「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 29日
おっきん椋川(むくがわ)、その②最終   (滋賀県高島市)
その①からの続き!
在所の中央にあるライスセンターでも炊き出し。
おじさんが年輪の話をしてくれている。
d0108737_20395089.jpg

   ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

徒歩5分、離れた集落への道中。
何気なく撮った一枚を後で見て気がついた!
コンクリートで覆われていない川なんだ、珍しい!
昔は当たり前の風景だったのにな~
d0108737_2040727.jpg


 ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

ぶらぶら徒歩5分、いい香りが~
d0108737_20401977.jpg

蒸したてのほっかほか饅頭!
あっつあっつで、ほっかほかのうまうまや~~~
d0108737_2040309.jpg

豆乳のスープなどやったかな???
d0108737_20404448.jpg


 ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

歩くこと2分、子供が火の番。
d0108737_2041488.jpg

金魚すくいかと思えば売っているとのこと。
「鯉の子やから、おおきなるで~~~10匹10円、黒いのはオマケ!食べるねやったら黒のがええよ!」

うっそ~~~とにかく値段がでたらめに安い!
というか、皆さん物を売って利益をあげることに罪悪感を持っているように思う・・・・・・

紛れて入っているオタマジャクシはいくら??「んんん・・・・・・・・・14円」
ハハハハ~~~鯉より高いやん!
d0108737_20412425.jpg

安いと言えど鯉は持って帰れないので猪汁をいただく!
これが、めっちゃくちゃ旨いの!!
自家製の味噌だと思うのだがコクがある。
d0108737_20413714.jpg


 ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

歩くこと1分、この看板はこれやな~
d0108737_204295.jpg


 ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

歩くこと5分で久太郎さん家。
ここはやたらと活気があり、呼び込みの声が聞こえる!
黒米ピザ、売っている方も楽しんでいる。
d0108737_20423177.jpg

蔵でごそごそしているのは、鯖のなれずしを出しているところ。
「いっぱい売れて、また出しているんです~」とのこと。
d0108737_20424695.jpg

滋賀でも住んでいる場所により食習慣がまったく違い、こちら方面のこの鯖のなれずしは初体験。
なるほど、鮒ずしの鯖仕様やな・・・・・・・・・・・・
日本海の方が近いから自然と海の魚を使った保存食となったのだろう。
発酵食品をあまり食べない地域に住んでいたから我々にはキツイかも・・・・・・・断念
d0108737_2043666.jpg

限界集落という言葉ではなく、「水源の里」という呼び方に変えようとしているようだ。
つまり、何もしなければ、自然界にいつか土地を返還してしまうことになる集落がここなのだ。
機会があれば、来て見てくださいな~昔のままの景色が残っている。
d0108737_20452135.jpg

さてさて、この時間は???
たぶんバスの時間なのではと勝手に解釈、笑
d0108737_20474779.jpg


おっきん椋川編、おわり。
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-29 21:48 | イベント | Comments(28)
2009年 11月 26日
おっきん椋川(むくがわ)、その①   (滋賀県高島市)
仕事は相変わらずだが、息抜きも必要やよね~

ということで、先週の日曜日は滋賀の高島市(旧朽木)にある椋川(むくがわ)という在所。
そこで村おこしのイベントとして「おっきん椋川」があると聞き参上!
ただ、まったく情報も乏しくいったい何があるのか出たとこ勝負である。

今日のお供は嫁のみ!子供はテスト勉強やサッカーの練習・・・・・・・・・・寂しい・・・・・・
d0108737_2045290.jpg

とりあえず、村の学校に駐車したら↓のような地図がもらえる。
それを見ながら、好きな所へのんびり歩いていくということなのだ。
d0108737_2045289.jpg


 ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

歩くこと5分、第一村イヌ発見。

そうそう、どこの家も必ず犬を飼っているのだ。
猪や鹿よけなのかもしれない。
d0108737_20454169.jpg

まず、中心地の交流館!
いや中心地といっても周囲に数軒家があるだけですが・・・・・
d0108737_20461185.jpg

オルゴールの素朴な音色が里にこだまする。
d0108737_20463172.jpg

100円銀杏、安~~~~~~い!
焼いたら割れるのかと思っていたのだが、あれってペンチで割るんやね!
焼きすぎで真っ黒焦げ!失敗したな~~~~~

何よりびっくりは、ここで売っていたホオズキ、これが旨いんですよね~~これも100円!
d0108737_20464985.jpg



 ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

歩くこと50歩、休憩所???普通のお家ですよ!
家から、こっそり女の子がこちらを覗いている、ニコニコ。
入ってくるのかな~~来ないのかな~~とドキドキしながら待っているのだ。
d0108737_20474292.jpg

