「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 30日
久しぶりにカフェへ「264cafe」さん  (滋賀県甲賀市信楽町)
久しぶりに、ほっこりするいいcafeに巡り合えた!
そこは、こんな細い脇道を進んでいくんですよ~~看板も何も出ていない道を。

決して人には教えたくない、とっておきの場所にしておきたい264cafeさん
でも、悲しいかな秘密を黙ってると具合がわるくなるんやな~昔から!
近所のおしゃべりおばちゃん的行動特性だから、黙ってたら病気になるんです、ハイ。
クラスに一人は必ずおった「おいおい、知ってるけ~~~ああああ、いうたらあかんのやった・・・・」をさかんに繰り返す信用ならない人物。それ私、笑。
d0108737_2353220.jpg

2年ほど前に山を少し切り崩して建てられた、森の中のお家の一部を利用。
奥様とお嬢ちゃんで切り盛りしているお店だから、そんなに多くのお客様には対応できない。
それが看板の無い理由なのだ。
d0108737_2355163.jpg

ご主人は草津で美容室を経営、そして食にも精通されておられるのか、その方面のお店も手掛けておられる。
直接お会いしたことはないのだが、こちらのお店やブログから感じることは数や量ではなく質にこだわりをもっておられのではということ。
d0108737_2362765.jpg

店中は先客がおられるので、天気もいいし外に嫁と陣取る。
メニューはすでにランチ1500円のに決めていた。
そうそう注文や配膳担当はお嬢ちゃん、小学6年生ですよ~なんとも可愛い!
d0108737_2365122.jpg

じゃ~~~ん、まず鳥の胸肉の刺身!旨いわぁ~~~
何より白ネギの揚げたの、サクサクでネギの甘味を引き出してて美味しい!
あっさりしたもの中心でどれも旨い!
d0108737_2373693.jpg

大谷桃子さんの作品。
器もいいのを使っているのが嬉しい。
d0108737_2375143.jpg

「朝つぶしたところのかしわを出してるんですよ~~~その皮も美味しいので揚げました~」
と頂いた物。
これは、ごはんをもう一杯お代わりしろという指令やね~~~ラジャー!
そうそう、ごはんとコーヒーはお代わり自由。
d0108737_23104934.jpg

はい、これで3杯目!
ころ合いを見計らって、お嬢ちゃんが「おかわりどうですか?」と聞きにきてくれるので遠慮なく食っちゃえますよ!
これで最後にしておこう、次もあるし。
d0108737_23112198.jpg

ハイ、こちらも大満足!
嫁のガトーショコラ。
d0108737_2312086.jpg

私の抹茶レアチーズケーキ。
何より胡桃&あんこ&アイス、それぞれが主張し、そして愛し合う、見事な3P的エロチカな美味しさや~~~~~って、意味不明・・・・・・・・・・とにかく至福。ケーキも含めてね~~4Pか?
d0108737_2312129.jpg

一仕事終えたお嬢ちゃんはバナナをパクリ、ニコニコ。
いやいや~~~ゆるい、このゆるさが大好きなんやな~~~
営業してるときはいつも手伝っているとのこと!れっきとした戦力である。
d0108737_1135916.jpg

いずれは、自作の野菜をお出ししたいとのことで、裏にはその準備が・・・・・・・・・やけど厳重な囲い。
天敵は鹿。昨年、小鹿が網に引っ掛かって身動きできないのを助けてあげて「ああ、今日はいいこと一つしたぞ~~」と思いきや、次の日その小鹿は何と親や親せき一同を呼んできて畑の野菜を食べつくしたとさ・・・・あんな可愛い顔して冷淡である。
d0108737_2312289.jpg

中の方も食事が終わり、外でわれわれと一緒に談笑。
自称信楽研究家である私も全く知らない耳寄りな話を聞いた。2500円もする温泉があり、そこの薬草湯がめっちゃええらし。「とにかく、あそこがヒリヒリして悲鳴をあげるほど痛くなるけど、体にいいんやわ~~」「あそこをおさえてはいるんよ~」・・・・・・・・そんなSMチックなお湯が、本当に体にいいのかは??だが興味津々。
とにかく個性的で皆さん楽しい方たち、いい時間を過ごさせていただきました。

