「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 30日
生菓子の河瀬屋さん (滋賀県野洲市)
こういうお店を表現し伝えることが一番難しい。

先週の日曜日、この河瀬屋さんの近くまで来たので、お店が開いているか確認の電話を入れると「もう、ろくなものが残っていないわぁ~~」との返事が返って来た。
ろくなものが無いって、どんなものがあるのか?わざわざ、来ることはないよという優しさなのか?
変な電話と受け止められたのか?実直、正直なお店なのか?などなど頭の中は錯綜してしまったが、ますますこのお店対する興味が深まった!

そして今日、無理やり近くに仕事を作り嫁と訪ねてみたのだが、いい店だ!
これね!写真ではこの雰囲気が表現できないんですよ~~
決して重みのある建物、看板でもない。でも、不要な飾りを一切せず、掃き清められたという表現が似合うほど掃除されてある店先から、和菓子職人の実直さがひしひしと伝わってくる。

はっきり言って、なかなかこういうお店は出会えないものなんだな~
d0108737_016334.jpg

そもそも、ここを知ったのはえつこさんの記事pioさんのコメントからであった。
「くま先生なら、お好きだろうな~~」が、見事に当たっている!いや、見透かされている・・・・笑

「もう、50年になるかな~~いつ終わってもおかしくないお店ですよ~~写真撮ってもらっても値打ちあるかな~~」とお母さん。お箸で丁寧に一個づついてれくださった。
ショーケースの扉を開けるとニッキの香りがふわ~~と漂う。
d0108737_0164615.jpg

そのニッキ餅、家まで我慢できず、車内で嫁と喰らうのだが、おいすいい~~~~~~~~~~~~!
丁寧に雑味をとって作られた上品な漉し餡は、滋賀ではなく京都の餡に近いと思う。
d0108737_017510.jpg

とにかく手前から2つめのニッキ餅、そして一番奥の白餡のものが我が家では大人気だった。

大切なことだが、たぶん一個80円だった!
これは安すぎやって~~家の近くにあってほしいな、河瀬屋さん。
d0108737_0171987.jpg

最後に登場の黒糖ういろう!個性的~
普通のういろうと思って持った瞬間、ええええ~~~っと、なるほど、ぷるんぷるん!
今も、食べながらこの文章をかいているのだが「とろける、生ういろう」と表現しよう!

プリンに生プリンがあるのといっしょで、これは生ういろうや!旨いで~
d0108737_017303.jpg


店名:生菓子 河瀬屋
住所 : 滋賀県野洲市西河原 702ー1
TEL: 077-589-2206
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-30 01:01 | 和菓子
2009年 10月 26日
カフェ五三九 (尾賀商店内)     (滋賀県近江八幡市)
最近、息子たちは出かける時、同行をしなくなってきた。
それは自然の流れなのだと思うのだが、少し寂しい・・・・・・・

ということで、今日は嫁と二人での出かけである!
まずは尾賀商店内のカフェ五三九さんで昼飯からとやってきたのだが、お客さんいっぱいである。
d0108737_0575191.jpg

この五三九さんという名前、聞いたところおじいさんの名前であるとか・・・・・・おもろいな~
セブン社さんの後に入られたのだが、オープン前の大変な様子をブログで拝見していて、惹かれるものを感じたのだ。若いのに雇われるという生き方をしないことにかもしれない・・・・・・・

さらに面白いのが、こちらのお店が2号店。
では1号店はというと現在工事中とのことなのだ、にこにこ。

こちらで飲食するシステムなのだが、まずこのキャッシャーで注文と支払をし、座る場所を伝えるのだ。
その座る場所はネコ的な発想で一番心地いい場所を選んだらいいのだ。
その後に席について(先のほうがいいかも・・・・)待っておれば食事が運ばれてくるっちゅうことだす。
d0108737_058679.jpg