実は家カフェ、ええ味出してますな~~~一生懸命準備してくれたのだろう、手作り感が涙でるほどええ!
コーヒー一杯50円、しかもキットカットなどつまみも付いてくる。(インスタントだが、それがまたいい!)
さっきの女の子が運んできた。
「この家に住んでるの??」の問いに「違います、今津(山を下りた町)に住んでいでいるの」
どうやら、ここは祖父母のが住んでいて手伝いに来ているようだ。
d0108737_2048457.jpg

100円の白玉団子、旨い!
d0108737_2049087.jpg



 ↓      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

歩くこと1分。

d0108737_20502852.jpg

この味噌が旨かったんですよ~~

これで3軒目だが、土産がいっぱいで持ちきれん!
来年はスーパーにある車の付いた、買い物に使うアレをもってこなくちゃ!
でも、安いからって買いすぎは次から来る人に申し訳ない。
ほどほどにするのが、このイベントのマナーだと思う。
現に13時には、ほぼ完売になっていた。
d0108737_20504436.jpg

家の横を覗くと、のおおお~~となりのトトロに出てきたおばあちゃんのような温かい笑顔があったのだ!
「これもっていき~~」と地もの胡桃をニコニコ顔でくれたのだ!
d0108737_2051941.jpg


イベントといっても、まだまだ知られていなく、村人や関係者の方が目立つ。
それの方が、のんびりしていいのだ。

ここから20分ほど移動して、「おっきん椋川、その②」へ続く。
d0108737_20514999.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-26 21:22 | イベント
2009年 11月 23日
ついに完成「TAKA FARM」」さんのトマト  (滋賀県蒲生郡)
トマトといえば、絶対砂糖派の我が家!
本当はそのまんま喰うのが一番なんだろうけど・・・・・・・・・・

それはさておき、見てこの熟れ熟れトマト!
今年の春にサルシカキャンプでご一緒したTAKA FARMさんの作品なのだ!
d0108737_1391159.jpg

仕事は山ほどあるのに・・・・・・・・・・・ええ~~い、気晴らしや!
と出かけてこちらが田園風景広がる滋賀県の日野町。
d0108737_1355916.jpg

おおおおおおお~でっかい!
今年から始めたトマトのハウス栽培、この秋が初出荷とのこと。
しかも、驚くことにちょっと前まで全く畑違いの会社勤めのタカさん!
d0108737_136131.jpg

ハウスの中はというと、あったかい!いや、暑いに近いほど!想像以上~
向こう側まで100M、圧巻!

2棟のハウスに3500株、半年で一株から30個の収穫。
d0108737_1363039.jpg

見える????トマトの産毛、白い粉っぽいのがそう!
あの、つるっつるのトマトに実は毛生えとるんですわぁ~~
ここからも水分を吸収するので、水の与えすぎは厳禁だとか・・・・・・・・・・
d0108737_1364210.jpg

受粉に欠かせない、はなまる蜂。
何とかわいそうなことに、トマトの花には蜜が無いのである・・・・・・・・
にもかかわらず、せっせと花から花へと蜜を探し駆けずり回り、ついでに花粉も一緒に運んでいるのだ!
いやいや、本能とは恐ろしいもので「やってられんな~~~」とか、その辺の若者のような会話も全く無く、彼女らは花お見たら本能で行くしかないのである。
タカさん「餌が巣箱の下に入っているので全く花にせっせと行く必要もないとのこと頑張るんですよ雌蜂・・・・・そしてね、雄蜂は遊んでいるだけですよ!」

奥(雌蜂)さんは一生懸命働いて忙しいのに無収入、旦那(雄蜂)は巣箱底の方で酒盛りならぬ、蜜盛り三昧。

怖い世界やな~~~

d0108737_1365360.jpg

ここがハウスの心臓部!ここから命の水と養分をすべての株に送っている。
その養分?は手前のタンクにが入っている。
d0108737_13771.jpg

ちょと見せてくれます???