どちらにしても、初対面なのに“あそこ”を連呼できるほどリラックスして話ができる、そんなお店なのだ。
d0108737_23124110.jpg

んでもって、そのお店はどこにあるかやけど、大津から信楽に抜ける16号線(大戸川沿い)のこの看板が目印。
このあたりを探せば、たぶん見つかると思う!
土、日、時々月営業ですが、奥さんはPTAの役員でお休みもあります。
必ず電話で確認して行ってくださいな~~少人数でね~~あまり人には教えんといてや~~~
d0108737_23145437.jpg


店名:264cafe
住所:滋賀県甲賀市信楽町黄瀬2454-2
電話:0748-64-0370
営業日:毎週 土曜日&日曜日&時々月曜日 (月曜日の祝日)は営業致します。
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-30 23:15 | カフェ
2010年 05月 28日
誰が何といっても金沢カレー大好き!「ゴールドカレー 南草津店」
残念ながら、こちらのお店なくなってしまいました・・・・・

やっと滋賀に上陸して大喜びだったのに、つぶれてしまった例の怪しい金沢カレーのお店・・・・・・・・・・・・

だが安心を、滋賀在住の金沢カレーファンの皆様、めっけたで~~~~~~~~金沢カレーの店!
だがメジャーな「カレーのチャンピオン」「ゴーゴーカレー」でもないが本当に金沢カレーなのか?と不安・・・・・・・・・・そして、看板の半分はアリスの国って、メイドさんみたいなんが「いりゃしゃいさませ~~~」って、舌ったったらずに言われたことなら、冷汗ものやで~~
カレーかアリスか長半博打やないか~~
d0108737_003967.jpg

大丈夫、カレー屋でした、するとあのアリスさんは、どこにおられるんだ・・・・・

それはええとして、このゴールドカレーさん、元をたどれば30年前、金沢カレーの総本山であるターバンカレーで働き、カレー作り一筋の職人さんであった方が独立して始められたカレー屋さん。こちらは、そのフランチャイズのお店である。れっきとした系譜を持つ、金沢カレーであった。「ウチのは、塩っ辛さをマイルドにしているんですよ~~」とのことだが、正直金沢カレーのお店による違いがよくわからないのが本音である。
d0108737_004959.jpg

やっぱり、旨ひ~~~~~~!これやがな~~~~~
カツが、旨い!ラードの香りもするし、これで600円やったかな~~お値打ち!!

私にとっては旨いのだが、間違いなく好みが分かれる!
特に女性にはうけにくい!
とにかく習慣性のある食いもんだから、騙されたと思って10回てべて見て!
できたら30回から50回いってほしいな~~そうすると、禁断症状が出ること間違いなしや~
われわれの間では、やばいヤク入ってとるのちがうか~~とよく言ってたものだ、ハハハァ~~
(くれぐれも、そんなものは入っていませんので・・・・・・・・・・・・・・・)
d0108737_00591.jpg


店名:ゴールドカレー 南草津店
住所:滋賀県草津市矢橋町105-1
電話:077-567-8787
時間:11:00~21:00
定休日:不明
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-28 00:01 | 洋食
2010年 05月 23日
たまにはこんな昼飯もいいか~~「ドンケバブ」さん
(閉店されました)週に1~2度は仕事で大津へ行く!
仕事より、昼飯何にしようか考えることに脳の能力の90%を使っているといっても過言でない。

ちょうど瀬田の唐橋を渡っている最中に、ふと思い出したうさこはんに教えてもらった、あのお店。
車とめるのには難儀したが、発見!
イケメン店主はこの中学生と一緒にベンチに座ってお話し中、ゆる~~~い感じに好感。
オープンしてまだ1ヶ月のDON☆KEBABさん。
d0108737_22414225.jpg

「写真??こっちこっち」と誘導していただき、一等席で大アップ!!
そう、この可愛い服で店前のベンチに座っていたら、まるで中学生に見えますって!
この方、日本には小学6年に来た、リベーロさん。
上手に関西弁を使いこなす外人さんって、違和感あるけど愛嬌たっぷりでええやんか~~(いや、そっち系やないよ私は・・・・・・)

d0108737_22415413.jpg

ブログ見てきたんや~~~と言うと「うわ~~~めっちゃめちゃ嬉しいわぁ~~」と2人とも大感激!
そこまで喜んでくれるんかいな~とこちらも嬉しくなるほど、ニコニコ。
d0108737_2242686.jpg