食事を待つ間に、店内散策するもよし!それも、ネコになった気分でそうぞ~~
ということで、咲楽さんのイベント「あったかフェルト展」のリラックスネコ発見。

周囲は女性だらけ。そんな中、これを撮っている熊のような私の姿は滑稽やったやろな~~汗
d0108737_0591678.jpg

これも、撮れ撮れと嫁にせがまれ、パッシャ~
恥ずかしいねんって、こういう可愛い系を撮るのは!
d0108737_0593297.jpg

忙しいときには、お手伝いされておられる、いつもニコニコの翠さんが運んできてくれました~笑顔に癒されますね~

こちらがおにぎり御膳!(たぶん、正式名を忘れた・・・・)
塗りの御膳が建物とあってるね!
d0108737_102955.jpg

塩を付けて食べるおにぎりはつやつや、もちもちで旨い!
もう一個おかわり~~と言いたくなる。
d0108737_105726.jpg

そしてカレー(飲み物付き)
具材がええ感じで溶け込み、そんでもってスパイシーで本当に旨い!
濃厚なタイプで水菜などの付け合わせの野菜テンコ盛りとの相性抜群!
いいセンスしていると思うわぁ~~
嫁の注文なのにどんどん食べてしまう。
私はこちらに軍配かな!
d0108737_10182.jpg

やった~~今日はラッキー
ワイルドキッチンさんのパン販売日やった!(これも尾賀商店内ですよ~~)
ここのパンの皮がとにかく旨い!いつまでも噛みしめていたいほどね~~

我が家で一番人気はリンゴのパン!家で争奪戦勃発であった。

d0108737_111669.jpg


この後、いろいろ行くも休みなどで、これとって楽しいこともなく一日が終わったのであった。
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-26 01:01 | カフェ | Comments(38)
2009年 10月 22日
至高の鯖寿司が食べたくって、敦賀へ! (日本海さかな街)
海の町で鯖が見つからない!

焦る思いで、最後の砦の日本海さかな街。

〇〇館とか〇〇市場、そして〇〇街なる場所は、斜に構えて眺めるだけが多いのに、祈るおもいで来てみた。
こうなりゃ、どこ産のでもかまわない!
海なんてものは陸と違い、全~~~部、つながっとるんやからな~~
d0108737_2151479.jpg

うそや~~~というほど人であふれかえってる。
駅前商店街を含め、あまり人を見かけなかったのだが、ここに集まっておったのか!
d0108737_2152114.jpg

旨い!
丸干しはやはり腸の苦さがたまらんのやな~~~

いかんいかん、ミッションの鯖や!
d0108737_21522675.jpg

どのお店もよく売れているようなのだが、鮮魚がない・・・・・・・・・
売れるかどうかわからない、危険な鮮魚なんぞ、そこも扱わないんやな~
d0108737_21524015.jpg

仕方ない、万が一のためにこれを一本!
3000円の品を半額の1500円とのことだが・・・・・・・・・あまり値打ちがあったとは・・・・・・
(ブツの写真もなし)
d0108737_2152594.jpg

夕方になってきて投げ売りになってきた!
マグロのカブと焼き1000円でいいわ~~とのことで即買い!
これも、それも鯖がないから弱気になってきたんや。

結局、ここでも鯖は見つからず退散。
d0108737_21531369.jpg

***********************************************

最後に大型スーパーの平和堂!

当然、まったく、当たり前のように大きく空振り、かすりもしないわぁ~~~~~~

高速飛ばして来たのに、それはないよな~~~~と言いながら泣く泣く滋賀に撤退である!
d0108737_21532956.jpg

**********************************************
だめもとで、海のない滋賀のスーパーハズイ(滋賀ではめっちゃ有名)へ。
なんと、こんなところに、まあまあの鯖があるではないか~~
d0108737_21535480.jpg

家に帰って大急ぎで準備である。

ハハハ~~~~タルイカ捌いていたら中から鯵が!
d0108737_215420100.jpg

そして、これ。
30キロ級の本マグロのだったからこれはめっちゃ旨かった!
しかも食べきれん!
d0108737_21545476.jpg

最後に鯖寿司!ハハハハハハ~~~~~~~旨い、やはりめっちゃ旨い!
鯖はすでに塩されていたのでサッと酢に漬けて、ゆるゆる酢〆の仕上がり。
白板昆布がいい仕事して、鮨屋の味わいになっとるで~~
もし鯖が福井の敦賀で買えたならさらに美味しくかんじたのに、家から5分のスーパーで、というのがね・・・・・・・・・