「いやいや、くま先生でもそれは出来ん相談ですわぁ~~
これは一子相伝、秘伝の養分が詰まっとるんですわ~~~~~ハハハハ~~」

とい言うかと思ったら、あっけなくどうぞ!笑

透明や????
土の養分を補うことが目的で肥料ではないような感じかな??
d0108737_1372017.jpg

一日2tも消費する水は命である。
水道水ではなく、井戸水を浄化し不要な成分を排除して使っておられるのがこだわりなのだ!

d0108737_1373812.jpg

手作りのトマトハウス
採れたて、もぎたてをここで直販されているのだ。
隣が畑ってのが、とにかく臨場感ある!
d0108737_138118.jpg

面白いのが、好きなトマトを選んで量り売り!1キロ600円。
大きさごとに並んでいるからわかりやすい!
1.5キロほどでこの量ですよ~~~

完熟のトマトはそやみずみずしく、そのままかぶりつきが一番似合う!
買ったトマトは何か料理に使い撮影だ!と思っていたが、そのまま食べてなくなってしまったのだ!
d0108737_1382353.jpg


少し、わかりにくいが是非行ってみてくださいな~~

名称: TAKA FARM / タカファーム

住所: 滋賀県蒲生郡日野町三十坪2158
     (三十坪交差点近く)
電話: 090-7881-1479
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-23 14:11 | こだわり
2009年 11月 19日
滋賀で人気沸騰中の焼肉屋「天晴(あっぱれ)」さん  (滋賀県草津市)
相変わらず、仕事でヒ~~~ヒ~~~~~言っとります。
とはいえ、投稿しないで忘れ去られるのも悲しいし・・・・・・・・・・・
(今回もコメ閉じなんです、汗)

ということで、サラリーマンの夜の飲み会おば載せます。(休日に出かけていないので・・・)
そやけど、こういうのってこれといったコメントが書けないんだな~~

お店は滋賀県は草津市にある天晴(あっぱれ)、焼肉屋さんやね!
d0108737_061756.jpg

滋賀って近江牛!というイメージやけど焼肉屋さんの安くって旨い店が少ないねんな~~
でも、普通にあるお肉屋で売っている牛肉は他府県より断然安くって旨い!
案外、滋賀県人自身もそれに気がついていないかもしれない。
つまり滋賀県人は家で旨い牛肉を食う県民性なのかも・・・・・・・・・・・・
d0108737_06265.jpg

昔はタン塩から焼き肉はスタートしてたんやけど、最近は値段の割に美味しくないので、生肉つついてからから一気にタレ物にいくことが多い!
d0108737_071014.jpg

この日のNO1はこの生レバ!甘いな~~~~
d0108737_072389.jpg

上ロースはサーロイ!
d0108737_073974.jpg

忘れた・・・・・・・・・・
d0108737_07557.jpg

このへんは並肉だが、霜降りが続く!
おやじ泣かせやの~~~~赤身の安い肉片でええのに~~
d0108737_08830.jpg

当然、下戸の私は飯に肉である。
d0108737_083591.jpg



相手も焼き肉好きなので大量に鉄板に肉をのせるような愚かなことはしない!
自分の分だけサッと炙って半生でたべるのだ!

でも、何かさみしいものである、見た目からして華やかさに欠ける食べ方やな~~
d0108737_081941.jpg


しまりの無い内容やな~~~
[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-19 00:39 | 焼肉
2009年 11月 14日
とろけるわらび餅「茶洛」さん   京都市北区
いやいや、今年もきましたね~~受験シーズン!
ハイ、てんてこ舞いで猫の手も借りたい状態です。

さて、この赤フンの絵がまたいい味だしてるこの商品!京都は茶洛さんのわらびのわらび餅ですね~~
かね井さんに行った時に買って帰りました。
d0108737_0282327.jpg

かなりの人気らしいことを後で知った次第です。
d0108737_0283616.jpg

ちょと季節はずれも幸いしたのかすぐ買えました。
d0108737_0284622.jpg

抹茶とニッキ!
色もきれいだし、とろける旨さやな~~~
これは恐れ入ったな!

でも、昔のまっちんの常温で溶けてしまう、今となっては幻となったわらび餅には少しだけ、およばないかな・・・
d0108737_0285710.jpg

*********************************************

めっちゃくちゃ遅くなったのですが、オレンジさんありがとう!!!(もう、2週間以上も前のこと・・・・・・汗)

もう、パン好き、くま一家にはバラ色の日々でした。
芦屋のベッカライ・ビオブロートさん、そして西宮のameen's ovenさんのパンを送っていただいたのだ!

どちらも甲乙付けがたく、小麦のうま味を最大限引き出し、炭水化物大好き人間を虜にする恐ろしきパンです。
ある意味、危険なほどね~~~
こんな恐ろしきパン屋さんがある町、うらやましいと真剣に思った次第ですよ~~
d0108737_029984.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-14 00:59 | 和菓子
2009年 11月 08日
ギンゲツ珈琲  (滋賀県甲賀市信楽町)
京都にある、銀月アパートメントって知ってます!