全く臭みのない羊肉、旨いがな~~~
ソースは8種類で辛さが中程度・・・・・・・・ちょいっとシ~~~ハッハ~~~と言いながら車でパクつき仕事場へ!癖になるな~~この旨さと辛さ!
そして、忙しい時には重宝しまっせ~~~

この子たちと、見て話していると、何だか応援したくなる。うさこさんの気持ちわかるわぁ~~~
本当、美味しいから食べに行ったって~~
d0108737_22421782.jpg


店名:ドン☆ケバブ唐橋店
住所:滋賀県大津市唐橋町14-12
TEL:077-534-6868
営業時間:11:00~
定休日:無休
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-23 23:08 | その他
2010年 05月 20日
久しぶりの京都 「近又」さん      (京都市中京区)
おやじ譲りなのか、大津に住んでいる私の姉もまた、美味しいものには目のない方でして、笑
その姉がメシを、おもってあげようとのことで、京都のあの「近又」さんへ
d0108737_1382233.jpg

通された部屋はいちばん奥にある昭和初期の建屋。
おそらく、一番いい部屋なんだろう、戸を全開していても京都の街のど真ん中にいることが嘘のように静かだ。
お膳が3つ??厚かましくも夫婦でおよばれである、ニコニコ。
d0108737_138335.jpg

先付け:鰹、ウド、夏柑の土佐酢ゼリー
暑いこの日に最初のこれはインパクト大!!結果的にこれがこの日の一等賞。
鰹はちょいっと臭みがあったがこの土佐酢ゼリーは抜群!ウドとの相性もいいしね~
d0108737_1384882.jpg

向付:鯛、ヒラマサ
どちらも天然!くどい脂が無いさっぱりとした上品な味わい。
特にヒラマサがうまかっったな~できたら腹身が食べたかった!
d0108737_139344.jpg

ブロガーの命であるカメラをおもむろに机の上に置いていると、仲居さんが「お撮りしましょうか?」と京都ではすぐそうなってしまう。
気持は本当にありがたいのだが、写されるのが大っきらいな私(人の写真はじゃんじゃん撮りまっせ~~)
でも、親切心には絶対逆らえないように出来ている私の脳のソフト。
苦笑いしながらの一枚。
d0108737_1391421.jpg

蒸物:山百合根の饅頭、これが本日の2等賞!
なんやったいな~~エンドウ豆??かの葛餡やったと思う・・・・・・・・これ5月8日のことでかなり忘れている。
料理人の気合いを感じる一品。
d0108737_1392983.jpg

揚物:鴨饅頭の揚げたの
案外ありがちな定番料理やけど、これ大好きなのである。
d0108737_1394759.jpg

煮物:筍とわかめ
旨いねんけど、この時期に出されるのはつらい・・・・・・・
4月初旬から筍は嫌というほど食べてるから、笑
d0108737_1401821.jpg

焼物:鱒木の芽焼き

姉はとにかくよくしゃべる。おばあちゃん(母)もよくしゃべると町内でも有名人なのだが、それを上回る。
私なんかは時々、意識がとんでしまっていることもあるほどである、笑。
この日もやはりマシンガンのようにしゃべって、大笑い。
その姉は私と違い、直球勝負のこういったお店を得意技としている。お伴するといろいろ美味しいおこぼれにあづかるちゅうことですわァ~~時々意識は飛ぶけど・・・・・・・
d0108737_140419.jpg

椀物:鯛が入ってた
でっぷりとした、天然の鯛がまた旨かった!
そして、この命の出汁がザ・京都ちゅう感じで、いつもふらふら食べに行っているお店とは大きな違いがあり、心は天国へ召されていまいますがな~~~
d0108737_1432624.jpg

筍ごはん。
d0108737_14340100.jpg



結構、お腹が膨れたところだが、ご飯もあった。
「なんじゃこりゃ~~~旨いがな~~~」と唸りワシワシ食べると、姉、嫁とも覚醒してワシワシ食べだす始末。
そうそう、私の口かは発せられる「旨いがな~~」には恐るべし人の食欲を覚醒させる周波数が含まれているのだ。どんなにお腹がはっていても、また皆食いだすから面白い。
そして、恥ずかしいことにお櫃がこんなことに・・・・・・・・・
いやいや、これが一等賞といってもいいほど本当に美味しかった!このご飯って重要なんだわぁ~~

d0108737_1435649.jpgd0108737_144879.jpg


水物:蓬の羊羹
途中でご主人が挨拶に来て下さいいた。本当、しゃべりやすく感じのいい方だ。
近又の近は近江の近。200年の歴史があり、初代が近江屋又を名乗っておられたのが由来。当然、その初代は近江は日野町出身である。
こちらの大女将は何と、我が家のご近所から嫁いでおられるとお聞きした。
なんだか、少し嬉しい、ニコニコ。
d0108737_1454451.jpg

