<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010年 04月 29日
大津で昼飯!!豚丼「信玄」さん  (滋賀県大津市)
終わった!仕事が~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
GWじゃ~~~という感じやね!今年は7日間。
さあ、どっか出かけるぞ~~~~と意気込んでいたら次男がゲリピ~~の風邪で自宅待機状態。
「おむつ、こうたるから、それはいて出かけようぜ~~~いえ~ィ!」の私の提案に嫁のダメ出し!

ということで、今日はいつ出かけられるかキャンプ準備に専念。

ここのお店は、そんなこととは全く無関係の旨い豚丼屋さん、昼飯ネタだす。
d0108737_10273551.jpg

とにかく、香ばしいええ香りを周囲にまき散らす危険な豚丼屋、案外有名だとか。
特盛り定食でいっときましょう!
d0108737_10282023.jpg

例の如く、無理言って焼いているところを撮らせていただいたのだが、こうゆうの撮るのって脂が飛ぶから腰が引けるんや・・・・・・・・・・
やっぱり、迫力不足・・・・・・・・
ちゃんと炭で焼いてはりますよ~
d0108737_10283142.jpg

得盛り・・・・・・サンプル写真の、豚のハミ出しと少し違うのが気になるが、まあよくある話。
とはいえ、豚はごらんの通りたっぷりである。ご飯は吉野家の並くらい。

味は・・・・・・・旨い、旨ひィ~~~~~~~~や!
あまり期待していなかっただけに嬉しい!
このワサビがええ仕事しているみたいやな!
それと、燻された香ばしさがたまらん。
d0108737_10284362.jpg

途中まで忘れていた、卵がけ!写真的にはナニですが、これがまたホンマに旨い!!
ちょっと甘い醤油タレとめっちゃ合うんや~~~~これはビックリ!
半分はそのまま、そして残り半分は生卵、というひつまぶし的食い方が正解!!
d0108737_102946.jpg

ちなみに、仕事仲間は塩タレ、んんん~~~豚の味はストレートに分かるが、これはナニやな・・・・・・・・
私的には醤油+生卵これで決まり!

でも、もう少し安かったら言うことなしなんやけどな。
十分満足。また来よう!
d0108737_10285343.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-29 10:29 | 美味い!
2010年 04月 25日
安くって、旨い!橋本かしわ店   (滋賀県高島市)
今日は、ええ天気でしたな~~~~消防訓練日和!?
新年度に入っての補助消防結団式、必死でこなしていた!~~~~ああしんど!
河原までポンプを持って行っての放水をやったり消火栓点検したり!
多くの地域で、本日同じようなことをやっていたのだと思う。

さてさて、ひと働きしたら例によって旨い話、ひひひ~~~昨日いっ行ってきたのだ!
教室長に教えてもらった、橋本かしわ店さん
d0108737_19405971.jpg

2万円のグリコのおまけみたいな、カーナビにとりあえず入力してたどり着いたのがここ!
商売成り立つの??という場所の上にこの古い郵便局みたいな建物、このしゅちえ~しょんがたまりまへ~~~ん!ベリーグッド!!!!!!!!!!
d0108737_1941965.jpg

場所がちょっと遠く(滋賀県高島市)って、行こうかどうか悩んだ・・・・・・・・・・・・
教室長「注文したら、生きた鳥持ってきて捌いてくれますよ~」って、ほんまかいな~~
魚の生け造りのようなものを想像しつつ、それはないやろ~~
などなど、妄想していたら、行きたく見たくってテンションがヒートアップ!

この日、残念ながらそれは無かった。
d0108737_19412555.jpg

鳥は地鶏とブロイラー。
地鶏はムネとモモの混合で210円/100gっと安い!

レストランもあり!
d0108737_19414221.jpg

お店の周囲は広々~~~していて鶏舎もこんな感じ!
中を見せてもらったらよかった・・・・・・・

そうそう、ここで教室長の義母さんにお会いして、朝採ってこられた筍を頂く!
ありがとうございました~
d0108737_194153100.jpg

まずはスナズリの刺身!
これを生姜醤油でいただくと、旨いのなんのって、あ~~た!

ななななんと、電話している間にほとんど子供に食べられてしまったのだ、涙
d0108737_194254.jpg

調理方は朝堀筍を頂けるということで、鳥のすき焼きと行きの車の中で決定済み!

鳥は地鶏独特の適度な硬さ、そして濃い旨味!
期待を裏切らないな~~
何といっても値段が安い!