疎水の近く、北白川の静かなところにある昭和初期に建築された、好きな人にはたまらないアパートメント・・・・・・・・・らしい。いやいや、実は見たことないんです、ハハハァ~~~
d0108737_21145957.jpg

 ★その銀月アパートメントでは年功序列で、代々住人が管理人になるという。
 ★2階の住人は物を増やさないことが鉄則・・・・・・・地震対策?こえぇ~~~
 ★20部屋、すべて間取りが違う。
 ★スパニッシュ、コロニアル様式???
 ★なんと、大島渚も住んでいたんかいな~~~
そして、大屋さんは海外にお住まいだとか・・・・・・・・・

隣はヴォーリズ設計の駒井家住宅、年代は同じくらいかもしれない。
d0108737_21151520.jpg

本題は銀月アパートメントではなく、そこの元管理人さんが滋賀県はこの信楽で営業されている、ここ「ギンゲツ珈琲」さんのこと。
その元管理人さんの伊藤コズエさんに「これが、その銀月アパート。正確にはそのあとにメントが付くんですが、ここに載っていますよ~」と見せていただいた雑誌に見入ってしまう。
d0108737_2116443.jpg

伊藤さん、3年ほど前に陶芸を志してこの信楽へ。そして数年前より手作りカフェを開くために頑張ってこられた。
ここは計算されたつくしたカフェとかではなく、温かくって居心地のいい喫茶という位置づけかな?
そして故郷を想うがごとく、銀月アパートメントの名前の一部を拝借され、その銀月アパートメントのような雰囲気の喫茶に仕上げられた。
d0108737_2117163.jpg

伊藤さんは、あまり積極的に話されるタイプではないようだが、お客さんが少ない時にゆくり話をしてほしい。
d0108737_21173482.jpg

出される器は、ご自分の作品。(皿は友人である器のしごとさんの)
最近はいろんな雑誌に掲載されてお客さんも増えたとのことですが、せっかく信楽に来たのだから陶器や信楽の話を聞いてほしい、そして銀月アパートメントのことも。
ただし、暇なときにね~
d0108737_21174686.jpg

チーズケーキは豆乳風味のあっさりタイプ。
d0108737_2118019.jpg

伊藤さん「これ一個作るのに一日かかるんですよ~~これを注文していただいても、どうしたものか悩みます・・・・・」
嫁「わかる、わかる!!」
と盛り上がっている二人。
d0108737_21181267.jpg

才能ある設計士、資金、そんな環境で出来上がった駒井家住宅。それとは対照的な銀月アパートメント、間違いなくその流れをくむこの喫茶、独特の良さがあり、そう思って赴くべし。

そして、まだ見たこともない銀月アパートメントに思いをはせることになるのである。
d0108737_21202440.jpg


************************************************
数日前にレンタル開始されたこの「鴨川ホルモー」なる映画にいっぱい銀月アパートメントがロケに使われている。オール京都ロケなので、京都大好き人間にはたまらない映像だ。
京大、立命、京産、龍谷、南禅寺、鴨川、先斗町・・・・・・・・・・いっぱい出てくる。
作品は、深い味わいではなくマンガが原作で、能天気に楽しめるヤツだ。私は案外考えさせられたり、悲しくなったりする映画が苦手なので楽しめた。
ゲロンチョリー~~~笑

他にあの沢尻エリカの「別に!」会見で有名な「クローズドノート」も銀月アパートメントでロケしていらしい。
さまざまなところで使われているようですね~

d0108737_22165151.jpg



ギンゲツ珈琲 (カフェ / 信楽)
★★★★ 4.5


[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-08 21:41 | カフェ
2009年 11月 05日
京都へ② そばの名店「かね井」さん  (京都市北区)
やっぱりこの季節は、そろそろ蕎麦屋の暖簾をくぐりたくなるってもんですよ!

虎視眈眈と狙っていた、ここ「かね井」さんは、めしさんの写真でこりゃええぞ~~となって、11月初めの日曜日に訪問。
d0108737_16404935.jpg

とにかく料理が出てくるのに時間がかかるのと人気店であることを考慮して、15分前に並び2番手を確保!
本当はのんびりしたいのだが、次の予定があることだし・・・・・・・・・・