中庭
d0108737_146759.jpg

外に出ると、今度はご主人が「撮りましょうか?」
あらららら・・・・・またである、汗汗汗
絶対写真撮られるのいや、やけどお気持ちを無にできない・・・・・・・・・・・・
ということでパチリ!

ああ~~ああ、あ、なんだか、お上りさんみたい・・・・・・・・・・とか、思ってる時点でお上りさんやちゅうねん、笑。
d0108737_1465969.jpg

*************************************************
駐車していたのが大丸。2000円以上の買い物して、駐車場代安く!
ということで、姉推薦のWITTAMERの小さなチョコシュー、全部くださいと大人買いで山分け!!
これがまた旨いのなんのって!!d0108737_1482558.jpgd0108737_1483330.jpg
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-20 01:49 | 和食
2010年 05月 16日
美容院の円舞曲(ワルツ)さん  (滋賀県甲賀市)
子供会でお世話になっている方にお誘い受け、美味しものを、厚かましくも夫婦で頂に!!
表題にも書いているとおりに何と美容室さんにである。
嫁は髪の毛を御厄介になっていたりでしたが、私は初めて。
この手彫りスプーンはご主人の作品。
遊び心と好奇心を、人一倍いっぱいもっておられ心豊かな方。
d0108737_22121058.jpg

薪ストーブも季節的に役目を終えかけているのですが、少し冷えた朝に火を入れていただいた。
そして、この専用の鋳造鍋を使い遠赤外線だかを、ふんだん利用し調理するのだが、なんだと思う?
d0108737_22122850.jpg

正解は焼きりんご!!
芯をくり抜き、そこへ砂糖を詰め込み、上の鍋に入れストーブの中にぶちこむ!工程は簡単。
あとは待つだけである。
d0108737_22124544.jpg



焼けるまで15分、宝箱のような店内を散策。
そこには、まあこだわりの品々が手品のように出てくる出てくる。
それは、まだあまり世間で知られていない作家さんの品が多い。
おそらく、その作品もお好きなのでしょうが、才能があるのに知られていない作家さんを発掘することに喜びを感じるタイプ。ちょっと私とキャラがダブってしまう方なのではないかな、笑。

d0108737_2213898.jpg
d0108737_22132190.jpg
d0108737_2214584.jpg


「もうええかな~~」とストーブを開けると、おおお~~甘酸っぱい、リンゴの色がついたようなええ香りが襲撃してくる~~~

実はGWキャンプのBBQで焼きリンゴ挑戦したんですが、見事に大失敗・・・・・・・生煮えというか、なんというか、見向きもされなかった。火力の問題やったのか?
d0108737_2216961.jpg

ぐつぐつとええ感じである!あのキャンプの中途半端な、もわ~~としたヤツとは明らかに違う!
d0108737_22162278.jpg

ううううめ~~~~~~~~~~!!
ちょうど、ええ感じのレア状態!香りがいいんですな~~外側は柔らかく、中がサク!
あの鋳造焼きりんご専用鍋が重要なんやろか~~買おうかな!(ってこの品グッグってもでてこんな~)
ふつふつと、家でもやってみたい気持ちが膨らむこと膨らむこと、笑。
d0108737_22163399.jpg

ありがとうございました円舞曲さん
d0108737_22165352.jpg

************************************************
帰りにお土産で頂いた、このクッキー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これもまた凄かった!
作ったのは、晴粒さんとおっしゃる、自家農園から挑戦しておられるツワモノさん。
雷に打たれたような衝撃を受けた。感電や~~~~~
d0108737_22175100.jpg