「こちらの特製タレをからめて焼くと、また格別、からめてもらったの????」っと義母さんに言われ、頭の中はすき焼きVS特製タレ焼きの戦い勃発。
初志貫徹ですき焼きにしたが、次回は特製タレやね!
d0108737_1942413.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-25 19:43 | こだわり
2010年 04月 22日
くじら食堂   (滋賀県湖南市)
残念ながら、閉店されました。H24年1月27日
ついに沖縄ネタじゃ~~~~
てのはウソ!(その前に、タイトルから沖縄が消えとるやん!)

まさに沖縄にありそうなこの佇まい、数ヶ月前に見つけて気になって仕方なかったお店。
ついに、ついに昼飯を食いにやってきたのだ。
d0108737_1513614.jpg



お店の中には人がいるのに準備中の看板・・・・・・・・
「やってはるんですか~~」と、おそるおそる入る・・・・・・
こんな可愛いネーミング、なのにおっさん店主なら帰ろうか・・・・・と思えば、おねえさん(昔は・・・・・)ばかり。

どうぞ~~どうぞ~~と、お客さんも一緒に私を歓迎!
その後はもう、あっという間にお友達状態、笑。
まさに、沖縄風!

「聖子ちゃんにしようかトシちゃんか・・・・・・・永ちゃんにするわ!」と、向かいの何でも屋?さんから頂かれたコンポは音ならず!「昨日、子供が触ってたんや~~いやいや」、微笑ましい。

d0108737_153229.jpg
d0108737_1531556.jpgd0108737_1532636.jpg


これが、女将一家。
女将の細腕(細くはなかったが・・・・・)で2人の女の子を育てておられる。
お店は、ほぼ手作りで1年前に開業「まだまだ頑張らねば~~」とのこと。
くじら食堂の物語はこれから展開していくのだ!

なんとも温かみのあるこの絵、10秒に一度見ていた。
d0108737_1534733.jpg

「メニュは無いの、パスタにする、茶そば、それとも魚?」
いくらで食べさせて!というリクエストでもいいとのこと。

これ前菜。
d0108737_1544550.jpg

茶そば。なんと嬉しや懐かしい、山菜「こごみ」。
ちゃんと生の山で採ってきてもらったもの!
よく、野沢に春スキーへ行った時食ってたな~~~旨い~~!!

そして・・・・・・・・・・・・・・おにぎり・・・・・・・・・って、おおお~~かもめ食堂

あれはヘルシンキでの食堂の話、ちょと似ているような。
d0108737_15458100.jpg



食べてる途中で豆腐屋さん登場!
滋賀県野洲町の「船屋豆腐店」これがまた旨いだ~~~

何気なく豆腐をよそって出されたこの器、おお・の~~~穴窯焼きやん!!
女将のお父さん作とのことだ・・・・・・・・・アンパンマンのスプーンとの対比が、たまらん!!

d0108737_155415.jpg
d0108737_1555317.jpg
d0108737_156714.jpg


「どこで塾やってはるの」「小さいころ勉強好きだったの」といろいろ突っ込み質問山盛り。
こんなの大好きである。

そうそう、勉強大っきらいでしたぜ~~~
d0108737_158143.jpg

客と従業員のボーダーがはっきりしないのも面白い。

もたいまさこさん役や、そして片桐はいりさん役的な方々もいるやんけ~~っと、密かに、大うけしていた私。
(それは容姿じゃないですよ~~皆さん綺麗な方々でしたから~~汗)

普通のランチは600円、そしてケーキセットとか豆腐とかで200円プラスでした、多分。

体に優しい家庭料理で、大満足!!!シフォンもしっとりして美味しかったで~~~~~~~~~~
d0108737_1595044.jpg

女将はクジラになって、好きなところに泳いでいきたいとか・・・・・・・

「こころがごめんねいったから、さっきよりもっと、なきだした。  おうか」今年、小学一年生。
d0108737_20284.jpg



とにかく住宅街の中でひときわ目立つが、ちょいっと入りにくいこのお店。
飛び込んでみましょう!
まあ、何とも温かい雰囲気に包まれること間違いなし!

d0108737_245848.jpg
d0108737_251546.jpg
d0108737_25358.jpg



店名:くじら食堂
住所:滋賀県湖南市菩提寺新町2-40
電話:0748-76-0920
定休日:日・祝
時間:月~金 AM9:00~PM7:00
    土   AM11:00~PM7:00
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-22 02:06 | その他
2010年 04月 19日
ふら~~と信楽「cafe awa-isa box」さんへ  (滋賀県甲賀市信楽)
これといって行きたい場所がなくっても困らない。
我が甲賀市には信楽という退屈しない町があるから!
ということで、嫁とぷらぷら~~~