よかった~~あっという間に満席!
d0108737_16404043.jpg

まったく塩っけなしの蕎麦チップが、注文したあとすぐに運ばれてくる。

建物は古く柱や天井は真っ黒。
奥には縁側と小さな庭、京都らしさを感じるたたずまい。
d0108737_1641219.jpg

2番手だったので案外早く運ばれてきた、嫁の汁そば1000円。

具なしなのがなんとも美しい!
出汁は、場所が京都なだけに口に合わないわけがない!
d0108737_16414955.jpg

そして、鴨ざるそば1600円。

うわ~~~細い!!!丁寧に、そして極細に打たれた蕎麦は上品この上ない!
んん????新蕎麦ではないな・・・・・・・それでも、旨い!めっちゃ旨いのだ~

この極細は、舌の上をまんべんなく覆いこみ、蕎麦の持っている味わいや香りをいやでも感じさせてくれる仕掛けがある。
それでもって、適度なコシも持ち合わせていている。高い評価をうけることに、納得してしまう。
この時点で十分旨いのだから、新蕎麦だったら、驚くべき旨さが口の中で暴れまくることとなるのだろう。
d0108737_16421371.jpg

鴨汁も上手に出来上がっている。

最後、そば湯をそそぎ素晴らしき香りの粉山椒をかけると、そりゃ~~もうたまりまへん!
仰天の旨さである。
d0108737_16423357.jpg

そばぜんざい600円。
これ、そばとうふに餡子をかけているのではないかな??(勝手な想像です)
美味しいで!でも、また頼むことはないかな・・・・・

しかし、センスのいい器を使っているな~~
d0108737_16424572.jpg

帰るころには、お店に入りきれないほどに!

注意点は、極細なためのびるのが早い!
毎回、蕎麦の写真は大急ぎなのだが、今回は40秒位だったがそれでもやばかった!
卓に置かれ、即食べる、それがこちらの蕎麦に対する礼儀なんだろうな~~

また、新蕎麦を使いだされたころに再訪しよう!
京都の蕎麦屋はノーマークだっただけに、うれしいお店発見だったのだ~
d0108737_16434410.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-05 16:43 | 蕎麦 | Comments(42)
2009年 11月 01日
京都へ① 10月リニュアルオープン パティスリータンドレス (旧店名:ベックルージュ)
この滋賀までも噂が轟いていた、京都のベックルージュというパティスリー。
お店というより、お家で丹精こめてこさえたケーキを分けてもらうという感覚で購入する、温かい雰囲気を持っていたらしい。そして土日の週末だけ営業。
紛れもなく私好み!

だが、うかうかしている間に休業、そしてこんな立派なお店となり、この10月オープンとなってしまったのだ!
名前も心機一転パティスリータンドレスとして生まれ変わった。
d0108737_2142037.jpg

お店は前と同じ場所のようで、まったくの住宅街!
駐車場に車を停めたらドアを開けて出迎えてくれる。
d0108737_21423114.jpg

種類はそんな多いとは言えないのが、かえって嬉しい、迷わなくっていいからね!

とにかく、保冷剤たんまりで厳重に包装されるのが特徴。
それは、かなり融点の高い本物の材料を使っている証なのかもしれないと勝手にほくそ笑む!
d0108737_21425792.jpg



ケーキより和菓子派なので上手に表現できないが、本当の本物や!
食べ慣れているケーキの常識、方程式と何か一つ違う?
抹茶のケーキもしかり、この口溶けと残る余韻は何??となる。解説ではゼラチンを泡立てているようなのだ。
d0108737_21431279.jpg
d0108737_21432367.jpg
d0108737_21433435.jpg



くま家恒例、じゃんけんぽん!見事一発勝利の私はチョコムースゲット(なんちゅう低レベルな家族、そして大人げない、笑)!

今日の特筆すべき一品はこのチョコムース580円。
先日行った河瀬屋の80円饅頭なら7個も買えてしまうと、ケチくさいこと考えながら食べてみる・・・・・・・・・・・・
旨め~~~~~なんぢやゃこら~~!!(←元、営業マンなため、何事もオーバーアクション・・・・・・)
d0108737_21434686.jpg

こんなにケーキが小さくなっていくことを、悲しく思ったことは無いかも知れない!
ブラック、ミルク、ホワイの三種のチョコムースは口に入れた瞬間、0.5秒の早業で溶けて悦楽の世界へ導いてくれるのだ。

っと、自分が確保したものをべた褒めし、優越感に浸りたい、ケツの穴の小さな私でした。
d0108737_2144312.jpg

**********************************************
秋、芸術的イベントも目白押し!
体がいくつもほしいほど参加したいいものが山盛り。
本日は、知り合いが演奏している大津管弦楽団の定期演奏会へ。そして、聞きながら夢の世界へ入り込んでいたのだ、笑。
d0108737_22292746.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2009-11-01 22:43 | 洋菓子