これ旨いんだけど、ちょっと脂のりすぎ?
焼くならこの季節の鯖がいいのだが、生だともう少し脂控え目のほうが鯖本来の旨さが味わえるようにも思う。
多分、歳をとってしまったのも、そう思う原因なんだろうな~~

とはいえ、最後にこうして鯖寿司の写真が、ドカン!と載せられてほっとしたのが本当のところだす。
d0108737_21552557.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-22 22:48 | こだわり | Comments(24)
2009年 10月 18日
至高の鯖寿司が食べたくって、敦賀へ! (増井弘海堂さん)
とにかくここ数日、頭の中は鯖寿司のことでいっぱいだった。
ちょっと前にmeshiさんので見て刺激され、そしてdionさんのでとどめを刺されたのだ。
近くに売っているものも買って食べてはみるが、満足できない。
酢〆の弱~~~い、旨いのがとにかく食べたい!
どうせなら本物の材料求めて自作だと、日本海は福井の敦賀へ突撃!

嫁や子供は忙しく暇な私だけの単独行軍。
d0108737_2281790.jpg

まずは昼飯、なのだが魚処定吉さん臨時休業、おおーまい、が~。
d0108737_2282696.jpg

なら、敦賀ラーメンの雄、らーめん金太郎、も休みか・・・・・・・・・・・・・・・・
d0108737_2283777.jpg

*********************************************

えええ~~~い、時間がない昼飯をあきらめ、鯖寿司に欠かせない白板昆布を手に入れに行くぞ!

白板昆布とは、鯖寿司の上に半透明のぺらっとのったシートみたいなもの!
おぼろ昆布を削って残った昆布の芯がそれである。
いらんもののようで、実は、あれがいい仕事するんですな~
〆サバに昆布の旨みをしみこませているんだわ(多分・・・・・・・・・・)
d0108737_2284764.jpg

敦賀は江戸時代より京や大阪へ北海道の海産物を運ぶ北前船の寄港地、その名残でいまでも昆布の一級品は敦賀に集まるということなのだ。
こちら松井弘海堂さん、もうかなり少なくなってきた手かきでおぼろ昆布を作っておられるお店。
d0108737_22141674.jpg

白板昆布をお願いすると、奥の小窓から大女将が「こんなくらいかな~」と木の板を出して見せてくれる。
もうちょう大きいほうがいい、というとまた一回り大きな木の板が出てくる。

どうやらその板に合わせて、今すぐ切ってくれるようなのだ!
オーダーメイドっちゅうわけですな~~
d0108737_2292196.jpg

量って詰めておられるのは手かきの高級おぼろ。

なんだかほのぼのするお店、いやお二人だったな~
d0108737_2293567.jpg

いい白板昆布は手に入った!
問題はこの日曜日に上物の地もの鯖が手に入るかちゅうことですわぁ~~
増井弘海堂さんのお話では今日は日曜日なので敦賀駅前の魚屋さんか、日本海さかな街しかないとのこと。

敗北の予感・・・・・・・
d0108737_2295243.jpg

***********************************************

時間がないぞ~~地ものの大鯖探しや!
まず、敦賀駅前の矢部魚問屋さん。
だが、撃沈・・・・・・・・・・・・・・・・
d0108737_23211395.jpg

***********************************************

ハイ、次々~と来たのが魚辻さん
こちらのほうが、鮮魚の品揃はいいのだが観光客向けのお店やな・・・・・
d0108737_23212932.jpg

鯖街道の付け根である小浜、昔は海に鯖が湧いていたとも伝え聞くが、今はほとんど水揚げがないと聞く。
その隣の、この敦賀や越前も大鯖は貴重とのことだから、もし見つけられたら奇跡に近い。
いい鯖は高級なお店にいってるに違いない・・・・・・・・・
d0108737_23215375.jpg

のおおおおおおお~~~~
めっけたぞ~~地もの鯖、けっこうでかい!しかも安い。

むむっ、でもお肌に張りがない・・・・・・・・
これ、鯖寿司できますか??の問いかけに店員さんは、もじもじ・・・・・・・・・・・
煮物、焼きもの用だった・・・・・・・・

ふりだしに戻ってしまった。
d0108737_23221120.jpg

隣を見ると、タルイカがめっちゃ安い、これは買いやな!
小さいやつを、ちょいっと負けてもらってお持ち帰り。

このあとも探しに走るのだが、続きは4日後ね~~~
d0108737_23222597.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-18 23:45 | こだわり
2009年 10月 15日
大津市のとあるご飯処
特段、ネタもなく昼飯物でも載せましょうか!