といっても、そう簡単に目新しいものはなく、cafe awa-isa boxさんで一服。(訪問は2回目)
まだ、ストーブ焚いてるやん!しかもシブイやつ!
d0108737_125119.jpg

展示品のこのブサかわいいのに2人とも首っ丈。
d0108737_1252860.jpg

バナナを揚げたお菓子をアテに珈琲。
d0108737_1254373.jpg

なんか、あてもなくぼ~~としているのもたまにはいいですな~
久しぶりの休息。

追記(ゲゲゲのQちゃん?  そしてゲゲゲのバカボンパパ    大爆笑)
d0108737_1255447.jpg

めっちゃ手抜き記事になっちゃいましたな、苦笑。
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-19 01:26 | その他
2010年 04月 16日
どて焼き「味のお福」さん      (三重県伊賀市)
最近、休日の日曜日に目が覚めると、家の中が、し~~~~~~~~~ん静まりかえって誰もいない状態だったりする。
寂しいものである。
一家の大黒柱が置いてきぼり・・・・・・・・・・

そんな日は、さみしく一人で演歌が似合う場所でワンカップ酒・・・・・・・・って、酒飲めんし、どて焼きでも食うか!と、とぼとぼ出かける。
d0108737_228402.jpg

ここは結構有名な名阪国道の伊賀上野SAの中・・・・・・・ではなく、これ外やんけ!サービスエリアから完全に外の私有地にある飯屋や!
ほんまに、お店やっとんのかいな~~という雰囲気だが、なかなかどうして濃厚なお店が、上品なお客さんお断り光線を放ちながら営業してますんや。
d0108737_2461295.jpg

とにかく、どこもかしこも「どて焼き」の文字一色!
んで、店名は・・・・・・・・・・・どこにも無いから面白い。
後で調べて、やっとこさ「味のお福」と分かったのだが、多分来ているお客は「あの、どて焼き屋」とか適当に呼んでるのだろうな~~
d0108737_2293446.jpg

とにかく、よく売れる!入れては売れ、入れては売れ!
よく煮込まなくっていいのか??の問いに「10分煮込んだら十分旨いんや!あんまり煮込まん方がええんやで~~」とのこと。


d0108737_2372852.jpg
d0108737_2374580.jpg
d0108737_2325548.jpg



どて焼き定食1100円。
確かに、どて焼きは旨い!!!けど、これは高いぞ~~もう少し安いと値打ちがあるんやけど・・・・・・
といっても、間違いなく演歌が似合うお店で、おやじ一人飯にはもってこいのお店やわ~~
d0108737_2331719.jpg

どて焼きって言葉、滋賀では使わない。大阪の居酒屋で初めて知ったのが社会人になってから。
しかし、何とも悩ましいネーミングだと思っているのは私だけ・・・・・・・・ははは
d0108737_233402.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-16 02:39 | B級グルメ
2010年 04月 11日
「cafe しんがい通り」さん  (三重県伊勢市)
大家族に行った日、どうしても見に行きたいカフェが伊勢にあり!
この看板、まさかのまさかで嫁が書いた絵、ハハハァ^^!)
あれが、まさかこうなっちゃいますか!
モデルはオーナー自身らしいのだが、かなり、ものすごく誇張してます、ニコニコ。
d0108737_18515728.jpg

とにかく、こだわりの塊のようなカフェ。
昨年には改装も完了していたのに、いっこうに開店されず何時になるのか・・・・・と、やきもき。
一か八か勝負で来てみたら、ちょうど一週間前から開店!!
おお~~ラッキー
d0108737_1852126.jpg

ご無沙汰です~~
まあ、これ食べてよ!とサービスしていただいたプリン、激ウマ!!
とろ~~~り、ちゅるんちゅるんと、ゆるくまったり旨い!
これ家で作れないかな~~作り方教えて・・・・・・とは、さすがに厚かましく聞けなかった、ハハハ~
d0108737_18522337.jpg



d0108737_18523419.jpgd0108737_18524292.jpg


BOBBOBの特注ドンブリ鉢を買っていただき、それに盛られたランチを見たかったのだが、それは営業に慣れてからとのことでした。
d0108737_18525418.jpg

床は無垢板、家具はカリモクのクラッシックタイプ?
これは想像以上に本格的やわ~~~前職は建築関係だったのでついつい見積もってしまう・・・

「夜がいい感じなので、お酒を出してナイト営業にこだわりたいんですよ~~」の言葉に納得。
スペースも贅沢すぎるほど広い!
d0108737_185338.jpg

オーナーは元々海の男!
計画段階にもお会いしたことがあったが、本当にこだわりを持った方。
オープンまで長い道のりになったようだが、そのかいがあったとお店に入ってそう思った。