正直、マクロビとかは全く興味が無い、というか避けていたのが事実。
でも、これめっちゃくちゃ旨いんや・・・・・・・・・・いやいや、その表現だと違うな・・・・・・
小麦、バナナ、イチジクの純粋で単純な味わいが、一つずつ舌から脳にダイレクトに刺激し主張するという感じかな~よけややこしい?!笑。
「お前は、乳脂肪や砂糖の味わいに毒され、騙されてきたんや~~反省せィ~~」とこのクッキーからイエローカードをたたきつけられたそんな感じ!!
この晴粒さん、大いに注目やな~~実はご近所さんらしい。

そろそろ食べ物を考える、そんな時期(年齢)なのかもと感じたしだいです。

注、誰が食べても雷に打たれることは無いかもしれません。不摂生な方ほどそうなるのかもと書き足しておおきましょう、ニコニコ。
d0108737_2217156.jpg


追記、BOBBOBが5月の上賀茂の市に出るようです。
[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-16 22:19 | 洋菓子
2010年 05月 13日
2010、GWキャンプ「大淀ふれあいキャンプ場」そして津ぅの鰻 その②
5月4日、キャンプ2日目も快晴!!
潮干狩り日和だが、GWの後半のため根こそぎやられている~~~~まずもって、貝の気配が全くない!

ちなみに矢印の怪しげな方は嫁さん。
実は訳があって、イソヌカカという海岸に生息する小さな虫に刺されるとアナフィラキシーに陥るのだ!
その虫には、皆刺されているのだが普通は全く気が付いていないだけなのだ。
ものすごく小さい上に、刺された痛みもない、厄介なヤツである。
海や川に遊びに行った次の日、足がぶつぶつ腫れたりしていたらそいつかもしれない。
まあ、私は蜂に刺されてもなんともない人間ですから、気にもなりませんがね~~嫁は刺されたら一大事、キャンプ撤収となるかもしれないから私も気が気じゃない!
結局、いなくってほっと一安心。
d0108737_172140.jpg

「人の行く裏に道あり、花の山 」
株式相場の世界の格言なんですが、好きなんですこの言葉。
ぶつぶつ念仏のように、その言葉を唱えながら、皆から離れて一人掘るのだが、貝殻すらない・・・・・
d0108737_174739.jpg

結局、これが全て!!
この後、長男(中2になったのだ・・)がこの中のバカガイをその場で割って海水で洗い生で食べたのだ!!
「旨い~~~~~~!」と言いながら。ハハハァ~見上げたものだわ~~~
周囲のお客さんもこれにはビックリ、ご飯食べさせてないのかと思われてないかな~~汗
d0108737_194369.jpg

***********************************************
ハマグリ三昧、貝三昧の夢破れ、夜は鮨。
本当は、M子さんご用達のやまきさんに行きたくって朝から20回くらい電話したがお休みだったのだ、涙涙涙
d0108737_195880.jpg

「廻ってるところのほうがイイ~~~」などと言って私を辱めないよう釘をさして、息子たちの鮨カウンターデビューである。
d0108737_1102746.jpg



キャンプの何たるかが全く分からなくなってしまっている我が家、いや私・・・・・・・・・
いよいよキャンプに行くこと自体が終盤にさせかかってきたということかもしれん。

d0108737_1104097.jpg
d0108737_111144.jpg
d0108737_1111385.jpg


次男(小5)は出されても一向に食べようとしない!後で聞くと、来たものを全部並べて、スーパーのパックに入ったような状態にしてから、食べたかったらしい・・・・・・・
まだまだ、安い寿司でいけそうやな~~~ええヤツや。

鮨の味わいはというと、普通に美味しかった。

d0108737_1142196.jpg
d0108737_1143514.jpg
d0108737_115693.jpg


***********************************************

5月5日、結局一度も自炊しないでキャンプ場を後にし、あの有名な、津ぅのウナギ食って帰るとする。

これが、今回の金賞!恐るべし、津ぅのウナギ!川治(かわはる)さん。
まずもって、ウナギ屋とは思えない違和感のあるモダンな外観。
ここでポイント1、三重のお店は外観に惑わされてはいけない。(関西人は特に注意ね!)
d0108737_116061.jpg

関西方面(私だけかも・・・・)では、並ちゅうのは書いてあるだけで実際は中以上でオーダーするのが一般的。
だが、聞くところ、津では並でも十分らしい。
以前にも数件津ぅのウナギを食べたが、大盛りすぎたり、下ネタすぎたりで並の印象がない。
d0108737_1162399.jpg