飯処を探して車でふらふら~~~~

おおおおお~~一見さんお断り光線を思いっきり放っているお店発見!
電気屋さんなのか飯屋なのか、どっちやねん!しかも店名書いた看板もないぞ~~
この入りにくさが、なんともそそるな~~
d0108737_20473718.jpg

しかし、入りにくいな~~結界が張られているかのごとく!
そろり、そろりと表に回ってみる。

おお~電気屋さんの向こう側に暖簾のかかった玄関が?????
とにかく入ってみるか~~
d0108737_20474856.jpg

店の中はというと、近所のおじいさんと白衣の店主が椅子に座り話し込んでいる、そう吉本新喜劇の場面のように!
店主は私の顔を見て5秒沈黙後「いらっしゃいませ~」の掛け声。
知り合い100%のお店なんだろう、どなたさんなのか思い出そうと必死だったようだが、諦めてあいさつし奥に入って行った。
d0108737_2048340.jpg

ほどなく、お母さんが注文を聞きにきた。
いつものパターンだが、何年商売しているんですか~の問いに対し「何年やってるんやろうな~~」とお客さんに聞いている、笑。お客の話だと、どうやら半世紀近くはやっているようなのだが定かではないようだ。
そして、なんと電気屋も一緒にやっているようだが、その電気屋さん現役なのかは不明。
d0108737_20481940.jpg

お店に入った時、おじいさんが煎餅をぼりぼり食べていたのだが、どうやら食べ放題のようなのだ!
こんな感じで、それぞれのテーブルに置かれている、面白いな~~
d0108737_20483244.jpg

さて、初めてのこういうお店で何で頼みます??
私の場合、親子丼か中華そばなのだが、なぜか他人丼・・・・・・・・・・・・汁だくの普通の味わい。

嬉しい!ヤクルトが付いてくる・・・・・・・・・・・・んん??ヤクルトと違う・・
d0108737_20484945.jpg

後で店名を調べようとしたが無理!
看板はないし、全く分らない。
滋賀県大津市京町1丁目1あたりですよ~~ミシガン乗り場に向かう電車道沿い。
お好きなかたがおられたらどうぞです~うっしっし~
d0108737_2049468.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-15 21:25 | B級グルメ
2009年 10月 12日
2009秋 信楽セラミックアート・マーケット
完全なる事後報告ですが、連休はBOBBOBの手伝いで信楽セラミックアート・マーケットにおりました。

いやいや~~まるで文化祭のようで楽しかった~~~アハハハ~~~
d0108737_2128558.jpg

とにかく個性の塊のような作品、よく買っていただけたものだと思う。
シンプルなデザインが主流になりつつある中、その逆を走っているのが特徴と思う。
大きさも、デザインもすべて違う一点もの!可愛がってあげてくださいな~~
d0108737_2128229.jpg

私の知っている限りの報告。
まずえつ子さんがお越しいただきました。(私留守してました~~)
ブログにまでアップいただき恐縮します。ありがとうございました~

そして、工房で嫁とnaoe先生はお世話になっているMikaさんMikoさんもよっていただきました。
また、工房に来てくださいな~~とのことでした~

そして、naoe先生の旦那さんの元同僚ワダスケさん

そして、オレンジさんと最終日に出会ったのだ!
好みとしているお店がかなり一致しているご夫婦なので、いつかはどこかでお会いするだろうな~~と思っていました、にこにこ。
おめめパッチリ、一目でオレンジさんや!とわかる可愛い方、そして優しそうなご主人さんでしたわぁ~
嫁も「遠くから、オレンジさんやと分かったで~~」と言っていた。

他にもお知り合いのブロガーさん、来られておられたかもしれませんが把握できなかったことお詫びいたします。
d0108737_21283317.jpg

このイベント会場はお店の裏が広いのが特徴!
そこには、戦力外選手の男達がアウトドア気分でコーヒー飲んだりしゃべったり・・・・・
「紐って、こうゆうのを言うんだろうな~~」なんて言いながら、へとへとで働いている女性陣を眺めていたのである。(片付けはやりましたよ~~準備も!)