また、遊びにいきますね~
d0108737_18531580.jpg

店名:cafe しんがい通り
住所:三重県伊勢市御薗町 新開942-3
電話:0596-36-3121
定休日:月曜日、第3火曜日
時間:火、水、木、日は13:00~21:00
   金、土は13:00~23:00
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-11 18:55 | カフェ
2010年 04月 06日
2010信楽ACT  (滋賀県甲賀市信楽町)
春休みで嫁さんは実家。
神に与えられし、こんな貴重な時間、遊び三昧の予定が、仕事三昧の日々・・・・・・・トホホ

4月3日快晴、チョイっとだけ滋賀県の信楽で開催中のACTへ!
d0108737_122128.jpg

****************************************************
まずはげなげな市。
これまた美味かった~本当に!
後口がたまらなくいい、甘酒なんですよ~~秀山先生の奥さん作!
生姜少なめで注文!ちょうど良かったです。
d0108737_1221272.jpg

****************************************************
さてさて、ここからが信楽ACT!
これって、いったいどんなイベントなのか・・・・・・・一言では言い表しにくい・・・・・・
決して、作品を売り込むわけでもないし・・・・・・
私なりの解釈では、作家さんが原点に回帰する日なのではと思う。

まあ、難しい話はおいといて、楽しもう!
まず、お向かえさんのなおちゃんの家、パート3!
d0108737_1222964.jpg

今回のが最高傑作か?の問いに「最初のが一番好きやった~これは2番目やな!」
何が、どう気に入らなかったのだろう・・・・・・・・
d0108737_2161075.jpg

そのなおちゃんのお父さん(藤本秀さん)のインスタレーション!

人である!
シンボルもちゃんとあり、なんと炎が入り焼き固めるという!
題名「殺風景に勃起する」解放されていますね~~~~~~~

そうそう、ここで美味しいパンをいただいたナチュラルキッチンさんご夫婦と初遭遇。
食いしん坊のご主人さんの体系にやたら親近感をいだき、喋りまくってしまった。

右上、奥の方になにやら怪しげなお店が存在。
d0108737_1254248.jpg

普通、食いものとか売っていそうなものだが違う・・・・・・
d0108737_125578.jpg

やき土???
何に使うか不明だが一個100円ちゅうことで買ってみた。
事務所に、これがそのままあるのだがどうしたものか、迷う。
神棚に上げてみたくもなる不思議なブツや!
d0108737_126992.jpg

****************************************************


道中ばったり信楽の伝道師食爺さんと出くわし、お裾わけを頂く!ぽんた焼き。
あそこ見たか、ここ見たか?と聞かれるも、ほとんど素通り状態である。

余裕の無い状態で、見て回っていることに、ハッと気付く!
いかんいかん、このイベントは無心の境地が必要や~ということで爺さんにお供させていただくことに。彦根からのご夫婦とご一緒させていただいた。
d0108737_1275053.jpg
d0108737_128145.jpg
d0108737_1282840.jpg


おおお~~ここは、以前道に迷ってきた場所!ちょくちょくブログも拝見させていただいている準さんとこやん!
このやさしい表情、2年ぶり!

すっかり、ごちそうにまでなってしまって!
何だか温かいな、いごこちがいいな~~!!
d0108737_1512621.jpg

****************************************************
古い倉庫ふぇちの私ははじけてしまう!
安藤久仁子さんと田中南央さんのインスタレーション。
d0108737_1345495.jpg

お笑い突っ込み系、安藤さんのロケット!
d0108737_1352876.jpg



d0108737_1355046.jpg
d0108737_136166.jpg
d0108737_1383789.jpg


ぼろぼろ、サビサビ業務用エレベーターに乗った人々。
実際、壺を頭上に乗せてみ、無意識に笑顔がこぼれるで~~
d0108737_247435.jpg

****************************************************


ゴメン、写真が多すぎやね~~~

昼飯は「すけろく」さん
生卵入りの野菜あんかけ丼(絶対違うなまえやったような・・・・・・)
これがまた何とも言えない、どろどろ系でいけますのや!
d0108737_1421897.jpgd0108737_1422860.jpg


何年やってはります?の問いに53年や~~と元気よく答えて頂いた大将!
知る人ぞ知るお店、いや地元住民以外まず知らないでしょうな~~
探し当てたら信楽ツウ!私も今日はじめて知った。
そんな裏通りで半世紀、ご主人の明るい人柄ゆえかもと思った。
d0108737_1432695.jpg