ポイントその2、津ぅのウナギ丼の並は凄すぎ!!!
二切れだが大きくって太っといのだ!!!!(ハズイの鰻の1.5倍以上はある・・・・・・超ローカルな話)
おまけに冷奴や肝吸いまで付いてくる!!!!
「そんなん、津ぅの常識やん~~」という突っ込みが聞こえてきそうだが、肝吸いがオプションのところも多いんやわぁ~~~~
おまけに、めっちゃ旨い、外はカリッで中は柔らか、そして臭みなし。
タレの味も今までで一番口に合う!!これが940円なのか~~儲かるの???
d0108737_1163698.jpg

私の櫃まぶし、1990円。
これも太いのが一匹入っているそうだが、並のインパクトが強すぎて・・・・・・・
d0108737_1165058.jpg

d0108737_117020.jpg

最後にお菓子まで下さって、いたれりつくせり。だがこの川冶さん食べログではそんなに評価が高くない。てことはまだまだ恐ろしい鰻屋が津ぅには潜んでいるちゅうことやな~~恐ろしや~~

ポイント3、ひょっとしたら、香川のうどんの次は津ぅのウナギが大ブレイクして、連日長蛇の列になるかもしれんどぉ~~~~それほど、インパクトありや!!
ただ、あの香川のうどんのように何軒も、はしごして食べられないのが悲しい・・・・・・・・

そうそう、このうまっぷは津の鰻屋巡りの必需品。

追記、5月13日(木)夜9:00~『秘密のケンミンshow』は三重特集。津の鰻がでるかもしれんで~~
d0108737_1171072.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-13 01:21
2010年 05月 08日
2010、GWキャンプは三重県「大淀ふれあいキャンプ場」 その①
とにかく、最高の天気だったこのGW、我が家は5月3日から2泊でキャンプ。
当日の朝からキャンプ場を片っ端から電話して見つけ出したのがここ三重県松坂市の大淀ふれあいキャンプ場
d0108737_22574988.jpg

たぶん、外国の方が見たら難民キャンプ???と言いたくなるほどの混雑ぶり。
自然を楽しむのがキャンプやのに、何をしてるの??と自分でも可笑しくなるが、まあ深く考えてはいけないのだ、笑
d0108737_22581496.jpg

キャンプ場の反対側はご覧の景色!!
ここの楽しみは潮干狩り・・・・・・・・・・・・ハマグリ、アサリ場合によってはあの高級マテガイの食い放題でっせ~~~~と、ウキウキ。
初日は干潮が終わってたので、明日のお楽しみである。
d0108737_2258274.jpg

夜は、ご近所でキャンプされていたサッカーつながりのTさんとこへ乱入!!
単に自分達のテントで火を熾すのが面倒であったという噂もちらほら・・・・・・・・

こちらはちゃんとアサリを確保されててた。
d0108737_22584238.jpg

問題はこコレ、息子さんが捕獲してきた岩牡蠣らしきもの。
「くま先生食えますか??」と聞かれても・・・・・・・・・・・Rの付く月は終わったし、岩牡蠣なら問題ないだろうが・・・・・・・・この牡蠣って油まみれの場所でも繁殖するし・・・・・・・・・・ちょいっと悩む。
d0108737_2259133.jpg

とりあえず焼いてみたら、まさに牡蠣!!でも、ちっちぇ~~~おもちゃみたいや!

当然、周囲は、お前が一番に試食しろ的な、冷っこ~~~い空気、汗汗汗
ふと、私が小さい頃、ドブ溝で捕ってきたザリガニを、何も知らずに「旨い!」と食ってた親父を思い出してきた・・・・・・

「これは、どんな場所にあったんや???」と聞くも「うみ!」の一言・・・・・・・いやいや、それは分かってる、この牡蠣ちゃんたちは、お金持ちそうな奇麗な場所に住んではったか、それとも大スラム街みたいな・・・・・・・・・・・・もうええわ!
ちゃんとした海であることを願いつつ、パック!・・・・・・・・・・・・・・・・・旨い、めっちゃ旨い、ちゃんとした牡蠣やんけ!!
ということで、有志のみ取り合いで食べたのだ!!
夜、腹痛にならないことを神に祈るとしよう。
d0108737_225914100.jpg