(追記)うそうそ~~男衆も含め本当に朝早くからの頑張りおつかれさまでした。
我家は息子達がインフルエンザで十分な働きも出来ないのを、快く代わっていただいたり、あれこれ本当に感謝いたします。
お礼は後ほどさせていただきますね~~
今回は本当申し訳ありませんでした。
d0108737_21285130.jpg


**********************************************

そして、飲食ブースには謎の助っ人、滋賀の食爺さんが汗をかきかき頑張っておらた!(老体にムチを打ちという表現はやめました、笑)
目玉焼きのサービスありがとうございました!
次回、春にまた出店予定なのでその節は宜しくお願いいたしますね~~
d0108737_21292384.jpg

この後は、遊びに行ったブースです。

まずは、荒楽窯さん
いい作品やな~~と店の奥を見ると芝の上で居眠り中のご主人さん発見!
起こすのも悪いのでそ~としておきました、にこにこ
最終日に作品を買おうと狙っていたら、なんとnaoe先生のお知り合い、めっちゃ安くしてもらいましたよ~
d0108737_2130136.jpg

こちらお隣だった堂本さん
目から鱗の話をいろいろお聞きして嫁、naoe先生とも驚きまくりでした。
また工房に遊びに来てくださいな~~
d0108737_21303796.jpg

隣の隣のブースだった、竹口さん
さすがに大人気!私もファンですよ~またよろしくお願いしますね!
d0108737_21305163.jpg

やっと出会えたブログでお世話になっている秀山先生
丼ぶりを買わせていただきました~~しかも驚くような価格で!
本当にありがとうございました~~大切に使わせていただきますね~
リンクさせていただきます、今後も宜しくお願いいたします。
d0108737_21313690.jpg

青木スーさんののブース
嫁が大好きななんとも言えない作品!
今回はばたばた写真だけで失礼しました~~
d0108737_2132434.jpg

そして、お向かいにお住まいの藤本さん
いろいろ教えて頂きありがとうございました~~
またよろしくご指導くださいな~~
d0108737_22515860.jpg

フリースペースで上手に展示しておられた方。
d0108737_21322424.jpg

そして、こちらもなんだか秋深しといった風情。
d0108737_2132484.jpg


いろいろ勉強になり、信楽って??陶器って??と疑問や不思議や発見などそまざまな3日間でした。
ま~~とにかく楽しませていただきました。

何より、お買い上げいただきました皆さん、本当にありがとうございました、ペコ。
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-12 21:33 | イベント | Comments(53)
2009年 10月 09日
懐かしい味わいの金沢カレー 元祖中村カレー堂
追記、残念ながら無くなっていました、

d0108737_12341443.jpg

これをどう表現するか非常に悩ましい・・・・・・・・・・・
旨い、不味いと簡単に表現しにくい。
でも、私にしてはめっさ旨く、懐かしすぎる味わいなんだな~~金沢カレー

現在、金沢の3大B級グルメと呼ばれているのが「第七餃子」 「8番ラーメン」「そしてこの「金沢カレー」である。(私的には8番ラーメンではなく、宇宙軒のトンバラ定食を入れたいところなんだがな~)
ややこしいのが金沢カレーと呼ばれるものの、そのお店はいったいどこなのかという問題が生じる。
おそらく、カレーのチャンピオンターバンカレーゴーゴーカレーの各お店で供されるものがそれにあたると思う。

こちらの元祖中村カレー堂さん、金沢カレーと書かれているものの金沢カレー研究家(自称)の私は聞いたことが無い。
じゃあ、一回食ったれと、車で1時間かけて出かけてきたわけなのだ。

d0108737_12342694.jpg

何故に私が金沢カレーにこだわるか?
学生時代に過ごした町が金沢で、仕送りがはいるとターバンカレー(金沢カレー発生の店)のLジャンボカツカレーを食っていた想い出深きものなのである。
d0108737_12343687.jpg

金沢カレーの特徴としてお皿がステンレス、そしてスプーン一本で平らげるのである。
どろどろに何もかもが溶け込んだ濃厚なルーだからスプーンだけで、事たるのだ!
d0108737_12344434.jpg