****************************************************
「ここには絶対、こなアカンやん!」と何度も爺さんに怒られたこちら・・・・・・
この器、おおおお~~~HPで発見して現物見たかったんや~~~~
そしてお弟子さんのカエル3号さんとも出会えてこれまた嬉しかった!
d0108737_1441883.jpg



この2匹、瓜二つ!
d0108737_1443467.jpgd0108737_1444473.jpg


****************************************************
最後は牛石さんのコロッケで〆
d0108737_146271.jpg

ラードの甘い香りと、ビーフコロッケは名ばかりでなく本当にビーフの香り味わいのする美味さ!
これで50円は凄い!
d0108737_1461990.jpg

このイベントは何を買うというものではなく、何を感じるというもの!
携帯も時計も車に置いて、ゆっくり見て回らないと意味がないね~と思ったしだいです。
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-06 01:46 | イベント
2010年 04月 01日
怪しげなお店だが、なかなかいける!海鮮料理「大家族」さん (三重県鳥羽市)
先週の日曜日は嫁と二人で三重の鳥羽へ!
d0108737_2353156.jpg

近鉄鳥羽駅の建物の中に存在する「海鮮料理・喫茶」のUCC看板の怪しげなお店。
これがちょいっと話題のお店である。
それを知らなければ、いくら電車待ちで時間があっても入らんかもしれん(失礼!)
d0108737_235415.jpg

店名は「大家族」。
数年前、漁師さんが家族で力を合わせ始められたお店!
大将や娘さんは、今も現役で気候が良くなるとウニやアワビを自前で海から調達してくる。
それを家族中心に調理してお客にだすという完全家族主義なお店。

いやいやちょっとまてよ、それってめっちゃ儲かるのと違う、原価船のガソリン代のみって!
d0108737_235589.jpg

足首にタトゥのある娘さんが注文を聞きに!
「お値段言って下さったら、お任せもできますよ~」との誘いに3000円/一人でお願いする。
d0108737_236815.jpg

何故、ここにこだわったかという大きな理由がこの天然鰤!
天然の美味いのにこだわり、常に用意しているお店って無いんですよ~
と言っても天候によって思い通りにならないこともしばしばだと思うし、季節により味わいも激変する。
お店に出すのが難しい魚なのだ!
これで2人前だが、イカ(こりゃスルメやな~)とタコはオマケみたいなもの!
d0108737_2362062.jpg

大胆に切られた鰤は食べ応えアリ!
今が一番鰤が美味しくなく、相場の安い季節。
本当に鰤好きなら来てはいけない時期だが、もう食いたくって仕方がなかったのだ!

涙、やっぱり脂が抜けきっている・・・・・・・・だが、それでも美味い!!
d0108737_2363015.jpg

ホタテ、ヒオウギ?、サザエ、大アサリ?
手前の大アサリが一番美味い!
味付けはシンプルに醤油のみのようだ。
貝はヌメリを取るなど一手間かける方が好きかも・・・・・・・
d0108737_2364210.jpg

でっか~~~~~~~~~~~い、えびふりゃ!
こちら方面では絶対これが付くから面白い!
このエビなんぞは、鳥羽とは関係ないような気がするのだが、名古屋からの客人が多いのかとにかく海老フライがもれなく付いてくる店が多い。
しかもでっかさを競うのがなお面白い。

てなこといいましても、きっちり身も詰まっていて旨い!
d0108737_2365397.jpg

あおさの味噌汁、芽カブ、食べ放題のご飯でちょいっときつい状態。
d0108737_23545893.jpg

終わったかな~~~と、安心させといて、土鍋いっぱいの蒸し牡蠣に目が点・・・・・・
d0108737_237384.jpg

食っても食っても減らんがな~~~でも、旨いからどんどん食っちまう!
おそらく浦村牡蠣のはね物(規格より身が入っていないもの)だと思うので値段は安いとは思うのだが、味は保証付きに美味い!
そのまま蒸して、海水の塩分だけの味付けがいい!
当然、右側が私。
d0108737_2371438.jpg

店前には無造作に牡蠣があり、カウンターで蒸してる。
おおらかやな~~~

手が込んでる懐石料理もいいのだが、素材の本来の味わいに特化した海の近くの漁師料理は、また格別である。
調味料って醤油だけ、それで美味いんやから驚く!

特に魚に飢えている方、禁断症状から解放されまっせ~~~
ただ、3000円のお任せは、どなたか大食いを連れていかないとキツイかもしれんよ~
d0108737_2372497.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-04-01 23:42 | こだわり