***********************************************

腹痛もなく、無事翌朝となる。

キャンプ場の近所のアナゴ料理「清昇丸」さんへブランチ(この言葉が適当かは不明)の買い出し。
d0108737_2301839.jpg

「この海一帯は、アナゴの太いのが捕れから刺身が美味しいのよ~~」と清昇丸さんのお母さん。
ちょうど活きのいいのがいたのでアナゴの刺身!!一パック650円。
結構脂がのっている。少し癖があるが、ポン酢で食べたら旨いのなんのって!
d0108737_2303446.jpg

そして、アナゴずし850円??
アナゴは絶品、だが酢飯が甘くってなんかバランスが良くない・・・・・

と言いながら完食して、やる気まんまん潮干狩りへ!
ここからは次回ね!
d0108737_2352411.jpg

***********************************************
番外編で松坂の名物!
柳屋奉善(やなぎやほうぜん)さんの老伴(おいのとも)、430年の歴史がある。
d0108737_2314644.jpg



羊羹と最中のコラボ・・・・・・
旨いのかどうかだが、これだけ歴史ある銘菓なのだから旨いに決まっている・・・・・・・・・多分・・・・・
d0108737_232126.jpgd0108737_2322449.jpgd0108737_2323691.jpg


[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-08 23:03 | アウトドア(キャンプ、他)
2010年 05月 05日
わが町の春祭り!!
5月3日は子供神輿の随行。
小さな地域の神社をスタート!
d0108737_21492594.jpg

昔は祭りといえば人でいっぱいだった通りも、このとおりひっそり。
でもこの子たちにとっては、これが普通のお祭り、楽しそうで安心!
d0108737_21494867.jpg

天平年間、1200年以上の歴史がある矢川神社(ウィペキアの載っててびっくり!)到着。
d0108737_2150457.jpg

祈祷を終え、何のハプニングもなくUターン・・・・・・・・
ネタが無いのが悲しい・・・・・・・
d0108737_2151138.jpg

途中で投げ出して大人が担ぐというオチを狙っていたがなんと頑張る!
d0108737_21515014.jpg

5年の次男など男子より女の子が特に頑張って戦力となっていた!
日頃知らない子供の世界が垣間見れた一時であった。

んんん、オチが本当にない・・・・・・・・
d0108737_21523216.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-05 22:18 | その他
2010年 05月 02日
長谷園蔵出し市(追記・窯出し市が本当の名前であった・・・)
GWも半分終わりましたが、出かけておりませぬ!
ど真ん中の5月3日、地元の役て神輿についてまわるのです、礼服白ネクタイでね、ハハハ~~

今日はチョイっとだけ三重県伊賀市の長谷園(ナガタニエンって読むんやて!)主催の陶器市へ
d0108737_21425594.jpg

最初にカエル3号さんに出会う!
何やら新しい企画を始められた様子、いい作品も生みだされ期待大である。
d0108737_21433184.jpg

帰りの方、手がちぎれるのちがうか!というほどの荷物を抱えている!!中には、アクオスのテレビ抱えている方も(抽選で当たったようだ!)。
その理由はシーズンオフなのか、B級なのか土鍋が安い!!
めっちゃ魅力的とはいかないが、実用には問題なし。
d0108737_21431175.jpg

ねこもらってください!
d0108737_21434526.jpg

絵に描いたような可愛さ、猫も子供も!
いい人に持って行ってもらいたく、一生懸命に差し出していた。
次男連れてこなくって正解!もらうもらうとうるさく、根負けしていたかも・・・・・・・
d0108737_21435827.jpg

最終地点が、祇園祭の宵山といい勝負な状態、うそや~~~~
歴史は浅いのに、上手に商売されておられる。
顧客管理や企画など一つの会社であることが強みなのかも・・・・・・・
とにかく熱気で奪い合うように売れている!
d0108737_21441072.jpg

結局、最終地点はパスして手前の作家物のみ物色!
安永正臣さんの作品に目が引き付けられた。
その中で、この一点だけが穴窯作品。
「知人の窯で焼いたんです」とのこと。
美しいフォルムも気に入り値段交渉だが、あっけなく1000円でいいですよ~~
安すぅ~~~~~~~~~~~~~!

嫁に自慢たらしく見せつけるが、やはり絵付けものが好きなのか「ふ~~~ん」と興味なさそうであった。
好みが分かれる作品だが自分が好きならそれでいいのだ、笑
d0108737_21442044.jpg

[PR]

by guwaguwa58 | 2010-05-02 22:13 | イベント