビックリした~~豆、塩っぱいで~~柔らかいし・・・・・・・・・」(←大阪出身の嫁も、みつ豆の豆嫌い^^)
私「そういうことか~~これは、入ってる意味アリやな!甘ったるさをこれで緩和するんや~旨いな!これ入ってなかったらみつ豆ちゃうわぁ~」
嫁「はごろ○さん、本物の豆食べた事ないのと違うか~、いったい何を入れてるんや!」
口に入れた後、5秒で180度考えが変わった!チェンジである(←古い・・・)

人に聞かれると恥ずかしいさかい、ひそひそ話しで、ニヤケながらほじくり回し豆を探していた二人やった。

くま先生、グルメや~~とか思っている方、決してそうではありませんので、あしからず、ニコニコ。
d0108737_2321225.jpg

ここの白玉も旨いね!!

しかし何だな~マルシンハンバーグしか食ったことなかったのに、小6の時に手作りハンバーグを食べたあの衝撃は凄かったな~
そして極めつけは、ある日、親父が鉄板買ってきて、おもむろに牛肉を焼いた初体験焼肉、こんな旨いものがこの世にあったのかと雷に打たれたようだった!

話が昔々へ・・・・・・・・・・そして、大きく・・・・・たかが豆なのに、笑。
されど豆や!

何にしろ、新しい発見は小さなものでも新鮮で嬉しいものですね~
d0108737_2322174.jpg

隣の席では、大学生の男の子とわざわざ孫に会いに上京してきたおばあちゃん。
「ちゃんとご飯たべているかい、服はあるのか、洗濯は?・・・・・」
おばあちゃん、心配事を一方的にしゃべってました。
男の子は、ポツリポツリと答えていた、優しそうな笑顔で!
学生の街、京都らしい一コマにも出会え、いい時間を過ごせた。
d0108737_2323445.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-06-07 23:04 | 和菓子 | Comments(50)
2009年 06月 05日
珍しく京都に行ってみた、その①!上賀茂秋山さん  (京都市北区)
京都の観光地の有名蕎麦屋でバイトをしている女の子(大学生)から「今、めっちゃガラガラで狙い目ですよ!京都」の言葉に刺激されちょっいっと来てみた。(コメ欄閉、②で開きますわぁ~)

ここは上賀茂の住宅街に佇む旧家を改装した「上賀茂秋山」さん、今や超有名店!
そうと知らなければ、そのまま素通りしてしまう目立たなさが、京都らしくってそそる。
そして、私にしては極めて真面目でまともなお店!(いや誤解の無いように、今までのがまともで無いというわけでは無いのですよ、本当!)
d0108737_23512637.jpg

とはいえ、京都で予約が取りにくいお店ランキング上位のここは、この状況でもさすがに空いている日を探すのに苦労した。
d0108737_140177.jpg

数十年前より、ここで営んでおられたように見えるのだが、営業されてまだ3年である。
d0108737_23513630.jpg

入った右手にある炉の部屋でゲストが揃うのを待つ。
d0108737_23515274.jpg

席は全てカウンターのみ!(早く来た人から真ん中から順番に通される・・・・・・)
奥の座敷とその先にある庭は、開放感を出す演出なのだが、絶大な効果あり。
秋山さんは、いい音を出して鱧の骨切り。
これを見せ、そして聞かせることも演出!

女性11人に対し、男性私含め2名。
平均年齢は推測50歳後半?かな~~どちらでもいい話ですが・・・・
d0108737_23543038.jpg

鱧のおとし&トマト&新玉&トリガイときゅうりのソース。
見た目もそうだが、トマトと新玉の甘いこと!そ
して、おもいっきり、これでもかぁぁぁ~~っと季節感出とるな~~~
「玉葱は岡山の親戚あら送ってもらったものなんですよ~」とのこと。
とにかく、野菜へのこだわりは相当なものと聞くだけの、さすがの一品。
d0108737_2354425.jpg

椀物はタコと新じゃがの真丈。
一口頂くと、ほっ~~~~とため息が漏れる。
d0108737_23545657.jpg

造りの盛り合わせ(2人分)
こうして盛られると、子供のような我夫婦は譲りあうことなく、争奪戦に発展するので気を許せない!
トゲイカ(ツノイカやったかな?アオリイカ系)、鯵の酢あらい、明石の真鯛、ジャコと筍の皮、他
やはりこの季節、鯵が美味しくなってきたね~~これをようさん食べたろ、としたけど失敗・・・・・
最近は考えている悪巧みをすぐ読まれるのだ、ナハハ~
d0108737_235574.jpg

料理の途中から気になって仕方ないのが、ここと書かれた場所(右の奥の方な!)にある土鍋。
ここで飯を炊くのである、おこげつきで!
d0108737_104993.jpg

作りたて豆腐の鼈甲餡かけ。
豆腐の味が負けるかと思ったが、強い味の豆腐なのだ!
生温かい状態で出すのは、豆腐の味を引き立てる為でよく考えている。
上の葉は・・・・・・説明を聞いたが失念。
d0108737_23584967.jpg

新玉と地鶏の味噌のせ焼き。
ここで初めて濃い味のものになるのだが、ご飯が登場するので計算ずく。

生山椒の実とこの味噌がまた、どえりゃ~~~合うのよ!
無論、ご飯のお供には最高である事は書くまでもないよな~
d0108737_2359683.jpg

持てないほどの熱々茶碗に焚きたてをよそってくれる。
2ぜん目で、おこげが登場!好みで塩を使ってくださいとのことだが、これがめっぽう相性がいい!
でも期待したほどでもなかったかも・・・・・・・
ここで、我に返った。これは家で出来るやん!
d0108737_23595166.jpg



デザートは自家製イチゴを練りこんだ求肥で餡と寒天を包んだもの。

d0108737_01020.jpgd0108737_011597.jpgd0108737_012410.jpg


この雰囲気、演出、料理で3600円は、確かに予約が取れないの分かる気がする。
嫁は大満足、そして私も一緒である・・・・・・のだが・・・・・・・
これ以上を望んではいけないし贅沢なのだが、このおっさんには、皆が揃って食べて、皆でご馳走様でしたは、ちょいっと恥ずかしいのだ・・・・・・・

でも、インパクトもあるし、よく考えられている料理は本当に凄いと思う!
(どっちやねん!)
d0108737_02819.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-06-05 00:03 | 和食