んでもって、ソースのかかったトンカツとキャベツ!これで決まりなのだが、こちら中村カレー堂さんのは磁器の皿である。

小さなターバンカレーというお店からスタートしたのが源流なのだが、喧嘩したり裁判したりと分裂していろいろなお店が誕生したわけなのだ。こちらはどうやら独立店のようなのだが、不明である。

だが、味わいは間違いなく記憶しているターバンカレーや!(若干曖昧だが・・・・・・)
d0108737_12345869.jpg


たまらんな~~この味わい!そして、この独特の香りと濃厚さ!!!
めッちゃ旨い!!

でも、これって看板に書いている通りで「くせになる味」!
舌がこえてしまった人が食べても?マークが頭上に点灯するだけなのかもしれない、ハハハァ~
誰にでも受け入れられる味わいではなく、食べ続けると習慣性の出るカレーなのである。
私は間違いなく、その媚薬にやられてしまった一人で、この写真を見ているだけで、禁断症状が出ていまうのだ!

とにかく、恐ろしきカレーなのである。

このお店が本流なのかどうなのか、ターバンカレーが分裂してしまった今となってはもうどちらでもいい!
この味わいが得られて禁断症状から開放されたらそれで満足!よくぞ滋賀にできてくれたものである。
d0108737_1235710.jpg


**********************************************

何とも、自己満足100%の記事となってしまった、ついでにこの店も紹介。
この日は無かったのだが、能登川町のかわもとのニッキ餅はそりゃ絶品!あればの話ですがね~~
近くに来れば、必ず寄っていたお店なのだ!
d0108737_12351525.jpg






元祖 中村カレー堂 (カレーライス / 豊郷)
★★★★ 4.0


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-09 12:39 | B級グルメ
2009年 10月 05日
駒出池キャンプ 番外編 カナディアンファーム ハーバルノート・シンプルズ
我が家の場合、キャンプといえど数々のお店を制覇していく!
これは、もうキャンプという単語を使ってはいけないような気がする、ハハハァ~~~

番外編としてこの有名店2つを載せときたいんです。

このハーバルノート・シンプルズさん、30年の歴史があり蓼科、八ヶ岳フリークの方には有名すぎるお店。
お店に近づくだけで何のお店だか分る、そう気持いい香りが漂うハーブのお店。
d0108737_039012.jpg

この一帯も別荘地として大開発される前は自然に覆われたそれは静かで、何もない土地だったのだと思う。
そう、開拓という言葉が使われて土地を人間が使いやすいようにしていった、そんな時代の建物を利用したお店なのだ。
d0108737_0391794.jpg

店内は薄暗く、裸電球による陰影の世界はそうあのハリーポッターの世界そのもの!!
気持のいい怪しさがたまらない。
d0108737_0393227.jpg

ハーブ入り紅茶などいろいろ買っただが、まだ試していない。
実は、ハーブ自体にはそれほど思い入れはない、というかその素晴らしさに気づいていない未熟者なのだと思う。じっくり、買った物を味わってハーブの世界を垣間見てみよう。
d0108737_0394670.jpg

私たちの気ままな買い物に疲れた次男は入口で魔女図鑑の絵本に見入る。
このお店になんと相応しい絵本をそろえていると関心する。
d0108737_04048.jpg

「もう、土にかえらせてくれ~~」と建物が叫んでいる、笑
そんな悲鳴が聞こえる建物ほど素晴らしいものはない。
d0108737_0402158.jpg


*********************************************

ここはカナディアンファーム、TVにも出ていたりと有名。
前回載せたスープスさんがここ出身。
絵本の世界、いやRPGのダンジョンに入り込んだような世界が正しいな!
カナディアンとあるが無国籍で個性の塊。

d0108737_0403399.jpg

さて、パンを買わせていただいたのだが840円!!
なかなかのええ値段に「負けてくださいよ~~」と言いそうになってしまった、笑
天然酵母+石窯は手間かかるものな~
d0108737_0404668.jpg

ヤギに気に入られたこの少年、戦いを挑まれて押したり引いたり。
とにかくヤギはこの少年に夢中!
少年が帰りそうになるとヤギは必死で食い止めていたのがおかしくって、ニコニコ
d0108737_0405841.jpg

しかし、建物はすべて自分たちで造り上げているそれが何より面白い。
d0108737_0411142.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-05 01:14 | アウトドア(キャンプ、他)
2009年 10月 02日
駒出池キャンプ場 その3 スープス八ヶ岳 (長野県)
引っ張りますが、白駒池キャンプ編だす!
3日目最終日キャンプ場を後にして、カナディアンファームを目指し八ヶ岳方面へ行ってみる。

が!なんとも気になる看板と建物発見でUターン。
d0108737_2256114.jpg

お店の方もタイミングよくおられ案内いただいたのだが・・・・・・・・・・・・
あの~~~窓が無いのですが汗
そう、まだ工事途中なんです!
d0108737_22562776.jpg

敷地も広く、またこれがええ感じで気持ちいいこと!
d0108737_22563973.jpg

聞くところによると、ご夫婦で一年かけてこつこつ改装されてきてこの日の2日前(2009年9月20日)にオープンされたとのこと。
そして、めでたいことに飛び込みで来られたお客さん第一号がこのくま家であったのだ!

そして、そして奇遇なことに、お二人ともカナディアンファーム出身、奥さんは調理責任者でご主人は窯長だったとのこと!ならここで飯食ったらええんや~~~~てなことになっちゃいました。
d0108737_22565957.jpg

スープランチ、どんなのか分らないがトップメニューなのでこれいっときましょう!
d0108737_22571837.jpg

入口には石窯が完成して、ご主人の天然酵母パンや窯料理がいずれ食べられるとのこと、これは期待でするね!写真では現在何ともワイルドですが、一年後には八ヶ岳でも別荘族ご用達の素晴らしいお店になってしまっている予感がする
d0108737_22573711.jpg

手羽のから揚げ(ハニーガーリック)

うめ~~~~~~~~~~!
さすがお勧めとのことで、我が家らしく取り合い状態に突入!
d0108737_22575031.jpg

さあ、どうよこれ~~~~~~~~~~
左から押し豆と野菜のチキンスープ、ビーツのスープ、カボチャのポタージュ。
どれも塩加減を抑え、素材の味わいを大切に引き出している洗練された味わいや~~
「カボチャは、そこのお隣のおじいさんが作ったものですよ~~」とのこと。
そんなのを聞くと余計に美味しく感じるってものですよ~~
d0108737_2258568.jpg

本日のケーキ、ロッキーロードブラウニー
盛り付けが、これまた憎いね~~そんでもって旨い!!

オープンに合わせて、知り合いさんが多く訪ねてこられたと思う。
その大切な方に食べていただく自信作なんでしょうねコレ~~それに値する一品だと思う。
d0108737_22582146.jpg

サービスのショートブレット!

この後、週末のみ営業され、平日に工事を進めていくとのことです。
気温が下がるからまずは窓ですよね~~
これ、これをつけるて跳ね上げ式にするんです!など今後の工事予定も教えていただいた。

聞いていると、やはりカナディアンファーム仕込みで味わい深いお店になる予感100%・・・・・・・・・・
来年来たら行列でこんなゆったりできないのではとも心配になってしまう。
d0108737_22584971.jpg

珍しく仲良く食べている、笑
d0108737_22585980.jpg

2009!

いやいや、工事中のお店ってのも面白いし、んでもって洗練された料理の対極がたまらないね!
d0108737_225916100.jpg

こっそり、こんなショットもあるんですよ!笑

あまり、派手にはやりませんから~~じっくり、ゆっくり満足してもらいながら歩んでいきます、との答えに安心、必ず来年寄せてもらいますね!
そして、この日と変わらない笑顔でお会いしたいと願っております。
d0108737_22591921.jpg

HPは工事中だそうで、いただいた地図を大アップでどか~~ん!
住所も電話番号もわからないんですわぁ~~~~ハハハ

追記 スープスさんより情報を頂き下記に転記しました。

店名:スープスYATUGATAKE
住所:長野県茅野市豊平10355
電話:0266-76-5218

d0108737_075669.jpg


実は、まだ続きがあるんですな~~
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-10-02 00:31 | アウトドア(キャンプ、他) | Comments(36)